2007年04月22日

中国人妻に実刑判決 イージス艦情報漏えい事件  3

001

イージス艦情報を持ち出した海上自衛隊第1護衛隊群の護衛艦「しらね」の2等海曹(33)の妻で、入管難民法違反の罪に問われた中国籍の無職、陳海玉被告(33)の判決公判が17日、横浜地裁横須賀支部で開かれた。忠鉢孝史裁判官は「偽造旅券を用いて入国し悪質。いかがわしい個室マッサージ店で働き、不法在留の態様も芳しくない」として懲役1年(求刑懲役1年6月)の実刑を言い渡した。


被告の中国人陳海玉は現在妊娠中!

中国人の妻(陳海玉)についてですが、スパイ活動とのことですがこれは疑問です。なぜなら、日本には「年間1万人以上」の「ハニートラップ」ができているわけです。スパイ予備分が1万人ですからね!さらに、そのまた予備候補として、年間5万人の中国人研修生の来日です。この人たちは、何かのきっかけですぐ情報を漏らすでしょう。また、意図的に情報のほしい人のところに結婚をさるでしょう?外国人研修生は全国のどこにでもいるでしょうから、中国としてはいつでもきっかけをあたえればいいだけです。諜報活動の人材にはことかかないわけです。それに、減ったとは言え、興行で来日してくる、外人パブの「ホステス」これも、ハニートラップにすぐにかわるのです。

入管の自分達の権益を守るために、ダンサーや歌手の99%は違法な資格外活動つまり、ホステスとして日本にきているのに、フィリピン人だけ血祭りにあげて、これを手柄として喜んでるところです。片方で違法な入国(審査書類が偽物?)させといて、片方で警察と組んで摘発ですから、悪代官所しか思いつかない下劣な集団です。この、ホステス行為につづき、外国人研修生にしたって、お題目は素晴らしいが、金を稼ぎたくて日本に来ているのに残業はしたらダメ、月に何時間の日本語研修をしなきゃダメとか規則を作っているだけで、仕事をしに来ている人たちに仕事させない仕組みを作ってるだけだから、そりゃあ、逃げるはずですよ、現に中国人なんか一割使く逃げて、不法滞在です。そして、この不法滞在捕まえてまた、手柄!

ほんと、おかしいな話だらけです。(外国人を受け入れ機関のJITUKOの理事も元東京入官局長が理事でいってるから逃げた数字が公表できないようで、不法滞在者総数の20万人?)どうしてもとから日本いるのよ?ビール買いにきたロシア人を捕まる前に入れるなよ?差別の温床の研修制度は廃止したら、事件も少なく税金も安く収まるはずだよ!

挙句には、外国人犯罪のほとんどは短期滞在者と自分たちで言ってるのに、この逃げた人は何人か公表していないんですよ?

この、イージス艦の情報漏れだって、仕組まれた可能性が大ですね。スパイならハードディスク残すはずないし、国際郵便でDVDに焼いて、EMC郵便で送れば900円ですよ、まして、自分の名前で送るなんてことは小学生でもしませんよ!友達の奥さんに送ってもらえば、絶対にばれなせんよ!さらに、自分から出頭した?これは、いままで、不法就労は、日本人と結婚すれば「無罪」なるので、出頭しただけなはずです。>肝心のスパイ容疑でさばける法律は民間人にはないから、知らぬ存ぜぬでとうせば、ヤマハのヘリコプターもデンソーの社内コピーもみんな不起訴ですから笑っちゃいますよ。

これは、どうせ、法務省入国管理局、別名<法務省の姥捨て山>の予算とりのスケープゴードと思って間違いないでしょう!(入管の一人芝居にしかみえません)



トラックバックURL

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
GyaOデイリーランキング総合ベスト5
QRコード
QRコード
livedoor Readerに登録
RSS
livedoor Blog(ブログ)