久し振りの更新となりました。

いつもは「おはぎってあたし」の方で
あれやこれやとくだらない更新してるのですが
今日はお仕事の事なのでこちらで書き込みます。

私のブログは2本立てです。
どうぞよろしくお願いいたします。



ここ何年か
北海道の夏の湿度は半端ないよね・・・・・。
そう思わない?

来年こそエアコン買う!って心に決めたもの。

愛犬「おはぎ」が心臓肥大で苦しそうなのよね・・・・。
もっぱら私の最近の心配事はソレ。

でもって
あつ~~~い夏。
道民以外の方にしたら「何いってんだか」ってなモンなのでしょうが

道民は高い湿気に不慣れ。

いらっしゃるお客様の髪の毛の膨張具合いに正直ビビリます。

「パーマかけたの・・・・?」って聞きたくなるくらいに
うねりやら、チヂレやら、ボンバーやら。

「たすけて~~~~!」って顔でいらっしゃる。

6月から7月は本当に縮毛矯正のお客様が多かったです。


よく、
河野さんの使ってる薬液は他と違うんですか?
なんて質問されます。

多分
札幌の美容室で考えるとほとんど無いんじゃないかな。

「低アルカリ 高還元」っていうんだけど。

普通の薬液はしっかりかけるためにはアルカリ度っていうのが物凄く高い薬液になっちゃう。

髪の軟化っていうのも進む。

昔は「しっかり軟化させないとダメ」なんてことも言われましたが
軟化しすぎると後のダメージも仕方のないことで・・・
アルカリ度が高いからってちゃんとかからなかったり。

パーマをかけるには「還元作用」ってのが重要でね
しっかり還元されればちゃんとかかるんだよね。

それがね
軟化=還元って思われてたんだけどね
実際私もそう思ってたけどね
そうじゃないんだよね。

そういうお薬で縮毛矯正をすると

ツヤも違う。
コシも残る。
自然な仕上がり。

DSC00746


















結構なダメージある
感じのお客様ですけど


これ以上傷むのが嫌だし

でも広がるし


ってことで
根元に縮毛矯正して

毛先のパーマはそのまま残すことにしたんだよね




DSC00747
























これは
スタイリング剤
つけてないので

毛先の艶はありませんが

ヘアクリームをつけると
まだまだ素敵なパーマヘアが楽しめるよね。



こんなふうに
髪全体を薬で加工せずとも
充分きれいになったりする。

DSC00236


























高還元
低アルカリだと

髪がパツパツにならない。


根元も死ぬほどベッシャンコにはならんのです。

柔らかなストレートヘアの出来上がり。


もちろんハイダメージヘアにはお勧めしません。

縮毛矯正は
美容室のメニューの中でも一番リスクが高いものなのでね

傷んでしまった部分はさらに痛みがすすむわけで
なんでもかんでも出来るっていうものでもないのよ。

ダメージにも「何をやって傷んだのか?」っていう履歴もきちんと聞いたうえで
どうするか考えましょう。

一度矯正した髪には絶対に矯正剤つけたくない美容師なので
(絶対いいことないよ)


その辺は相談して決めましょう。

快適な夏を毎年乗り切るために
私も頑張るからね~~~!







チャップリン DO-Sシャントリ通販ページ



料金はいかほど?

営業時間。

河野プライベートブログ  ←私の全てを晒してます。(笑)
2本立てで頑張ってます。
こちらはほぼ毎日更新してますので
お暇でしたら見てください。
アホ丸出しですが。