January 24, 2017

大雪でのセミナー

新建新聞社の三浦社長とのコラボセミナー第二弾は彦根でしたが、金沢や福井ではたいしたことなかった雪が、滋賀県に入った途端に大雪!

DSC_4005


おまけに除雪車が入ってノロノロ運転。
DSC_4008

スタッフは早めに現地に向かって設営していたので、遅刻したのは私だけf^_^;


それにしても、普段あまり雪の降らない滋賀県なのか、当日のキャンセル「雪のため向かえません!」という理由で5件の会社さんが来れませんでした(>_<)



それでもセミナーの内容は前回よりもパワーアップ!
DSC_4009

三浦社長の話に前のめりでした。


その後当社の石田がWal10の説明!

ゴメン石田!写真撮り忘れたm(__)m



最後にWal10の実演を、
DSC_4010



やはり皆さん興味津々。
DSC_4012


今回も充実のセミナーでした。



明日25日は、岐阜市でやりますよ!

まだお席は空いてます(^-^;

chappchapp2001 at 00:02コメント(0)トラックバック(0) 
各種主催セミナー 

January 23, 2017

やる人とやらない人の境目

当社でも年に何回か企業向けセミナーを行っている。

というか、本日がその本番です。


今まで何十回とセミナーを開催してきた経験から、ちょっと辛口なことを述べさせてもらうと・・・
 
 

過去にセミナー終了後にアンケートを取り、「セミナーに満足で、役に立った」と回答した人から、実際に実行に移した人の割合はどのくらいか?って、興味あるでしょ!
 
 

「満足した・役に立った!」という人の中で、実行率は約割。万に一つよりもだいぶマシな数字ですが、割の人は内容に納得し、共感しても実行しない。

「行動に移す」とは、これほどハードルの高いものなのか?



セミナー内容に納得した人のみでもこのような数字なんです。


もちろん、「やらない」という選択肢もありなんですよ。

 

ということは、大多数の人は「やらない」のであるから、それを前提に考えたほうが人間関係が(営業的にも)円滑に運ぶことも多いかもしれない。

「まだやってないんですか?」なんて聞いたらさぁ大変!
やらない理由を、まさに攻撃されているという風に捉えてもおかしくないほどに降り注がれる。

これはこれで、セミナー実施した人ならば経験していると思うので、こんなことでは動揺しない。 

 

でも、興味深いのはたった2割しかいない「とにかくやる人」の心理だ。

8割の人は実行しないのに、
「とにかくやる人」はなぜやってしまうのだろうか。
 

 おそらくは「考え方」の違い。



「とにかくやる人」の考え方と、それ以外の8割の人の考え方って?

 


コンサルタントの安達裕哉さんによるとこんな感じ。
 

結果指向ではなく、プロセス指向


8割の人は結果を恐れて踏み出せなかったり、得られるメリットがそれほど大きくないと考えて実行を躊躇する。

とにかくやる人は、その過程・プロセスにも楽しみがあると考えるので、結果を求める比重は下がる。


旅に例えれば、目的地に到着してからが楽しいと考えるか、旅の計画の段階から楽しめるか。

たとえ目的地につかなくても、「面白かったからOK」と思えるか。 


 

備えるのではなく、対応する


8割の人は「困るのが嫌なので、いろいろ備えなければならない」と備えが万全になるまで実行を躊躇してしまう。

とにかくやる人は「困ったら、その時対応すればいいじゃない」と考え、実行してしまう。

 

 

局所的ではなく、大局的に考える


8割の人は「面倒なこと」「つらいこと」が見えすぎてしまい、実行を躊躇してしまう。

とにかくやる人は、局所的な面倒や辛さよりも、大局的に人生にとって必要かどうかと考え、実行する。

 

 

知識でなく、経験重視


8割の人は「知識」によって物事をうまく運ぼうとするので、知識が身につくまで実行しない。

とにかくやる人は、知識よりも経験を積むことによって物事をうまく成し遂げようとする。

だから、始めてしまう。

 


リスクは回避すべきものではなく、計量してコントロールすべきもの


8割の人は、リスクを回避したがる。どうすればリスクがなくせるかを考える。

とにかくやる人は、リスクを無くすのではなく、どの程度のリスクなのかを計量し、その程度を見積もり、それをコントロールしようとする。



いかがですか?

商売を続けるためにはどちらの選択をするのか?




私は間違いなく「実行する人」です!
 


20150701180821
まぁ、こんなにカッコいいものじゃなく、本当に泥臭いものだと思いますが、信念を貫くには「実行あるのみ!」なんです。


そう、私は「信念」に突き動かされているのです!

自発的にやけど・・・
 



chappchapp2001 at 00:01コメント(0)トラックバック(0) 
辛口言いっ放し 

January 21, 2017

新年2発目の仕入れ・・・いや釣果(^^;

細かいものからご紹介



DSC_3992

DSC_3993
1000×640×60  2枚
ニッチなところに使うカウンターやテーブルにどうぞ!!!




栗と水目桜
DSC_3984
栗は
1800×75×75  3本
テーブルの脚に


水目桜
1800×120×105
これは玄関框のどうぞ




ブビンガとモアビ
DSC_3985
ブビンガ
1800×300×30  2枚  棚板用
1800×135×120     框用

モアビ
1800×120×60  2本  勝手口框用





DSC_3991
2000×120×120  框用
桑って高級材なんですよ!




カエデ
DSC_3983
2000×450×60  杢はあんまりないけど巾はある



カエデ
DSC_3982
2000×400×60
杢が乗っています!!!けっこうな逸品です。




ブラックウォールナット
DSC_3999
2500×570×60
片耳付きのカウンターに最高!




長尺 ブラックウォールナット
DSC_3998
4900×450×70
4900×550×70
節はあるけど、長いことが取り柄(^^v





アフリカンチェリー
DSC_3997
5000×350×40
切り使い用でのミニカウンターにどうぞ!




長尺 アフリカンチェリー
DSC_3995
6100×540×60

女性に人気の淡い色合いの長尺カウンター





長尺 アフリカンチェリー
DSC_3996
6300×560×65

女性に人気の淡い色合いの長尺カウンター





椎(どんぐり)
DSC_3981
4400×230×120  框用
4400×300×120  框用

栗やナラの代わりに使われることが多いかな?

奄美栗としてフローリングも作られています。

我が家のリビングは奄美栗!!!





ウエンジ
DSC_3988
2000×800×60
無欠点です!!!




ウエンジ
DSC_3989
2000×780×60
無欠点です!!!






ウエンジ
DSC_3990
2000×770×60
無欠点です!!!







大トリは


けやき
DSC_3994
2900×900×70

色味が良いです!!!

皆から「良い買いもんやったなぁ・・・」とほめられました(^^v

私にはこんな風に見えるんやけど・・・
36




これらは2月の「ムラモト銘木市に並びます。

 


chappchapp2001 at 00:07コメント(0)トラックバック(0) 
商品紹介 

January 20, 2017

顧客満足度を上げる

住宅資材販売の仕事をしていて思うのは、住宅会社・工務店が「お客様のために」ということはもちろん大切だけれども、そのために何をやったか?ということで、確実にお客様の満足度を引き上げることが出来たのか?が大事。



たとえば言い古された言葉やけど、

「お客様のご要望にはすべてお答えします!」 

「お客様の理想の家づくりのお手伝い!」



これは、お客様からすると、

「営業マンなら誰でも言うこと。」になってしまっているし、期待が高まり過ぎて現実とのはざまで苦しむお客様が多いのも事実。 



お客様は、プロとしての意見や考え方を聞きたいはず!

「それは違う!こうしなきゃ!」という正しい指導を受けたいはずなんです。



そして、お客様の考える表面上の理想的な非現実を、確実な経験と理論の元に正しく導くというのが、お客様の信頼を勝ち取ることが出来るのではないでしょうか?



また、「想像を超えるサプライズ」 が出来るのも、提案者としての醍醐味でしょう。

「まさかこんなことをしてくれるなんて!」

「考えてもみなかったわ!」

これが出来れば、お客様の心を鷲掴みできるのではないでしょうか?

img_4c925c3612aea3c456c15c2f95f6bc7376775


そんな一歩先を行く提案を考えることが、お客様との距離を縮める近道になると信じています。


住宅そのものの「性能・強度・耐久性」は、プロであればお客様の満足できるレベルで提案できるのは当たり前のことです。

そこをことさら強調して、他社との不毛の数値競争に陥ることが一番アカンと思っています。



住宅としての基本的なことは当たり前として押えているということを認識してもらえば、その後に何が決定的に大切になるか?



先ほども挙げましたが、「一歩先を行く提案・サプライズ」だと思います。



お客様には考え付かなかったような、夢のある提案とサプライズ!

考えただけでも、お客様の喜ぶ顔が想像できますよね。



ムラモトは、そんなお手伝いができる会社だと思っています。



そのための「塗り壁材Wal10」であったり、

「ムラモト銘木市」であるのです。


お客様満足度を引き上げるために利用してください!


1月22日は、
DSC_3974


1月23日  滋賀県 彦根市

1月25日  岐阜県 岐阜市
20161222175111-0001


毎度毎度偉そうな内容ですが、材木屋歴36年と関わった住宅会社数百社、納材した物件1万件以上からの経験が、私を突き動かすのです。



工務店さんも、「うちも結構勉強したり同業他社の見学などもやってるよ!」というところもあるのですが、最先端や成功例ばかり。

材木屋をやってると成功例だけじゃなく、ダメダメ工務店なんかも多々見聞きするのです。


商売において大事なことは、成功例を見ることも大切ですが、それよりも失敗例を聞いたりすることの方がよほどためになると思います。


もちろん聞いただけの耳年増ではいけませんが・・・


当社では、全国的なトップランナーや地域一番店もさることながら、あらゆる住宅会社・工務店とのお付き合いをしています。


やはり、成功への近道はあるのです。

いや、結果的に近道といっていい方法が。
 

chappchapp2001 at 00:03コメント(0)トラックバック(0) 
想い事いろいろ 

January 19, 2017

探しています

俗にいう「フレコンバッグ」

223000792971_20140919_m_01_99999_jp
こんなやつ・・・



で、こんな風に使いたい
IPROS3321854510235886369

なかなか思うようなサイズがない・・・


時間との戦いもある・・・


サンプルを2種類ほど頼んでみたけど・・・


特注で作らなあかんかなぁ・・・

 

chappchapp2001 at 00:17コメント(0)トラックバック(0) 

January 18, 2017

粗品進呈

釣りです!釣り!


今年一発目の銘木市です。


平成29年1月22日(日曜日)

第86回「ムラモト銘木市」
DSC_3974

今回も、金沢情報に掲載しました。
DSC_3976

この、金沢情報を持ってきていただいた方には、粗品をプレゼントします。


カレンダー・メモ帳・LEDライトなどなど・・・



ご来場お待ちしています!!!

 

chappchapp2001 at 08:34コメント(0)トラックバック(0) 
お知らせ 

January 17, 2017

割れにくい塗り壁でも・・・

会社のトイレにWal10を塗りました。

 
築40年は経っている鉄骨2F(1Fは倉庫)の事務所のトイレです。

ビニールクロスを貼ってありましたが、その上から直接一発塗りです。
DSC_3968
普通であれば、シーラ―などを塗ってアクを止め、下塗り後本塗りをするという行程を踏むのですが、Wal10の良さは「一発塗り!」

・・・と、今回現場の判断でシーラ―(アク止め)もしませんでした。




元々倉庫目的に建てた外周以外に柱がない安普請の鉄骨造りなので、強度不足による動きでタイルは割れ、クロスはよじれていました。
DSC_3969

もうちょっと近寄った方が分かりやすいか?
DSC_3971
鉄骨が強風や日々の昇り降りの時に動いて下地材に伝わり、仕上げ材の表面に割れや隙間として現れました。


実際に階段を駆け上がると、事務所で座っていれば揺れているのが分かります。



なので、割れにくいWal10といえども、角にヘアークラックが表れました。
DSC_3970
まぁ、これは仕方がないところ。

この程度のクラックは起こるところには起こるという見本になります。



で、表情を2種
DSC_3972
大胆な鏝ムラを付けたもの


DSC_3973
比較的おとなしい鏝ムラのもの




あと、匂い!!!

全然違います!!!

まったくと言っていいほど!!!




 

chappchapp2001 at 00:04コメント(0)トラックバック(0) 
塗り壁「Wal10」の世界 

January 16, 2017

エコ住宅の考え方

これからの次代の趨勢は「究極の快楽的飼育空間住宅(超皮肉な表現です)」 が主流なのでしょうが、あえてちょっとだけ手をかけ寒さも暑さも感じられる住宅に住むことをお勧めします。




ZEHやスマートハウスがもてはやされるようになるのでしょうが、 電気を太陽光から得ようが風力から得ようが、その電気を生み出す機械とそれを維持していく経費を考えるとペイできるものではありません。

より高い環境への意識がある人が住むのだ!という考え方もありますが、それは企業が植え付けたい次世代型省エネ住宅のイメージにすぎません。

省エネ機械に囲まれ、外部環境を遮断された人工空間の省エネ住宅でいいの?

エコな生活が、このような機械設備環境に縛られていいものでしょうか?




もっというと、最新型のエコ住宅を売っている方々は、誰のための家づくりをしているか考えたことありますか?


私にはわかります!

『企業間競争を勝ち残るため』です!

そこには住まう人への配慮はありません。




本当に環境に配慮した人は、「リデュース(なるべく使わない)」「リユース(繰り返し使う)」の考え方で、エアコンにしても年中使うのではなく(今の高気密住宅は年中フルオート運転)使いたい時にだけ使うことや、ちょっと寒ければ一枚着物を多めに羽織る工夫で乗り切るものなのです。



「夏涼しく、冬暖かい」住宅を求めるよりも、

「夏暑すぎず、冬寒すぎない」住宅に住むことのメリットを感じてください。



住宅そのものが我々住む側に何かしてくれるような近未来的な住宅は、人間のさらなる堕落につながると信じて疑いません。



chappchapp2001 at 08:29コメント(0)トラックバック(0) 
想い事いろいろ 

January 14, 2017

金曜日から東京へ

昨日は林野庁との懇談会。

日本木青連と「木を愛する会」との合同です。

contents_14_imageurl
最近私の志向が、木材でも川上よりも川下に意識があるので、今回の懇談会での内容は想定内。

宮澤さんが戻ってこられたことは、業界の若手にとって良かったと思う。


私は、住宅部材販売という立場を通じて、国交省に言いたいことがたくさんあるのです。

まぁ今後、ボチボチと書き込んでいきます。


日比谷で懇親会、新橋で2次会、同じく3次会と続けて、午前1時半ごろにご就寝。


昼に金沢に帰ってきて、事務仕事を適当にこなしています。



新建新聞社から送られてきた書籍3冊。
DSC_3966
休みの間に読破できるかな?
 

chappchapp2001 at 13:52コメント(0)トラックバック(0) 

January 13, 2017

初仕入れ・・・あっ釣果やった(^^;

さて、今年最初の仕入れで岐阜にやってきました。


寒さは思ったほどではなくて、完全防寒できましたが、昼になったら暑くて着替えたほどでした。



最初の競り落としは、アフロモシア
DSC_3960
 2600×360×60  3枚

ちょっと色味が薄いので、イロコみたいです。



DSC_3957
 2100×300〜400×45  17枚

けっこう乾いているので、栓にしては使いやすいと思います。



木肌
DSC_3958
2100×250×36   7枚  

細い木肌ですが、きれいです。



カバ
DSC_3956
2300×450×60  3枚

乾燥材です。削れば白い木地が現れます。




カバ
DSC_3955
2300×450×60  8枚

上記とほぼ同じ材料ですが、半値で買えました。

同じ市日で、同じ樹種で、同じサイズで、同じグレードでも、価格はこんなに違ったりします。




ブラックチェリー
DSC_3954
5900×300×60

格安で買えました。




ブラックチェリー
DSC_3953
5900×500×60

メッチャ良材です。 




ブラックチェリー
DSC_3952
5900×600×60

中ほどに芯割れがちょっとありますが、お買い得価格です。




モンキーポッド
DSC_3961
3100×950×70

巨大な「この木なんの木」日立もびっくり!!!



本日のメインイベント

花梨ちゃん
DSC_3962
4000×900×50

こんなに大きな花梨は久しぶり!

お高いですが、価値があります!


それ以外にも、お客さんに指値を入れてもらった材料が数点買えました。

本日も岐阜の市場で、スタッフががんばって競っていると思います。


私は、東京で林野庁との懇談会に参加中! 

chappchapp2001 at 00:06コメント(0)トラックバック(0) 
商品紹介 
Archives