だんだん法則ができつつあるな。
私の苦手な人の法則。
それは、『35〜40才』ぐらいまでの女性。

あくまで仕事上でたけど。

多分それぐらいの世代って、経験も積んで仕事の中心的存在になってきていて、
ある程度自分の思い通りに事が動くようになっている。

だからこそ、新時代に戸惑うアラフィフ以上の世代に対して、
世代交代でしょみたいな生意気な態度をとるし、

下の二十代に対しては、
「私の言ってることが、絶対正しい」
と宣う。ある意味、脅迫。

そして、やりたくないことは、とことん拒否する。

そういう傲慢な態度が、本当に接しづらい。
関わりたくないけど、邪険にするわけにもいかず、振り回される。
やりたくない仕事は、当然二十代に押しつけられる。

うちの職場にはそういう人が、5人ぐらいいて、毎年誰かしらの被害を浴びることになる…

今年の人は、二年前までは結構尊敬してたんだけど、今思えばその当時はまだ30代前半で、もうすこし謙虚さがあったんだよな。
味方についていてもらえれば、頼もしい存在だった。

でも今は、彼女のこだわりに従うことが本当に窮屈で、けむたがられていることにも気付かずアプローチしてくる鈍感さにも辟易。

決定的にがつかりしたのは、この世代、同世代同士では仲良しグループ意識が強くて、同じグループの人がおかしなことしてて周りに迷惑かけてても、注意しないの。

かといってこの世代は誰の言うことも聞かないからね。
放置状態。

そして偉そうなことばっかり言ってるくせに、肝心なところでの決定では尻込みするわけ。自分に責任がこないようにってね。

逆に二十代の方が結構ドライで、一匹狼でも全然平気って感じ。
しかし厄介世代ときたら、やれ女子会だ、誕生日プレゼントだ、飲み会だって、いちいち仲間会を企画するの。
もちろんその幹事は二十代に押し付けるけど。

そしてそういう閉鎖的な動きを管理職から嫌な目で見られているということに気づいてないから、恐ろしいよね。

良くないよね、組織にとっては、こういう人は。

あたしら二十代にできる対応策はあまりないけど、アラフィフ世代はもちろん黙ってないよー

先に管理職に取り入って、これ以上厄介世代が組織に影響を及ぼさないように、先手を打つからね。
アラフィフ世代はそこが強い。

言いたいことは言うってだけでなく、根回しの重要さを知っている。
まあまたその裏でのやりとりを見ちゃうのも、あまり気分の良いことじゃないんだけど、

毎日すごいストレス…

早く離れたい
あぁあ。