ぴよ子のタマゴ

 ぴよ子と彼の愉快な日常をつれづれなるままに、つづります。ぴよ子の『タマゴ』は、日々生まれくる、ぴよ子の想いや気持ちです

2007年03月

仲直り3

今日、みんなとの待ち合わせ時間までの30分間、彼と話ができた。

本当は14時から16時半までの2時間半の予定だったんだけど、あたしが怒って行かなかったから。


彼は、昨日大変な1日を過ごしたらしい。
そのため、私への連絡が薄くなったと、言っていた。

まぁ、私も友達と遊んでいたんだけど。

彼はいろいろ重なって凹んでいたけど、

今まで自分がなんとかしなきゃと、私を受けとめなきゃと、気負っていた部分があったらしい。

私もそれを常日頃感じていたからこそ、

彼には頼るまい、
甘えるまいと、

自分を律してきた。

だから、

彼に私は大丈夫だからと、

告げた。


私へ向けていた意識。

そこから、緊張感を緩めてもいいのだと。

彼は再認識したとのこと。

新しいスタートかな、と思った。

ただ。

私へ向けていた意識を、新社会人としての意識に変換して、日々の仕事を頑張ってくれるならいいんだが。

またそれを、ほかの女友達とか

飲み友達の方へ向けるならば。


私が彼に頼らないようにするために、他の友達に支えてもらってきているんだという事実を


突き付けてみようかとも思っている。

ひとまず、彼の研修が終わる5月いっぱいまでは、

自由に泳がせてあげようと決意した。

今のままじゃ、私も仕事もと、彼がつぶれてしまうのが目に見えているから。


自由にさせることで離れてしまったとしても、そこまでの縁だったと、今まで十分幸せをもらったと、ただこれから先の未来を寄り添い支え合っていける縁ではなかったと、受け入れようと思う。


お互いの幸せのためにね。

占い4

ナンジャタウンで仕事運と恋愛運を占ってもらった。
カードと手相と生年月日で多角的に見てもらい、鑑定という位置付けだった。

驚くほど当たっていた

というより、いろいろ悩んでいたところを、噛み砕いて言語化してもらい、自分が必要だと思っていた解決策を講じれるように、背中を押してもらった感じ(≧▽≦)

すっきりしました☆

さて、どんなことを言われたかというと……?
続きを読む

試されてる?1

 一昨日から彼と喧嘩?中です。

喧嘩というか、なんかしっくりこなくて、ぎくしゃくしているというか…

最近、お互いをかまっていられないせいで、すれ違い気味なためかと。

そんな矢先に、なんと前好きだった人から食事に誘われました

お正月もおめでとうメールの文中に、今度食事でも〜ってかかれていたのですが、もう3年くらい会ってないし、社交辞令だと思って軽く受け流していたのですが…

天に試されているのかと、気味悪く思いましたね(笑)

もちろん、今はその方のことなんとも思っていないし、ちょうど誘われた日は同窓会にも誘われてて(って行く気はないのですが)どのみち気乗りもしなかったんですけどね。

ただ、男友達としては、面白い人なので、つながりを保っていてもいいかなとは思っていますが。

一度振られている人なので、男と女でも友達関係が成り立つ人なのだと思います。

彼と仲直りの予定はって?

今日14時からデートの予定が、あたしは怒って行かないと昨日メールしました。
しかし今もなおあたしが来るのを一人外で待っているので、駆け付けてあげようと思います

彼、風邪引いてなきゃいいけど(>_<)

ではいってきます!

2nd Stage★

なんだか最近よく過去を振り返っています。


このブログを始めたきっかけも、これまでの彼とのことをまとめてみたい…そんな思いがあったから。


自分のSTOSYを作っていく過程なのかなと思います。

振り返り始めたということは、登ってきた山を下るということ。


すなわち。

彼との付き合いの目標?が一段落したということ。

何か新しいことを目指さなければ、あとはもう下るばかり。関係を維持できないような気がしてきています。

たとえば今急に別れることになっても。


私は笑って、

今までありがとう

すごく楽しかった

あなたと出会えてよかった

お互い新しい道で幸せになろう。

そう心から言える気がします。

二人が離れても、厭わない。

そんな感じ。

決して嫌いになったわけではないし、今でも大好き。彼には幸せになってほしい。

そういったなんだか悟ってしまったような境地で。

目が覚めて、執着がなくなった?

この状態から進むには、
だから、新しい標が必要なのです。

下るか登るか分岐点。


つまり、こっからが2nd Stage

そんな心構えでいます。


では新しく、何を求めるのか?

なんでしょうね。




命題は…


『本当に互いが必要か?』

ということになりそう。

互いの心の引力がないと、離れてしまいそうだから。

今後は仕事と時間が二人を分かつでしょう。

各々が学生生活より断然多忙になり、
逃げぬ覚悟を決めて臨む新生活。

そんなとき、相手を必要とし大切にし合えるか…


私たちの未来は、ここにかかってきそうです。


依存しない関係を保ち長く付き合っている方は、みんなそうなんでしょう。


私は決して悲観的になってはいないけど、

自立心の膨らみを感じているのもまた事実。

さてさて今後の展開を

乞う ご期待★

不思議な予感

蔵王から帰って6日。

蔵王中はすごくすごく幸せで。
ただただはしゃいでて。

だけどなんだか物悲しくもなり。

『もしかして、こんなに幸せなのは最後なんじゃないだろうか』

と不安さえ感じた瞬間があった。

蔵王から帰ってきて、すぐにその予感は現実となった。

私は、

何もなくとも問題を見つけたがる悪い癖があるようだ。

安定した穏やかな空間に身を委ねていればよいものを。

むだに彼との信頼関係という土壌をほじくりかえす。

いわば、『スリルや刺激』を求めてのことなのかもしれない。

でもよくない。

だってこれは自滅の道程に他ならない。

私の決意2

今日彼に伝えた。

携帯を見てしまったこと。
特定の女友達が、彼を拠り所としていることに、私が快く思えていないことを。
続きを読む

突き放してほしい1

どんなに彼がやさしい人だからって。

それに頼ってよりかかろうとしてくる女性の方々には、私は温かい心持ちになれません。

自分の心の狭さが露呈されて、なんとも醜く感じますが。
そうは思ってもやはり、心穏やかでいられないのは…


彼をとられてしまう恐怖?
私が彼に素直になれないことによる羨ましさ?

そうして頼られている彼を私が支えることへの、重荷感…

こんな自分は彼の彼女として相応しくないのではないかという、自責感…
『頼らせずに、突き放してよ!いつまでも頼らせておいたら、どうなるかわかるじゃん。』

さまざまな感情がぐるぐる回帰して。

結局、

悲しさ→嫉妬→恨めしさ→自己否定→悲しさ…

と、辿り着く場所もわからないまま。
ただひたすら悶々とする思考…


あぁ〜あっっ

なんとメンタルヘルスに悪いこと

こんなんじゃ、日常生活にも、彼との関係にも支障を来すわ。

ぐるぐる考えが堂堂巡りするときは、いっそ考えないように気晴らしを。

誰かに相談したら、泣いてしまいそう。

あたしには忙しい明日が待っている。

今は逃避というストレス対処法を使うしかない。問題解決は…今は無理そうだから。

そのうち、どうでもよかったこととして、さらりと流せるようになるはずだ。

自己否定により、エネルギーが枯渇してしまったらもったいない
やりたいことがたくさんある。それだけは回避せねば


かなり混沌としています。
どなたか、不愉快な想いをさせてしまったとしたら、ごめんなさい<(_ _*)>

彼女と女友達の違い

思い切って彼に聞いてみた。

あなたにとって彼女と女友達の違いって何?

と。

彼の答えは、

『自分が根底の部分で頼っていいかどうか。
その人が幸せなのは自分によってかそうじゃなくてもいいのか。』
とのことでした。

詳しく解釈すると、どちらの幸せも願っているけど、彼女に対しては自分の手で幸せにしたい、
ということらしい。

ただ、女友達に対して自分から手を差し伸べないのは、グレーな関係に突入してしまうからだそう。そこが彼の線引らしい。

じゃあ、彼女に対して自分から手を差し伸べるのは、その権限があるからなのか?

と問うたら…

『悪く言うとそうかもしれないけど、誰が幸せであろうと、なかろうと。俺が俺の手でぴよ子を幸せにするから。』
と言ってくれました…

ぎすぎす、嫉妬で乱れていたこころが、すぅーっとなめらかにならされていくのを感じました。

私も、彼を好きだという気持ちを、プラスに変換していけるようになろう。

そう強く思いました。

彼の女友達1

彼の女友達。

彼は老若男女を問わず多くの人から好かれます。

私は恋人としてそれを誇りにも思っています。

けれども。

彼の携帯のアドレス帳にある『おなご』フォルダー。

女友達だけのグループ。

そういった区分けをしていることに、少し胸が痛みます…

でも、彼からしたら後ろめたいことや、やましいことなどが一切ないからこその、区分けなので。

何も疑ったりはしていません。

ただ…
続きを読む

蔵王でHAPPY BIRTHDAY5

昨夜東京に帰ってきました

2泊3日のバースデー蔵王旅行

かなり満喫してまいりました

ほんと彼さまさまです

続きを読む
GyaOデイリーランキング総合ベスト5
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ