ちゃっぷの温泉・ハイキングブログ

 ちょっとブログのデザインを、リニューアルしてみましたぜ!  ハイキング・温泉なんかの話題を提供したいと思います。山頂でY字バランスしているやつがいたら、ちゃっぷです。  最近は、花の名所や滝等の観光名所や行った先でのグルメ情報も満載。ただし、完全に自己満足の内容です。ちょっと下品な内容も?  情報は古くなっている場合もありますのでご注意ください。

2016.08.04(木)〜05(金)
参加メンバー:ガタさん,ちゃっぷ

 唐突に開始する、埋もれさすのはもったいないシリーズ!
 去年(2016年)の8月に行った、ガタさんと南アルプスの塩見岳に登ったって話です。
 塩見岳に登る前と下山後に温泉に泊まり、山小屋でも一泊した豪華3泊4日ツアーでしたぜ。
 今年の話じゃないのでお間違えのない様に!
 しかし、話が長いので断続的に続ける感じになりそうです。
 以前書いた速報版はこのリンク。
 ツアーの概要はこれ↑を見てくだせえ。
 なお、情報は古くなっている可能性がありやすのでご注意を!

 8/4(木)は塩見岳の登山口の一つ、鳥倉駐車場から26kmくらい手前の小渋湖温泉まで行って泊まる予定でしたよ。
 登山口にもっと近い、絶景露天風呂があるという赤石荘に泊まりたかったのですが、そっちは満室で、色々と調べた結果、登山口からはちょっと遠くなりやすが、落ち着いた一軒宿の小渋湖温泉が空いていたので、そこに決めたのでありやす。それは、宿的に大正解でしたぜ!

【中央道下り 双葉SA昼飯】
 小渋湖温泉は長野県上伊那郡中川村にあり、中央道の松川ICで降りてから30分程度。たまプラーザからだと中央道を使って、休憩入れるとたっぷり4時間はかかりやすからな。ガタさんにたまプラーザ駅まで来てもらい、9:30に集合して出発しやした。天気は快晴でしたぜ。
 府中スマートから中央道に乗っかりやしたが、しばらく走ると事故渋滞にはまり、渋滞解消後の相模湖ICを通過したのは出発してから約3時間後というくだらねえ展開に・・・・
 双葉SAで昼飯を食ったのは13:30頃でした。
01s-IMGP2135
 この時は山本勘助と由布姫の記念撮影のやつが設置してありやした。山本勘助ってのは武田信玄の子分?
02s-IMGP2133
 ちゃっぷは軽食コーナーで、
03s-IMGP2136
 アジのフライと豚汁定食をガッツリと食いやしたぜ。
04s-IMGP2138
 アジのフライのアップ。
05s-IMGP2140
 こっちは豚汁。
06s-IMGP2139
 サクサクのアジフライはうまかったです。コメはちとパサパサした感じだったか?
 しかしハラが減っていたので、残さず食いやした。
 平日の木曜でしたが、子供が夏休みのためか、家族連れでかなり混んでいやした。

 14:00過ぎに双葉ICを出発しやす。
 中央道を長野方面に走っていくと空に雲が多くなってきて、諏訪湖を過ぎて長野の南に向かって行くとドス黒い雲が出てきて、進行方向左手の南アルプスの山々には落雷が発生し始めやがった! 後で聞きやしたが、このころ、午前中は晴れていても午後は雷雨になるってパターンが毎日続いているってことでしたよ。

【小渋湖温泉へ】
 15:15頃、松川ICを降りてそのまま県道59を直進しやした。道なりに走って天竜川を渡ってすぐの渡場という信号をナビの指示で左折。しかし、信号の付近に「小渋湖温泉」はここを右折と表示が出ていた様な?
 で、しばらく走って、下平という信号を右折ですな。あとはナビの指示通り、ほぼ道なりに走っていたら今宵の宿の「小渋湖温泉」に裏側から到着ですよ。到着時間は15:40頃でした。
 小渋湖温泉の場所はこのリンク。
 県道59を直進して、渡場という信号を左折してから宿までのダイジェスト動画。

 宿前の道ですな。我々は画像の奥の方から走ってきたのでありやす。
01s-IMGP6535
 宿前の道路挟んで向かい側のスペースを見てみやす。
02s-IMGP6516
 ここは、小渋湖というダム湖の上なのでありやす。小渋湖のアップ。水は少ないみたいでしたよ。
06s-IMGP6532
 これはダム湖に沈んだ村を偲んだ碑でしょうか?
03s-IMGP6515
 しかし、周り中、山だらけで、
04s-IMGP6527
 どっちが南アルプス方面なんだかよくわからねえ・・・・
05s-IMGP6531
 道路に面した小渋湖温泉の客室。
09s-IMGP6533
 では、宿の敷地方面へ。画像の右手にあるのは、我々が泊まった部屋だった様な?
07s-IMGP6514
 この宿はペット可と書いてあったので、ペットはこの柵の中に入れるのかも?
12s-IMGP6540
 この犬は、宿の飼い犬?
13s-IMGP6539
 宿は平屋建てでしたな。車は小砂利が撒かれた敷地内に適当に駐車すれば良いみたいでした。
08s-IMGP6506
 玄関の様子。
10s-IMGP6523
 巨大な木の幹ですな! 元々ここに生えていたのでしょうか?
11s-IMGP6524
 では、宿前の庭をリコーTHETAで一発!
Post from RICOH THETA. #theta360 - Spherical Image - RICOH THETA

 玄関を中から見た様子。
15s-R0020634
 受付ですよ。
14s-R0020629
 受付を別角度からもう一発!
16s-R0020633
 受付前のロビーはだだっ広いですが、何もねえ感じ。もうちょっと飾ればいい雰囲気になるかも?
19s-R0020655
 ロビーには、ソファーが少々と灰皿・・・・
18s-R0020635
 さらに、処刑されたクマ。
17s-R0020631
 ではどアップで! ちいせえので小熊かも?
21s-IMGP2195
 それからよそでは見られない珍品No.1! 天然記念物のブッポウソウですとよ!!
 宿の女将さんに天然記念物を処刑したのか聞いてみると、死んで地面に落ちていたのを拾ったそうですぜ? で、役所に届けて、剥製にできたってことです。
22s-IMGP2190
 さらに、よそでは見られない珍品No.2! ハート型が浮き出た石!!
23s-IMGP2193
 で、ロビーに面して、大広間がありやした。宴会場なのかも?
20s-R0020637
 では、受付ロビーをリコーTHETA画像で一発!
Post from RICOH THETA. #theta360 - Spherical Image - RICOH THETA

 なお、この日の泊り客は、ちゃっぷとガタさんのみ! おお、そいつはラッキー!! 貸切ですな。
 で、女将さんに、明日くらいからいっぱい客が来るんでしょう? と聞いてみると、
 村の祭りがあるんで、その準備とか祭り本番で仕事どころじゃないんで、日曜まで休みですとよ! 

 泊まる部屋は玄関とソファーの間の廊下の先でしたぜ。
24s-R0020653
 廊下の一番奥が泊まる部屋と言われやした。
25s-R0020628
 塩見という部屋です。
25s-R0020627
 おお、でかい部屋ですぜ!
27s-R0020656
 部屋の中から部屋の入り口方面を見た様子。でかめの液晶テレビあり。
28s-R0020666
 部屋の様子。クーラーはなく、扇風機でした。結構涼しかったので問題ありやせんでしたよ。
29s-R0020658
 窓と障子の間に、縁側的なスペースがあり、
30s-R0020659
 そこに、ジャマな荷物を置いておけやす。
31s-R0020663
 これはいい部屋でしたな!
32s-R0020662
 やっぱり道路に面した部屋で、外から見ると一番手前の部屋ですね。
33s-R0020661
 窓から外を見た様子。
36s-R0020665
 部屋菓子は、手作りの草餅でした。
34s-IMGP2144
 甘さ控えめで、こいつはうめえ!
35s-IMGP2146
 部屋もリコーTHETAで撮りやしたぜ。
Post from RICOH THETA. #theta360 - Spherical Image - RICOH THETA

 なお、トイレと洗面所はロビーを越えた風呂場の手前にあり、ちと遠いです。
37s-R0020636
 洗面所に、
38s-R0020638
 放尿所。
40s-R0020641
 脱糞用は和式と洋式が一つずつ。ケツ洗いマシーンは付いていやせんでした。
39s-R0020642

 温泉・食事につづく・・・・

blogram投票ボタン

2017年4月28日(金)
参加メンバー:あたろうオヤジ・ちゃっぷ

 異常に間が空きやしたが、初夏の新潟ツアーの続きです。
 前回の話は、新潟にやってきて、晩飯の「Coco壱番屋 三条燕インター店」のカレーラーメンを食って滾ったってところまででした。
 それは良かったのですが、食い終わって店を出たのが既に20:00頃。
 この日、あたろうオヤジが温泉に行こうと予定していた店(花の湯館 新潟市小須戸温泉健康センターだった様な?)は21:00で終了ってことでした。
 その温泉の場所は、「Coco壱番屋 三条燕インター店」からは20km程度あり、着いた頃には受付終了の可能性がたけえってことで、行き先変更です。
 当初の目的地よりも手前で、22:00まで営業(最終受付は21:00)の「ごまどう湯っ多里館」というのなら間違いねえというので、そっちに行くことにしやしたぜ。
 三条燕ICからだと、信濃川方面に行って信濃川を渡り、その後左折して信濃川沿いに北上する感じですな。
 で、最終的に信越本線の田上駅の近所で踏切を渡り、坂を登って行くと「ごまどう湯っ多里館」の駐車場に到着ですよ。
 暗くて分かりにくいですが、到着時の動画も載せやす。
 場所はこのリンク。
 護摩堂山(ごまどう山)っつう、標高274mのしょぼい山の登山口が、すぐそばにあるみたいですよ。
 護摩堂山は山頂まで歩いて約40分、新潟県景勝100選になっていて、アジサイの名所でもあるらしいので、昼間だったらお気楽に歩いて写真撮るのにいいかも?
 駐車場の様子。駐車場の上のネットは何なんだ?
 後で地図を調べたら、近所に湯田上カントリー倶楽部っつうのがあったので、ゴルフボールが飛んでくることが結構あるのかも?
01s-IMGP6645
 実際には温泉の建物はもっと坂の上にありやすが、そっちまで車で行けるのはバスとか身障者が乗っている車だけです。一般車はここに車を停めてエレベータと渡り廊下で温泉に行くのでありやす。
 案内図はこれ。図の下の方にあるのが一般の駐車場ですな。温泉自体は図の上側にあるのでありやす。
02s-IMGP6619
 エレベータに乗っかり、
03s-IMGP6620
 降りたら渡り廊下を歩きやす。
04s-IMGP6621
 渡り廊下を出ると飲泉所。飲んでみると冷たい感じでした。味は微妙に癖があったような?
05s-IMGP6622
 これですな。
06s-IMGP6644
 ドバドバではなく、ちょろちょろという感じですがね。
07s-IMGP6623
 建物の入口ですな。暴力団・刺青・タトゥー・ペット禁止ですとよ?
08s-IMGP6625
 入口を入りやす。
09s-IMGP6643
 こいつが受付。受付脇の自販機で金を払いやす。
10s-IMGP6639
 料金は17:00までは700円ですが、17:00以降は600円。平日(この日は金曜)なので、バスタオルと洗う用のタオルまで付いていやした。
13s-IMGP6638
 受付周辺の休憩スペース。
11s-IMGP6641
 館内の案内図ですな。
12s-IMGP6642
 途中の通路にあった鎧飾り。
15s-IMGP6636
 脱衣所前の通路の様子。
14s-IMGP6637
 風呂はあじさいの湯とごまどうの湯があり、この日はごまどうの湯が男湯になっていやした。
16s-IMGP6635
 なお、金曜の夜で温泉の終了時間も近いので空いているかと思いやしたが、結構、混んでいやがった! おかげで内湯の画像はありやせん。
 脱衣所の様子。ロッカーは100円入れて、使用後に返却されるタイプ。
20s-IMGP6630
 トイレはケツ洗いマシーン付き。
23s-IMGP6626
 温泉の使用状況が掲示されていやした。
 内湯・露天風呂とも温泉100%ですが、加温・循環濾過・除菌剤を投入ですよ。
17s-湯使いIMGP6634
 泉質はナトリウム塩化物泉(アルカリ性低張性温泉)。
18s-IMGP6633
 温泉成分総量は1951mg/kg。1リットルに2g弱しか温泉成分が入っていねえ。
19s-IMGP6631
 では浴室へ。
 まずは肉体を洗い、内湯に浸かってみると消毒くせえ・・・
 露天は人がいなくなった隙にささっと撮影。
 暗いのでぶれやしたがね。
21s-IMGP6629
 で、もう一発。
22s-IMGP6628
 浸かっているときは別に何とも思いやせんでしたが、温泉を出て、しばらくすると肉体がツルスベになっていることに気が付きやしたよ。
 あたろうオヤジの話では、露天からの景色がいいってことでしたが、夜なので分かりやせんでした。
 まあ、適当にあったまったら撤収ですな。

 このあとは、あたろうオヤジの別宅に向かいやすが、途中で地元のスーパー原信 白根店で食材の買い物です。
 その駐車場突入時の動画。
 場所はこのリンク。

 買い物を終えて22:00頃、あたろうオヤジの別宅に到着し、
 乾き物を食いながら、ミニ宴会を開始。
 原信で購入した新潟限定のサッポロビールを飲んで、
25s-IMGP4180
 さらに夢乙女さんの小さな酒屋から取り寄せてちゃっぷが持参した「春高楼」の純米吟醸生! フルーティーで激ウマです。
24s-IMGP4177
 ミニ宴会のつもりが結構飲んじまって果てやしたぜ・・・・

 つづく・・・・

blogram投票ボタン

2017年07月14日(金)
参加メンバー:男達の熱くエロを語る会メンバー

 夏のいかセンター、「男達の熱くエロを語る会」の記録です。
 ただし、メンバーが高齢化してきたためか、エロい話題はほとんど出やせんでしたぜ?
 唯一、最年少のT君の話で、以前の彼女が「ブルゾンちえみ」に顔と体型が激似で、交尾を挑まれたものの、ちんぽが途中でしぼんじまってあやまったって話で笑ったくらいですかね? 付き合っていた頃はまだ、ブルゾンが出てくる前だったそうですがね。
 これはもう、新日本プロレスからWWEに移籍した中邑真輔選手が、しょぼい選手にオレの挑戦を受けろと言われた時に返した、「お前なんかが相手じゃ、滾れねえんだよ!」
状態ですな!
 で、その姐ちゃんはブルゾンが売れる前の本人だったんじゃねえか? とみんなで突っ込みやしたが、絶対に違う! とT君は言い張っていやした・・・

 さて、いかセンターの場所はちと分かりにくいですが、新宿駅の西口方面ですよ。
 西口の地上に出て、駅ビル沿いを右手(北側)に進みやす。
 新宿大ガード西の信号を渡ったら、最初の路地を左に入り、2回、右に曲がったら「いかセンター」の入ったビルがありやす。
 場所はこのリンク。ガイアビル4F・5Fですな。ガイアビルといっても、外から見た感じではガイアビルの表示があるのかよく分かりやせんがね?
 で、いかセンターの入っているビルはこれ。入口は地味な感じですよ。
02s-IMGP4843
 ビルの上の方に看板も光っていやすぜ。
01s-IMGP4844
 では、もうちょっと接近してビルの入口を撮影。
03s-IMGP4845
 本日のいちおしメニューが看板に貼り付けてありやした。
07s-メニュー_IMGP4899
 今回は幹事のmuramuraさんが「活いかと金目鯛コース飲み放題120分付7000円」のコースをを予約してあるので、メニューを見ても関係ありやせんがね。鬼盛りはコースに入っていやしたな。
 ビルの4Fと5Fがいかセンターになっていやす。4Fが禁煙で、5Fは喫煙OKですよ。
04s-IMGP4847
 ビルの中に入ると、こんな看板もありやす。
05s-IMGP4848
 4Fの禁煙フロアに直行しやす。
 店内にはでかい生簀がありやすぜ。
30s-IMGP4897
 店内の様子。
06s-IMGP4851
 席の傍の壁に貼ってあった、各種宴会コースのメニュー。
08s-IMGP4849
 金目鯛のコースは下から2番目に安いコースなのですな! そいつは驚きやしたぜ?

 で、活いかと金目鯛コース飲み放題120分付の内容は以下の通り。
 ・先附
 ・鬼盛り
 ・活イカ刺し
 ・イカの天麩羅
 ・金目鯛と野菜の煮付け
 ・イカと野菜の炒め物
 ・季節の炊き込みご飯と味噌汁

 では、食物と酒の紹介です。
 先附もイカですよ。これがうめえ!
11s-IMGP4853
 箸置きもイカという凝り用なのでありやす!
10s-IMGP4856
 一番搾りで東京に乾杯しやしたが、
12s-IMGP4858
 すぐに鬼盛りが登場!
13s-刺身_IMGP4861
 鬼盛りの説明を聞きやしたが、周りが騒がしいのと、数が多いので、さっぱりわからねえ・・・
 では、鬼盛りの説明を動画で! よく分かりやせんがね?

 刺身が来たらビールを飲んでる場合じゃありやせん。
 さっそく、飲み放題の日本酒を発注ってことで、茶碗地酒と日替わり特選地酒を発注。
 茶碗地酒はいつもの静岡の酒、「花の舞」でした。
 「花の舞」はフルーティーでうまいですが、ちと薄味ですかね?
 日替わり特選地酒は、千葉の「東灘 超辛とびっきり」。知らねえ酒でしたが、後で調べると千葉の勝浦にある酒造の酒ってことですよ。
14s-酒_IMGP4866
 だいたい、超辛口というのはまずいに決まっていやすからな、飲んでみるとやっぱり風味もなにもねえ、辛いだけの安酒でした。

 ここでおやっさんが登場。これから処刑するイカを見せに来やしたよ。直ぐに撤収しちまったので、残念ながらそのいかを撮影する暇がありやせんでしたがね?
 で、まずはちょん切ったゲソが登場。
15s-IMGP4863
 何の変哲もないゲソに見えやすが、醤油をぶっかけると暴れるのでありやす!
 その動画がこれ!
 食ってみると、ぶっとい分、固くて食いにくかったですな?
 で、スルメイカが肝と共に登場ですよ。
17s-IMGP4869
 美しいイカですな! 
16s-IMGP4868
 肝はすり潰してくれと言われ、みみず仙人さんがすりやした。
 この様にドロドロにしたやつに醤油を投入して、いかをこれに付けて食いやす!
18s-IMGP4872
 ああうめえ!!

 ここで再び飲み放題じゃない日本酒を発注! 新潟の青木酒造の「鶴齢 特別純米 爽醇」ですよ。
「鶴齢」は異常にうまいと知っているちゃっぷは、喜々として発注しやす!
 イヤァオ! やっぱり「鶴齢」は間違いない!!
 フルーティーで濃厚な味わいですな! これはエロを語る会のメンバーもうまいと絶賛!!
19s-IMGP4875
 つぎは熱々のイカの天ぷら。シソの葉にアジのすり身を挟んで揚げたみたいなやつもありやした。
 これもサクサクでうめえ。
20s-IMGP4877
 さて、ここで新たな日本酒を発注。仙禽「かぶとむし」ですとよ? 酒を作るときに、カブトムシを一緒に漬け込んだんじゃねえだろうな??
 これも飲み放題とは関係ない酒です。
21s-IMGP4878
 「かぶとむし」の特徴は、オレンジのような芳香なフルーツを思わせる香りで、甘味と酸味で白ワインの趣っつうことらしいです。
 飲んでみると、香りは良く分かりやせんでしたが、酸味の効いた面白い味ですぜ? これはクセになる味かも? 自分で購入して家で飲みたくなる酒ですな!!

 次の食物はお待ちかねのキンメの煮付けが登場! 大根と人参、ゴボウ、オクラの煮付けも一緒に登場ですよ。
22s-キンメ煮付け_IMGP4881
 キンメは新鮮なネギを乗っけて食いやす。こいつはうめえ!
25s-キンメ_IMGP4883
 まあ、キンメがうまいのはもちろんですが、人参も味が濃厚で激ウマ! 人参嫌いな人にはオエッ! かも知れやせんがね?
 さて、この頃には既に腹もイッパイになってきて、次に出てきたイカの炒め物みたいなやつは、イカを1切れ食って満足ですな?
24s-イカ料理_IMGP4886
 シメの海老の炊き込みご飯と、
26s-IMGP4889
 磯の香りたっぷりの味噌汁は腹がいっぱいでも食えやした。
27s-IMGP4892
 満足して撤収ですよ。
 最後に店内の生け簀を取材しながら撤収しやす。
 イカと、
28s-IMGP4893
 鯛?
29s-IMGP4895
 酒の冷蔵庫も撮影ですな。
31s-IMGP4898
 いい気分で帰りやしたよ。

 おわり

blogram投票ボタン

↑このページのトップヘ