April 21, 2007

岡本昌弘、リザーブズへ

えーと、いつものように深夜に会社から家に帰ってきてジェフ千葉公式サイトを見たら、

選手登録変更のお知らせ

去年の秋から正GKとしてずっとジェフ千葉のゴールを守っていた岡本が副GKどころかリザーブズに二階級特進(というより特退)の降格です。これには結構びっくりしたな。確かに岡本の不安定さは最近特に目立っていた。前に飛び出すぎな部分やDFとの齟齬(シュート撃たれるシーンでDFがコース切っている側に重心移動してたり)。それとともに神セーヴや素晴らしいフィードも最近は影を潜めているような感じだった。だからこその粛清人事なのだろう。この試合前日の発表は不可解だったが、色々なジェフ千葉系ブログを見ると、「岡本はベンチに座らせるより試合に出したほうが良い」というクラブ側の決断でリザーブズ行きになったらしい。がんばれグッピー。

代わりにはもちろん安定感のある立石。確かに今のジェフ千葉を立て直すには不可欠な安定感を立石は持っている。でもね、これまで岡本を起用し続けたのはなぜだったか?それは彼の果敢な飛び出し、前目のポジショニング(立ち位置が普通のGKより1〜2歩前だよね)が、守備のラインが浅く全体的に前がかりで守備にかける人数が少ないジェフ千葉に必要だったからでもあるはずだ。データ取っていないから正確かどうか分からないが、父のオシム監督の時よりもアマル監督の方がチームはより攻撃的に振る舞い、攻撃時のDFとGKの間隔は広大なものになっている気がする。それが引き分けが全くなくなった試合結果にも現れていると思うのだ。そのスペースを立石が埋めることができるのだろうか?それともチームの重心をもっと後ろにずらし攻守のバランスに気を配る戦術とするのだろうか?

そして選手を代えて結果が出ないなら次は監督が粛清される番でもある。そもそもジェフ千葉が勝てないのは岡本一人の責任ではない。昨年の成績で考えると父が率いたリーグ戦12試合は5勝5分2敗で勝ち点20、アマル監督が就任して以降は22試合で8勝0分14敗、勝ち点24だ。ナビスコを連覇したとはいえリーグ戦は約2倍の試合数を戦いながらほぼ同勝ち点となっている。それは明らかにシーズン途中でチームを引き継いだ難しさが原因なのだが、今シーズンはその言い訳が許されない。負ける原因はどの試合もほぼ一緒。前がかりになったところでボールを奪われカウンターから失点を喫しているのだ。このジェフ千葉の必敗パターンをここまで繰り返すとそれは監督の採用する戦術の責任となるのではないか?正直、俺は今シーズンからディフェンスに無理をかけないようにゾーンディフェンスを施行するのかと予想していたのだが、アマル監督は父オシムと同じく中盤を含めたマンマークを継続し、現在もチームの守備は大きく乱れている。果たしてジェフは立ち直れるのか?その答えを見に、明日Jリーグの大宮戦に行ってきます。

あと、岡本、JFLでもがんばれよ。またトップチームに帰って来いよ。
携帯公式のロングインタビューで彼女さんも岡本のファンになったし。

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/chaos2006/53917714
この記事へのトラックバック
前節までの首位、栃木SCとアローズ北陸の試合は、栃木SCが終了間際の89分に得たペナルティーキックを山下芳輝が決めて1−1の引き分け持ちこむ。
栃木SC3位に後退!【めざせJ1、日本フットボールリーグ(JFL)栃木SCファンサイト】at April 22, 2007 22:57