“やきとりの日”より“ハイドの日”だろう、8月10日。
こんな時間にこんばんわ。
夕方3時間も寝ちゃってまだ目はギンギンです。

仙台に行ってきたんですけどね、ちょっと覚書をば。(ライブ内容には及んでません)

+++

『あと5分で発車するのにツーさんまだ来ない・・』といま友達にメールしたとこだったよ(笑)」

という今回のお連れ合い、オカマのはっちゃんの一言で仙台への旅はスタートしました。
はい、新幹線、ぎりぎりに乗り込みました。椿です。

オカマと二人旅。(誤解があったらいけないので言いますが、見た目は私よりもずっと普通の清楚な奥様です。中身がちょっとえげつないだけで)
心配性で準備万端なオカマ(A型)と天衣無縫無計画女椿(B型)の二人旅はいったいどんなことになるのやら!と思っていたのに、
拍子抜けするほど意気投合、のほほんあははんと楽しくやってきました!
食も旅もライブも七夕祭りもスペシャルオプションも十弐分に堪能した大人旅。(「オフ会も」と書けない所が悔ちぃ!)
「あぁ、後は・・・ここに・・・ハイディ、貴方が居たら・・・・。」と、牛タン食べてるときもホテルでねっころがってるときも、山道あるいているときも、ことあるごとに言ってましたね。ハイディは女友達か!ってくらいの勢いです(笑)

さて。

ライブなんですが、よかったです。とっても楽しかったです。
跳ねて跳ねてまたセンター10列目ぐらいで視界良好。揉まれて水もかぶりご機嫌で、あらためて自分のタフさに感謝しました。
いろいろ不安な情報を事前に聴いていたんだけど、まぁ、そんな不安要素もあったことはあったけど、
HYDEはよかったです。たぶん、カズもジューケンさんもアーリーさんもジンちゃんもよかったんだと思うけど、VAMPSとしてはまだまだ発展途上な感じで、
「バランス」が今後どんどんよくなってくればライブもどんどんよくなるんだろうなーと思いました。
HYDEは声もいいし(前日はひどかったらしいですけど)、動きもいいし、表情もいいし、喰いつくし微笑むし甘いし辛いし、美味しすぎてどうしようかと思った!!!

ツアーのはじめだし、これからどんどん良くなるスタート地点だからね、これはこれでいいんじゃないか?と思ったけど、そう思うと、FAITHツアーのしょっぱな、AXでの出来栄えはすごかったんだなと。やっぱり完成度が高かったですね、あれは。今更思いますけどね。

怒涛のVAMPSプロモーションでのへんてこりんなハイドのテンションに水中に沈みそうになっていたこちらのテンション。
すっかり浮上です。

前日にオープニングアクトにMONORALが出ることを知りそのあたりからテンション上がりました。

当日のライブのことは追々書くとして、今日は翌日のラジオ公録について。
仙台DATE FM
この情報も前日にこうやんさんが教えてくださったんだけど、せっかくの仙台で朝からじっと並ぶのもねぇ。。。と身も心もアダルトな私たちはいまいちキレが悪かった。朝スタジオの様子を見に行くと、すでにファンの方々が並んでいて、「やっぱりあたしたちは観光しよう。時間になって来てみよう。運がよかったら観られるかもしれないね。」と結論をだし、仙台の旅を楽しむことに。
私が通っていた小学校を見に行ったり、二人で七夕の短冊にお願い事を書いたり、最後の食事時間もしっかり楽しみ、ふぅ、お腹いっぱいだねー。と言いながらスタジオに向かうと・・・・

スタジオに続く道を歩いている途中で「キャー!!!!」という歓声が!
横のすし屋の中からラジオの音声がタイミングよく聞えてきて、炎天下の商店街に甘いハイドの声が!!!

一気に私のフォーカスは目の前のスタジオに絞られました。
「わ〜!ちょっと、ここ一直線上にハイドがいるんだ!!わぁ〜」
とわたくし、駆け出してました(笑)自分でもびっくりです。

はっちゃんが止めなければ大通りを突っ切ってガードマンに取り押さえられるところだったと思います。
馬?いや、猪?そんな勢いでした。なにがアダルトじゃ。

朝から並んでいるお嬢さんたちの山で放送中はちらりとしかそのお顔を見ることができなかったんだけど、
んふふふふふふふ。
終わったとたんに裏からすーっと出てきてバンに乗り込むハイディを・・・ほんの3Mくらいの距離で見送ることができました。
んふふふふふふふ。

いつものリス顔・・いや、

トッポジージョ顔↓
95ed4df6.jpg

 

 

 

 

でにっこり微笑んでくれたハイディ。

あまりの可憐ぶりにぶっ倒れそうでした。

昨日の妖艶で強烈オーラのハイディが上書きされそうなくらいの感動。
なんで?と思うも、すぐに気づきました。
わたし、自然光の下で普通に歩くハイドを見たのがはじめてだったんですね。
あまりに白くて小さくて可憐で開いた口がふさがりませんよ、お父さん。私はちゃんと「青い」ところも見逃しませんでしたけど、横のはっちゃんの目には「乙女」にしか見えていなかったみたいです。細い顎(すごく痩せてた)に大きな目。にっこりな美人笑顔。

はらひれはれほれ〜

ビバ自然光。

夜は妖艶、昼は可憐。ライブではかなり等身大の迫力で先日ドームで光ってたhydeさんとは別人だったしね。
いったい何人いるんでしょうか。
何色の色をもっているんでしょうか。

夢夢しいことを言うのはこの辺にして、次回はライブ本編の感想を書いていきたいと思います。

では、また。

あ。
オフ会のお話はしょんぼりな気持ちになるのでいわないでいいです。とにかく、私もはっちゃんもそろって落ちたからよかったわ。
これで一人だけ新幹線で早く帰る・・・なんて、せつなすぎるもんねぇ。(笑)

おまけ。

昨夜一緒にお酒を飲んだ男友達に、「仙台何しにいったの?」と聞かれ、「んー(もごもご)ライブがあってね・・・(もごもご)ソロだからライブハウスでね・・・」と答えると、めちゃくちゃはっきりと、「ソロ?VAMPSじゃなくて?と聞き返されました。
「あ、そうそう。VAMPSよ。ユニットよ!」としれっとした顔で答えておきました。あぁ、心臓に悪い。ハイドさん、しっかり一般男性にもVAMPS浸透しております。よかったね。

こんどこそ、では、また。