ぴよ子のタマゴ

 ぴよ子と彼の愉快な日常をつれづれなるままに、つづります。ぴよ子の『タマゴ』は、日々生まれくる、ぴよ子の想いや気持ちです

2007年06月

週末デート1

今日は週に一回のデートをしてきましたo(*^‐^*)o

彼はまたまた…

遅刻をしてきましたが
あたしの用事でわりと遠い駅まで来てもらっちゃったので、

しかたなく許しました。

あたしはぬかりない男に魅力を感じます。

でもがつがつした感じはスマートじゃないので、


さりげなく。
何も考えていないように見せて、実は結構計算している……

そんな男性(女性にも)にはしびれてしまいます(≧Д≦)ゞ

カッコいいです。

逆に

頭を使っていないために、
凡ミスを繰り返したり詰めが甘かったりすると

ちょっとがっかりしちゃう(^_^;)

人への思いやりがあれば、頭を使うはずだと思うからです。

そんなこんなで

遅刻を繰り返す彼には、思いやりに欠ける行動だと話しました。

もちろん彼は優しい人なのですが、

もう少し先のことも考えて行動しようよという意味で、です。

あたしを怒らせてばつが悪かったのか、

素直に聴いてはいましたが、

果たして

今後の彼の行動に現われるのでしょうか。

見物です。

さてそんな不穏な空気で始まったデートでしたが

そのあと大きな駅に移動し、

水着とスーツのショッピングに付き合ってもらいました。

しかし彼はもともと、
女の子のショッピングは苦手で

途中で辟易し、漫画喫茶に行きたいと言い出したので、

これ以上付き合わせちゃ悪いかなぁということで、

彼には満喫に行ってもらいました。

サマーセールのため、かなりお店が混んでいて、

試着にも10人待ちで。
彼は疲れて待てないと言ってました。

しかたなくあたしは一人店内で、

試着の順番待ちをしました。

他のカップルで来ている人たちは、

ちゃんと彼がフィッティングルーム前で待ってて

仲良さそうに一緒に選んでいて

ちょっと切なかったですね…

一応

希望の商品を購入できたのでよかったですが。

そのあと満喫で合流し、少しまったりして

ニラそばを食べてきました!

美味かった(〃^ー^〃)続きを読む

彼のやさしいところ5

最近、彼とのけんか話や不満話ばかりぽろぽろこぼしていましたが、

たまには彼の良いところ

優しいところなんかも留めておこうかな。


基本的に彼はあたしの意を汲もうとしてくれます(〃^ー^〃)

この間も一緒にランチを食べていたら

彼の方が早く食べ終わり、デザートを頼みました。

あたしは何も言ってないのに

あたしの好きそうなモノを選んでくれて

ドリンクも

あたしがいつも頼む『カフェラテ』を注文しようとしてくれたようですが、

あいにくメニューになかったので

『ぴよ子何飲みたい?』

と聞いてくれました。

二人分頼んだのではなく、

一人前を二人で食べたので、

彼は完全にあたしの好みを優先してくれたのですo(*^‐^*)o

ありがたいなぁ〜

と嬉しくて、

『ありがと(≧∀≦)/』

と言っておきました☆
そんな優しさに

あたしはいごこちのよさを感じています。

彼の失言1

彼はよく失言をします。

もともと2、3歩先のことを考えて行動するのが苦手な方なので、

『ことばを選ぶ』

ということができていないのでしょう。

愛嬌は誰よりもある人なので、

多少の失言は笑って済まされるのですが、

それが拍車をかけてしまうのか、

ときどきとんでもないことを口走っていたりします。

今日はそんな彼の失言語録から一つ、

クリーンヒットしたものをご紹介。

続きを読む

あれから

あたしは

これが平日遊べる最後の日になること

すごく楽しみにしていたこと

彼のために、時間の捻出に必死だったことを伝え、

あたしにとって彼が遅れてきた一時間は

たくさんの気持ちがこもった大切なものであったことを話しました。

すると彼は

そこまで考えていなかったようで

「ほんとにごめん…すれちがいだったんだな」

と言いました。

あたしはまだ彼とは別れたくないし

許せるぐらいに気持ちを立て直せたので

無事仲直りをしました。

続きを読む

あれから

駅で彼を発見し、寄っていくと。

「話したいことがある」
と。

何を言われるのか、

正直とてもドキドキしました。

まさか、

別れ話??

などと考えてしまい、緊張していました。

ぽつり ぽつりと

彼は話し始めました。続きを読む

あれからのこと

彼とけんかをした日から、一週間が経ちました。

実はあの日のうちに、私たちは仲直りをすることができました。

彼と食事をしてすぐに駅で別れて帰ってきたあとのこと……

1時間かけて家に着くと彼からメールが来ていました。

『今ぴよ子んちの駅まで来ています。話す気があるなら、来てください。駅前にいます。』

と。

そうです。彼は私を見送った後、追ってきてくれていたのです。

びっくりしました

駅で別れるときには、あたしはすごく混乱していて。

今にも泣き出しそうな感覚をこらえて、

彼に
「今日はもぅ無理だから、帰らせて」

と話して帰ってきました。

でも、家までの道すがら、このブログで経緯を整理し、

何が悲しかったのか、
言葉にすることで、だいぶ落着きました。

まだ彼に連絡するほど、気持ちを立て直せてはいなかったのですが、

彼から連絡がきたら、

冷静に思いを伝えられるかも…

ぐらいには思っていました。
続きを読む

最悪な一日

最低な気分。

怒りを通り越して、なんだかすごく虚しい…

今朝。

あたしは彼に会えることにわくわくしていて、すごくすごく楽しみに思っていたからか、

『なんだか素敵な一日になりそう』

って

青空を見ながら期待したんだ。

昨日の夜から何を着て行こうかって悩んでて。

見た目は女の子っぽい服が好きって言ってた彼のために、

あまりはかないひらひらスカートを選んだ。

少しでも彼が喜んでくれたらって、

それだけを願って。


職場に行ってからも、
あたしはウキウキしていた。

今日一日仕事を頑張れば、彼に会える。

『明日はいっぱいちゅしてぎゅしてあげるね』って、昨晩彼がくれたメールの内容を思い出しながら、

仕事も一生懸命やった。

あたしの仕事はきりがないから、

どこまでも果てしなくあるのだが、

今日だけは早く終わらせて待ち合わせに間に合わせようって必死だった。

『週に二回は会いたいな』
って言ってた彼の喜ぶ顔を思い浮かべながら、昨日からちまちま仕事をかたづけてきたのだ。

それでも終わらなくて。

明日の長い残業を覚悟して待ち合わせに間に合うように退社した。
『俺と仕事とどっちがだいじなの?』
って聞かれたことを思い出しながら、

今日だけはなんとしても、彼最優先にするんだ!

って意気込んで。

なのに……

彼は一時間遅刻をしてきた。

明日のプレゼンの資料が間に合わないからって、あたしが退社してから遅れる旨を伝えるメールが届いた。

かなり腹が立った。

もっと早く言ってくれたら、残してきた仕事だってできたのに。

貴重な平日の一時間を、待ちぼうけに費やすなんて……

あんなに楽しみにしていた気持ちを、にぎりつぶされたような悲しさ。


(仕事だからしかたない)

わかってはいたから、遅れてきた彼と自然に接しようと頑張ったけど…


だめだった。

全然笑えない。

苦しい。

もう何も考えたくない。

彼を前にしてあたしはあまりにわがままだった。


今の精神状態のあたしでは、彼を思いやれない。


結局40分だけ食事をして帰ってきてしまった。

一番悲しかったのは、遅れてきたことに怒っていたあたしに対して、

謝罪メール

昨夜深夜2時近くに、彼から謝罪メールが届きました。

あんなに長いメールは、久方ぶりです。

彼なりにいろいろ考えたのでしょう。

毎回陥る今回のようなパターンのけんかについて、分析されていました。

何が悪かったか…まではわかっていたようです。


が………


どうすればよかったかについては触れられていませんでした。


基本のごめんま・り・こが網羅されていません。



ま『まず謝る』

り『理由(どうしてこうなってしまったか。)を述べる』

こ『これからはどうするかの声明』


本来は彼自身に考えてほしいところですが、それがわからないから繰り返し同じ内容でけんかしているわけで。

仕方ないからあたしから『今度からこうして』という内容を伝えました。


今夜は友だちと会うのですが、彼も共通の知人で二人一緒に誘われたので、行ってこようと思います。

彼は

『ぴよ子の気が済まないなら、俺はその集まりには遠慮させてもらいます。みんなにわけを話して、話聞いてもらっておいで。』


と言ってましたが、かえってみんなにも心配をかけてしまうので、
あたしは大丈夫だからおいでと伝えました。

まだ完全には気が済んでいませんが、もう疲れたので。
やめたいです。

もしかしたら、今のあたしには、恋愛ストレスに耐えられる気力がないのかも。

恋愛なんて楽しいこともつらいこともあってこその賜ですから、メンタル面の持久力やら忍耐力やらが必要。

しかし今のあたしではだめみたい…

あったまきた

やはり。

彼はあたしの怒り(-"-;)に気付いていませんでした。

あたしが電話無視してたら、

『昨日は連絡つかなくてごめん』

とようやく夕方してきましたが、こちらから電話かけてもでません。
今日は仕事が休みだから、後輩と遊ぶって言ってました。今だって遊んでるんです。

こっちがこんなに腹が立っていても。

へっちゃらで遊んでるんです。

全然危機感がありません。

あたしが大変なときに、そんな呑気な人ならいらない。

そんな風に思ってしまうのは、生理前で気が立っているせいでしょうか。

かなり憤りを覚えています。


すれちがい

待ちに待った金曜日
毎日へとへとになりながら仕事をしているので、週末は大切な休養日です。

特に、今週は行事が多かったので、なおさら休みが待遠しかった
昨日は仕事上のことで凹むことがあり、彼に話を聞いてもらいたかったけど。

彼は同期の仲間と飲んでいて。

深夜になっても遊んでいたようです。

待てども待てども連絡はつかず。

あたしは今日も仕事でしたので諦めました。

なんだか無性に空しくなって


彼専用のWILLCOMの携帯の電源を切って就寝しました。



朝方目を覚まし、携帯の電源を入れてみましたが。

彼から来ていたメールはただ一通。

『まだ新宿』

この一言だけ。

いつもは持ち歩くWILLCOMですが、

再びあたしは電源を切ってベッドに放置し、出勤しました。

タイミングよく(悪く?)彼と会う予定だった明日の夜、友だちから遊びに誘われました。

もう彼のことはどうでもよい。そう思い、そっちに行くことにしました。

こうしてすれ違っていくんだなぁ〜なんて、人事みたいですが。

気持ちが離れていくのは、満たされない思いからなんですねー。


もしかしたら、彼はあたしがこんな風に思っていることを気付いていないかもしれません。

仕事や休養を理由に、彼との時間をおざなりにしてきたのはあたしですから。

当たり前の流れなのかとも思います。

もう今は、話し合うのも面倒だし、帰ったらすぐに眠りたい

GyaOデイリーランキング総合ベスト5
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ