ぴよ子のタマゴ

 ぴよ子と彼の愉快な日常をつれづれなるままに、つづります。ぴよ子の『タマゴ』は、日々生まれくる、ぴよ子の想いや気持ちです

2017年05月

神様からのメッセージ

まもなく、妊娠7ヶ月に入ります。
今週は、円靭帯痛と思われる腹痛と、抗生物質の量をふやしたことによる、軟便化による腹痛とで、眠れなかったり、歩けなかったりしましたが、それ以外は元気に過ごしています。

さて、妊娠中はスピリチュアル力が赤ちゃんの影響で高まると言われていますが、まさにと思うことがあります。

妊娠してから、上の子が赤ちゃんがえりみたいになっていて心配しているのですが、一人で大人しく遊んでいるときは、
「我が子を授かることの幸せ」を感じる毎日。

ところが、度々私の上に乗っかってきて、抱っこができないから甘えたいんだとおもうのですが、
今日は突然肩を噛まれました。痕がつくほどに…

それで、カチンときてしまいまして…パパとお風呂に行きなさいと言って突き放してしまいました。
大泣きしていましたが、娘はパパと二人でじっくり話して、
なんとか、機嫌を戻してお風呂に行きました…

その間TVで、絵本の紹介がされていたのですが、目にとびんできたのは、
『ちょっとだけ』
という本です。

元々この絵本は知っていたのですが、お話が紹介される間に、主人公のなっちゃんと娘とが重なり、涙が溢れてきました。

娘も、私に「ねえ、ちょっとだけでいいから、抱っこして」って、いったことがあって。

もしかして、この絵本知ってたのかな?と思ったけど、あとで見せたら知らなかったようで…

本当に本能的に出てきた言葉だったんだなと思うと、また、泣けてきて…

そして、これは神様からのメッセージなんだなと。
上の子を、しっかり愛してって。
せめて、下の子が生まれるまでは、最優先でって。

いくら4歳と言えど、やっぱりママに全力で抱きついたり飛び付いたりできないのは、寂しさもあるんだろうなあと、改めて思いました。

寝ているときも気づくと私の布団に寄ってきてくっついています。

せめて、素直に甘えられるように、しなくてはいけませんね!

岡山旅行

二日目は、たまたま宿泊した宿から近くにあった、おもちゃ王国へ!
娘の大好きなプリキュアショーを見るために、私は、一時間強い日差しの中を場所とりしました!

アトラクションや、知育玩具、おままごとセットや、絵本のおうちなど、見る遊ぶに十分すぎるコーナーに大満足♪

image


さすが晴れの国ということで、暑くて暑くて旦那と娘は真っ赤に日焼けしてしまいましたが(私は、長袖でしたのでセーフ)

二日目のお宿は、牛窓という場所で海を見渡せるお部屋でした。
わりと山奥にあったので、夕方薄暗くなってきたころに、細い上り坂を迷いながら進むのは、怖かったですが…

ペンションのオーナーさんがとても温かい方で、娘のこともかわいがってくださり、楽しく過ごせました!?

三日目は、そこからフェリーで5分の前島に足を伸ばし、ゆっくり山を散策!?

image


新緑の木々に美しい海、ホトトギスの鳴き声にとっても癒されました♪

午後はお土産を買ったりして、夕方の新幹線で帰ってきました。

とっても疲れたけど、たくさんの思い出ができました

image

岡山旅行

安定期、最後の家族三人旅ということで、岡山県に来ました!


新幹線で三時間半…娘は車内ですでに我慢の限界。私もイライラ…
さらに電車で20分、ようやく目的地の倉屋敷につきました。

image


着いてからも、ランチの場所が激混みで並ばなければならず、娘はやたら「○○したい」とグズり、一時は大泣きのパパ切れまくりで大変なことになりました。

元々旅行があまり好きではない私は、心の中で
(子連れ旅なんて、乗り物も食事も、買い物も、散歩も、何もかも子供の気分や体力に合わせて、ゆっくりできず忍耐ばかりなんだから、もうしばらくは来ない方が良いなぁ。)なあんて、考えてましたが。

フルーツパフェを食べたらやっと機嫌回復し、お土産を買ったりして少し楽しみました♪

GWということで、混雑は覚悟の上…といっても、都内近郊よりよっぽど空いてるんですが。


夜は瀬戸内海を見渡せるホテルで、早めの夕飯を食べて、休みました。

子連ればかりのホテルで、お風呂も50%以上子どもたち!!

お腹が大きくなってきて、足元が見えづらい私は、多数の子どもたちをよけながら、我が娘を旦那に任せて、「禁忌症:妊娠」という温泉の看板を横目に、露天風呂を楽しみました(笑)

あ、禁忌といえばもう一つ。

瀬戸内海に来て、新鮮なお刺身を食べないなんて…というこたて、鯛だけはいただいてしまった
GyaOデイリーランキング総合ベスト5
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ