ぴよ子のタマゴ

 ぴよ子と彼の愉快な日常をつれづれなるままに、つづります。ぴよ子の『タマゴ』は、日々生まれくる、ぴよ子の想いや気持ちです

2008年03月

無計画さとの闘い

一昨日までは。
今週末彼に会いたい、一緒に寝たい、ギュッてしてほしい…って衝動があった。

前々から、(昨日の)結婚式の後どっかに泊まろうと言われていたので。

でも、彼は私と会うための場所を用意すると言ってたのに、結局何もしてなかったことを知り、

彼のモチベーションの低さにがっかりし、愛情の低さを感じ悲しくなり、

会いたいという感情はさぁーっと引いてしまった。

今は今日彼と会うより、家でゆっくり休みたい気持ちの方が強い。

彼はなんとかして今日会えるようにしようと頑張ってるけど、

これまで同様無計画さが祟ったわけだから。甘えさせちゃだめかな?
とか思う。

こんなこと思ってるあたしは冷たいかしら?
でも結局会うことにした。
気乗りしないけど、昨日の友人の結婚式を受けて、あたしに話したいことがいっぱいあると言われたので。

今週全然話せてないじゃん!と彼が不服申し立てをしたので、
調停に応じることにした。

いってきまーす。

本音を話して

なんだか、スッキリすべきとこなのに、もやもや。

今日彼と会ってきた。

日中は公園でまったりしたり、カラオケ行って発散したりしてたんだけど。

その後、夕飯代わりに店に入って話をしてたら、

なんとなく結婚観や人生観の話に。

彼曰く、ぴよ子はもう俺に対して『情』で一緒にいてくれてんでしょう?とのこと。

否定しましたよ。肯定できないでしょう、だって。

でも、あたしの方がよっぽど彼に『情』を感じさせて、彼の人生の足を引っ張らないようにって気を遣ってるんだって話になってしまい、いつの間にか、彼は俺が将来海外に赴任することになったら?とか言い出して。


二人で一緒にいること前提で他の環境を調整するのか、
仕事や他のことを優先させて、一緒にいられる条件の合う人を探していくのか……

難しいところだねぇってことになりました。

あたしも彼も、本音は後者。
相手が自分に着いて来てくれたらなぁ…って思うわけです。

でもそれじゃぁ、いつか離れなきゃならなくなるから。
二人でいる未来がないのよ。

最近じゃ、
「将来は犬を庭で飼おう!」
「いや、部屋飼いが良いよ!」
なんて他愛もない未来構想図の話も、夢物語化して冷めてしまう。
あたしがそう言ったら、

彼は、そんな先のことで落ち込んでたってしょうがないじゃん!って言ってたけど。

なんか二人の未来がなんの確約もないものだという現実に直面化し、もう本格的に人生設計をしなきゃならないのかって思い、
気分が落ち込みました。

彼は二年後ぐらいに結婚したいって言ってるけど、口約束だし、
結婚したところで、あたしが今の地を離れて地方や海外に行けるかって言ったら、今すぐハイとは言えないのが正直なところ。

んー
好きだけじゃどうにもならないことは、たくさんあるんだな。

彼も、仕事も大好きで。

良い家庭を作りたいって夢と、
仕事で子どもたちとたくさんの出会いをしたいって夢は、相容れないのだろうか。

男の人は両者の夢が一本の道上に共存してるのに、
女の人にとっては、
二兎追うものはなんとやら、になってしまうのはなぜ!

あたしは贅沢なのだろうか。

悶々( ̄へ ̄;)

チューして!

甘い話じゃないですよ。と前置きます。

「チューして!」

って彼によく言われるんですけど、

みんなそんなもんなのかな?

あたしはどちらかというと、男性の方からしてもらいたい…
でも誰だって、自分からよりは、相手からしてもらいたいものなのかもしれないな。

ただなぁ…付き合い始めの頃に比べれば、この
「チューして!」
って台詞もだいぶ減ったんだけど、

やっぱり未だに言われると、

( ̄へ ̄;)ムムッ

と思ってしまう。

してあげられないことはないけど、

言われてからやるってのが、抵抗あんだよなぁ。

さらに、彼はもともと受け身嗜好だから、それに応じることで嬉嬉として受け身に甘んじる姿を見るのが、
ちょっと嫌(笑)

前から彼に
『受け身過ぎるのはちょっと…』
って言ってるけど、
彼の『性質』ですからね。
どうにもならない。

むしろ、応じるのに抵抗あることが申し訳ないなぁと、
もっとこう彼の受け身にジャストフィットする積極的な子が、世の中にはいるんじゃないかと、
思うことも、多々あります。
そういう子の方が彼には合うのかもってね。

あたしが変わればいいって?
確かにそうなんだけど、彼が変われないのと同じでこれはもう『性質』なんだよね。

彼の受け身に応じてると、強い嫌悪感すら覚えることもある。

なんか違うな…この人。って思ってしまうの。

そういう瞬間が続くと、二人の関係にヒビが入りかねないと、

あたしはわりと深刻に考えてます。

ふざけたタイトルでしたが、まじめな話でした。

二つの理想

最近またあたしの気持ちがトーンダウン気味。

なんだか、いまいち彼のことを思いやってあげられず…申し訳なく思いつつ、モチベーションが上がらない…

結局、この一年間学生のときよりも距離を置いたお付き合いをしてきて、

私は二つの理想というか、好ましい状況を思い浮かべ、いったりきたりしてきた。

一つ目は
『彼と一緒に住む』理想。

疲れて帰ってきたら、彼が優しく「おかえり(*´▽`*)」なぁんて言ってくれる生活だったら、どんなに良いだろうか。

毎日癒され、素敵だなぁって思ってきた。

そしてもう一つの理想。
それはま逆の状況…彼と別々の人生を歩む生活。

彼としばらく逢わずに暮らしてると、だんだん慣れてきちゃって、メールとかも送る内容も特にないし、むしろ億劫になってきてた。

彼からは、心配するから飲み会前とか帰宅後は必ず連絡してって言われてきたけど、
だんだんどうせ別々の日々を過ごしてるんだから、気に留めなくてもいいんじゃない?
なぁんて思えてきたり。

昔は、彼が飲み会で連絡とれなくなったりすると不安に思って怒ったりしてきましたが、

もう最近はどうでも良いというか。

「好きにしてて〜」

って感じで。

それで他に目移りするようならそれまでってことで、仕方ないかなぁ〜なんて思ったり(笑)


不思議と後悔とか、一人になる不安とかあまりなく。


いやでも実際は、ちゃんと毎日電話で10分以上話してるし、メールもしてるんだけどね(笑)

本当に彼が側にいなくなったら、その喪失感はものすごいんだろうけど…

今は気にしてられないというか、

飽和してきてる感じ。

マンネリって言葉も当てはまらなくもないのかな?


かと思いきや、彼と早く一緒に住みたいって思いもあるし。

ようわかりませんな(-.-;)

楽しく過ごしたいのにね

先週は短い時間でしたが、二回も彼に遭えましたo(*^‐^*)o

木曜日は、彼が夜勤だったので、あたしの仕事終わりに都心で落合って、食事しました。
彼の職場は都心部とは逆なのですが、わざわざ来てくれたんです。

たぶん…あたしが
「逢いたい」
って気持ちを、かなぁり遠回しに訴えていたからかなぁ?

会えて嬉しかった☆
土曜日は、誕生日プレゼントを買ってもらいました。

通勤バッグが欲しかったので、Samantha Vegaで突発的に選びました(笑)

私、なんだか、いつまで経っても彼からプレゼントを貰えていないって状況が虚しくなっちゃって、耐えられなかったんです。

本来は、プレゼントを急かすようなことはしたくなかったから、なかなか自分で時間を割いてプレゼントを選ぼうとしない彼に、

「別にいいよ」

って、言ってたのですが…

土曜日は耐えかねて、敢えてショッピングに困らない街を選び待ち合わせ場所に設定しました(笑)

彼から
「プレゼント買いに行こう!」
って言ってくれたのでほっとしましたが。

忍耐力のない自分を情けなくも思いました(^_^;)

プレゼントを買ってもらった後、彼のリクエストで広島風お好み焼きを食べに行ったのですが…

久々にそこでバトってしまった…(;´Д`)人(゜-゜ ;)


ことの始まりは、彼と付き合う前の思い出話だったんだけども。

いつしか付き合って半年ごろに行った旅行前の大喧嘩に話題がとんで、

彼がそのケンカを
「あれは最悪だった。とんだとばっちりだったよ」
と言った言葉に、

あたしが切れました(/o\)

最悪な思い出として残ってるのはこっちの方だし、(彼に非があったケンカなので)
とばっちりってそんな被害者ぶった認識されちゃぁたまりませんよ。

何も学習しなかったのかぃ!?(`ε´)

って思い、むっとしました。

彼はうつむくあたしの機嫌を取ろうと、
ソースのついたお皿につまようじで
『ゴメ』
って書いてて(笑)

なんとか許したけど、せっかく逢えた短い時間を、険悪な雰囲気でロスしたことがもったいなかったなぁって、後悔してます…。°(>_<;)°。

飲み込んだ言葉

かなり険悪な状態で彼に会ってきた。

スキーから朝帰ってくる予定だった彼からは、正午を二時間以上過ぎてもなんの連絡もなかった。

携帯にかけても、
電波がない。

充電が切れたのか。
何か事故にでも巻き込まれたのか。

心配だった。

でも、待ち合わせの時間まで一時間を切った頃、
『今新幹線で帰ってる』
と連絡があった。

なんだ…

と、一気に気が抜けた。

と同時に、だんだんムカムカしてきた。

結局、待ち合わせ場所まで直接来る算段らしい。

あたしは、朝方スキーから帰ってきて疲れてるだろうから、一回自宅に帰って仮眠とれるぐらいの時間を与えたくて、
今日の待ち合わせの時間を大幅に遅くした。

直接その理由を話したら彼が気後れすると思い、
『あたしが仕事残ってるから遅くしてほしいんだ。』
と嘘までついて。

でも彼が疲れてるなんて、余計な配慮だったらしい。

彼は遊べるリミットが延びたと認識し、ぎりぎりまで遊んで帰ってきた。

帰る時間を遅らせたのだ。

しかしこっちにはなんの連絡もなかったから、
とっくに帰ってきてるはずの時間に連絡がつかず、
一人焦ってた。

虚しい一人相撲。

昨日までのもやもやとあいまって、
もう嫌な気分しかなくなってしまった。

こんな状態で会ってもあたしは楽しめない。

それでは彼が悲しむから、会わない方が良いかもしれないと思い、その旨伝えた。

嫌な思いをさせそうだから、会わない方が良い気がすると。

彼からは、謝りたいからお願いだから来るだけ来てと言われた。

その段階で、彼は今夜のお祝いで予約した店のキャンセルを覚悟したみたいだ。

だけど、あたしは行くなら楽しいふりぐらいしてあげたかった。

行ってつまらなそうな顔してたら、
せっかくの彼の思いを無下にしてしまうから。

でもどうにもこうにも自身の感情を抑えられず、
演技なんかできなかった。

彼は謝ってきた。
私のせっかくの配慮を、連絡もせず無駄にしてしまったこと、あたしに心配かけたことを。

あたしは謝られても、過去に戻ればまた同じ行動をとるのだろうから、意味がないと伝えた。
そして、それ以上のことは、何も伝えなかった。

彼を責める言葉も、許す言葉も、何も。

この何日か、寂しくて泣いていたこと。
彼を困らせたくなくて、何も本音を言えなかった。

ただ黙って、気持ちの切替えに集中した。

だけど彼は私の表情から 何かを感じたらしい。
『ぴよ子、感情かくすの下手だよ。』
と言ってきた。

誰のために必死に抑えてると思ってるのだろうか、この人は。

しかしぐっと堪えた。

それを言っちゃあ、せっかくの我慢が台無しだ。

『寂しかった』
この一言をがまんするために、あたしは幾つもの台詞を飲み込んだ。

会いたかった気持ち、泣いてた事実、不安な心、
それらすべてをなかったことにしなくては、彼をがっかりさせちゃうから。
今回、快く彼を送り出したかった当初の思いやり全てが、無駄に無理をしたものだったと、
自分の器の小ささを露呈させてしまうから。

彼からお土産話を聞かされながら、だんだん気分が良くなってきた。

ディナーの頃には、笑顔さえ見せられるほどに。

ちゃんと、楽しく過ごせたと
彼に伝わっていたなら良いんだけど…

でも今回飲み込んだ思いの数々。
あたしの中で、時間をかけて消化しなくては。

次また同じようなことがあったら、
一気に溢れ出してしまうから。

そうなったら終わりだ。

彼に受け止めてもらいたいなんて思ってない。

あたしは強くなりたい。

なにがあってもどーんと構えていられるような強さが、ほしいんだ。

無性に寂しいのはなぜ?

 なんだか、2/28の誕生日の日以来、すごく気持ちが不安定。

別に何かあったわけじゃない。
これまで同様、忙しい毎日。

彼は、昨夜夜飲み会で、今朝は早朝からスキーに行っている。
本当は、あたしと一緒にいてほしかった。

でも、快く「いってらっしゃい(*・ω・)ノ」
って送り出した。
彼がいつもあたしにそうしてくれるように。

そのせいなのかどうかは、わからないけど

昨日の夜から泣きたくてたまらない。

キンと冷えた夜の風を感じながら、一人とぼとぼと道を歩いているとき、
大声で泣き叫びたくなった。

何が悲しいの?

自分に問うてもわからない。

だけど、やっぱり今日も、泣きたくなった。

いや、実際には昨日も今日も私は泣いてしまった。

昨日は、一人でお酒を買って帰った。
お風呂からあがって、それを飲んでいたら虚しくなってきて、泣いてしまった。

今日は、絶対に彼が楽しんでいる最中に連絡してはいけない!
って自分に言い聞かせていたんだけど、彼から電話してきてくれた。
その電話越しに、あたしの異変に彼が気づき、

「どうしたの?なんか変だよ。泣きそうな声してる。」

って言ってきたんだ。

それを聞いたら、一気にほぐれて、泣いてしまった。
でも、すぐに電話を切ったから、彼にはばれていないと思う。

明日、彼があたしの誕生日を祝ってくれる約束だ。

でも、なんだか会っても、楽しめる気がしない。

昨日、今日はものすごく彼に会いたかった。

「さみしい。」
「今すぐ会いに来てほしい。」
それが本音だった。
だけど、そんなこと言ってもどうにもならないことがわかってる。
彼は会いには来られない。
しかしあたしをさみしがらせちゃいけない!って使命を感じて、気にかけてくれている。
だからこそ、結局あたしがこんな風に弱っていることを知ったら、すごく落ち込むと思う。
彼を悲しませたくないから、本音は言えない。

あたしは肝心な時に素直に言えない。
言わなくていいと思っている。
彼がつらい思いをするぐらいなら。

一方で、こうやって我慢が募っていくことで、気持ちがすれ違って行くのかもしれないとも感じている。

昔は、つらいとき、彼の家に駆け込んで慰めてもらったっけ。

でも、今は、肝心な時に彼はいない。会えない。
だから、
「つらい」
って、彼の胸で泣くことはできない。
タイミングが合わないんだもの、仕方ないよね。

いつも一緒にいられたらって、思うけど。

それができないからこそ、
今があって、あたしに課された試練なのかもしれない。

不思議なもので。
昨日今日はものすごく彼に会いたいのに、
約束している明日は会いたくない。
今日じゃなきゃ意味がないのだ。

あしたは、けんかしてしまうかもしれない。

わかっている。
彼にぶつけられないこと。
だから、今だって我慢している。
何もかも、自分の思い通りにいくわけないんだから、現状をつくりだしたのは、
私自身だし。

だけど、やり場のないさみしさは、
私の中で大きくふくらんで、
息を吸うのも邪魔しているんだ。

助けてほしい。

皮肉なことに

明日は北海道から出てくる友だちのために集まろうって話があったので、一か月前から予定を空けていた。

彼が明日から明後日にかけて誕生日をお祝いしてくれるはずだったんだけど、
あたしがその企画の話をしたら、
快く『いってらっしゃい☆』
ってスケジュールをずらしてくれた。

なのに、その企画はなんだか流れたみたい゜゜・(/□\*)・゜゜

そして、彼は明日他の友だちとスキーに行くことになったのだ。

結局birthday以来ずっと一人。
寂しいものですが…

子どもたちからお祝いしてもらったりしてたからまいっかと思って。

さらに、友だちがメールでお祝いの言葉をくれたんだけど、

その中に過去好きだった男性二人からのもあったのです。

ここ何年か連絡とかほとんどとってなかったし、
あたしのことなんか気にかけてないと思ってたから、
突然『おめでとう!』って連絡が来てびっくり☆

ま、だからって何かあるわけじゃもちろんないんだけど。

ただ、驚いたなぁって感想(・◇・*)
GyaOデイリーランキング総合ベスト5
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ