チャーリーのブログ

ビートルズ、ラグビー、武蔵浦和(埼玉県さいたま市)の話題など、最近の話題、ちょっと懐かしい話などを書いていきたいと思います。

2006年06月

ジェネシス

ザ・ヴィデオ・ショー


先日、珍しく衝動買いをしてしいました。ジェネシスのビデオクリップ集です。
最近はあまり名前を聞かなくなりましたが、80年〜90年代になかなか良いアルバムとシングルヒットを残してます。私の好きなロックのアルバムのベスト10をやったら2枚くらい入るかもしれません。

ディスク: 1
1.ノー・サン・オブ・マイン
2.アイ・キャント・ダンス
3.ジーザス・ヒー・ノウズ・ミー
4.ホールド・オン・マイ・ハート
5.インヴィジブル・タッチ
6.スローイング・イット・オール・アウェイ
7.トゥナイト,トゥナイト,トゥナイト
8.混迷の地
9.イン・トゥー・ディープ
10.ママ
11.ザッツ・オール
12.ホーム・バイ・ザ・シー
13.セカンド・ホーム・バイ・ザ・シー
14.イリーガル・エイリアン
15.ペイパーレイト
16.コーリング・オール・ステーションズ続きを読む

地ポテトチップス

埼玉深谷ねぎこの前、群馬県の老神温泉に行った時に、食事に立ち寄ったレストランでこんな物が売っていました。しかしそれにしてもいろいろあるもんだなあ〜。

続きを読む

ちくわ作り体験

ちくわ 先日、会社の旅行で、箱根に行ったんですが、ちょうど紫陽花のきれいな時期で、紫陽花を両側に見られる箱根登山鉄道は、平日にも拘らず結構混んでいました。

 帰りにかまぼこで有名な小田原の鈴廣で、ちくわ作りをしました。最初は団子のような形をしたペースト状の材料をもらい、包丁でこねたり切ったり伸ばしたりして棒の回りに巻き付け、係の人に渡すと焼いてくれます。

 焼き上がった"作品"を後から貰いましたが、人によっては、円錐形になってしまった人、食べてみないとちくわとはわからなそうな形をしている人、とさまざまでした。味はかなりイケます。

昭和59年のスポニチ

昭和59年のスポニチ









































昨日部屋の掃除をしていたら、昔のスポニチが出て来ました。

日付は昭和59年11月24日。その前日のラグビー早慶戦を国立競技場に見に行って感激。新聞を取っておいたものと思われます。今の早慶戦は秩父宮ですが、昭和58年から62年までは当時のラグビー人気を反映して、国立競技場で行われていました。これまで何度も早慶戦を生観戦しましたが、慶應が勝利したのは3回しか見ていません。その数少ない3回の中の1回でもあります。

慶應のウィング若林が相手ディフェンスを3人かわして、逆転につながるトライを決めたシーンが有名な試合で、その若林のプレーをかなり近くで見ていました。新聞も今と違ってほとんど白黒です。

今ではラグビーの試合がスポーツ紙の一面を飾ることも少なくなり残念ですが、ラグビー人気がまた復活して欲しいものです。


昭和59年 関東大学対抗戦 早稲田 VS 慶應
http://blog.livedoor.jp/charlie1962/archives/51069481.html

★★★関連記事★★★
ラグビー早慶戦(1980年11月23日)観戦記
http://blog.livedoor.jp/charlie1962/archives/2005-11.html?p=3#20051115
ラグビー早慶戦(1981年11月23日)観戦記
http://blog.livedoor.jp/charlie1962/archives/50133072.html
ラグビー慶明戦(1982年11月7日)観戦記
http://blog.livedoor.jp/charlie1962/archives/50234368.html
ラグビー早慶戦(1982年11月23日)観戦記
http://blog.livedoor.jp/charlie1962/archives/50322609.html
ラグビー観戦記  大学選手権準決勝 慶応 対 同志社(1983年1月2日)
http://blog.livedoor.jp/charlie1962/archives/50374023.html
ラグビー慶明戦(1983年11月6日)観戦記
http://blog.livedoor.jp/charlie1962/archives/50483280.html
ラグビー大学選手権準決勝 慶應 対 明治 〜 慶明戦の思い出(1984年11月11日) 
http://blog.livedoor.jp/charlie1962/archives/51086576.html
ラグビー大学選手権決勝 早稲田 対 慶應 〜早慶戦の思い出〜(1985年12月28日)
http://blog.livedoor.jp/charlie1962/archives/51091045.html
ラグビー慶明戦 ドロー(2007年11月3日)
http://blog.livedoor.jp/charlie1962/archives/51062891.html
ラグビー大学選手権2回戦 慶應 対 東海(2007年12月23日)
http://blog.livedoor.jp/charlie1962/archives/51083729.html
ラグビー大学選手権準決勝 慶應 対 明治(2008年1月2日)
http://blog.livedoor.jp/charlie1962/archives/51087651.html
ラグビー大学選手権決勝 早稲田 対 慶應 〜雨中の早慶決戦〜(2008年1月12日)
http://blog.livedoor.jp/charlie1962/archives/51091424.html
大学ラグビー 慶應 対 帝京(2008年10月19日)
http://blog.livedoor.jp/charlie1962/archives/51184390.html
関東大学ラグビー 慶應 対 明治(2008年11月2日)
http://blog.livedoor.jp/charlie1962/archives/51189337.html

大学ラグビー激闘史 1982年度〜1986年度 DVD−BOX

大学ラグビー激闘史 1982年度〜1986年度 DVD−BOX


大学ラグビー激闘史 1987年度〜1991年度 DVD−BOX

大学ラグビー激闘史 1987年度〜1991年度 DVD−BOX


ラグビー三国史2003 慶応ラグビー十年史〜魂と理論〜

ラグビー三国史2003 慶応ラグビー十年史〜魂と理論〜


ラグビー三国史2003 早稲田ラグビー十年史〜荒ぶる〜

ラグビー三国史2003 早稲田ラグビー十年史〜荒ぶる〜



ユーミン インタビュー

A GIRL IN SUMMER
溜まった新聞紙を片付けていたら、少し前の新聞夕刊に松任谷由実のインタビューが載っていたのに気が付きました。

印象に残ったところを引用すると

どんなミュージシャンでもアルバムを3枚ぐらい発表したら、アイデアを使い切ってしまう。私もそうです

ユーミンくらいになると、次々と曲想が浮かんで来て、それを録音するだけなのかと思っていたら、やはり陰では苦労されているのです。でも、実るほど頭を垂れる稲穂かな、という謙虚さも感じます。

ニューアルバムのテーマは「夏・海」。誰もいない夜明け前の海、夕焼けの空の下で仲直りをする幼なじみ、波打ち際に一人で立って恋人を思う少女・・・、こんな情景や人々を歌っています。私はこの季節の朝や夕方の時間帯が好き。プラチナのような輝きの真昼があるからこそ、空の移ろいや、ゆっくりと過ぎるときの流れに切なさを感じる。そう感じるのは、たぶん私だけじゃない。たとえ快晴の真昼のときでも、誰だって不意に切なくなることがあると思う

久しぶりにユーミンならではの言葉に接したような気がします。先日、発売された「A Girl In Summer」、Amazonで見るとかなりファンの共感を呼んでいるようです。久しぶりに聴いてみようかな。

Profile

チャーリー

Recent Comments
タグふれんず
  • ライブドアブログ