私が産休に入るということで、お客さんの一人が助産師さんをしていて、お勧めという本を2冊プレゼントしてくれました!
そのうちの1冊が、産婦人科医の池川明先生が書いた
『ママ、生まれる前から大好きだよ!』
とうい本です。

胎内記憶という考え方に基づいて書かれているので、読む人によってはスピリチュアルの世界みたいな不思議な印象をもたれるかもしれませんが、私はどちらかというとそちらの世界に肯定的な見方をしている人間なので、とても興味深く読ませてもらいました。
一日で読み終わってしまったよ。

池川先生の研究によると、胎内記憶をもった子どもたちが教えてくれることは、
生まれる前から親や、運命を選んできているってこと。
だから、赤ちゃんにまつわる様々な出来事(出産、流産や死産なども含め)をありのまま動揺せずに受け止めましょうとのことだった。

親としては、子に何かあったらやっぱり自分を責めてしまうもの。
でも、赤ちゃんはれっきとした一人の人格をもった魂。
意志があって、ちゃんと考えて存在している。
だから、その意志を尊重して、妊娠期間からたくさん話しかけて、子育てしていくと良いコミュニケーションがとれるよーと教えてもらった。

パパについてもよく書いてあった。
立会出産により、パパが無力感を感じたり、マイナスイメージをもってしまうことがあるけれども、男親にしかできない役割ってものがちゃんとあるから、自信をもって!って書いてあった。うちの夫にもぜひ読んでもらいたいなと思った。

本の中には、お腹の赤ちゃんや空に還ってしまった魂と話しができる人のことが載っていた。赤ちゃんの声は、感じようと思えば、感じられるんだって。
私もなんとなくそれがわかる。
妊娠初期、流産におびえていた時、不思議なことが周りで起こっていたことから、目に見えない力を感じていた。その時に、確かに赤ちゃんの生命力を感じて、私の周りの環境を整えようとしているんだなって思って、これはきっと母体を守ることで自分の命を守る動きなんじゃないかと思って、流産への不安が消えていったのです。
つわりがひどかった時もそうだった。つわりの苦しさに加えて、胎動を感じるようになって、こんな風に元気に動いているんだったら、大丈夫そうだって思ったっけ。

今一番赤ちゃんからのメッセージとして感じとっているのは、命はたくさんの縁で放射状につながっているということ。
赤ちゃんを授かり、自分の親、またその親…と脈々と受け継がれてきた命について考えるようになった。今、私のお腹の赤ちゃんの命を慈しみ、大切に思ってくれている人がたくさんいる。同じように、この世界中の命全てが、そうやって守られて、大切にされて存在しているのだということに気づかされた。

これから仕事をしていく上でも、自分が生きていく上でも、このことは絶対に忘れちゃいけないと思う。

気づかせてくれた赤ちゃんに感謝!!