ぴよ子のタマゴ

 ぴよ子と彼の愉快な日常をつれづれなるままに、つづります。ぴよ子の『タマゴ』は、日々生まれくる、ぴよ子の想いや気持ちです

2008年02月

My Birth day

そういや昔こんな名前の雑誌読んでたな。

今日はあたしの25歳のbirthday☆

子どもたちからは、手紙や折り紙の花束などをもらいましたo(*^‐^*)o

友だちからも何通かメールもらって、ホクホクしてます。

しかし、うっかりジャージはいたまま電車乗って帰路についてしまったり、

ストレス発散のためラーメン屋に一人で入ってしまったりと、

25のスタートにしてはちょっと情けない感じ(泣)

もちょっと大人な女性目指して、がんばりたいところですね(^_^;)

さらに、友だちからは第二子ご懐妊の報告や、後輩からは結婚の報告などが寄せられて、
もしやHAPPYブーム?かしら♪

みんなが笑顔で幸せになれますように☆

親友の幸せのために(5)

私が彼女に抱いている感覚は、友人として妥当なものなのだろうか?

私だけ幸せで悪いな…
最近強くそう感じる。

そんなことを言うと、私の考えがひどく欺瞞で偽善であると思われるだろう。

私だってそう思う。

でも、偽善でかたづく類のものならば、
別にこんなに毎日何ヵ月もの間悩まないのかもしれないな…

とも思う。

私のスタンスは、
『彼女の友人として、彼女を否定せず支えになれるようなポジション』
決して彼女から離れないことを誓って。

だから、この対応はひどく受け身に見えるかと思う。

言ってみれば、虎視眈々と彼女と不倫相手の破局を望んでいるような陰湿さを与えるかもしれない。

「親友なら、彼女と不倫相手が楽しく付き合えるような方策を考えてあげろ!」
って声も聞こえてくる。

確かに。

不倫の先に幸福など待っていないというのは、私個人の価値観だ。

でも…

不倫相手が家族と決別し、社会的地位も失墜し、相手のお子さんたちに影響を与え、奥さんを孤独に陥れるといった犠牲を、軽く考えて良いのだろうか?

いくら彼女が親友だからといって、彼女だけが幸せならそれで良いと、思えなきゃいけないのだろうか…

私の中でぐるぐる回る。

そんな日々に少し突破口が見えてきた。

私の望む方向に。

なんと彼女が、
〔転職〕の意志を表明したのだ!?

今の会社は、彼女が夢を挫折して一時期家から出られなかった時期を経て、回復期に社会復帰を目指してとりあえず始めた仕事だ。

だから、ずっと続けて行くつもりは初めからなかった。
そしてもう二年経った。

タイミングよく、会社の経営の危機に伴い、大幅な人事整理があった。仲の良かった同僚もみんな辞めてしまったらしい。

彼女もまた、人間関係の悩みから、そして自己実現欲求から、打ち込める仕事を探して変わりたいと言ってきた。

会社が変われば、不倫相手とも物理的な距離が置ける。
さらに、新たな出会いもあるかもしれない。
それらは、彼女にとっては、好ましいことだ。
このご時世、資格のない彼女がスムーズに転職できるのかはわからないが、能力は高いから大丈夫じゃないかと前向きに考えている。

この転職に懸けてみたい。

親友の幸せのために(4)

親友の不倫。

虚しさや怒りを覚えつつも、私は彼女に私自身の意見を直接は何も伝えてません。

なぜか?

それは、彼女を否定することをしたくないから。
そして今のタイミングでそれをすると、彼女は心の行き場を無くしてしまい、ますます不倫相手にハマる可能性が高いからです。

否定せずとも、徐々に私の意向を伝えられまいか?
と策を練っています。

今まで私が彼女に伝えて来たことは以下の通りです。

最低限のことしか言えてません。


彼女「私、全然悪いことしている感覚ないの。」

私「純粋に彼のことが好きなのかな。ただ、法的にも不利になるから、もしばれた時は慰謝料が発生するよ。社会的にも厳しいかも。」


私「あなたはどうしたいの?」

彼女「奥さんと別れたなら、ちゃんと付き合いたい。」

私「そっか。あなたも彼の意見を待ってばかりいないで、自分の希望を伝える権利があると思うよ?
ただ、私だったら、たとえ自分のとこに来てもいつかまた飽きたら他の人のところへ行きそうで、付き合うのはこわいな。」


彼女「最近赤ちゃんとかまともに見られなくなっちゃって…」

私「無意識に罪の意識を感じてしまうのかもね。」


などです。

彼女は、以前は人の幸せを願う素敵な子でした。
私が今の彼と付き合うことになったときも、涙を流して喜んでくれました。

でも今は…どんどん嫌な人間になっていくと言ってました。
人の幸せとか全然嬉しく思えないと。

彼女の心の荒みが広がります。

彼女は彼といると、幸せだと言いますが、
人の幸せを祝えないということは、結局彼女自身幸せではないんですね。


不倫は、やっぱりいろんなものを耐え忍んでのものです。

それに耐えられるだけの神経の太さや強さが必要だと思います。

不毛さや満たされなさを感じ、受け入れられないのならば向いていないと思います。

それでも彼女は彼を運命の人と思いたいみたいです。

不倫してまでも手に入れたいものなのでしょうか?

私は、人の幸せを祝える人間でありたい。
そのためには、後ろめたいことはしたくない。
不倫に耐えられる強さなどいらない。
たとえ恋は報われなくとも、好きな人の幸せを祈って離れられる強さを持ちたいです。


不倫をしてても、親友は親友です。

幻滅しただなんて無責任なことを言って見捨てたくはありません。

ちゃんと最後まで向き合って、彼女が幸せになれる道を一緒に探したいと思っています。

私には彼がいます。
だから、彼女の苦しみに寄り添って理解したくとも、
彼女からしてみれば、あなたに何がわかるの?といった感じかもしれません。

それでもかまいません。

とにかく親友から離れずに、そばにいたいと思います。

親友の幸せのために(3)

なぜ彼女は不倫に至ってしまったのか…

それは、やはりいろんな要因が重なったのだろうと思う。

(1)彼女の性格
優しく純粋なため、流されやすい。

(2)寂しい
恋人がなかなかできなかったり失恋をしてきたため、人恋しい。

(3)理想が高い
適齢期の独身男性の中には、良い条件の人が見つからない。
良い男にはすでに相手がいる。

(4)精神的なもの
この2年間の間に、夢を挫折し退職、外に出られなくなってしまったことがあった。

それ以来自尊心が低下してしまって、自分の価値を見出だせない。

以上予想される要因4つを挙げてみたが、その中でも(4)の影響が一番、今回の不倫から抜け出すモチベーションを低くしているように思われる。

彼女の発言語録を記すことで、理解できるのでは。

「占い師の人に言われた運命の人と、彼の性格はぴったりなの。」
「私といると安らぐって言われた。」

「もう奥さんのことは、女として見られないって。」

「彼は、こんなに好きになったの私が初めてだって。」


どうでしょう…
いかにもって台詞ばかりでしょう?
相手の男もまた、常習犯じゃないの?ってなぐらいの発言の数々…
彼女は、奥さんより自分の方に彼の興味が向いているという"優越感"に侵されています。

しかし、全て彼の罠です。在り来たりな展開はまだあります。

ずっと奥さんとは性交渉はないと言われていたのに、もうすぐ二人目のお子さんが産まれるそうです(-.-;)

それを知った彼女はまた鬱々とし、
あんなに子ども好きだったのに、
胸の痛みから、まともに子どもを見られなくなってしまいました。
彼女が挫折した夢は、子どもにかかわる仕事です。
プライベートまでもが、影響するなんて。

子どもが産まれるならと、彼女は一度は彼との関係を精算しようと動きました。

でも受け身なんです。
彼に、あなたが全てを捨てるなら、私は受け入れるよと
伝えたみたいです。

しかし先方に、離婚の意志なんか一切ないんですから、彼女の訴えなど響きません。

そこで私は、彼女に
「あなたはどうしたいの?」
と尋ねました。

彼に委ねてばかりいないで、自分の意志をしっかり持ってほしかったから。

すると彼女は言いました。そんな風に考えたことなかったと。

はじめに彼ありきになってしまっていたんですね。
だから、彼の甘い言葉一つ一つに洗脳され、現在の状況を肯定しようとしていた。
責任は全て彼に課して。

でも自分の人生は、自分の意志で選択・開拓するものです。
現在の状況は、まぎれもなく自分が引き起こしたことであり、彼女自身の責任です。

相手の男性だけが悪いとは思いません。
彼女もまた同罪です。
そこに気付いてほしかった。

彼女は相手の奥さんに対する罪の意識があまりありません。

「だって彼がこっちにきちゃうんだもん。」
そんな感覚です。

でも、今彼女のしていることは、
法的にも罰せられることだし、
何より一つの家族をぶち壊そうとしている重いことです。

彼女の
〔幸せな家庭を築きたい〕という淡い願い。もはや、裏腹ですね。

自らの手によって別の家族を破壊することで、自身の未来も壊している。

今やっていることはいつか自分に帰ってくるよ。

そう伝えたい。

親友の幸せのために(2)

不倫…

普通に考えたら、親友が傷つくことが目に見えている状況です。

声を大にして、
『さっさと縁を切りなよ!』
と言いたい。

すごく。

でも、できないんです。
優しく純粋ではあるものの、決して知恵のない子ではありません。あらゆる不測の事態を覚悟しての現在の不倫です。

ここで、気持ちの整理をつけるために、これまでの経緯を振り返ろうと思います。

彼女は、現在25歳。
大学三年の時に付き合っていた彼氏に浮気をされ別れて以来、かれこれ4年ほど、特定の恋人がいません。

当時彼女は荒れました。
彼氏の裏切りで心が砕かれ、精神的に崩れてしまいました。
口癖のように、
「男なんか信じられない!」
と言っていました。

私や他の友人は、そんな彼女に、
「世の中全ての男性が、そんなことをするわけじゃないから!」
と希望をほのめかそうとしましたが、

慰めにもならなかったようです。

私はどうにもしてやれない無力さを口惜しく思いました。

私が男だったら、
彼女を幸せにしてあげられるのに…
それぐらい思いました。
今まで私はさんざん彼女に支えられてきましたから、私も彼女のためにどうにか苦しみから解放させてあげたかった。


その傷は、つい最近まで彼女を苦しめていました。

裏切りの傷により、なかなか好きな人が現れなかったのですが、
ようやく
「私、好きな人ができた♪」
との報告をもらったときは、すごく嬉しかったものです。

もともともてる子です。
大学を卒業してから、何人かの男性との出会いがありました。

しかしなかなか縁が結べない。

あるときは片思いで終わったり、あるときには彼女が燃え上がれず終わったり、またあるときには体の関係を先に持つことで、自らうまくいかない方向性を作ってしまったり…元彼女に奪われたり。

なかなか試練が絶えません。

その時々で私は彼女を否定しないように、話を聞いてきました。

うまくいかなかったとき、彼女なりの反省をちゃんと見出していたからです。

たとえば、
『外見の魅力にとらわれすぎない』
『出会ったばかりで関係を結ばない』
などなど。

こうした反省を次に生かし、今度こそは幸せな縁を…と励ましてきました。



実は、私は彼女から不倫の事実を告白される前に、
なんとなく嫌な予感がしていました。

些細なことですが、
わりとまめにくる彼女からの連絡が、
昨年の秋ごろからぷつっと途絶えがちになりました。

はじめのうちは、

(ようやく男でもできたかな?)
とちょっとわくわくした心もちでしたが、

次第にその日が長くなるにつれて、

なんかあるなと。
勘ぐりました。

彼女は、気になる異性がいないときは、
わりとよく遊ぼうと声かけをしてくれていました。地方から出てきていて、それほど友人が多いわけではないからです。

好きな人ができたら、すぐに報告してくれていました。

今連絡がなくなっているということは、おそらく交友関係で忙しくしているのだろう。でも好きな人ができたなら、すぐに言ってくるはず…それがないのは、もしかして言えない事情がある?

などと、憶測を持ちました。

さらに、彼女は、前述した通り
『優しい子』

なんだか悪い男を受け入れちゃうようなところがあるんです。

私なんかは、きつい性格ですから?
ピシャリとはねのけちゃえるんだけど。

彼女はなかなかそういう人を遠ざけられない。

情に流され、言いくるめられ、ほだされ…
どんどんはまっていく恐れがあるとは、常々思ってました。

そしてその嫌な予感は、当たりました。

私から無理を言って会う時間を作ってもらい久し振りに会ったら、
職場の上司とそういう関係になってしまった…と。
ショックでした。


ではなぜ彼女は不倫に至ってしまったのか…
それはまた次回。

親友の幸せのために(1)

ここのところ、ずっと頭から離れないことがあります。

それは親友の不倫。

その子は、今まで出会った友人の中でも私にとって特別です。
一番仲が良く、頻繁に遊びます。

もう8年ぐらいの付き合いです。

その子は、とても優しく気配り上手、多才で魅力あふれる素敵な子です。

わざわざ不倫をしなきゃならないような器量でもありません…

だからこそ、なんで彼女が不倫なんか…という受け入れ難い気持ちに支配されてしまって、
私はなかなか冷静に事態を受け止められていません。

そのせいか、悶々とした嫌な感情が、
お腹の底でずしーんとたたずんでいます。

私にとって不倫は、非常に現実離れした存在でした。

時々ドラマやブログなどで見聞きしてはいましたが、
興味本位で取り沙汰す人がいるから広まるだけで、
実際にはみんなもっと堅実に生きて居る。

そう思っていました。
でも目の前にある親友の不倫は、
わたしにこれが現実なんだと突き付けてきます。

真に冷静に親友の相談に乗るには、
私がこの事実と向き合わなきゃならない。

それができなきゃ、
私が彼女にどうこう言う資格はないんです。

親友の幸せを第一に考え、どうしたらよいのか、迷っています。

ふっかーつ!

昨夜の疲れはどこへやら

たっぷり寝て無事体力回復を果たしました(*´▽`*)

復活の要因は睡眠だけじゃなく、
彼の優しさも☆

昨夜帰ってから彼からメールがきていて、

『すぐにメール見られなくてごめん!もしかして無駄に待たせちゃった?てっきり今日はぴよ子も遅くなると思ってた…勝手な思い込みだよね、ごめん。』
って。

あたしを気遣ってくれてるのがすごい伝わってきた。

その後電話もかかってきて、
『俺じゃぴよ子を元気にしてあげられない?俺はぴよ子の声を聞くだけでも元気になれるのに…(>_<)』

って言ってた。

そういう台詞があたしを励ましてくれるということ、
彼はわかってて言ってるのかしら(*・_・*)

ぬくもりが心に広がって、染み渡った。

結局、具体的に何をしてくれたかではなく、
私を思いやってくれていることが嬉しくて、元気になれるんだよね。

そんなこんなで完全復活!

彼に感謝です。

今日は友だちの誕生日を祝いにいってきます|`・ω・´)/~~~

苦悩

彼には悪いと思ってる。
こんな風に弱っちいあたしで申し訳ないって。

自分でもどうしたらいいのかわからんのよ、
多分我慢しかないから。

耐え忍ぶしかないだろうと。

わかっちゃいるけど、
あがき

もがき

うるさくしてしまう。

静かにじっと耐えられたらいいのに。

頼ること

普通、しんどいときほど
彼に頼ればいいじゃんって話になるんだろうけど。

あたしは逆に、
しんどい時ほど頼れない。

きついときほど自立できなきゃ、
今後やってけないって思うから。

踏ん張らないと、共倒れになっちゃうこともあるから。

いつもは、
ごくごく軽いことで彼に頼ってる。

でも今は

だめ。

疲れたぁ

なんかもうだめそう…
疲れてしもた。

しんどい…

彼に会いたくて
甘えたくて

週末会えないのはあたしの都合なのに、
なんか釈然としなくて…

だって本当は他の予定よりも彼と会う方がよっぽどあたしにとって良いのに。

がしかーし

そうもいかないから…
突然衝動に駆られ
『今夜会えないよね?』

ってメールしちゃった。

残業しながら待ってたけど
三時間彼からの返信はなくて。

電話にも出なくて。

彼もまた残業してんだろうなって仕方なく思いつつ

またどうにもならないもやもやをもてあまし…

「助けて」
って言えば、彼が駆け付けてくれるのがわかるからこそ、

彼に無理言って振り回したくないって思いから、

強がって素直になれず、

さっき彼から
『ごめん今メール見た!』
って電話きたけど

『なんもない、大丈夫!』って電話切っちゃった。

こんなときに限って
人身事故で帰りの電車は混んでるし、

お腹も減ったし、

ふらふらだ。

彼はあたしの異変に気付いたみたいで、

『明日朝行こうか?』って提案してくれたけど、

甘えたくない。
GyaOデイリーランキング総合ベスト5
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ