2016年08月24日

久しぶり

お盆を過ぎて、涼しくなる・・・。

はずだった大塚。


台風一過で清々しくなるはずだた東京・・・。


蒸し暑いですね~。


そんな中、久々のラバーを。


思いっきり汗をかいてしまおう。(^_-)-☆


ラバーが大好きだというジュンちゃん。


私のラバーの胸に抱かれ、大きく息を吸い込む。

ラバーの匂いを嗅ぐと、股間は屹立し、

嫌がる(設定)はずだった話は、遠く遠くお散歩に出かけて行った。笑

幸せです。


そう繰り返すジュンちゃんの蕩けそうな顔を見ていると、幸せってうつるんだなと実感してくる。


ラバーのお尻をジュンちゃんの顔に乗せる。

私の匂いと、ラバーの匂いが鼻を攻撃する。


攻撃は一般的にはダメージを与えるものだが、

ジュンちゃんの鼻には香しいものとなって到達したらしく、

息が荒くなっていく。


私が股間に触れると、今にも爆発しそうなそれは、

硬度を保ち、粘膜を湿らせる。


気持ち良すぎます・・・。


何度その言葉を聞いたことだろう。


胸で圧迫をして息を止めても、お尻で圧迫しても、


全てが幸せに変換されるジュンちゃんは、幸せを感じる達人だ。


そして、何度目かのイキそうの後に、


大きく果てた・・・。


自前のセクシーな黒い下着は放出したものでぐちゃぐちゃになり、

それが淫靡さを一層際立たせていた・・・。



ラバーが大好きで堪能したと言って笑ってくれた顔。

幸せのおすそ分けをありがとう。


また、私を嗅ぎに来てね。(^_-)-☆笑



ありがとう。


楽しかったよ。

また、しようね。


charisma_natsumi at 19:09|PermalinkComments(3)TrackBack(0)大塚巣鴨カリスマ | フェティッシュ

2016年08月05日

真夏のコート

今日も部長は私を見ている。

それに気が付きながら、むしろその視線を愉しむ様に短いスカートを穿いて、部長を挑発してきた。

けれど、まさか部長が机の下で自慰行為までしているなんて・・・。


それを見つけたときの私の嬉しさを誰が理解してくれるだろうか。


新しいおもちゃを手にいれた。


私はほくそ笑みながら部長に近づく。

自慰行為にふけっていた部長は、逃げる機会を逸した。


ねえ、部長。こんな所でこんなことしてるなんて、みんなが知ったらどう思うでしょうね・・・。


いい年して、恥ずかしい・・・。


大企業の部長のすることかしらね・・・。


部長の耳元で優しく、けれどキッパリと恫喝すると、部長は震えた。



どうか、このことは皆には内緒にしてほしい・・・。


お願いだ・・・。


部長、人にお願するんだったら、自分も人のお願い聞かないとね。

部長は今から、私の玩具になるんですよ。


な~んでもいうことを聞くオモチャ。


部長は力なく項垂れた・・・。

こうして私はおもちゃを手に入れたのだ。


全裸にストッキングを穿いただけ。

そんなヘンタイな格好の部長を壁際に立たせる。

恥ずかしさと屈辱に慄くも、部長の興奮はそれに勝るらしく、

股間はいきり立っている。


乳首を摘み上げると、

部長の手が空を掴む。

自力で立っているのがつらいのか、空をさまよっていた手が壁を掴み、


壁に押し付けられるような姿勢でカイカンを貪っている。

ストッキングの上から股間を撫で、耳元で私に隠語を囁かれると、


部長は立っていられなくなる。


部長の手をベットにつかせると、ストッキングを引き下げる。

露になったア○ルにゆっくりと私の指が挿入されると、

部長が大きな声を上げた。


部下にお尻を犯されて感じてるんですか、部長・・・。

わざと蔑むように問いかけると、


気持ちいいです・・・。


との返答が。


ここから、部長は奴隷と化していく。


私の脚に頬擦りをしてうっとりすると、


足の指を舐めあげていく。


部長の唾液で湿ったその足が、


大事な部分を撫で上げると、


カイカンにうめき声をあげる。


我慢の限界を迎えた部長は、私の脚に撫でられて、大きく果てた・・・。




今日のヘンタイ紳士様も、本当にお久しぶり。


最近本当にお久しぶりの方が私を思い出して来てくれるのは嬉しい限りだが、


神様が、死期の近くなった私に懐かしい顔を見せてくれているのかと、一瞬訝ってしまいました。笑




8月に入ってことさら暑くなったせいか、コートを着て大塚をうろついていると、

色んな人と目があいます。


危害を加えたりしないから、大塚でコート着て歩いてる私を見かけても、通報したりしないでね。笑




ありがとう。


楽しかったよ。

また、しようね。





charisma_natsumi at 17:15|PermalinkComments(2)TrackBack(0)大塚巣鴨カリスマ | ボンテージ

2016年07月30日

マスク祭り

今日もマスクを被ってヘンタイ君との非日常の世界へ。

最近マスクのご要望が多いのは、そういう季節なのか?笑


BDを見るのも、マスクを見るのも初めてというヘンタイ君。

妄想は膨らみ、けれど、自分が何を欲しているのか明確にはわからないという。

じゃ、絶対やりたくないことと、

やりたいこと教えて。

私の問いに、やりたくないことはないという。


ぶたれるのも好きだと。

へ、ヘンタイ君、なかなか上級者です。笑



乳首を触るだけで、

興奮してきました~。

そういって股間を滾らせる。

私はヘンタイ君の顎を摘み、目を見つめ約束を交わす。


イカないで。

ヘンタイ君は、頑張ります・・・。


そういうが、いきり立つモノを抑えられず、どんどん大きくしながらの約束は、

信頼度が下がっていく気がする。笑


四つん這いになったヘンタイ君は、ア○ルをよく見えるように広げ、

粘膜のヒクツキまでよく見える。

恥ずかしい・・・。

そう言いながらも、挿入されたバ○ブを呑み込み、

気持ちいい~。

を連呼し始めるヘンタイ君の恥ずかしいは、


信憑性がないにも甚だしい。笑


乳首とチ○ポを同時に責め、

胸で圧迫をすると、

ヘンタイ君は、上気して、

気持ちいい。

しか言わなくなる。

他に何か言うことないの?


めちゃくちゃ気持ちいいです・・・。



って、それ、同じことじゃない?笑


ダメです。

気持ちよすぎて、何も考えられません・・・。

ヘンタイ君はカイカンに向かって走り出してしまった・・・。

イキそうです。

ダメ~。我慢の約束は?


もうダメだ・・・。

我慢するって言ったでしょ・・・。


寸止めを繰り返し、

いきなり大きく果てた・・・。


イッタあと、歯を喰いしばって後悔するヘンタイ君・・・。

我慢できませんでした・・・。

そう言いながら後悔する顔は、我慢する顔みたいで、可笑しかったよ。笑


うなだれながら後悔する人は見たことあるけれど、

歯を喰いしばって後悔するなんて、よっぽどの悔いがあったのかしら?笑


約束を守ることにそこまで熱意をもってくれたなら、次回は是非。


これからヘンタイ君のフェチ度が高まっていくのを見届けるのも楽しそうだなと思いました。


ありがとう。

楽しかったよ。

また、しようね。








charisma_natsumi at 09:54|PermalinkComments(0)TrackBack(0)大塚巣鴨カリスマ | ボンテージ