9ヶ月になった娘は、毎日ハイハイで探険しまくり、とても活動的になってきました。
つかまり立ちで机や棚の上の物をつかんだり、ベッドによじのほったり、危なくて目を離せません

そして一番変わったことは<寝つき>です。

新生児期は比較的おっぱいを飲めばこてっと寝てくれる、手のかからない赤ちゃんでした。
ところが、一ヶ月ほどして、泣いているときに抱っこしながらスクワットをすると、寝つくことに気づいてしまった…
調子にのって、昼も夜もこの方法を使いまくった。しかしこれがいけなかった。
だんだん体重が重くなる為、スクワットがしんどくなってきた。そして、抱っこで寝る癖がついてしまい、布団に置くと大泣きするように…
三ヶ月頃がとても辛かった…
腱鞘炎が悪化し、精神的にも辛い日々…

そこでようやく寝かしつけの過ちに気づき、改めて布団で眠れるようにトレーニングを始めた。
初めは大泣きしてベッドを嫌がっていた娘も、子守唄を歌ってあげたり、手を握ってあげたり、覆い被さってあげると落ち着くように。
泣きながらも、布団の上で寝付けるようになってきた。

これで一安心…と思いきや、5〜6ヶ月にかけて寝返りを打ち座れるようになってきたら、寝ぼけて寝返りをうって頻繁に起きるようになってしまった、
また、抱っこじゃないと寝なくなってしまった。

それでも根気強くトレーニンを続けたところ、7ヶ月は再び落ち着いてきた。
が、ハイハイとつかまり立ちを覚え、寝ようとせずに、ベッドで立つようになってしまった。
あぶないので布団で寝かせるようになった。

ついには、9ヶ月の現在益々遊びたいがために、眠くても限界まで遊ぶようになり、限界がくると、ゴロンと転がり寝付くように!
逆に抱っこで寝かそうとすると、手でぐいっと私の胸を押し、降ろせと抵抗するほど。
先日はお昼ごはんを食べなから、寝そうになっていた(笑)

どんどん変わる赤ちゃんの眠り…

寝つきは良くなったが、少しでも目が覚めると即起き上がって夜中でも遊びだすため、連日ネブソクだ。

これからも変わっていくのだろうか。