2007年05月21日

花は愛惜に散る。

そういえば初めてブログを書いたのは少し酔っていた時だった・・・



本日をもって喜っちゃ店は解散します。いや終了します。っていうか最終回ですヘヘヘ。


気づけば2005年11月から始めたブログも1年7ヶ月の歳月を重ね、目標の100回には届かなかったものの沢山の人に読んでもらえて嬉しかったです。ワタクシなりに失笑ネタを日夜考え、それをウケタ、笑えたなんてコメントされた日にゃワタクシ結構おもろいじゃんってニヤリとしてましたヘヘヘ。


一応今回で終了ってことで見てくれた皆さん今までほんとにありがとう。



最後に、このくだらないブログが終わって寂しいって少しでも思う人・・・

もし笑いたいならTABさんのブログを見てください。
もしすばらしい文章に触れたいならキャサリンの叫びを読んでください。
もしおいしいものを食べたいならエルカーサに予約してください。
もし優しい気持ちになりたいならBaobabのCD聞いてください。
もし街に出かけるならunusを片手に歩いてください。
もし憂さ晴らししたいならlink a notesに向かってください。
もし悩んでいるならaromartで相談してください。
もしオシャレしたいならモンキーパンチに足を運んでください。
もし憂鬱なら北村直登の絵を買ってください。
もし良い写真を見たいならk-ken-roomを探してください。
もし美しいものに触れたいならmaple tableに参加してください。
もし日常から離れたいなら蒲江のアンタトロンディアにまみれて下さい。
もしかわいい彼女を作りたいならパークのドコモに行ってください。
もし贈り物をするならwakako先生の作品を探してください。
もしグルメを語るなら一骨屋のチャーシュー食べてください。
もし友達作りたいならカフェガーデンに寄って下さい。
もしどーしても暇なら着火展に参加してください。

ワタクシの周りの全てのつながりがワタクシの自慢です。



また、いきなりブログ始めるかもしれませんがここで喜っちゃ店は閉店します。


花は愛惜(あいじゃく)に散る。
花は美しく、惜しまれつつ散っていくものです。
少しでも終わるのが寂しい、惜しいと思ってくれたらありがたいです。



ではまたいつか。


喜っちゃ店オーナー  ちゃー










char_a1 at 22:49|PermalinkComments(17)TrackBack(0)

2007年05月01日

決めセリフ!

買い物をする時、店員の一言でつい買っちゃう時ってないですか?
例えば服を買いに行って「お似合いですよ」「かっこいいですよ」とか言われてもヘ〜だが、「それ、私も同じの持ってます!」とか言われるとホ〜みたいな。多分販売員は商品を売る時決めセリフの1つや2つは持っているのだろう。そしてなんとケンタッキーにも販売促進の決めセリフがあった!


先日、嫁と2人でわさだタウンに行った。その日は精力的に動いたので結構疲れ、夕ご飯は何か買って帰ろうということになった。するとすかさず嫁はケンタッキーフライドチキンを提案してきた!っていうか朝刊に挟まっていたケンタッキーのクーポン付きのチラシを嫁は握っていた、ザッ確信犯!
ま〜ワタクシも嫌いではないので仲良くケンタッキーへ。そして2人でレジの前でメニューとクーポンを見比べながら熱い討論が始まった!
「やっぱビスケットも食べたいよね!」「ポテトでお腹一杯になるのは不本意だ!」「飲み物なんていらねえ、チキン腹いっぱい食べたい!」
などかなりどうでもいい事に真剣な2人。結局一番お得で沢山食べれるという事でチキン5個にクリスピー2個付いて1000円のセット、ついでにフィシュフライも2個買うことに。
そしてレジで注文した後ふと疑問に思った2人・・・(あれっ、2人分にしては多くねえ?)
すっかりハイテンションで注文したが夫婦2人で食べるには少し多いような。チキンの満腹量を把握してない二人、ワタクシは店員さんに思い切って聞いてみた。さすがに「2人で食べるには多いですかね〜?ヘヘヘ」とは恥ずかしくて聞けないので、小っちゃい人間なりに遠回しにこう聞いた。

「あの〜、・・・大人4人で食べようと思うんですけど足りますか?」

我ながらイヤラシイ質問。ここで一番嬉しい答えは
「4人でも足りると思いますが、食べられる方は2人で食べますね」
こう言われればワタクシ達は軽度の肥満で終われる!

しかし期待とは裏腹に高校生くらいの女子店員は元気良くこう答えた!

「はいっ、4人で十分足ります!だって、クリスピーが付いてますから!!!」


この「クリスピーが付いてますから!」という決めセリフ、超〜カッコよくないですか?思わず買ってしまうワタクシ達。
帰りの車中このセリフについて熱くクダラナイ討論会が再び!
「クリスピーってどんだけすげえん?」「だって4人の内2人はクリスピーでお腹一杯になる計算だよ!」「いやいやクリスピーにそんな力ない!」
とにもかくにもワタクシ達はクリスピーに魅了され色々な妄想をし、なにより早く胃袋に納めたかった。

家に帰るとまず風呂に入り体を清めた。そしてそれぞれのドリンクをセットし、ものすごく見たかったフラガールのDVDを流した。
そして歓喜の時、あの店員の「クリスピーが付いてますから!」という自信満々のセリフの正体をこの脳裏に焼きつけ、肥満を恐れず勝利を勝ち取る夫婦となれる瞬間を!

いざっ、オープン ザッ プライス〜〜〜・・・




えっ・・・嘘だろっ・・・・・・入ってない。


なんと事もあろうとアレだけ夫婦を惑わせ、熱く討論させたクリスピーは店員の手違いで入れ忘れられていた。  

                チャンチャン








その夜、2人でリアカーを押しながら叫んだっ!

「だれか〜、クリスピー貸してくんちぇぇぇぇ〜・・・」









char_a1 at 21:38|PermalinkComments(3)TrackBack(0)

2007年04月22日

目、耳を疑う瞬間。

ある日ちょっとだけ驚いた話。


先日福岡に出張に行った帰り本屋に寄った。目的は以前anusのブログでミネ君が紹介していた本「環境問題はなぜウソがまかり通る」という本を買うためだ。この本大分で探したら全然置いてない。明屋、明林堂、リブロなど5件くらい探したけどなぜか無い。でもすごい読みたかったので福岡で探したらあっさりあった。10冊くらいあった。さすが福岡やなあ〜と思い下から2冊目をゲット、帰路に着こうとしたその瞬間目を疑う光景が!何気に見たフリーペパーの棚(ホットペッパーとか置いてるタダで持っていっていい本の棚)になんとconkaの最新号を発見!例のエクステリデザイナーTABさんの紹介でなぜかワタクシの写真が使われている問題誌だ。ワタクシは何かの間違いかと店員に尋ねた。
私「あの〜、これ持っていっていいんですか?」
店員「どうぞ〜」
私「300円って書いているけどいんですか?」
店員「どうぞ〜〜」
・・・

な、なんと福岡ではconkaはタダでもらえるのだ。つーことは、つーことは!往復2枚切符6000円で福岡に来たので、conkaを20冊持って帰り、大分で売れば運賃チャラ!しかも今月号はワタクシの写真入りだからみんな買いに・・・・・・コンカ(爆笑)


そういえば先日嫁とテレビを見ていたとき。愛川欽也が浮気したというどうでもいいニュースが流れていた。何気ない会話。

私「愛川欽也すごいなあ〜、この年で浮気するんや〜」
嫁「そりゃ、するやろ〜」
私「え〜、だってホテルで何するん?」
嫁「そりゃ、するやろ〜」
私「だってだって、70過ぎやろ!普通出来んやろ〜」

すると嫁から耳を疑う一言・・・


嫁「だって・・・・・・キンキンだよ!」


・・・・・・オヤジギャグ(シモネタ含む)を日常的にかます嫁。

人は・・・変わるらしい・・・



                 
             TAB(偽)

char_a1 at 10:57|PermalinkComments(10)TrackBack(0)

2007年04月15日

教訓!

人間は忘れる動物である。

生きていると色々なつらい事、嫌な事が起きる。それらを全て抱えていくのはあまりにも切ない。だから人間は忘れていくのです。


・・・と、まあ最近ブログを更新するのを完全に忘れていた事の言い訳から始まる今回、テーマは「忘れてしまいたい過去」。あるある、超ある!ワタクシのようなおしゃべりマイクはいわゆる「いらん事」言ってしまって失敗した事あるな〜。



(スマイルタクシーで)

ワタクシいつも使うタクシーはスマイルタクシー。ある日街に飲みに出ようといつものようにタクシーを呼んだ。ちなみに当時ワタクシの友人N君はそこで働いていた。電話をかけて「はい、スマイルタクシーです。」とでた。いつもならそこで「南大分の・・・」みたいな感じで言うのだが、何故かその時電話にでた声が友人N君の声に聞こえた。今思うと彼は電話にでる役割ではなかったのだが、妙に甲高い声がN君に思えた、つーか完全にN君だと思い込んだ!!
このコンマ何秒の瞬間ワタクシのコンピューターはすばやく起動、そして導きだしたアンサー・・・


私「あの〜・・・ニューメキシコまで!」


一瞬間を置き、
スマ「エッ?・・・どちらまでですか?」

まだ強気に
私「だ〜か〜ら〜、ニューメキシコまで1台お願いします!!」

スマ「・・・・・・」


その微妙な反応にやっと気づいた、N君ではないと・・・
チョ、チョ、チョ〜〜〜〜気まじ〜〜〜い!!!!
その後やや怒り気味のスマイルに「いや、あの、すいません南大分まで・・・」言い直すの超痛い・・・


教訓『スマイルタクシーもたまにスマイルじゃなくなる!』




(アフタヌーンティーにて)

昔、若かりし頃。友人と昼間バーベキューをし、その後アフタヌーンティーに行った。いつものようにシコタマ酒を飲んでいたワタクシはウェイトレスの方に調子に乗ってこんな寒いオーダーした。
「ミックスジュース!・・・硬麺で!!」

教訓『アフタヌーンティーでは愛想笑いのマニュアルは無い!』


昼間から酒臭い御一行、品の無い発言を連発するワタクシ。完全にオシャレなカフェで浮きまくっていた。しかもいつもの飲み会のように散々しゃべった後・・・寝た。


教訓『アフタヌーンティーではブランケットの貸し出しは無い!!』


そんないつも酒で失敗するワタクシの腹には、昨日飲み会中に寝た嫌がらせかTAB氏直執油性マジックで(チャー ラブ チエ)と書かれている。
華やかな祭りの次の日見ると、ただただ、寂しい。それでも今日も生きている。


char_a1 at 10:52|PermalinkComments(10)TrackBack(0)

2007年03月25日

イィ〜?!

なんか自分が想像できないちょっとした事が起きた時。イィ〜?!(本気で?!)ってなる時・・・


先日久々美容室に行き、未だにしつこくベッカムヘヤーと注文していた時(失笑)。シャンプー台に座り美容師の若い女の子に髪洗われてた。で、よくある「かゆい所は無いですか?」なんて聞くから、「え〜別に無いです。」なんて答えた。続けてシャンプーを洗い流しながら再びこう聞かれた、「流し足りないところはありませんか?」
「・・・え〜別に・・・・・・イィ〜?!・・・それワタクシに聞くこと?!」


先日嫁の希望でコッピーを飼うことにした。コッピーとはあまり餌もやらずに育つ強健な小魚でペットとして地味にポピュラーなやつらだ。5匹買ってきたのだが意外とワタクシ気に入り、皆に名前をつけた。大好きなお菓子とアイスから『ポポロン、ミルミル、ポナペ、チュッパ、チロル』と。
とにかく手間要らずで強い小魚のコッピー。誰でも簡単に飼えるという触れ込みだが・・・2日で・・・・・4匹死んだ・・・イィ〜?!


先日会社のすぐ近くにニトリがオープンした。オープン当日「本日開店!!」など書かれたバルーンが3つ空にあがっていた。それを見たテンバカ高倉ジュンが・・・『バキューンあがってますよ!!』と非常に高いテンションで間違えていた。。。
それだけでもイィ〜?!だが、ワタクシは優しくジュンに「アレはバキューンじゃなくてバルーンだよ!」って教えてあげた。さすがのジュンもまさかの覚え間違いに非常に恥ずかしそうだった。
でも再びちょっとジュンをバカにしてやろうと2時間後にジュンに
『まだバキューンあがってるなぁ?』と話しかけたら、
『今日一日はあがってるんじゃないっすか?』と普通に会話が成り立っていた・・・・・・イィ〜?!


ま、そんなややウケの今週でした・・・

char_a1 at 20:45|PermalinkComments(9)TrackBack(0)

2007年03月18日

小っちゃい・・・

ワタクシよく人から言われます。
「ちゃーっち、頭は大きいけど人間的には小っちゃいよね」って・・・

そんなに小っちゃいのかなワタクシ?


例えばTABさんに、「ガム噛みながら水飲んだら、ガム味のジュースになるんで!」って教えた事も小っちゃいんかな・・・


例えば福岡の友人の結婚式に行った時。高速のETCカードの早朝割引使いたくて、午後からの式にもかかわらず朝7時にTABさん、ニックン、ショーゴの3人を集合させて無理やり乗せて行き、1000円浮いて喜んでたのも小っちゃいんかな・・・


そういえば結婚式の二次会に来ていた大学時代の友人エイジ君からこんな思い出話されたなあ。
ワタクシ大学時代からお酒が大好きで毎晩のように飲んでました。そんなある日、ものすごく飲んだ日、すごい体調が悪くなったんです。俗に言う急性アル中みたいな・・・とにかく吐いた。朝6時から昼の1時までず〜と気分が悪く吐き続け、しまいには血まで出てきた。もう限界だと思いワラにもすがる気持ちで友人のエイジ君に連絡した。すると優しいエイジ君はすぐに駆けつけ、ワタクシがバケツに吐いたものまでトイレに流してくれた。ホントに優しいエイジ君に感動した。しかしワタクシの体調は一向に良くならず、遂に病院に行く事になった。あまりにも具合が悪いのでエイジ君は救急車を呼んでくれた。そして救急車が到着し、優しいエイジ君の肩を借りどうにか歩くワタクシ。玄関で靴を履き家を出る瞬間、ワタクシはとっても気になってた事をエイジ君に伝えた。

「エ、エイジ君・・・・・・ト、トイレの・・・電気・・・・・・つけっ放し・・・」

今まで優しかったエイジ君も思わず「小っちゃ!」


そんな人間的に小っちゃいワタクシが今最も気になる事は「着火展」に人が集まるかどうか・・・はっ、これまた小っちゃい発言?!


おしまい・・・小っちゃ店・・・

char_a1 at 10:07|PermalinkComments(3)TrackBack(1)

2007年03月11日

『ここ、テストに出ますから!』

言葉の響きを常に研究するワタクシが今回紹介するのは「正しい日本語の発音」
皆さん普段使ってる言葉、意外と発音間違ってないですか?一つの言葉を発するのにそこに込められた意味を噛みしめ、正しい発音をする事で深みを増す日本語。

日常良く使う言葉を例に皆さん声に出して読んでください。ここ、テストに出ますから!



(例1)『おいどんは西郷どん!』

はい、これは鹿児島旅行言ったら必ず言いますよね。皆さん声に出して言ってごらんなさい!

あ〜、違うねえ。TABさんのおいどんの発音はカツ丼のどんに近いねえ〜。
皆さんもっと西郷どんの生き様理解して発音してくださいよ。彼は江戸時代から明治維新の変動の時代を生きた方ですよ、そう意外とハイカラなんですよ!だから発音はもっと英語っぽく、どんの後に小さな「ヌ」を入れてみましょう!


『おいどんヌは西郷どんヌ』
ほら文明開化の音がするでしょう。




(例2)『ピンクの小粒、コーラック』

はい、これも女性人良く使う言葉だね!

違う違うNIWAさん声高すぎ!便秘の薬ですよ、もっと控えめに声出さなきゃ!141さんおしいっ!その暗さ良いよ。
正しいコーラックの発音はデリケートかつ、少し暗めがいいです。そうだな例えるなら「渡る世間は鬼ばかり」の泉ピン子のイメージで!


『ピンクの小粒・・・・・・幸楽(こうらく)・・・』
ほらえなり君も苦笑いだよっ!




(例3)『カナブン』

でたっ!世の中の子供達を魅了して止まないムシキング!

はいコレ最終問題ハリキッテ声に出そう!・・・あ〜全くダメだねみんな。ニックンのブンの発音は親分子分のブンだし、チセリックはブンはセブンイレブンのブンでしょ、も〜田舎なんだから!


皆さんカナブンの事もっと考えてくださいよ。彼ったら・・・優しいでしょ!名前もそうだしあの光沢、気づけばそばにいるよ的な存在。そんな彼の正しい発音は優しさに注目!
そうだな〜優しさを例えるなら・・・

マナとカナはロケで北海道に行きました。簡単なスキー場の紹介で終わるはずのロケ現場は近年稀に見る猛吹雪。自然を甘く見たロケ班とマナカナ。気づけばマナカナは誰もいない場所へ、そう遭難してしまったのです。それから数日、吹雪はいっこうに止まず空腹と疲労で意識朦朧としていた2人、その時マナのポケットから出て来た一枚の板チョコ。
神様はいたんだっ!マナは嬉しくて早速チョコを割る。パキッ・・・・・・不運にもチョコは不自然に大小二つの欠片に割れてしまった。
不安に見つめる妹カナ、一瞬ためらった姉のマナは笑顔で大きい欠片を妹に与えてこう言った・・・

『はいっ・・・これ・・・・・・カナ分(カナブン)だ・よ・・』





「書いてて自然と涙が溢れたブログは初めてです。(ちゃー31歳)」


(宣伝)来る4月8日(日曜)独りよがりな参加型イベント着火展vol4『大の大人のスケッチ大会in別府ワンダーラクテンチ』開催決定!ただいま暇な参加者大募集。詳しくはあすの朝刊で〜ディエゴスチ〜ニ〜(笑)
詳しくはhttp://x12.peps.jp/char?_cus=1&_cus=izilb2




char_a1 at 12:14|PermalinkComments(6)TrackBack(0)

2007年03月03日

ロマン・・・

「♪僕の名前はブラ坊〜
 僕の名前はジャー坊〜
 二人合わせてブラジャーだあ〜、君と僕とでブラジャーだあ〜〜〜
 小さな胸から 大きな胸まで
 支える力だ〜〜  メ〜プルテ〜ブル〜〜〜〜」

世界中の男性を魅了して止まないブラジャー、あぁ なんて素敵な響きなんだあぁ!
風貌は大胆かつ神秘的、どことなく南フランスの香りがするのはボンジュールの発音と似ているからか!?


『人類最大の発明はブラジャーと言っても過言ではない!   ノーベル』


ワタクシも始めてブラジャーを見たときは興奮に足が震え、初めてホックをはずした時はそこに小宇宙が広がった。ブラジャーとは男のロマンである!

しかしもう一つブラジャーには秘められた役目がある。それはみんなの夢、ブラジャーをかぶるという行為。名づけてブラかぶり!


『女の仕事は家事をする事で、男の仕事は猟とそしてブラかぶりである。 ゲーテ』


ブラかぶりの輝きはロマン溢れるエステール!
そして先日、ワタクシにもブラかぶり童貞を捨てる日が突然やってきた!
ある夜、洗面所、ワタクシは嫁のブラジャーに出くわしてしまう。子供がおやつに手を伸ばすようにワタクシも自然とブラジャーに手が・・・溢れ出すアドレナリン、震える手、そして高まる緊張感。ワタクシはこの一日千秋の思いで待ったチャンスを逃すまいと焦る自分をなだめる。人という字を3回手に書き飲み込み、玄関に鍵がかかっているか確認。
(よしっ、完全に密室だ!)
そしてブラジャーを優しく頭に乗せてみた。あご元をしっかりと止め、洗面所の鏡を見てみた。。。



なっ、なっ、・・・情けない!!!

31歳の新婚のニヤケタ顔に乗る嫁のブラジャー・・・しかもこころなしか中腰。カッコ悪いというよりも犯罪の匂いすらする。閻魔大王が見たら迷わずノンストップ地獄行き!


あれっ、でもこの姿なんか見た事あるぞっ!・・・・・・ノンタン?

四角い顔したワタクシがブラジャーかぶったシルエットは、昔読みあさったノンタンノンタンノンたんたん・・・


「ちゃータンうれしくて嫁タンにその姿見せタンですよ。そしたら嫁タン、一言もしゃべらずに薬指の指輪に手をかけタンですよ・・・(涙)」



『男は・・・いつかは・・・ブラジャーを・・・かブラないと!!   ってニックンが』



char_a1 at 21:45|PermalinkComments(7)TrackBack(0)

2007年02月14日

バスケットマン・・・ちゃー(後編)

笑顔で向かってくるイマキイレさん!そしてうろたえるワタクシ!!

山王戦で燃え尽きたワタクシは、続く愛和学院戦では嘘のようにボロ負けした・・・



突然予想もしなかったイマキイレさんの言葉、「では、最後に今日一日司会で頑張ってくれた彼にしめてもらいましょうか。あなたの夢は?」・・・全く油断していた。つーか完全に夢の話用意してねぇ!例えるなら初めてスーパーマリオした時、チビマリオのままクッパに出くわしどうしていいのか分からずタイムアップみたいな・・・
でもとにかく答えるしかない。
「え〜〜、ワタクシの夢は・・・今の仕事を楽しいと思えるようになる事です。」・・・あれっ、切羽詰った割には無難に良い事言えたじゃん!ホッと胸をなでおろした瞬間、先日結婚式に来ていた同業者が調子に乗り一言叫んだ・・・
「よっ、新婚さん!」


・・・変わった!この言葉を聴いた瞬間、世界をヨットで航海した女性冒険家のイマキイレさんの顔が、タダの痴話好きのオバサンに変わった・・・


イマ「え〜新婚さんなんですか?おめでとうございますっ(笑)」
私「はぁ・・・ありがとうございます・・・」(なんだか嫌な予感が・・・)

イマ「では新婚での夢は?(笑笑)」
私「え〜・・・あの・・・・・・アッチで頑張ります!」(あれっ、これエロくねぇ?!・・・)

しかも分かってるくせに
イマ「アッチって何ですか?(笑笑笑)」
私「・・・・・・子供を・・・沢山作る事です・・・」(なんだか全国で子作り宣言してねぇ?!)

さらに調子に乗ったオバさ・・・イマキイレさんは
イマ「あなた〜、ヒゲが素敵ですね〜。お嫁さんに好評ですか?(笑×3)」
私「・・・嫁には好評で・・・親には不評です!」
なんだかワタクシも調子に乗ってすべるすべるっ!

こんな感じで終始会場では失笑しか起きず、ワタクシはスベッタ上に何の因果か子作り宣言・・・
こんなんで終わったもんだから用意した最高のオヤジギャグはテンパったので披露出来ず。
まさに後悔しちゃいました・・・・・・航海だけに・・・ってニックンがブログで書けって!


・・・でもね、ワタクシはどんなにすべってもボケるという挑戦は止めませんよ!
だって・・・バスケットマンですから!


   (一応 終わり)




char_a1 at 21:35|PermalinkComments(3)TrackBack(0)

2007年02月11日

バスケットマン・・・ちゃー(中編)

「安西先生・・・・・・バスケットがしたいです。」

ワタクシは嫁にメールをうった。内容はこの状況下でボケていいですか?というもの。すると間髪入れずに返信が来た。答えは「絶対ダメ!」、しかも優しくこう添えられていた・・・「あなたはもう一人じゃないんだから」と。しかし裏を返せば「あんたがバカやるとあたしゃ恥かくんだよフンッ!(まるこ)」とも感じれる。

しかし燃え盛るバスケット魂・・・
「オヤジの黄金時代はいつか?全日本の時か?オレは・・・オレは今なんだよっ!」
こうなるともう誰も止められない。

早速ネタ作りに入る。ここではどういった笑いが最善か?この厳正な場では得意の下ネタやエロネタは無理だ。年齢層も広いので万人にウケルものでなくてはいけない。かつ上品でクールでインテリジェンスなネタ・・・ワタクシの中でコンピューターおばあちゃんがフル活動し導き出した一つの答え・・・オヤジギャグ!これしかねえ!
そして講演をしている世界をヨットで航海した冒険家イマキイレさんを称える最後のシメの挨拶として用意した言葉・・・

「それではイマキイレさん本当にありがとうございました。本日この講演を聞けなかった人は本当に後悔した事でしょう・・・航海だけに・・・」

天才?やっぱりワタクシって天才!
コレがウケないはず無いっ!まあ最悪ややウケでもワタクシには切り札もある!「・・・ってニックンが言ってました」ってニックンも全国デビュー!
さあネタは出来た、後は講演が終わるのを待つだけ。・・・しかしながら、残念ながら結論から言うと、本当に本当に言うはずだったこのネタは発表できなかった。それはイマキイレさんの講演の終盤に理由があった。本日彼女自身の世界を航海した話から夢の話を講演していたのですが、最後に「では皆さんの夢は何ですか?」といってマイクを片手に壇上から降りていった。そして数名の人に当然の逆質問タイム。当然皆目をそらし(あの学生時代の英語の授業のように)あててほしくない雰囲気。案の定あてられても面白い事なんか言える人もいない。
(あ〜、あてられた人可哀想。この雰囲気でウケるわけないしね。)なんて一人隅っこで余裕カマしていた。とにかくワタクシは最後のオヤジギャグに全身全霊をかけていたので心の中で何度も反復練習していた。
しかし「あきらめたらそこで試合終了だよ」安西先生の言葉をすっかり忘れていたこの瞬間、予期せぬ事態が!
ぬわんと最後の最後でワタクシの方に講師が笑顔で向かってくるではないか!

ま・さ・か?

           
           (もう一回つづく)

char_a1 at 10:30|PermalinkComments(2)TrackBack(0)