ぴよ子のタマゴ

 ぴよ子と彼の愉快な日常をつれづれなるままに、つづります。ぴよ子の『タマゴ』は、日々生まれくる、ぴよ子の想いや気持ちです

2009年05月

東京ラーメンSHOW

 昨日、彼が私に内緒で、東京ラーメンSHOWにつれていってくれました!!

私はラーメンが大好きで、毎週食べに行っています。
彼は電車の中でこのイベントを知ったそうで、私を連れていくプランを考えてくれました

うれしいかぎりです

到着するまでは私に秘密にしておくつもりだったみたいだけど、バスの中でちらしを見つけてしまい、私大興奮

二人で4種類のご当地ラーメンを食し、大満足で帰りましたとさ

あぁ、幸せなひと時だった〜

彼の優しさ

先週末は、彼は夜から夜勤だったにもかかわらず、
私をテニスに連れていってくれました
 
 元テニス部の彼は、これまでにも何度もテニスを教えてくれています!
 
下手くそな私に飽きもせず、優しく一生懸命教えてくれるので、そんな彼にメロメロです 
 
 さらにラーメン好きなあたしのために、タンメン専門店を見つけてきてくれていて、出勤前に連れていってくれました
 
すんごくおいしかったのと、らーめんの中でも特にタンメンが好きなあたしのために、お店をリサーチしてくれていたのがうれしかったなぁ…
 
さらにさらに、金曜日の夜はあたしがバレーボールの試合とその打ち上げで帰りが遅くなっちゃったんですが、その後彼の家に泊まりに行きました。
 
彼は次の日夜勤だったので、一人で熟睡した方が良いんじゃないかい?って提案したんだけども、
 
「泊まりに来て欲しい」って言われたので行ってきました。
 
彼の部屋は相変わらずの汚さだったけど、ここんとこ忙しかったのを考えたらしかたないかなぁとかも思ったり、私を呼び寄せてくれたのも彼の愛情だと思ったから文句は言いませんでした。
 
そんなこんなであたしは彼からの愛情をたっぷり感じた週末となり、幸せでした
 
彼はさぞかし体力を消耗した週末となったことでしょう…
 
love

もしも彼が婚活をするならば

先日こんな質問を彼にしてみた。
 
今流行の婚活。
 
 『もしあなたが条件をつけて結婚相手の女性を探すとしたら、どんな条件で選ぶ?』  
 
彼は答えた。 
 
「ぴよ子って人
 
(にやにや)
 
こほん!
改めましてもう一度。
 
「結婚相手に望む条件は?」
 
今度はこう答えた。
 
「調理師免許と、家事検定一級?とか持ってる人。」 
 どうやら家事を万全にこなせる人ということを言いたいらしい。
 
しかし20代前半でそんな資格(特に家事検定)を取りに行き、婚活に参戦してる女子ってのがいたならば…その子は社会人として働いてキャリアを積もうという気が一切ない子と判断できないかい?
 
なぁんてちょっと計算高い私なんかは考えたりする。
 
とすると、果たして彼はそんな経済的に依存するタイプの子を心から望んでいるのだろうか?というと実はそんなことは全くない。
 
どちらかというと2馬力の方が安心だとか思ってる。
 
だったら彼が選んだ条件て、自分の理想の結婚生活とかけ離れてしまうよね。
 
彼の矛盾に気付いてしまった私。
 
彼はよく働き同じくらいよく家事をこなす女房という限り無くハイレベルな理想をおもちのようだ
 
わたくし天の邪鬼ですから。
そんなこと言われると、どちらかしかやらないよ〜ん
って応えたくなっちゃうわ。
 
 
ま、でも実際には彼は家事が苦手だから、自分よりできる人が良いってのが下限みたいです。
 
だったら最初からそう言えばいいのにね

男になるということ

近頃思うのです。
 
男になるということは、誰かを『守る』ということなのではないかと。
 
男の子は、子どもの頃わんぱく上等!元気が一番!伸び伸び育ってほしい…そんな大人の願いのもと、わりとおおらかに育っていくものかなぁと思います。
 
簡単に一般化できませんが、少なくとも日頃子どもたちの親御さんと接していると、最低限の学力とマナーが身に着いていれば、そんな細かいことは強要されないというご家庭が多いようです。
 
だからか、それとも生まれもっての特性か(笑)小さい頃からその場が楽しければOKという、いささか『お調子者』的な資質も発揮できちゃいますね。
 
そしてそういう資質は、学生の間はつぶされないまま育まれていくようです。
 
それが男の子特有の『社会性』だったりもするし、ノリの良さを左右したりして、人間関係に響くことも往々にしてあるもんね。
 
が、しかし
 
社会人になると、仕事を通して『責任』を任うしなくてはならなくなる。
緊張感も増す。
 
プレッシャーもある。
 
でもやりがいもある。
 
さらに女性に対しても、ただ『楽しく』付き合っていた期間を終えて、相手に対しても『責任』をもとうとし始める。
 
自分の力で『幸せにしたい』、そう『守りたい』と。
 
近頃彼を見ていて思います。
付き合い当初は、女の子の扱いを知らずにとまどっていた男の子だったのが、今は立派に私をエスコートしてくれる頼もしい紳士になっているのです。
 
自然とそうなっていったのではなく、彼は私に頼りにされたいと思いながら、努力してくれたんですね
 
感謝しなきゃなぁと思います。
 
そして今の彼なら、一家の主として、任せていけそうだと思ってます。
 
結婚を考えられるようになってきたなぁと。
 
彼は男の子から男になったんじゃないかと。

好きでたまらない

旅行によって、恋愛バイオリズムはピークに達しております
 
今は彼のことが好きで好きでたまらない
 
彼に会いたくて
 
触れたくて
 
声が聞きたくて  
 
うずうずしてしまいます。
 
しかし、今日彼は名古屋に出張です。
 
残念だけど、昨日電話で
「ぴよ子明日は飲み会とかないの?寂しい思いさせちゃって悪いなぁ
って言ってくれて…
 
気を遣わせちゃ悪いなぁと思い、なるべくじめっとしないようにしてます!
 
明日の夕方帰ってくるので、少しでも会えたらうれしいな
 
と思ってますが、彼が疲れていたらやめようかと。
 
あ゛〜でも会いたいよ

GW伊豆旅行

 今年も行ってきました伊豆旅行
 
今年は恋人岬をメインにして、近くのホテルに泊まりました。
 
『恋人岬』だけあって、周りはカップルだらけ!
恋人宣言なる神社の絵馬?のようなものがたくさん並んでいたりと、異色な場所ですね〜あそこは(笑)
 
天候は残念ながら二日間ずっと雨でしたが、一応私たちも恋人岬まで歩いて行って、鐘を鳴らしてみました。
ホテルの部屋には露天風呂がついていて、仲良く一緒に入りました。
 
南国風のレイアウトも気に入ったな〜
 
他にも去年好評だった虹の郷でポークウィンナーを食べたり、沼津で沼津丼を食べたりしました。
 
ホテルのディナーもものすんごく美味しくて、量はかなり多かったのにちゃんと食べきれちゃいました
 
食の旅を満喫って感じです。
 
あ、初日の昼だけは私の手作り弁当でしたが残念ながら失敗しちゃったので彼に悪かったなぁ。
 
今回の旅の企画はもちろん彼で、改めて彼の頼もしさを痛感。
 
車の運転もずっとしてくれて、私はお世話になりっぱなしでした
 
しかし、ここのところ彼と十分にコミュニケーションをとれていなかったので、今回の旅行でかなり充電できたのはうれしかったよ彼に感謝です。
 
 
つくづく、彼ほど私を大切にしてくれる人はいないなぁって思いました。
 
一番の成果は、今回の旅行では一度も険悪にならなかったこと。
 
私は
旅を楽しむために、
 
『わがままを言わない』
『怒らない』
『ネガティブな話をしない』
 
という三つの条件を自分に課しました。
 
一応クリアできたかな?
 
ただし今回の反省点は…
 
彼の運転中に何度か寝ちゃったこと。
 
ごめんねダーリン

抱かれるということ

実は私たち…レスカップルになってしまいました

そのせいで、ここのところ彼と会っても、満たされません。

会えた瞬間はうれしいしニコニコできるけれども、スキンシップが足りないためか心を開けない…素直になれないから、余計に彼に寄っていけなくて…結果一緒にいても悲しくなってきて、そのまま時間が来てあっさりバイバイ

今までは改札を通る前に彼に抱きついたり、別れを惜しんでゆっくり改札に入り、入ってからも何度も彼の方を振り返りながら帰っていく。そんな感じだったんだけども。
最近は悲しくなってきて涙をこらえながら帰るので、あっさり彼に背を向けて、振り返らずにホームに向かっています

帰る電車の中で考えることは、彼のあたしに対する愛情はもう枯れてしまったのかな、ということ。
もう、あたしを抱きたいとは思ってもらえないということが、ものすごく辛い。。。

レスになるということが、こんなにもダメージを受けるとは思っていなかった。

そして、あたしは抱かれることで、彼の愛情を確認していたんだって気づいた。
彼の腕の中で、何もかもさらけ出して、安心して心を開く。抱かれるということは、いつもきつく締めている自分の心を緩めるために、必要なことなんだ。
愛さえあれば、体の関係がなくてもOK。世の中にはそういう方もたくさんいるらしい。
でも、あたしはだめみたい。
体を開くことで心も開けるから。
不器用で、あまのじゃくなあたしは、そうしないとなかなか鎧を脱げないから。

彼のことは大好き。

ずーっと一緒にいたい。

でも、正直彼と体の関係を維持できないなら、結婚はできない。

子どもができないからだけが理由じゃない。
あたしがあたしらしくいられなくなってしまうからだ。

会っていてもさみしい。
そんなのはもういやだ。

どうしよう。
どうしたらよいんだろう??
GyaOデイリーランキング総合ベスト5
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ