BLOGのTOPへ
【二日目】 6:00 近江八幡プチ観光
近江八幡の日の出
「4時におきて日の出とともにスタートしよう」と言い眠りについたが、起きた時間は5:30。
昨日眠ったのは12時頃だったし、疲れていたから仕方ないか〜なんて自分に言い訳しながら身支度をする。
昨日買い込んでいたおにぎりを食べてから宿をチェックアウト。

旧八幡郵便局
ここ近江八幡には有名な建築家がいる。ウィリアム・メレル・ヴォーリズ(日本名:一柳米来留-ひとつやなぎめれる)。彼は関西を中心に1600もの建物を設計し、建築家以外にも教育・医療・出版と多彩に社会事業を展開し、そしてなんと近江八幡市の名誉市民第一号者なのである。
この写真の建物は大正時代に建てられたヴォーリス設計の八幡郵便局。今はその機能は果たしておらず保存されている。

西川甚五郎邸
近江商人の中で最も早い時期から商才を発揮したのが八幡商人であり、その中でもいち早く江戸日本橋に店を構えその才を発した1人が西川甚五郎である(大阪西川2代目)。甚五郎のデザインした「近江蚊帳」はまたたくまにヒットし西川の名前を一躍有名にした。
歴史を感じる商家はなんともフォトジェニックで見ていて飽きる事が無かった。

そんなこんなでプチ観光終了。


この記事へのトラックバックURL
http://trackback.blogsys.jp/livedoor/chari_biwako/5854531
この記事へのトラックバック
 妻は週4回ほど、早朝、10キロ以上ジョギングをしている。そのせいもあって、わがマンションのある北白川周辺について随分詳しくなった。きょう、「見事な建物があるよ」というので、外で昼食をとった帰り、寄ってみた。突然、ヨーロッパにいるような錯覚を覚えさせる洒....
京都の名建築から原爆投下問題を考える【万歳!映画パラダイス〜京都ほろ酔い日記】at 2005年09月18日 11:55