ちゃっぷの温泉・ハイキングブログ

 ちょっとブログのデザインを、リニューアルしてみましたぜ!  ハイキング・温泉なんかの話題を提供したいと思います。山頂でY字バランスしているやつがいたら、ちゃっぷです。  最近は、花の名所や滝等の観光名所や行った先でのグルメ情報も満載。ただし、完全に自己満足の内容です。ちょっと下品な内容も?  情報は古くなっている場合もありますのでご注意ください。

2016.08.04(木)〜07(日)
参加メンバー:ガタさん,ちゃっぷ

 2016塩見岳ツアー総集編です。

塩見岳・小渋湖温泉・鹿塩温泉山塩館 速報版
15s-IMGP6871


小渋湖温泉 外観ロビー部屋編 2016塩見岳ツアー(1)
10s-IMGP6523


小渋湖温泉 温泉・食事編 2016塩見岳ツアー(2)
02s-IMGP2157


塩見岳 鳥倉林道〜三伏峠小屋到着編 2016塩見岳ツアー(3)
52s-IMGP6638


塩見岳 三伏峠小屋〜塩見小屋到着編 2016塩見岳ツアー(4)
01s-IMGP6843


塩見岳 塩見小屋宿泊編 2016塩見岳ツアー(5)
34s-IMGP6855


塩見岳 登頂編 2016塩見岳ツアー(6)
39s-IMGP6959


塩見岳 下山編 2016塩見岳ツアー(7)
24s-IMGP7161


山塩館 外観・ロビー・部屋編 鹿塩温泉 2016塩見岳ツアー(8)
01s-山塩館外観IMGP7298


山塩館 温泉編 鹿塩温泉 2016塩見岳ツアー(9)
24s-R0020720


山塩館 食事編 鹿塩温泉 2016塩見岳ツアー(10)
04s-R0020670


塩の里・JA松川インター直売所もなりん・石川PA昼飯 2016塩見岳ツアー(11)
01s-IMGP2387


blogram投票ボタン

2016.08.07(日)
参加メンバー:ガタさん,ちゃっぷ

 埋もれさすのはもったいないシリーズ『2016塩見岳ツアー』の最終章! ま、みやげ買って、飯食っての最後のおまけみたいな内容ですがね・・・・
 なお、今年の記録じゃないのでお間違えのないように!!

【塩の里】
 みやげ購入ってことで、山塩館をチェックアウトしてクルマで2分以内の「塩の里」に行きやした。
 場所はこのリンク。
01s-IMGP2387
 山塩館の第2駐車場から「塩の里」までの動画はこれ。
 着いたのは、まだ9:10分くらいでしたからな、ソフトクリーム屋とみやげ物屋はやっていやしたが、食事処は準備中でしたよ。
02s-IMGP2385
 では、みやげ物屋方面へ。朝市の表示があってスイカの試食をやっていやした。最後に寄りやすかね?
03s-IMGP2386
 歌舞伎が有名な様です。
04s-IMGP2408
 店内の様子。
09s-IMGP2391
 店内には、地元で採れた農産物だの、
05s-IMGP2388
 菓子や、
06s-IMGP2390
 色々な食物が売っていやした。
07s-IMGP2392
 ちゃっぷは大鹿とうがらしを使った唐辛子味噌の小辛(下画像の下の段のやつ)と、
08s-IMGP2398
 とまとのグラッセっていう食物を購入。
22s-IMGP3682
 唐辛子味噌は、食い始めは普通にうまい味噌って感じでしたが、
24s-IMGP3936
 後から辛さが来て口がかなりヒリヒリしやした。小辛にしておいて良かったですぜ・・・・
25s-IMGP3937
 とまとのグラッセというのは干しトマトのことですかい(袋にはドライフルーツにしましたと書いてある・・・)? グラッセを調べると、「木の実・果物などを甘く煮て砂糖をまぶしつけた菓子の類」とありやすが、煮た様には見えねえ・・・・異常に甘く、トマトだか何だかよく分からねえ味がしやしたよ。まあ、会社で眠い時に食うと気分転換になって良かったですがね。
23s-IMGP3683
 で、ホームページを後で見て知りやしたが、山塩館で食って激ウマだったコメも売っているみたいです。しかし、この時は見落としたのか? 気が付きやせんでしたよ。
 激ウマのコメは「はざかけ米」というのですな。コメの種類は「あきたこまち」と「こしひかり」があり、そいつを「はざ」という物干し竿みてえなやつに稲を下にして天日干ししてじっくり乾燥すると旨みが増すそうですぜ?

 で、ここには鹿の角も売っていやす!
10s-IMGP2393
 数千円から1万円以上する奴まで、色々ですな。しっかし、鹿の角なんか買って飾るんですかね? 
11s-IMGP2395
 精力剤になるんでしたっけ? 自分で角を削って煎じて飲むんですかね??
12s-IMGP2396

 みやげ物売り場の奥には、展示室ってのがありやした。
13s-IMGP2394
 大鹿お楽しみマップとか、
14s-IMGP2401
 伝説の大豆「中尾早生」の説明とか(そういや、宿の朝飯で出てきた豆腐はこの大豆で作ったのかも?)、
15s-IMGP2403
16s-IMGP2400
 大鹿歌舞伎の解説、
17s-IMGP2402
 映画「大鹿村騒動記」に主演して遺作となった故原田芳雄さんのポスター。
18s-IMGP2404
 そういや、映画の舞台挨拶で車椅子に乗っかってヨレヨレになって出てきた原田芳雄さんをテレビのニュースで見やしたな。この映画だったのか? 確か、その数日後に亡くなっちまった様な?
 で、あの映画は、ここ、大鹿村が舞台でしたか! 

 鹿塩塩泉と海水の成分比較表ですよ。1リットルに何グラム成分が入っているかですな。
 ナトリウムイオンと塩化物は、鹿塩塩泉と海水でほぼ同じ量、合わせて30グラムも入っていやす。
 海水に入っているマグネシウムイオンと硫酸イオンは、鹿塩塩泉の方にはほとんど入っていねえってことで、鹿塩塩泉の方が純粋な食塩水に近いんですとよ! で、鹿塩塩泉の方がベタつかないと。
19s-IMGP2406
 で、鹿塩塩泉の塩分の理由はまだはっきり分かっていねえってことですぜ? 昔、海の底だったからじゃねえかと思いやしたが、鹿塩塩泉と有馬温泉だけは海水や化石海水じゃないそうで?
20s-IMGP2399
 いくつかの仮説はありやすが、まだ特定できていないってことみたいですよ?
21s-IMGP2405
 店内での買物を終了て外に出ると、朝市ってことで、スイカが売っていやした。
 おやっさんに食え食えと言われて、試食すると甘くてうまかったので購入しやす。
26s-IMGP2407
 ただ、売っていたのは試食のスイカとは違うやつですとよ? 意味がわかりやせんな。
まあ、小玉スイカで500円くらいだったか? 安かったので購入しやした。
 で、そいつを家で切ってみるとびっくり、黄色いやつじゃねえかよ? この色のスイカを見たのは数十年ぶりでしょうか?
 甘さはやや控えめでしたが、皮が薄くて身が引き締まってパンパンで、異常にジューシー!
 皮ギリギリまで食えて滾れやした!!
27s-IMGP2440
 

JA松川インター直売所もなりん
 塩の里には桃が売っていなかったので、中央道の松川インターに乗るまでの間の店で買いやすかね? 松川インターの手前に農園だの直売所がたくさんありやたからな。
 この日は日曜日で、次の日から会社なのでとっとと帰りたかったちゃっぷは、早めに宿をチェックアウトしたのですがそれが裏目に出たか? まだ10時前ということもあり、何軒か農園の直売所みたいなやつを見かけやしたが店がまだやっていねえ!
 最終的に『JA南信州直売所もなりん(松川インター直売所 もなりん)』というのがやっていて、
02s-IMGP2409
 駐車場もでかくて入りやすかったので突入です。
01s-IMGP2417
 もなりんというのは、地元の特産物のもも、なし、りんごから取ったってことですぜ?
 場所はこのリンク。
 もなりん突入の様子の動画。

 店内は、地元の特産物が多数!
 ドリンク類や、
03s-IMGP2410
 惣菜関係、
04s-IMGP2411
 野菜に、
05s-IMGP2412
 果物。
06s-IMGP2413
 で、滾ったのは現品限りの規格外品の激安梨と桃。
 梨はひと箱800円!
07s-IMGP2414
 桃はひと箱980円!
08s-IMGP2416
09s-IMGP2415
 表面に傷があったり、デコボコがあったりして見た目は悪いですが、味は規格品と同じですからな、家で食うなら規格外品の方が絶対にお得ですぜ! つうことで、ちゃっぷは梨と桃をひと箱ずつ購入。
 ガタさんは、最終的に電車で帰るので、箱買いは無理なので、ぶどうをひとパック購入でしたっけね?
 お得な買い物が出来て満足して撤収しやす。
 なお、ここから中央道松川ICまでは、車でたったの1分程度。ギリギリで果物のみやげを買えたわけですな。

石川PA昼飯】
 さて、天気は快晴で帰るのがもったいないような雰囲気でしたが、日曜なんで高速道路が空いているうちにとっとと帰りやす。
 朝飯を宿でたっぷり食ったので、あんまり腹は減りやせんでしたが、高速道路を降りると食物屋を探すのが面倒くせえってことで、12:20頃、八王子ICの先の石川PAに入りやしたよ。
01s-IMGP2418
 食物屋の店舗は、吉野家,山百合,銀杏亭の3軒が入っているみたいですな。
02s-IMGP2419
 おお、確かこの焼売は激ウマでしたな。土産で買って帰ったことがありやす。
03s-IMGP2434
 しかし、この日は、ちゃっぷは『銀杏亭』でガッツリと食いやした。
04s-IMGP2423
 メニューが店頭にぶら下がっていやす。ボリュームたっぷりでうまそうな食物が並んでいて迷いやすぜ? しかも、全てのメニューが1000円未満!
05s-IMGP2421
06s-IMGP2422
 ちゃっぷは結局、一日20食限定という文句に釣られて、焼肉定食720円に決定。
07s-石川PA食ったメニュー_IMGP2424
 先に食物を発注して、食う席を探しやす。
 しかし、なかなか混んでいて、空席を探すのが大変でしたが食い終わりそうな客に目を付けて、空いた瞬間に席をゲットしやしたよ。
 で、タイミングよく、食物ができたのお知らせがあり、
 ちゃっぷの焼肉定食がこれ! おお、デザートでなぜかティラミスが付いていやがる!
08s-IMGP2426
 おかずのどアップ!
09s-IMGP2427
 小鉢に、
10s-IMGP2428
 漬物。
11s-IMGP2431
 コメはちと固めでした。まあ、朝に山塩館で激ウマの「はざかけ米」を食ったので、それと比較しちゃ可愛そうですがね?
12s-IMGP2432
 味噌汁は普通にうめえ。
13s-IMGP2430
 さて、焼肉をモヤシと共に口にぶっこむ! おお、この店は悪くねえ。ガッツリメニューが豊富で滾れやす。
14s-IMGP2433
 デザートのティラミスもなかなかの美味でした。
15s-IMGP2429
 その後、府中スマートICで中央道を下りて、ガタさんを小田急線の新百合ヶ丘駅で下ろしてお別れです。
 山小屋一泊に対して、登山の前後に温泉宿に一泊ずつした豪華な塩見岳ツアーもこれで終了。
 お疲れ様でした。

 おわり

blogram投票ボタン

2016.08.06(土),08.07(日)
参加メンバー:ガタさん,ちゃっぷ

 ちと間が空きやしたが、埋もれさすのはもったいないシリーズ『2016塩見岳ツアー』の続きです。
 今回は塩見岳を下山した後、鹿塩温泉の山塩館に泊まった時の食事編なのでありやす。
 なお、今年の記録じゃないのでお間違えのないように!!

【夕食】
 夕食は1Fの食事処で食いやす。
 つうことで、階段を下り、
01s-R0020675
 食事処になっている大広間へ。
02s-R0020672
 畳の間ですな。
03s-R0020671
 で、畳にテーブルを設置するという変わったスタイル?
04s-R0020670
 我々の席です。
05s-IMGP2308
 食物の初期状態ですな。
06s-IMGP2311
 なお、食物の下に敷かれている紙には葛の花と花に集るハチみてえな虫が描かれていやした。
07s-食事シート_IMGP2320
 ドリンクメニュー。まずはビールですが、日本酒は「大信州 おりがらみ生原酒八重原純米大吟醸」という4合瓶で3500円(酒屋で買えばこの半値くらいと思いやすが・・・・)もする酒を発注! まあ、長野県の酒には違いやりやせんが、この辺りの酒ではなく、松本の酒ですけどね。俳優の故原田芳雄さんが愛飲した酒っつうことなんでうまいに違いねえ! 
 ちと高いですが、他の酒は本醸造っぽいですし、ガタさんに、あんたが選んだ酒でいいよと言われたので大信州にしやしたよ。

08s-IMGP2309
 これですな。
19s-IMGP2330
 なお、猪口は好きな奴を選んで飲んでくださいってことでこの中から選びやす。
20s-IMGP2329
 4合瓶の口を開けて匂いを嗅ぐと濃密なフルーティーな香りが漂い、期待感が滾りやしたぜ?
 で、ガタさんとちゃっぷの猪口に注ぎあって一口飲んでみると、答えはイヤァオだ! 濃厚な旨味が口いっぱいに広がり、極上のリンゴの様なフルーティーな香りがフワッと鼻から抜けていきやす!!
 日本酒は高けりゃうまいってわけでもありやせんが、こいつは超傑作!
 しばし、陶然としたのでありやす!!

 では、食物紹介です。
 まずは長細い皿に3つ乗っかっているやつから。
 トウモロコシに、
15s-IMGP2317
 小さい魚の甘露煮?
14s-IMGP2316
 こいつは小さいまんじゅうでしたっけ? 
13s-IMGP2315
 山菜の煮物に、
12s-IMGP2318
 これは、多分胡麻豆腐。
16s-IMGP2321
 こいつは鯉を輪切りにして甘露煮にしたやつ。山の秘湯ではよく出るやつですな。
09s-IMGP2310
 川魚の塩焼きですよ。後から焼きたてが登場しやした! 塩は塩泉で作った山塩を使用していると思われやす。
17s-IMGP2323
 で、これが処刑した鹿を焼いたやつ。ローストビーフの鹿バージョンですかね? 肉にはあんまりクセはなくて柔らかくて、すっぱいドレッシングみたいなソースの味が強かった様な?
10s-IMGP2314
 さらに後から揚げたての夏の野菜と山菜の天ぷらが登場。もちろん、塩泉で作った山塩を付けて食いやす。
18s-IMGP2327
 また、とろろのかかった蕎麦が出てきたり、
21s-IMGP2332
 傑作だったのがこのコメ!
22s-IMGP2339
 ツヤツヤでふっくら。
23s-IMGP2338
 甘味を感じやしたよ!
24s-IMGP2341
 野沢菜でコメを食いやした。
25s-IMGP2340
 で、さっぱりした汁が出て、
26s-IMGP2337
 デザートはスイカでした。
27s-IMGP2336
 塩見岳を下ってきて、温泉に浸かった後の酒と飯は最高にうめえ!
 大満足の夕食でしたよ。

【朝食】
 朝食は7:30から、夕食と同じ食事処で食いやした。
01s-食事処朝_IMGP2364
 朝食はこれ。夕食に比べるとかなり質素ですな?
02s-IMGP2366
 しかし、なんといってもご馳走はこの激ウマのコメ!
03s-IMGP2368
 こんなにうまいコメは、滅多に食えやせんぜ?
04s-IMGP2369
 味噌汁はピンボケになっちまいやした。
05s-IMGP2378
 山塩館は甘露煮の魚を出すのが好きですな? ま、この手の魚にまずいやつは無いのでいいのですがね?
14s-IMGP2372
 海苔に、
06s-IMGP2379
 山菜、
10s-IMGP2376
 キノコ?
11s-IMGP2377
 玉子焼きの切れっ端にプチトマトという奇妙な組み合わせ。
13s-IMGP2371
 これは自家製だか村の名産の豆腐だったか忘れやしたが、
09s-IMGP2374
 山塩で食うのでありやす。
08s-IMGP2381
 これは、テーブルに1つ設置されていた梅干ですな。小粒のやつでした。
07s-IMGP2380
 とにかくコメが激ウマなので、おひつにたっぷり入っていたコメを完食ですな!
 ガタさんは小食なので、ちゃっぷは思う様、コメを食えやしたぜ!!
 おかげで食い過ぎですよ。まあ、2日間、山歩きでカロリーを使ったので補給ですな・・・・

 朝飯後にちゃっぷはちゃぽんと温泉に浸かり、帰る準備をしやしたよ。
 チェックアウト時に若旦那さんでしょうか、うちは登山のお客さん大歓迎なので、塩見岳から他の山に縦走する時は送迎もやっていますんで、ぜひまた来てくださいと言われやしたよ。
 で、この辺りで何か観光するところとか、ドバっと大自然が見られるところとか無いですか? と聞くと、「お客様は塩見岳に登られて、一番すごいやつを既に見てしまわれているんでなかなか難しいです・・・」
 と言ったあと、いくつか文化的な施設を挙げられやしたが、イマイチ滾れそうもなかったので、近所の塩の里でみやげを買って撤収しやすかね?

 つづく・・・

blogram投票ボタン

↑このページのトップヘ