チャーリーのブログ

ビートルズ、ラグビー、武蔵浦和(埼玉県さいたま市)の話題など、最近の話題、ちょっと懐かしい話などを書いていきたいと思います。

ラグビー 慶應 vs 青山学院 2017年12月3日

慶應 青学2017 12 03-3

慶應 青学2017 12 03-2

慶應 青学2017 12 03-1

11/23の早慶戦の口直しに、平和島の東京ガスグランドにラグビー 慶應 対 青山学院大を見に行く。

品川から京浜急行で15分くらいの平和島下車。ここから歩いてグランドに向かうのだが、初めての行くところなので、事前にスマホに道案内のページを保存していたのだが、駅を降りて歩き出すとスマホを見ながら歩くのが面倒になり、グランドに向かうと思われるファンらしき人の後を付いて行くことにした。10分程度でグランドに到着。

客席は3段のスタンドがあるのだが既に埋まっていた。が詰めてもらって何とか座る。

今日、同時刻に秩父宮で行われている早明戦で明治が勝つと早慶明が2位で並ぶため、大学選手権の組み合わせを決める順位は、他大学とのゲームも含めた総得失点差で決まる。これまでの慶應は、明治、早稲田に比べると得点が少ないため、今日の試合では明治勝利に備えてなるべく沢山得点をしておきたいところ。

という事情があり、試合は前半から一方的な慶應ペースで、最終的には119-5の大勝。ここまで大差の試合は久しぶりに見た。スタンドから近いので選手が来ると迫力があった。同時刻に行われた早明戦は29-19で明治の勝利。これで早慶明の3チームが並んだため総得失点差で順位が決まることになり、明治が2位、本日大勝した慶應が3位、早稲田は4位となった。

ラグビー 早慶戦(2017年11月23日)

DSC_0239 (2)
DSC_0241 (2)
家族ででラグビー早慶戦へ。11時に家を出発、渋谷から銀座線で外苑前下車。朝は雨が降っていたが神宮前に着いた頃には上がっていた。ベローチェで昼食を取り1時間半くらいいた。

席は以前にネット(ローソンチケットで買った)B指定席の後段。後段が希望だったので、時々ネットで調べているうちに後段の空きが出たので購入、会社近くの新郷のローソンで支払った。

13時半頃スタンドに上がったが、この頃には晴天になっていた。ゲームはどちらもノックオンが多かったりと、やや締まらないところもあり。前半は余り点が入らず。後半、慶應は一時21-9までリードしたがその後追いつかれ、21-23でノーサイド。今年も悔しい結果となった。

帰りはバックスタンド側から出て、銀杏並木を散歩、絵画館前では「いちょう祭り」というのをやっていて店が多数出ていた。焼き椎茸をその場で食べ、大分中津のから揚げを買って帰る。

上高地旅行 3日目 9月4日(月)

DSC_0170

P9020475

DSC_0176


9月4日(月)晴れ
朝、河童橋で写真屋さんに写真を撮ってもらう。
河童橋:09:20→10:40大正池11:00→12:00河童橋。往復6km
昼食は「るるぶ」に載っていた西糸屋別館で「山賊焼定食」を食べる。
昼頃がこの3日間で最も天気が良く、穂高連峰には全く雲がかかっておらず又青空であった。その後土産を買い、ホテルにトランク発送を頼む。土産は「上高地の華」というリンゴのチーズケーキのような菓子と野沢菜。

上高地バスセンター15:10→16:40松本駅
エースのバスに乗る。帰りも10人くらい乗っていた。
松本駅で40分ほど時間があったので駅ビルの中や駅前を歩いたりした。新宿着は20時過ぎになるので駅弁を買う。3人とも「地鶏めし」を買う。

松本駅17:18(あずさ30号)18:08新宿→武蔵浦和
座席は回転したいところだが、帰りもAB席とその後のA席で、自分は後のA席に座る。隣席にどこから乗って来るか不明のため回転することもできなかったので、缶コーヒーを飲みながら松本清張の「砂の器」を読む。隣席には甲府から乗ってきた。甲府を過ぎたあたりで駅弁を食べた。DSC_0141


上高地旅行 2日目 9月3日(日)

DSC_0073

DSC_0100

P9020473

P9030515


9月3日(日)晴れ
2日目。良い天気。朝食はバイキング。先ずホテル隣の土産屋でジェラートを食べて出発。今日は1日あるのでやや遠出。大正池とは反対方向の明神池に向かう
ホテル09:45→10:50明神池11:45→11:50明神館(宿)3.5km(梓川左岸)
明神館(宿)前のベンチでおにぎり弁当(ホテルで作ってもらったもの)の昼食。ここで引き返す手もあったが今日は中日で時間があり、また足もそれほど疲れていなかったので更に3.5kmほど奥にある徳沢に向かう

明神館12:20→13:05徳沢(キャンプ場がある)3km。
ここは「るるぶ」によると中級コースとあったが、アップダウンが結構あり長い登り道があった。足の調子も良く景色も良かったため快調に進んだ。徳沢のベンチで休憩しお菓子を食べる。今回は以前に買ったスポーツシューズを自宅を出る時から履いていたのだが、2日目に底の(滑り止めのようなものが)一部が剥がれたのでちぎった。

徳沢13:30→14:40明神池 3km
明神池近くにあるカフェ・ド・コイショというカフェでケーキを食べる予定だったが、着いてみると店が閉まっていた。

明神池15:00→16;00河童橋 3km(梓川右岸)
河童橋で写真屋に写真を撮ってもらった。「ハイ チーズ」の代わりに「カミコーチ」という。
夕食後、19:30からガイドツアーを予約していたので参加する。星を見て説明を聞くというものだが、開始早々、娘が体調不良で離団した。クマに遭遇した場合の対処方法(落ち着くこと)の説明もあった。

上高地旅行 1日目 9月2日(土)

DSC_0035

DSC_0159

P9020482

9月2日(土)雨→晴れ
家を7時前に出て新宿発08:00(スーパーあずさ5号)10:38 松本1:00(エースJTBバス)12:20上高地バスターミナル着。上高地へのバスはエースJTBの特典で無料。マイクロバスだった。ターミナルの食堂で食事、僕はカツカレー、家内は蕎麦、娘は山賊焼き(鶏のから揚げ、メンチカツなど)定食。宿はホテル白樺荘で河童橋のすぐ近く。先ずは荷物を預け大正池へ向かう。

河童橋13:50→15:40大正池15:50→16:50河童橋。往復6km。
往きは田代池に寄ったり、途中道草をしたので時間がかかったが、普通に行けば河童橋→大正池は60分の距離。天気は曇り時々晴れでまずまず。歩きながらビデオや写真を撮る。宿に着いて部屋に入ると流石に疲れて30分ほど寝たら疲れが取れた。洋風懐石の夕食は美味。ホテルの部屋にはエアコンが無いが必要はなかった。以前に行った八ヶ岳のホテルにもエアコンは無かった。

木場

5年ほど前まで勤務していた木場に行ってみた。木場に通っていたのは5年間。

職場の近くを歩き回ってみたが、こんなところにコンビニあったかな、とか細かい点は結構忘れていた。

DSC_0095_1
DSC_0091_1
DSC_0089_1
DSC_0081_1
DSC_0078_1
DSC_0075_1
DSC_0069_1
DSC_0065_1

長野旅行 Part-2

軽井沢から小諸に向かう途中、右側に浅間山が綺麗に見えた。小諸→長野間は左側に千曲川の風情のある景色が見えると思っていたが、期待していたほどではなく、ビデオも撮らず。長野に着いてようやくホームの蕎麦屋で昼食。

駅から片道30分ほど歩いて善光寺へ。初めてであった。数年前から、大宰府、伊勢神宮、出雲大社と参拝してきたが今年は善光寺となった。
DSC_0524

DSC_0521

DSC_0525


写真
上:長野駅前
中:長野オリンピック(長野駅内)
下:善光寺

長野旅行 Part-1

旧友を訪ねて長野へ。

新幹線で行くか在来線で行くかいろいろ考えたが、横川~軽井沢が廃止されてから行ってなかったので普通列車で向う。

武蔵浦和09:08→09:20大宮09:34→10:57高崎11:22→11:56横川12:20→(JRバス)→12:44軽井沢13:05→13:29小諸13:45→14:49長野。

高崎から横川まではガラガラ。横川駅ではアプト式線路で使われた機関車などが展示してある公園があった。JRバスは中学生くらいのグループが乗っていて満席。軽井沢では駅舎の写真を撮っていたら昼飯を食べる時間が無くなってしまった。

DSC_0519

DSC_0512

DSC_0514


写真
上:横川行 普通列車(高崎駅)
中:軽井沢駅
下:小諸行 普通列車(軽井沢駅)

ラグビー大学選手権 準々決勝

12/17(土)はラグビー大学選手権 準々決勝。
終日外出していたので、家に帰って深夜、録画してあった番組を見た。今回はNHKが2試合(東海vs京産、慶応vs天理)生中継をしていていた(残りの試合は録画放送)。例年、NHKは1/2の準決勝からなので、今年はありがたい。You Tubeにアップされていた他の試合も見ていたら朝4時になってしまった。

慶応vs天理は、4試合の中では一番の接戦だったと思う。開始直後に天理が2トライを決め、天理の一方的な展開か?と、少し心配になったが、その後は慶應も得点し一時は追いついた。最終的には負けはしたものの29-24と5点差まで追い詰めた。課題だったラインアウトは見違えるように良くなり、これが早慶戦で出来ていれば、というタラレバも少し頭に浮かんだが、大差で天理優勢というこのゲーム、なかなか見ごたえのあった締まった戦いをしてくれた。今シーズンはこれで姿を消すことになるけれども、今年も良いチームだった。お疲れ様でした。

////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
以下、ラグビーリパブリック(ラグビーマガジン) 12/18(日) 0:59配信  より引用。

第53回全国大学ラグビー選手権大会は17日に準々決勝がおこなわれ、8連覇を目指す帝京大は秩父宮ラグビー場で大東文化大を55−19で下し、ベスト4入りした。その帝京大と1月2日の準決勝で対戦することになったのは、関西王者の天理大。天理は東大阪市花園ラグビー場で慶應義塾大に29−24で競り勝ち、5大会ぶりの準決勝進出となった。
 関西からは同志社大も4強入り。花園でおこなわれた早稲田大との伝統校対決を47−31で制し、2005年度大会(第42回)以来となる準決勝進出を決めている。その同志社大と1月2日にぶつかるのは関東大学リーグ戦王者の東海大だ。東海大は、明治大を倒して8強入りした京都産業大を71−12と圧倒し、3大会連続のベスト4入りとなった。

 秩父宮での第1試合、東海大×京都産業大戦。
 東海大は序盤に連続トライを挙げ、流れを引き寄せた。立ち上がりがよく、5分にWTB平尾充識が先制すると、15分にもゴールに迫り、HO大塚憂也がラインを越えてボールを押さえた。
 追う京産大は21分、敵陣22メートルライン中央でのスクラムから攻め、激しく体を当てて前進し、NO8フェインガ・ファカイが1トライを返す。
 しかし東海大はその2分後、WTB藤崎眞樹がハーフウェイ付近から抜けて追加点を挙げると、32分にはHO加藤竜聖がラインアウトモールから持ち出してトライ。36分にはCTB池田悠希もファイブポインターとなり、リードを広げた。
 ハーフタイム前に京産大は俊足WTB坂本英人が左サイドを破りゴールに持ち込んだが、反撃の得点はそれが最後だった。
 後半、東海大は日本代表を経験したFB野口竜司も力強い走りを披露すると、スクラムやモールでも威力を発揮して結局11トライを挙げ、守りも堅く、快勝となった。

 帝京大×大東文化大は、前回大会の準決勝と同じカード。
 アップセットを狙う大東大が先制した。前半5分、敵陣10メートルライン付近でのラインアウト後、SH小山大輝がスルリと抜けてタックラーを振り切り、トライを挙げた。11分にもモスグリーンの男たちが躍動してゴールに迫ったが、ここは赤いジャージーの王者がしのぎ、徐々にリズムを整えていった。
 帝京大は18分にPGで3点を入れると、その2分後にはラインアウトモールで逆転。35分にもモールから持ち出したHO堀越康介が連続トライを挙げ、大東大にイエローカードが出た直後の38分にはPR西和磨がスコアラーとなり、24−7で前半を終えた。
 後半早々にも数的有利の帝京大が攻め、敵陣22メートル内のスクラムから持ち出したNO8ブロディ・マクカランが空いたスペースを突き抜け、追加点。主導権を握った帝京大は51分(後半11分)にモールドライブでリードを広げ、56分にはLO飯野晃司がトライを挙げて43−7とし、勝負を決めた。
 その後、大東大は2トライを返したものの、最後は帝京大のWTB竹山晃暉がチーム8トライ目とコンバージョン成功で締めくくり、大東大のチャレンジを退けた。

 花園での第1試合、歓喜したのは関西大学Aリーグ2位の同志社大だった。
 関東大学対抗戦A2位の早稲田大相手に前半だけで5トライ。立ち上がりからスピードで翻弄してCTB石田幹太が先制すると、16分にはラインアウトからの攻撃でたちまちゴールに迫り、キャプテンのLO山田有樹が突っ込んで追加点。ディフェンス、ブレイクダウンのファイトでもムードをよくした同志社は、さらに22分、FB崎口銀二朗が鮮やかに中央を切り裂いてゴールに持ち込む。34分には自陣のラインアウトからループを混ぜたバックス展開でFB崎口が抜け、パスを受けたWTB松井千士がきっちりフィニッシュし、リードを広げた。勢いは止まらず、ハーフタイム前にはSH大越元気のアングルチェンジからWTB安田卓平がスコアラーとなり、33−0として折り返した。
 後半早々にも同志社はFL丸山尚城が力走して追加点。
 早稲田は52分(後半12分)にモールで前進したあとHO貝塚隼一郎が得点し、相手にイエローカードが出て数的有利となった時間帯に2本のトライを重ねたが、同志社は74分にCTB永富晨太郎が得点して突き放し、勝利を決定づけた。
 早稲田は終盤にも2トライを返す意地を見せたが、前半の大量失点が響き、3大会ぶりの4強入りとはならなかった。

 花園での第2試合は接戦となった。
 3回戦で流通経済大と引き分け、抽選で準々決勝進出となった慶應義塾大は、2大会ぶりの4強入りを目指したが、王者・帝京大への挑戦権を手にしたのは天理大だった。
 関西王者は前半2分過ぎ、ハーフウェイでのラインアウト後にモールを組んだあとショートサイドを攻め、細かくつないでWTB久保直人が先制トライ。6分にはCTB金丸勇人がゲインして敵陣22メートルライン内に入り、すばやくリサイクルしてFLフィリモニ・コロイブニラギが抜け、追加点を挙げた。
 23分に黒衣のFBジョシュア・ケレビにビッグゲインされながらもピンチをしのいだ慶應は、34分、ラックサイドの狭いスペースを突いたSH中鉢敦がゴールに持ち込み、反撃を開始する。38分にもゴールに迫った天理選手を3人がかりで止めグラウンディングを許さず、執念を見せた。
 スクラムで再開後も耐えていた慶應だったが、2度目のセットでも天理が優勢となり、FBケレビにボールが渡ってスコアが動いた。19−7でハーフタイム。
 追う慶應は後半早々、LO佐藤大樹の突進でゴールに迫り、たたみかけてSO古田京がゴールラインを割った。そして47分(後半7分)にはFL廣川翔也が狭いサイドを抜けてトライを挙げ、19−19の同点に追いついた。
 だが、しばらく慶應の堅守に手を焼いていた天理だったが、54分、ゴール前スクラムでプレッシャーをかけNO8中野真仁が持ち出してインゴールに突っ込み、勝ち越し。その5分後にはカウンターアタックで敵陣深くに入ったあとすばやく左へ回し、FBケレビがトライを決め、29−19とリードを広げた。
 慶應は76分にWTB小原錫満がゴール左隅に飛び込み5点差としたが、残り時間でボールをキープした天理がリードを守り切り、ノーサイドとなった。

 1月2日に東京・秩父宮ラグビー場でおこなわれる準決勝は、第1試合が同志社大×東海大、第2試合が帝京大×天理大という組み合わせになった。










ラグビー大学選手権 慶應 VS 流通経済大学

20161211慶應vs流経
11/23の早慶戦に続いて、大学選手権3回戦、ラグビー大学選手権 慶應 VS 流通経済大学」を応援に秩父宮へ。

慶應は前半の早い段階で2トライを決め12-0としたが、その後追いつかれ12-12でハーフタイム。
後半も一時12点リードするが、その後追いつかれ追い抜かれ7点のビハインド状態が続く。

このままノーサイドか! と思ったその時、慶応がトライを決め古田選手のゴールキックに全てが掛かって来たが、見事ゴールキック成功で31-31の状態に追い付いた。この直後にホーンが鳴りノーサイド。

同点の場合、トライ数の多い方、トライ後のゴール数の多い方の順で、次戦進出チームが決まるが、どちらも同数のため抽選となった。抽選のシーンは神宮側のスクリーンに映し出された。

両主将により、本抽選を引く順番を決めるための予備抽選が行われ、その結果に従い再度両主将が本抽選の封筒を引く。慶應の鈴木主将は机の上に置かれた2つの封筒のうち、2回とも右側を引いた。

抽選の結果、慶應が準々決勝に進むことになった。抽選で勝っても、相手の事を考えて派手なアクションを取らなかったのは立派だった。

抽選と言えば、遥か昔の話だが慶應 vs 明治の大学選手権決勝(雨の中の試合だった)も引き分けで抽選だったことがあった。慶應中野主将と明治南主将がくじ(封筒)を引いた。

抽選は慶應が勝ちで、その後トヨタとの日本選手権を制して日本一になった。このシーズンも対抗戦グループ4位だった。今年もそんな風に躍進してくれたら、と思いつつ帰途についた。

勝てはしなかったけれども、早慶戦に比べてラインアウトの精度が上がっていたのは良かった。タックルは悪くは無かったが、流経のBKの外国人選手を止め切れなかったのが反省点か。

以下、日本スポーツから引用。
---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

慶大抽選勝ち8強!鈴木主将「ここで引くしかない」

日刊スポーツ 12/11(日) 19:11配信

慶大抽選勝ち8強!鈴木主将「ここで引くしかない」

抽せんで準々決勝進出のくじを引き当てた慶大NO8鈴木主将(左から2人目)は仲間と抱き合って喜ぶ(撮影・足立雅史)

<ラグビー・全国大学選手権:慶大31−31流経大>◇3回戦◇11日◇東京・秩父宮ラグビー場

【写真】早慶戦に清宮親子ら1・8万人!早大が接戦制す

 関東対抗戦4位の慶大が、関東リーグ戦2位流経大と31−31と引き分け、抽選により準々決勝進出を決めた。前半を12−12で折り返すと、後半開始直後に2トライを決めて一時は12点のリードを奪った。

 だが、その後は相手BKの左右への大きな展開に苦しみ、後半29分にトライを決められ、逆に7点を追いかける展開となった。それでも、後半40分にラインアウトからFWでトライを決めると、直後のゴールをSO古田京が決め、同点に追いついたところでノーサイド。

 試合直後に行われた抽選で準々決勝出場権を獲得した鈴木達哉主将は「形としては引き分けだが、次に進めることはうれしい。(抽選は)ドキドキしたが、今までキャプテンらしい仕事を出来ていなかったので、ここで引くしかないと思った」と話した。

 慶大は17日の準々決勝で関西リーグ優勝の天理大と対戦する。



Profile
Recent Comments
タグふれんず
  • ライブドアブログ