スポンサーリンク

2013年12月02日

公文体験レッスン

チャリです。

長女が公文の体験レッスンに行って、12月から通うことにしました。

去年あたりからCMを見て、公文に行きたいと言っていたのですが、
公文は賛否両論あるので、しばらくどうしようか迷っていました。

はじめは、公文の問題集買って家でやれば同じじゃないかと思っていましたが、
やっぱり、あれだけの反復をこなすのに家庭学習だけでモチベーションを保つのは親子ともに
大変だなぁと思い始めていってみることに。

百聞は一見に如かず。

結構混んでいて、先生たちも忙しそうで、じっくり勉強を教えてもらうという雰囲気ではありませんでした。
周りを見ていると、教えてもらうというより、自学自習を身につけるということなので、
わからないところはおしえてもらうけど、後はひたすらプリントをといて
終わったら先生に丸つけしてもらい、全部できるまでやるという流れです。

同じことができれば家でも同じ成果が得られると思いましたが、
こういう単純なことを家でやり続けるには親子共に根気強くないとだめですね。

一回目はとりあえず、レベルをはかるテストをして、次回までの宿題をもらって帰ってきました。
国語と算数を一日に各5枚。
夜はピアノの練習とベネッセのワークをやるので、公文は朝やりたいのですが、
朝、すべてやるにはちょっと枚数が多かったです。

娘は国語と算数両方やりたいといったのですが、話あって最初は算数だけではじめることにしました。
はじめは楽しくてどんどん進めるけど、調子が良くない時も出てくるだろうから
毎日やり続けるには少し余裕ある方がいいと思ったのです。

3回目に先生に算数だけにすると伝えると、
「お嬢さんは真面目なタイプなので、こういう子を潰さないためには一教科ではじめるというのは
私もいいと思います。」と言われました。

色々な子を見ているので、少し見ただけでもどんなタイプかわかるそうです。
両方やった方がいいですよと進められると思っていたので意外でした。

公文におまかせではなく、計算部分だけ公文というシステムを活用し、
それ以外は家でしっかり見て行こうとあまり公文の先生に期待していなかったのですが、
第三者の目でみてもらうメリットがあるなと感じました。

それにしても、勉強系の習い事をするようになるとは感慨深いものです。










chari_jami at 21:34|PermalinkComments(0)TrackBack(0)子供 

2013年09月26日

長女の入学準備

チャリです。

8月にこどもチャレンジの入学準備教材が届いてからやる気満々の長女です。

チャレンジは毎月、子供任せにしていて、本をたまに読むぐらいで、ワークは放置していたのですが、よくよく読んでみると、なかなか工夫されていて、しっかりやったら色んなことが身に付くような仕組みになっているんですね。

入学準備教材では、生活習慣を整えることと学習習慣を身につけることがテーマのようです。
目覚ましコラショというキャラクター付きの時計が届きました。
起きる時間と寝る時間をセットしておくと、「朝だよ、起きて!」とか就寝30分前に「もうすぐ、寝る時間だよ。お風呂と歯みがきすんだ?」と声がかかります。

1分刻みの時計もついていて、ボタンを押すと現在時刻をおしえてくれるので、時計の読み方もわかるというすぐれもの。

長女もすっかり気に入って、朝と夜時間を意識するようになりました。

ワークは7月までまったくやらずにいたのですが、準備号のワークをチラリと見ると、以前の遊びの延長とは違って、字を書く練習や数字など小学校につながるような内容が出ていて、あわてました(わたしが)。
そこで、毎日ピアノの練習の後にワークをやることにしました。

隣にぴったりくっついて見ていると、書き順がメチャクチャ。
「む」なんて横線書いて「し」を書いて◯を付け足すというびっくり方式!

ひらがなもカタカナもいつの間にか書けるようになって、お手紙とか書いていたので本人任せにしていたけれど、やっぱり親が見てあげないと駄目なんだなぁと反省しました。


字の練習用にマスが4つに区切ってあるノートを用意して、うまくかけない字を練習しているのですが、
長女が「私、むがうまく書けなくて、みんなできるのにくやしいなって思っていたから、こういうノート買ってもらって良かった。」と言いました。
なんだ、それなら言ってくれれば、もっと早く用意したのにと言いかけて、はっとしました。
それに気づかなきゃいけないのは私の方だったのかなって。


小学生になると先生とも顔を合わせないし、学校生活の様子がわからなくなる分、子供のことをよく見て、子供がかかえるいろいろな気持ちを引き出せるようにしないといけないと感じました。


ワークは毎日、終わるとシールをはったり、ところどころ付録のおもちゃを使って、何かをためたり、やる気を出させる工夫がいっぱい。
1ページでいいよというのに、もっとやる!とはりきって、どんどん進めるので、過去の分も含めて全部終わり、今はもっとやりたい人用の用意された市販のワークをやっています。


一緒にやると私の時間もなくなるので辛いのですが、毎日決まった時間に机に座る習慣ができたのはいいことだし、今までの反省も含めて、自立するまでは続けてみようと思います。


20130926_145129


chari_jami at 12:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)子供 

2013年09月16日

Florilega

チャリです。

平日休みの日に青山のFlorilegeに行きました。
ずっと行きたいお店だったけど、週末は予約がとれず、平日に行くことにしました。

外苑前から少し歩き、入り口は気をつけないと見逃してしまいそう。
店内はシックな内装で、こじんまりと20席ほど。
これでは、なかなか予約が取れないのも納得。

ここはまずパンが美味しかったです!
お料理が美味しいのはもちろん当然だけど、パン好きの私としては、パンがおいしいとうれしくなります。

20130913_122953

前菜、フォアグラ。
フォアグラのボリュームがすごかったです。
サクサクのメレンゲの甘さとフォアグラのこってり感がすごく美味しかった。


20130913_130005






メインの一皿目、鹿のロースト。
この時期の鹿はあっさりとしているというので、秋のものと比べてどうなのかと選ぶと、
確かに今まで食べた鹿よりあっさりと牛肉に近い感じでした。
マリネされた甘みのあるキャベツと一緒に食べると、肉のうまみが引き出されるようでした。


20130913_132125








続いて、メインの2皿目。
鹿の肉をミンチしたコロッケ。

20130913_134127








デザートのチョコレートのオムレツ。


20130913_135422









最後は食用のほおずきをキャラメリゼしたもの。
これが甘酸っぱくて、一緒にいった義母もお気に入りでした。















どのお料理もそれぞれの素材とソースわ合わせると、こんな味になるんだという驚きがあり、
サービスもほどよく、最近行ったレストランの中では1番気に入りました。
はじめて行ったので新鮮だったというのもあるかと思いますが。

今度はジャミと一緒に行きたいけど、週末は2ヶ月先まで予約がいっぱいとのこと。
2ヶ月先の同日まで予約可というのはカンテサンスと一緒で、あちらも全然予約が取れません。

最近、仕事と子供のことで頭がいっぱいだったので、いいリフレッシュになりました。






chari_jami at 10:50|PermalinkComments(2)TrackBack(0)グルメ 

2013年08月27日

同窓会

チャリです。

先週、学生時代のサークルの同窓会がありました。
仲のいい子とは時々会っているけれど、中には卒業以来の人もいました!

NY赴任中の人が出張で帰国していたタイミングでセッティングされたので、急でしたが、
久しぶりにみんなに会えて楽しかったです。

いろいろ話したけど、気になったのは中学受験と今後の仕事の話。

男女とも早くに結婚した人は子供が小学校高学年〜中学生なのですが、公立中学へ行った子、
または行く予定の子ゼロ。
住んでいる地域によって違うようですが、世田谷やたまプラは8割以上受験するそうです。
2/1は人がほとんどいないから授業はなくて、レクリエーション大会だよとか。
小学校の宿題もそれぞれが通っている塾の宿題を提出すればOKなのだとか。
そもそも算数が習熟度別授業で、上の方のクラスはみんな受験する子達だから、入試問題を解くのだとか。
驚きの事実を知りました!

そして、仕事の話。
仕事を続けている女性はだいたい晩婚&高齢出産なのですが、みんな気にしているのが
今後、仕事をどうするか?っていうこと。
一人は管理職になる予定の年に妊娠したので、その年は見送り、今年復帰したけど、前年の実績がないという理由で今年も見送りという状況で、二人目を考えているけど、来年妊娠したらまた管理職になれない可能性があるから、年齢的にはギリギリだけど、今年だけは仕事を優先しようとご主人と決めたそうです。

そう、タイミングってあるんですよね。
家庭のタイミングと仕事のタイミング。
どちらかが落ち着いている時期にどちらかが緊張感のある時期というように両方がうまくかみあえばいいのだけど、だいたいはそうそううまくいかなくて、その中で選択しなけばいけないから悩みます。

だいたいみんな育児しながら仕事続けるには困らない環境だけど、ただ働き続けるだけでは。。と考えている人が多くて、いろいろ刺激を受けました。

みんな頑張っていて、新しいことにチャレンジしたり、勉強したりしないとなぁと感じた同窓会でした。


chari_jami at 23:41|PermalinkComments(0)TrackBack(0)友達 

2013年08月18日

帰省

チャリです。

埼玉の実家にきています。
プールに入り、スイカを食べ、掃き掃除を手伝い、夏休みらしい生活をしています。
恒例のギョウザ作りも子供達の楽しみの1つです。
家ではなかなか一緒に作る時間がないので。。

20130818_173223





















それから、友人家族とバーベキューをしました。
暑いせいか予想よりすいていました。

バーベキューの準備が大変なので、バーベキュー便を利用しました。
食材と器具を用意してくれて、終わったらそのまま持ち帰ってくれるのでとっても便利です。

ただ、食材が2万円以上オーダーしなければいけないので、大人5人ではお肉が食べきれませんでした。野菜がもっとあると良かったかな。
あと、時間が3時間までで、器具だけでなく、テントも返し、ゴミも持って行ってもらうので、
焼くだけでなく、食べ終わらないといけないので、ちょっと慌ただしかったです。

あと、飲み物やシート、遊び道具は持参したので、結構な荷物になり、バーベキューの場所まで
炎天下歩くのが辛かったです。

子供達は広々とした広場で、ボール遊びをしたり、木登りをしたり。
最初、はずかしがっていた子供達も時間がたてば、すっかり仲良し。


20130817_140444











chari_jami at 19:28|PermalinkComments(0)TrackBack(0)お出かけ 

2013年08月12日

代官山ランチ

チャリです。

急にジャミがお休みを取れることになったので、私も休みを合わせて代官山のル・ジュー・ドゥ・ラシエットに行ってきました。

以前とメニューが変わってランチ用の7皿のコースと、ディナーと同じ内容のコースがあって、内容は決まっていました。
ジャミと食事にいくと、この組み合わせはすごいいい!と思うものと、おいしいけど普通と思うものが混在していることがほとんどですが、今日は全部意外性があっておいしかったです。

20130812_120041















フォアグラのクリームブリュレとコーンのアイスクリーム

コーンの甘みとフォアグラの濃厚さが絶妙で気に入りました。

20130812_121632















鯵とトマト、なすのマリネ

さっぱりとした中にもコンソメジュレに濃縮された旨味が感じられて夏らしいお料理でした。


20130812_123631















魚料理

パンではさんだ鮎をスープに入れていただきます。
まわりの緑のソースはきゅうりです。
これもさわやかさと濃厚、パンのサクサクと鮎のふわふわがミックスされたお料理でした。



20130812_125916















肉料理

鶏と夏野菜
鶏は胸肉ともも肉で、手前の胸肉には野菜と鶏肉と軟骨などがミンチされたものがサンドされていて、
いろんな味が楽しめました。ボリューム満点。

20130812_134941
















デザートは桃のスフレ

暖かくふわふわのメレンゲの下には冷たいアイスクリームと桃。
優しい甘さでおなかいっぱだったけど、ペロリと食べてしまいました。


やっぱり、美味しいものを食べて、ゆっくり話すのは楽しい。

その後、丸の内に行って、バックや服を見たり、子供のお迎えはジャミにお願いして、
美容院に行ったり、充実した一日でした。


chari_jami at 23:21|PermalinkComments(0)TrackBack(0)グルメ 

2013年08月03日

勤務時間を延長して一ヶ月

チャリです。

勤務時間を一時間延長してから一ヶ月経ちました。
初日は間に合うかなとちょっとドキドキしたけど、前から早めに家を出るタイムスケジュールに
変更していたので、子供たちの混乱もなくスムーズに移行できました。

お給料も増えるので、これならもっと前から延ばせば良かったと思ったりもしますが(笑)
あせるとうまくいかない性格なので、ゆっくりペースで良かったのかな。

今は週末1で、残業して17時までという日を設けています。
日数を徐々に増やして行く予定です。
その先、17時半まではなんとか延ばせるのですが、フルタイムの18時にはいつ戻せるのか未定です。

フルタイムに戻すのを躊躇する理由は、
・保育園が延長保育になり、学童が18時までなので、その対応を考えなくてはいけない
・異動して今より遠い勤務地になる可能性がある
・役職が戻って責任が重くなる

出産直後は会社の制度で許される期間ずっと時短にしようかなと思っていたのですが、
そこまで時短にしていると、その先の発展が望めず、子供も大きくなって手がかからなくなるのに
自分はずっとこのままというのも考えてしまいます。

先日、ワーキングマザーの方とこの先仕事どうする?という話をしました。
いろいろ悩むけど、なかなか結論はでないよねって。

時期がきたら自分の気持ちも固まるのかな。

chari_jami at 09:01|PermalinkComments(2)TrackBack(0)仕事