2016年07月30日

マスク祭り

今日もマスクを被ってヘンタイ君との非日常の世界へ。

最近マスクのご要望が多いのは、そういう季節なのか?笑


BDを見るのも、マスクを見るのも初めてというヘンタイ君。

妄想は膨らみ、けれど、自分が何を欲しているのか明確にはわからないという。

じゃ、絶対やりたくないことと、

やりたいこと教えて。

私の問いに、やりたくないことはないという。


ぶたれるのも好きだと。

へ、ヘンタイ君、なかなか上級者です。笑



乳首を触るだけで、

興奮してきました~。

そういって股間を滾らせる。

私はヘンタイ君の顎を摘み、目を見つめ約束を交わす。


イカないで。

ヘンタイ君は、頑張ります・・・。


そういうが、いきり立つモノを抑えられず、どんどん大きくしながらの約束は、

信頼度が下がっていく気がする。笑


四つん這いになったヘンタイ君は、ア○ルをよく見えるように広げ、

粘膜のヒクツキまでよく見える。

恥ずかしい・・・。

そう言いながらも、挿入されたバ○ブを呑み込み、

気持ちいい~。

を連呼し始めるヘンタイ君の恥ずかしいは、


信憑性がないにも甚だしい。笑


乳首とチ○ポを同時に責め、

胸で圧迫をすると、

ヘンタイ君は、上気して、

気持ちいい。

しか言わなくなる。

他に何か言うことないの?


めちゃくちゃ気持ちいいです・・・。



って、それ、同じことじゃない?笑


ダメです。

気持ちよすぎて、何も考えられません・・・。

ヘンタイ君はカイカンに向かって走り出してしまった・・・。

イキそうです。

ダメ~。我慢の約束は?


もうダメだ・・・。

我慢するって言ったでしょ・・・。


寸止めを繰り返し、

いきなり大きく果てた・・・。


イッタあと、歯を喰いしばって後悔するヘンタイ君・・・。

我慢できませんでした・・・。

そう言いながら後悔する顔は、我慢する顔みたいで、可笑しかったよ。笑


うなだれながら後悔する人は見たことあるけれど、

歯を喰いしばって後悔するなんて、よっぽどの悔いがあったのかしら?笑


約束を守ることにそこまで熱意をもってくれたなら、次回は是非。


これからヘンタイ君のフェチ度が高まっていくのを見届けるのも楽しそうだなと思いました。


ありがとう。

楽しかったよ。

また、しようね。








charisma_natsumi at 09:54|PermalinkComments(0)TrackBack(0)大塚巣鴨カリスマ | ボンテージ

2016年07月24日

見た目は変われど

最近、久しぶり~。

という会話をよくしている気がする。

カリスマ歴○年のなつみです。笑

長くいると、懐かしい再開ってあるね。

私を思い出して、再び来てくれるなんて、本当に嬉しい限りです。


今日の久しぶりの小鹿ちゃん。

感じると脚が小鹿のように戦慄いてくるから、小鹿ちゃん。笑

四年前の私は彼にそう命名していた。


そのことと、小鹿ちゃんのことはよく覚えていた。

けれど、ドアを開けてくれた小鹿ちゃんの風貌は変わり、街中であっても絶対に気が付かない自信がモリモリ。笑


色々あったんですよ・・・。


小鹿ちゃんははにかみながらそう言った。

話していくと、色々思い出して、

ああ、小鹿ちゃんだな~と。

お風呂でカラダを洗っていると、戦慄いてくる脚。

玉を触ると、脚は曲がりくねり、立っていられない様。

そのままベットへ連れていき、より感じる左の乳首を弄る。

寝ている状態なのに、また脚がくねる。笑


髭が生え、大人の顔になった小鹿ちゃんの顔を胸の谷間で圧迫すると、

そこには昔見た小鹿ちゃんの表情が。


一層フェチ度が増した小鹿ちゃんは、マスク好きになっていた。

マスクを被った私の顔を見て、

綺麗です・・・。

と、トロントした顔を見せる。


イカない。

そんな約束を不問にするように、

ダメです~。

を繰り返す。




綺麗です。

だからってイッチャダメよ。

綺麗です。

そう。でもイカせない。

綺麗です。

我慢して。


噛み合っていない会話は続く。


そして、ああ~。ダメです~。


そう言いながら大きく果てた・・・。


一度イッたらもうイケないんです。


そういっていた小鹿ちゃんは、結局、計4回果てた・・・。


私が数が数えられないのか、小鹿ちゃんの思い違いか、1回と4回には乖離がありすぎる気がしますわ。笑


沢山の綺麗を貰って嬉しかったけど、マスクを被ると、綺麗と言われる率が上がる気がする・・・。

私生活でもマスク被ってたら、もしかして日本一の美女になれるのだろうかと、
一瞬そんな生活もいいな~なんて妄想したなつみでした。笑



ありがとう。

楽しかったよ。

また、しようね。



charisma_natsumi at 06:37|PermalinkComments(4)TrackBack(0)大塚巣鴨カリスマ | ボンテージ

2016年07月19日

長い付き合い

カリスマに入ってもう幾年月。

付き合いの長くなった方も幾人か。

Kクンもそんな一人。


私の顔を見ると、いつも泣きそうな表情になるKクン。


どうしていつもそんな顔をするの?

そう問うと、

わかりません・・・。

と、一層困った顔に。

本人に解らないことは、私にはわからない・・・。

これは、未解決事件として永久に残ることだね。笑


押し倒したKクンを組み敷、息の根を止める。

本格的に止めたら、私捕まるから、もちろん、苦しいな~。

という範囲内で。笑


けれど、苦しいはずのKクンのチ○ポは、屹立し、

泣き顔は更に進む。


イカない。

いつもの約束は、Kクンの泣き所になり、

頑張る。

頑張るけれど・・・。


でも、気もち良い・・・。


そう言いながら、顔をゆがませる。


2回頑張るから、イカせてほしい・・・。


それのみを口にするようになるKクン。

その声は、お願いというより、懇願に近く、


泣き顔は、顔のみではなく、声にまで波及する。

もうダメ~・・・。

ダメだよ。

ああ。

ダメ~。

Kクンはダメしか口に出来なくなったその時、大きく果てた・・・。


イッタ後、横になり丸くなるKクン。

胎児のようなその姿に、

あれ?またやりすぎた?

と、一瞬の反省が浮かんだけれど、


人って反省が続かない生き物ですね。笑


もう一度Kクンの乳首を弄ると、起ってきたチ○ポ。

それに気をよくした私は、再び泣き顔のKクンにカイカンを与える。

再び、

ダメ~。

しか言えなくなったKクンは、大きく果て、また横向きの丸い態勢をとったのであった。笑

これ、デジャヴ?笑


Kクンの泣き顔は私の好物。

その顔泣き顔を見るべく、これからも手を緩めず頑張っちゃいま~す。←緩めてほしいときは言ってくれたらそれも考慮します。たぶん・・・。笑


ありがとう。

楽しかったよ。

また、しようね。



charisma_natsumi at 08:35|PermalinkComments(0)TrackBack(0)大塚巣鴨カリスマ | 風俗