2008年07月09日

6月の自転車走行距離

仕事が忙しくて……と言ってる間に
6月が終わり、7月も既に10日になろうとしています。
ここのところ、全然、書き込む余裕がない状況です。
とほほ…。

6月は梅雨なのであまり走れないと思っていましたが、
仕事や自転車活動関連でやや走る機会に恵まれ、
自転車での走行距離は331劼任靴拭
1月からの6ヶ月間の累計は2247劼任后

7月は暑いので、基本的に自転車はオフの季節としています。
さすがに今月は距離が少なくなりそうです。


charitto107 at 23:39|PermalinkComments(1)TrackBack(0)clip!自転車 

2008年06月26日

自転車・京都街角セッション

昨日、「自転車・京都街角セッション」が行われました。

京都市役所前の地下街(ゼスト御池)の広場で、12月
までの毎月25日に、自転車についてのさまざまな議論・
提案が公開で行われます。

提案や議論を展開する参加者の顔ぶれもバリエーション
に富んでいて、結構、ぶっちゃけでトークしてたので、
面白かったです。

興味があれば、是非、聞きに行ってみてください。
今後のプログラムは「続き」を参照して下さい。

京都街角セッション1京都街角セッション2






続きを読む

2008年06月23日

サッカーと熊野観光

昨日、サッカーのW杯のアジア地区3次予選が行われ、日本は
辛くもバーレーンを下し、最終予選に進むことができました。
その日本代表のおなじみの青いユニフォーム、胸に黄色の
エンブレムが付いていますが、そのマーク覚えていますか?

そう、カラスです。でも、ただのカラスではありません。
3本足の八咫烏(やたがらす)です。八咫烏って知ってます?
でも、何でカラスなの?

3本足の八咫烏(やたがらす)は、世界遺産にもなっている
熊野三山(熊野本宮大社・熊野那智大社・熊野速玉大社)の
シンボルです。
『古事記』『日本書紀』に登場し、神武天皇が熊野に上陸した時、
八咫烏が天の神から使わされ、道案内をしたとされています。
この導きで敵を打ち負かし、大和を平定したため、八咫烏は勝利
のシンボル、良い方向へ導くシンボルとされています。

そして、明治時代に日本に初めて近代サッカーを紹介した
中村覚之助氏が那智勝浦町の出身であり、彼の偉大な功績を偲び、
日本サッカー協会のシンボルとして八咫烏が採用されたようです。

熊野三山がある勝浦・那智・新宮は、山・川・海の自然、温泉、
歴史など、見所も多くて良い所なのですが、大阪からも名古屋
からも遠くて時間がかかるのがネックとなっており、観光の活性化
が課題になっています。

そこで提案。近年のサッカーの熱狂ぶりを活用し、サッカーの聖地
を築いてはどうでしょう。日本代表に大きな大会前に必ず参拝して
もらうようにし、そのうちにファンやあちこちのサッカーチームが
祈願に訪れるような「オンリーワン」が作れれば、遠くても来ても
らえるのではないでしょうか。そして、周辺の観光地へと散在…。

京都の八幡市には唯一の「飛行神社」があり、各航空会社や飛ぶ
ことに関連する人や団体が毎年安全祈願に訪れています。
そのサッカー版って作れないものでしょうか。


charitto107 at 22:41|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!観光 

2008年06月19日

6月は環境月間です。

久しぶりの書き込みです。仕事がとにかく忙しく、
筆が進まないままアッと言う間に10日も過ぎて
しまいました。今日から復活です。

6月は環境月間です。最近は太陽光発電を備えた照明灯を
よく見かけるようになりましたが、梅雨時にはなかなか
威力が発揮できません。

風力発電の小型化の技術が進んできたこともあり、写真の
ように、太陽光発電+風力発電の照明灯も現れています。

以前にも紹介しましたが、大阪市の「市民環境調査隊」が
募集されており、〆切が来週月曜日の23日と迫っております。
新しい仲間もでき、なかなか楽しい活動なので、興味のある
方は是非、ご応募下さい。

私は昨年が「ヒートアイランド」、一昨年が「協働」を
テーマにするチームに参加しました。募集定員上、可能で
あれば、今年はごみをテーマにしたチームに参加したいと
思っています。

太陽光+風力発電の照明灯

charitto107 at 22:50|PermalinkComments(1)TrackBack(0)clip!その他 

2008年06月08日

城北菖蒲園のハナショウブが見頃です。

城北菖蒲園に行って来ました。関西で初めてできた回遊式の
花菖蒲園だそうです。約250品種、約13,000株のハナショウブ
が植えられており、ちょうど見頃を迎えています。

ハナショウブとは、アヤメ科・アヤメ属の一種で、日本に自生
するノハナショウブの葉から改良されたものだそうです。

作られた場所により、花の形が違い、大きく肥後系、江戸系、
伊勢系の3系統に分けられるそうで、花のネームプレートに
△△系と全部書かれていて、今日初めて知りました。
ここでは江戸系が多い感じでした。

6月22日まで開園しています。大人200円。
本当にきれいですので、期間中に花見に行ってみましょう。

詳しくはこちら

城北菖蒲園1城北菖蒲園2






城北菖蒲園3城北菖蒲園4

charitto107 at 19:07|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!観光