2017年02月23日

変身

2cd4bc34.jpg久しぶりのマスク。

そしてラバー。


キミは変身した私をカッコいいと言って目を細めたね。


その手は後ろ手に拘束されて、更に足枷も付けられたまま、四つん這いになる。


という、なんとも屈辱的な恰好。


けれど、ア○ルはヒクツキ、私がバ○ブを入れるその瞬間を待ちわびている。



ゆっくり挿入していくと、キミの口からは感嘆の声が漏れ、チ○ポは大きく膨らむ。



こんな恰好なのに、気持ちいいの?


キミ、ヘンタイなのね・・・。

なんならもっとすごい恰好をした私に言われても、キミは反論の言葉を持たない。笑



バ○ブを入れられたままのキミを仰向けにする。


そして、キミの顔の上に、私のお尻を押し付ける。


くぐもった声が、お尻の下から聞こえ、私の手の中で、キミのチ○ポは更に大きくなる。



乳首を舐め、チ○ポを弄ると、キミの口から声が漏れる。


イヤらしい声を出して。


その声が漏れないようにしてあげる。

グローブをはめた手で、キミの口をふさぐ。


手は鼻にもかかり、キミの息は私の手によって止められる。


苦しそうな中に、カイカンを感じるキミ。


チ○ポは更に硬度を増し、キミは身を捩る。


私とイカない約束をしていたキミ。


頑張って頑張って、頑張って・・・。


耐えるキミに、追い打ちをかける私。


そして、いきなり、大きく果てた・・・。


マスクをしていてキミのイク~。

の声が聞こえなかったことと、ア○ルの振動で感覚がマヒしていたキミ。


二つのことが重なって、いきなりの大暴発。笑


二度目は、鏡の前でされていることを見せつけ、そして、今度こそ、


キミのイク瞬間をしっかり目に焼き付ける。


二度目も沢山イッタキミ。


明日からも頑張れる。


と、にっこり笑った笑顔はとっても可愛かったよ。




疲れが溜まったらまたおいで。


非現実を楽しみましょうね。


ありがとう。

楽しかったよ。


また、しようね。



charisma_natsumi at 02:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)大塚巣鴨カリスマ | ボンテージ

2017年02月20日

好み

久しぶりのキミは、私の顔を見るなり、蕩けそうな顔になった。


プレイを思い出して・・・。


ではなく、顔が好みなのだそう。


とにかく、私の顔を見てほほ笑むキミ。


私の顔を見て股間を硬くするキミ。



私の顔を褒めるキミ・・・。


世の中には、色んな好みがあって、キミの好みにピッタリ合致したんだね。


あれだけほめらっれると、そのうち空も飛べそうな気がしてくるわ。笑


イカない約束を取り付けると、


ものすごくキッパリと、大丈夫です。


と請け負うキミに安心していたら、


触れただけでイキそうと言い始めた・・・。


見つめられているだけでイキそう。と・・・。



ついさっき交わした約束も守れないの?


触っただけでしょう?


感じすぎなのよ。オトコのくせに、女に蹂躙されて感じて恥ずかしくないの?



罵倒がキミのカイカンを更に高めて、キミは悶え、苦悶の表情を浮かべるようになる。


だが、苦悶の最中も、私の顔を見て、ほほ笑むキミの脳内は、さぞかし忙しかったことであろう。笑


イカせない。


けれど、私の繰り返す愛撫を受け、キミの我慢は限界へ。


お漏らしをした後、大きく果てた・・・。


放物線を描いたそれは、自身の顔まで飛び、興奮の度合いが見えた気がしたよ。笑


私の顔を見つめていたキミは、2度もイッタ後だというのに、また興奮し始める。


私の顔は、媚薬が仕込んであるわけではないのだけれども。笑



そして、もうたたないかも。



という杞憂と、ガマンするという約束を反故にして、3度大きく果てた・・・。



もう何も出ません・・・。



そう言いながらも、嬉しそうに私を見つめるキミ。


媚薬以外の効能もありそうで、よかったです。笑


褒められるカイカンを存分に感じさせてくれたキミに感謝して、


次回はもっと優しくしますね。(優しくと要望があれば。笑)




ありがとう。


楽しかったよ。


また、しようね。



charisma_natsumi at 19:40|PermalinkComments(2)TrackBack(0)大塚巣鴨カリスマ | ボンテージ

2017年02月16日

マントに包まれて

4c56b799.jpgもう2月なんて、は早い・・・。


この調子で行くと、あっという間に年末に・・・。


というのは気が早いか。笑











久しぶりに私のマントに包まれたSクン。

マントを広げ、中に誘う。(写真は広げる途中のポーズ)


マントの中はクレオパトラの様な衣装。



おいで。

その言葉だけで、Sクンの顔つきが変わった。


後ろ手に縛られたまま、夢遊病者のようにふらふらとマントの中に。


マントは捕捉者を離さない。


外界と切断された世界の中で、私の玩具になるSクン。


乳首を舐め、チ○ポに手を伸ばす。


屹立したそれは、既にぬるぬると光り、少しの刺激で、イキそう・・・。を繰り返すように。


私のオモチャのくせに勝手にイコうだなんて、許さないわよ。


耳元で囁くそれ自体がSクンのカイカンに繋がっている。


マントを広げても閉じても、乳首を舐めても耳元で囁いても、


許してください。


壊れてしまいます・・・。

Sクンはそればかりを繰り返すようになっていた。


何度も何度もお漏らしをして、その度に放心状態になるSクンに、

それでも刺激を与え続ける私。


許してください・・・。



そう叫びながら、大きく果てた・・・。



マントに包まれ脱力していたSクンだけれども、

今日は私は優しくしたつもり。笑



私の優しさ<Sクンも感じていたはずです。


次回はもっと激しく壊してみようか・・・。



そんな妄想をしていたなつみでした~。




ありがとう。


楽しかったよ。


また、しようね。






charisma_natsumi at 19:00|PermalinkComments(6)TrackBack(0)大塚巣鴨カリスマ | 風俗