今日彼と互いが運命の人か?という話題で盛り上がった。

 あたしは、彼を運命の人と思っている。

 付き合ってみるまでは、運命なのかどうなのかなんてわからなかったけど、今となっては、この人だったんだなぁと感慨深く思っています。

 出会って初めて声を聞いたときも、当時彼に彼女がいると聞いてショックを受けたのを覚えています。その感覚も、彼が自分のものになるのかもしれないという予感があったからなのか?わかりませんけど、不躾にもそう感じたのだから、不思議なものですね。

 一方彼の方はというと、当時彼女がいながらも多少私のことが気になっていたようです。そういうと、あたしが「あたしと付き合ってても、他の子のことが気になるかもしれないじゃん!」と気にすると思って、今まで黙っていたとか…いやはや複雑ですね

 彼は「運命とか信じていない」というスタンスです。
 でも、「何不自由なく、トントンと私とうまくいったことを考えると、運命だったのかもねぇ」とか言っていました。
 あたしが、「その程度か!」と不機嫌になったので、後から言い訳のように
 「いや、ぴよ子以外考えられないよ!だからきっとぴよ子は運命の人だね」とか付け足していましけど…

 ロマンチックに、「出会った瞬間にこの人と結婚すると思った」ぐらいに言ってもらえたら、嬉しいんだけどな。

 そうもいきませんね(笑)

 さてさて「運命の人」って、本当にいるんでしょうか。

 私はいると思っています。

 一緒にいて、意味のある人。
 一緒にいることが定めの人。
 傷つけあっても、影響しあって、離れずにはいられない人。
 そして、いっしょいにいることが、最大の幸せである人。

 誰が何と言おうと、現段階で、あたしは彼が運命の人だと思っています。