September 27, 2009

apology

全く本当に毎日走り回ってるもんで、

しばらーーーく更新していなくて

ほんとにごめんなさい。






新学期が始まって1ヶ月ほどです。

いつの間にか4年生になってしまいました。

今年は、いろいろこなしつつ、

今後のことも考えないといけないので

のんびりする暇はなさそうです。



卒業に必要な単位はほぼ今学期で取り終わります。

今セメの総合科目は『倫理』だけです。

なので学校では、

アンサンブルのクラス、リハーサル、練習、仕事が主です。



例年通り、

オーケストラのリハーサルが週に7時間半、

金管アンサンブルが2時間、

室内楽(金管五重奏)が3時間、

トランペットクラスが2時間あります。



その他に、

今年はリサイタルが必修になります。

今のところ4月末にソロリサイタルを考えています。

もしかしたら、ジョイントリサイタルもやるかもです。






毎日練習するたびに、

書ききれないほどいろんなことを考えます。

最近は特に、

本当にきれいな音をいつも持続できるような

練習を心がけています。



『本番でうまくいけばいい』とか『結果がよければいい』

っていう意見をたまに聞きますが、

私は、いい音を毎日ほぼ100%常に出していない人が、

急に本番でいい音を保つのはほぼ不可能だと思います。



何をどうしたら

どういうサウンド、テクニックを保てるのかを

頭で分かって、体がそれについていけなければ、

consistency(確実性)を保つことができません。

(天才じゃないからね。)



少しのモチベーションの違いで

音がガラっと変わることはあっても、

いつ、どこでも、美しい、心地よい音を生み出せるのは、

それを、練習であろうと、リハーサルであろうと

いつでもどこでも、実行している人だけだと思います。



そんなことを考えながら、

常にeasy, beautifulでpleasantなサウンドを目指しています。

できないことがたくさんです。



でも正しい道を歩いてる気はしてます。






thanks,






charicocco at 06:25|PermalinkComments(1)TrackBack(0)

June 15, 2009

country life

こんにちはー。

やっと暖かい日が続くようになった

サンフランシスコです。

日本は暑いんだろうなぁ。

ジーパンはいらないかな。



相変わらず時間があるので

たまにめんどくさい料理を作ったりしてます。

先日は玄米と豆乳のドリアを作りましたよっ



ドリアとかグラタンって、

人生で一番最初に『好きな食べ物』って名づけたから

(according to my mom, when i was about 5 yrs old...)

未だにいくらでも食べられます。

この前も一応二食分のつもりで作ったのに

一食でフィニッシュ…






話は変わりまして、先週末のことです。

SFの少し北のSebastopolという所にお住まいの

ご夫妻のところへ

お仕事のお手伝いに行ってまいりました。



旦那さんが陶芸家で、

先週、今週末がOpen Studioという事だったので、

お客さんが来る前には、お庭をキレイにしたり、

当日は、お値段計算やラッピングのお手伝いをしたりして

社会勉強をしてきました



奥さんは母が昔からお世話になっている方で、

私も休みの度に遊びに行ったり、

ご夫妻がSFにいらしたときには

ディナーに連れて行って頂いたり、

先セメは私のリサイタルにまで来てくださいました。

親子共々お世話になっている方々です。



そんなこともあり、

今回は音楽のことを忘れて、

日ごろの感謝の気持ちをこめてお手伝い!

…と言うつもりだったのですが、

お仕事の中で貴重な経験をさせて頂いたり、

おいしい料理ごちそうになってしまったり、

またまたお世話になってしまいました…



お客さんと話している中で

『あなたも陶芸やるの?』とか聞かれ、

「いえ、音大生です」 から

専攻は何なのか当てようとされ、

たいていのguessはピアノ、ヴァイオリン。

「クラシックトランペットだよ」

っていうと

『え〜〜〜〜〜

みたいな会話は、飽きるくらいありました。



こっちでは特に

小さいアジア人がトランペット吹いてるとか

you gotta be kidding me!
 
って感じらしいです。

最近女の人多いんですけどねぇ。



それはともかく、

そちらのお宅では自家菜園もあったりして、

毎食前、そこからレタスやケールを取ってくるのは

私の仕事でした。

それから、小さい陶器の花瓶に

フラワーアレンジメントをして

見た目を良くしてみたり、

夜はそこのお宅の猫と一緒に寝たり、

携帯も繋がらない大自然の中で、

普段できないことをたくさんやってきました



いつもそこから帰ってくると

リフレッシュした感じと言うか、

温かく、すがすがしい気持ちになってます。






そして、現実に戻る時は

思ったよりも早く訪れました。とさ。






SFに帰ってきた日には

演奏の仕事のためのリハーサルがあり、

2日間まったく楽器吹いてない状態から

リハーサル、本番とやってきました。



案外大丈夫なもんだね。

むしろ、リフレッシュしてたので

feels good でした






そんなこんなで、

フロリダに行くまであと3日!!

長いようで短かった一人夏休み期間。

一人でいろいろ冒険するのも好きだけど、

何だかんだ言って楽しい時間は

人と一緒に作るものだなって気がした

Sebastopol Visitでした






thanks for coming,






charicocco at 13:01|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

June 03, 2009

slow summer days....

9b5c5e8a.JPG夏休みって

普段とは比べものにならないくらいヒマだなぁ。



学校があるときは、

リハーサル、練習、仕事、クラス、勉強…

(優先順位順↑笑)

と毎日走り回って死にそうになるけど、

今は何か

他人の人生を生きているみたいです。

ヒマすぎて。



そんなことで、

2日に一回はランニングに行ったり、

安く作れる手料理に凝ってみたり、

もちろん毎日練習はしてみたり、

たまに演奏の仕事やレッスンが入ったり、

とにかく18日にフロリダに行くまでは

のんびりな生活です。



ちなみに今日は

ランニングの帰りに買い物をして、

Bombay Tofu Spinachっていうのを作ってみましたよー。

(of course, recipe from online!)

写真がそれです。

カレー味でおいしくできましたよっ。



そんなのんびり浮かれてる私ですが

明日はレッスン。

最近の楽器の悩みを

先生にぶちまけるのが楽しみです。。

いつも即座に解決してくれるので



日本のおいしいご飯が恋しいなぁ〜






thanks for coming,



charicocco at 11:15|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

May 30, 2009

Trumpet Department Recital

さてさて、前回の続きを書かせていただきますよ

トランペット科のリサイタルでしたね。



このリサイタルは毎学期やっているもので

有志でソロとトランペットアンサンブルを演奏する

コンサートです。

今回、私はアンサンブル4曲とソロ1曲吹きました。

ちなみにソロは武満徹の『みち』って言う曲。

無伴奏の現代曲です。



前回も書かせて頂いたように

土曜の夜にオーケストラコンサートがあって、

トランペットリサイタルはその翌朝11時からだったので

ちょっと心配だったんですが、

何とか集中力を持続させることができました^^;



一つ一つのパフォーマンスが

大事な経験であり、

貴重な勉強です。



このコンサートで特に学んだのは

『上手くやりたい』って考えすぎても

上手くいくことに繋がらないってことですかね。



私の傾向として、

時間に余裕があるとき(特に今、夏休みとか)は

いろいろ考えすぎて、力が入ってしまいます。



このときのコンサートは逆に

考える暇がなかったというか、

考える気力がなかったというか(笑)、

前日のコンサートの疲れのおかげで

ただ“やれることをやらなきゃ”って感じで

音楽に集中できて、

結果、すごく心地よく演奏できました。



本当は、疲れてなくても

そういう精神力を保ってなきゃいけないんですけどね



そんな精神的な勉強ができた

トランペットリサイタルでした






日本に帰るまで一ヶ月切りましたよ〜

Can't wait!!!!!!






thanks for coming,



charicocco at 13:32|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

May 22, 2009

sorry... ><

ご無沙汰して申し訳ありません。。。

母から何度も急かされて

やっと更新します。



忙しかった今学期も

あっという間に終わってしまいました。

今年もいろいろ経験をして

たくさん勉強して

充実した一年でした。



夏休みの一時帰国も決まり、

ゆっくり自分の練習をする日々です。

たまに地下鉄の駅で演奏して

make moneyしたりも

(この間も

 トロンボーンの彼氏と1時間半くらいデュエットを吹いて

 $70近く稼ぎました



この前日本でリサイタルやったと思ってたのに

あれから約一年ですよ。

今年も帰ったらリサイタルやりたいと思っているので

ぜひぜひ check it out です☆

おそらく7月の半ばになると思います。






さてさて。

例によって最近の経験を書かせていただきます。

しばらくサボってしまったので

何回かに分けて更新させていただきます。



まずは前回のブログで触れたオーケストラコンサートについて

このコンサートは今年最後のオーケストラコンサートで、

曲はベルリオーズの幻想交響曲。

オーディションで勝って主席のコルネット1番のパートをもらえて、

普段あまり演奏されないソロのパートも吹かせてもらいました。



全体のできはまぁまぁって感じですかね…。

弦楽器がところどころ危なかったりしたし…

自分的にはまぁまぁよくできたと思います。

課題はいつもありますが、

そのコンサートの指揮者や聴いていた先生、友達は

気に入ってくれていたようなので

とりあえず一安心でした。



実はその次の日の午前中にTrumpet Department Recital

というのもあり、

その中ではアンサンブル4曲とソロ1曲吹きました。



(そうそう。この週は、

 火曜日に金管アンサンブルコンサート 
 
 土曜日にオーケストラコンサート

 日曜日にトランペットリサイタル
 
 と、今まででもまれにみる忙しい週でした…。)



そのリサイタルについては

また次回…



keep in touch!!

thanks for coming...

charicocco at 09:06|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

April 03, 2009

Symphony Fantastique

こんにちはー。

一週間の春休みがあけてしまって、

練習、リハーサル、仕事、勉強…で忙しい毎日です。



今日はMusic History(音楽史)の中間テストがありました。

忙しかったので、勉強する時間が少ない中、

一応それなりにできた気でいます。



春休み明けの月曜日はペーパーの提出日で

春休み後半はかなりfreak outしていました。

テーマは“マンハッタン計画”についてのリサーチ。

原爆を作ったプロジェクトです。

私は広島におじとおばがいて、

原爆がどれだけ悲惨だったかを教えられてきていたので、

それについての論文を書くこと自体大変でした。

個人的な経験や知識も交えながら書けたので良かったですが、

何度勉強しても精神的に辛いサブジェクトです。






話は変わりまして…

春休み中、

サンフランシスコから1時間くらいのちょっと田舎に住んでいる

母の友達のところに、彼氏と一緒に遊びに行ってきました。

いつもすごく素敵なご夫婦で、

今回も私たちをRedwoodの森に連れて行ってくれたり、

ランチを作ってくれたりして

すごく楽しい時間を過ごしました。



そのご夫婦は私のリサイタルにはるばる来てくれたり、

サンフランシスコに来たときには

ディナーをごちそうしてくれたりと

私のことをすごくtake careしてくれる温かい二人です。

私のLocal Parentsです。



次のオーケストラのコンサートにも

来てくれるといいなぁと思っています。






4月のオーケストラコンサートは

ベルリオーズの幻想交響曲。

先日オーディションがあって、

主席のパートをもらいました



高校のときにジュニアオーケストラで

演奏したことがある曲で

わたしのfavoriteなので、すごく楽しみです。






今月はかなり忙しくなりそうですが、

頑張って更新します><






thanks for coming,









charicocco at 07:18|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

March 19, 2009

ご無沙汰です

こんにちはー

やっとブログ書かせて頂きます。。。



もう今セメも半分が過ぎてしまいました。

2月は夏の音楽フェスティバルのオーディションや

リサイタル、学校の仕事などでとても忙しく、

しばらくご無沙汰してしまいました。



でも、忙しいときほど毎日が充実してます。

当たり前ながら。

音楽ってゴールがないから、

いかに毎日を楽しんで、有意義な時間を過ごせるか

って私的にはすごく大事です。

そんな意味で先月は

私にとってすごくいい月だった気がしてます。

夜遅くのリハーサルと

早朝のカフェの仕事が続いたときは

…死ぬかと思いましたが。



先月はマスタークラスも豊富で、

すごくいい経験をしました。

orchestra excerpts

(日本語ではオーケストラスタディー)と言って

オーケストラの曲の一部分を一人で演奏するのが

だいたいどのプロのオーディションでも定番なのですが

そのマスタークラスが立て続けにたくさんありました。

excerptsには、プレッシャーをはじめ難しいところがたくさんあって

クレイジーになります。



だいたいがオーケストラ曲の中で目立つパートなのですが

ひとつひとつのexcerptsに対して

自分なりの解釈やアイディアを持ちながらも、

テンポやリズムや音程、など決められたルールは

絶対に満たしていなければなりません。

すごく短い、小さいごく一部分に

それだけの音楽性を表現するのって

よく考えるとすごく大変です。



だからこそ、そういう曲を人前で演奏するのは

すごく大事なチャンスです。

そんな意味で、いい経験をたくさんしました。






実は近々、本格的にteachingをはじめたいと思っています。

自分のためにもなるし、お金も稼げるし。

早く生徒が見つかりますよーに






thanks for coming,



charicocco at 12:11|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

February 15, 2009

busyness

Time flies when you are busy.

Can't believe I haven't written anything for a month.



Lots of things to do.

My recital is coming up in a week.

Many other performances to play.

Orchestra Concert, Gigs, Auditions....



Although, I had an awesome Valentine's day





charicocco at 14:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

January 12, 2009

happy new year

あけましておめでとうございます。

もう10日以上も経ってしまいましたが。。。



新年といえば

『今年の抱負は?』とか定番ですが、

よく考えてみると、

わたしは今まで年の始めだからといって

特別に抱負を考えたことがありません。

毎日精一杯生きてるからね。なんて笑

だから強いて言うなら、

今年も毎日できることをやる。






年末年始はベートーベン第九のお仕事があり、

その後、普段のシェイプに戻るのに

ちょっと苦戦したりして、

楽器に関するいろんな本を読んだり、

オンラインでレクチャーを観たりしてました。

で、ここ数日やっと普段の感じに戻ってきました。






そんな過程ですごくimpressiveなレクチャーを発見。

Randy Pauschと言う人のlast lectureです。

この人はある大学の教授だったんですが

癌で余命数ヶ月の診断をされて、

それを“変えられないこと”だと受け入れて

ベッドに横たわって余命を過ごすことをせず、

その代わりに大学で最後のレクチャーをしました。

英語が苦じゃない方はぜひご覧になってください↓





レクチャーの内容は

“子供の頃の夢をどうやって実現させるか”



私が感銘を受けたのは

自分の病気や家族のことについて話すわけではなく、

彼がどうやって自分の夢を実現させてきたか、

または実現できなかった過程で何を学んだか

を話しているということ。



だからこのレクチャーは彼の人生そのもののようで、

余命数ヶ月を宣告された人のレクチャーとは

まったく思えません。



レクチャーの最後に

奥さんの誕生日のためにでっかいケーキを出してきたのは

本当にsweeeeeeeetでもらい泣きしそうでした。



音楽をやる者として心に留めておきたいことも

レクチャーの中でたくさんみつけました。

その中の一つ。



"The brick wall in fornt of you is testing how badly you want it."

(目の前の壁は本当にそれを達成したいのか試すためにある。)



要するに、本気で夢を実現させたいなら

どんな壁も乗り越えられるハズ。

みたいな感じですかね。



とにかく今まで観たレクチャーの中でも

特に印象的なものでした。

日本でも何かで取り上げられてるといいんですが…。






thanks for coming,





charicocco at 10:53|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

December 28, 2008

bye 2008...

こんにちは。

2009年もすぐそこですね。



先日のクリスマスギグの報告から。

it went pretty wellでした。

音楽ディレクターさんからは

『毎年どんどん上手くなるね〜』

って言ってもらったり、

礼拝に来ていた人たちにも好評で

良かったです。

今度またそこの教会でやる特別コンサートで

吹かせてもらえることになりました。

日本人の作曲家の武満徹の曲をやろうと思ってます。



今年のパフォーマンス収め+新年初パフォーマンスは

ベートーベン交響曲9番のお仕事。

年末に第九なんて日本だけだと思ってましたが、

そこのアマチュアオーケストラでは

何年も前から毎年恒例みたいです。

アマチュアオケだからリハーサルとか大変そうだけど、

大曲を勉強できる良い機会だし、楽しみです。

明日から3日連続3時間ぶっとーしのリハが始まります。



夏のフェスティバルのオーディションに向けて

オーケストラの勉強もしないといけないし、

何気にやることがたくさん…!!






thanks for coming,




charicocco at 15:45|PermalinkComments(0)TrackBack(0)
livedoor プロフィール

keiko

アメリカ、サンフランシスコでトランペットパフォーマンスを専攻している音大生です。
9才からトランペットをはじめ、19才からサンフランシスコに音楽留学。自分が自分らしくいられるこの国で勉強できる幸運と、家族のサポートに感謝しながら、今日も練習に励んでます。

楽天市場