チャーリーのブログ

ビートルズ、ラグビー、武蔵浦和(埼玉県さいたま市)の話題など、最近の話題、ちょっと懐かしい話などを書いていきたいと思います。

2008年02月

武蔵浦和 TIKAL ティカル

TIKAL外観
















武蔵浦和にあるレストランです。
http://www1.ocn.ne.jp/~tikal/

私が武蔵浦和に引っ越して来たのは、約8年前。その頃から名前は聞いていて、一度行きたいと思っていたところ、やっと先日機会がありました。

休みの日に外食する時は、どちらかと言うと買い物を兼ねて、駅の方に足が向きます。食べる処はどうしても駅周辺と、国道沿いに集中しているからですが、そんな中、この店は住宅・工業エリアの真ん中で、周囲には同業他社はないようです。最初は、何でこんな処に”海鮮レストラン”があるのだろうと思いました。

外装、店内とも小洒落た感じで、女性に人気が出そうな雰囲気です。店内はほぼ満席で、近所には会社の事務所なんかもあるので、男性の姿もちらほら。

昼時だったので、ランチメニューから「豚のキムチ焼き」を頼んだが、味は評判どおり、なかなか美味しい。ご飯、みそ汁はお代わり自由で935円。ランチの一番人気は「ジャンボ海老フライ」は、残念ながら売り切れたったので、次回は是非トライしたい。ランチは11時半からです。

金曜日の、アフタヌーンバイキングという、デザートも食べ放題のバイキングも人気のようです。

TIKAL ランチTIKAL店内

ラーメン 大 蒲田店

大 店舗先日、蒲田での用事を終えて、街を歩いていたところ、あの臭いを感じました。ラーメン二郎の店の前に漂っているあの香り。二郎のものだと気が付くのに数秒かかりましたが、でも間違いないと思いました。

ちょうど夕食時で空腹でもあったので、食べない手はありません。

ところが、香りはするものの、店がどこだか分かりません。と近くにラーメン屋があったので、ここか? と思いましたが、どうも店がこ綺麗過ぎます。まあ、最近は二郎系列も綺麗な店もあるから、入ってみるかと思ったその時、反対の薄暗い側にあった券売機で、券を買っている人を発見。そちら側を見ると如何にも二郎らしき店がそこにありました。名前は「ラーメン 大」となっていましたが、この券売機は間違いない、と思いそちらに入ったところ、ドンピシャでした。

小は600円、大は+100円。トッピングの種類も同じでした。小を頼んで待つこと5分、ラーメンが出されました。味は少し甘めでしたが、麺の固さ加減も含めて私のストライクゾーン。

私が二郎を初めて食べた頃(25年くらい前です)に、街を歩いていて二郎を発見することなどあり得ませんでしたが、二郎やその系列があちらこちらにある今は、こんなこともあるのですね。大 ラーメン

三浦和義 強風

強風昨日から風が強い。

朝、スポーツ新聞を買いに行こうと外に出たら、最近経験の無いくらいの強い風。これは「止まっているな」と思い駅に行ったところ、案の定、武蔵野線は止まっていました。長い橋や長い高架が多いので、風に滅法弱い線なのです。

スポーツ新聞を買って駅のドトールに入ると、「風待ち」の人達で大混雑。
サンスポには昨日のゲームに関しては、バツベイのコメント、慶應のタックルが低かったこと、山田が海外を希望していることなどが載っていました。

一面は 三浦和義事件。あまり久しぶり過ぎて、どんな事件だったか忘れてました。

>三浦元被告 「今ごろなぜ」…関係者らに衝撃 逮捕
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080224-00000008-maip-soci

午後は、サントリー 対 三洋 をTV観戦。こちらも強風の影響を受けました。なかなか昨年まで勝利に恵まれなかった三洋が、今年はここまで来ているのだから、と最初は心情的には三洋を応援していましたが、竹本がトライを決めたあたりから、やっぱりサントリーにしようと思い改めましたが、監督が監督なので、両手を挙げて応援する気にもならず、結局プレーのみを見ることにしました。

結果は14-10でサントリーの勝ち。風下ながら前半を3点のビハインドで折り返せたことが効いていると思いました。

ラグビー日本選手権 慶應 対 近鉄(2008年2月23日)

スコアボード



















今日は、ラグビー日本選手権の1回戦、慶應 対 近鉄 を観戦して来ました。

キックオフからしばらく、慶應はほとんで敵陣でゲームを進めます。近鉄はバツベイなどFWの外国人選手に日本人離れしたとんでもないパワー持っている選手がいて(まあ日本人ではないので、日本人離れした〜というのも妙な言い方ですが)、このあたりにガツンガツンとスクラム周辺を突っ込んでこられると、慶應としては苦しい展開になるのですが、前半はあまり外国人選手の突進が目立ちませんでした。近鉄に取ってみれば秩父宮はアウェーなので、固くなっていたのかもしれません。

結局、前半は双方トライ2つずつ。スクラムとモールはやや近鉄有利ですが、近鉄陣での時間が長かったのと、慶應のタックルがなかなかよく決まっていたのが奏功して、点数としては14-14でハーフタイムを迎えました。

なかなか締まった良いゲームでこのペースで行けば後半風上になる慶應は接戦に持ち込めるのではないか、という期待を持たせてくれました。

ところが、後半は近鉄が地力を発揮し始め、最初の10分で2本トライを奪うと、慶應のディフェンスも甘くなったのか、外国人選手に突破されるシーンが増えて来ます。

圧巻はバツベイの80m(?)独走トライ。ラグビー選手というのはかなり立派な体格をしていますが、スタンドから見ると(他の選手もデカイので)それほど大きく見えないものですが、この人は遠くから見てもデカイ。身長は190cm、体重は何と133kgあります。慶應のSH花崎選手の2倍です。

その後点差は広がりましたが、慶應の選手はよくタックルに行っていました。小兵の慶應選手が大型選手にタックルを決めて会場が湧くこともしばしば。

最終的には45-14で近鉄の勝利。

4年生の皆さんは今日が最後の試合でした。もう金井、中浜、山田、小田、岡田、千葉、山崎、皆良田、加藤らのプレーが見れないと思うと正直寂しいです。本当に4年間、楽しませてもらいました。お疲れさまでした。胸を張って卒業して行ってください。

P.S. 1
ところで、後半、「パンチング」という反則がありました。私はこれまであまり聞いたことのない反則でした。ラグビーは反則の種類の多いスポーツで、よく聞くのはノックオン、オフサイド、ノットリリースザボール、ノットストレート、コラプシング、ハイタックル、オブストラクションあたりですが、長年見ていても、「何だその反則?」 というのが時々ありますね。ルールも細かいことだと分からないことが沢山あります。

P.S. 2
ノーサイド後、会場にLed Zeppelinの「胸いっぱいの愛を」(Whole Lotta Love)が流れてました。最近、ちょっと昔のロックの名曲がかかるようで、楽しみです。

実は「ゆず」の「威風堂々」(確かこんな曲名)というラグビー応援歌、ちょっと苦手です。慶應が2001年くらいから早稲田に勝てなくなってしまった頃に聞いた曲なので。(ユーミンのノーサイドは大好きです)

http://www.youtube.com/watch?v=jN-_up5dSW0

ノーサイド退場








大学ラグビー激闘史 1982年度〜1986年度 DVD−BOX

大学ラグビー激闘史 1982年度〜1986年度 DVD−BOX


大学ラグビー激闘史 1987年度〜1991年度 DVD−BOX

大学ラグビー激闘史 1987年度〜1991年度 DVD−BOX


ラグビー三国史2003 早稲田ラグビー十年史〜荒ぶる〜

ラグビー三国史2003 早稲田ラグビー十年史〜荒ぶる〜


ラグビー三国史2003 慶応ラグビー十年史〜魂と理論〜

ラグビー三国史2003 慶応ラグビー十年史〜魂と理論〜


ラグビー三国史2003 明治ラグビー十年史〜前へ〜

ラグビー三国史2003 明治ラグビー十年史〜前へ〜



ラーメンアカデミー 一路 (武蔵浦和)

ラーアカ 一路
















久しぶりにラーメンアカデミーに行きました。これはラーメン店が5店入った建物で、2階は全部ラーメン屋です。地元だといつでも行けるという気安さがあって、逆になかなか足が向かず、多分半年ぶりくらいだと思います。

今回食べたのは、つけ麺の「一路」というお店。この「つけ麺」という食べ物、ラーメンの中では何となく邪道に思えて軽視していたんですが、数年前にある店で開眼し、それ以来時々「大勝軒」(池袋)などにも行くようになりました。

さて、「一路」ですが、美味しかったです。「つけ麺」というと何故か「魚介系」スープを売りにする店が多いですが、ここもそうです(他に、しおつけ麺、辛味つけ麺もあり)。「魚介系スープ」の人気が高いのは、「大勝軒」など人気店の影響でしょうか。

ラーメンアカデミーに入っている店は、いろいろと工夫を凝らしていて、私は割と好きですが、成人男子には量が少し足りないのが難点です。が、ここは普通盛りの料金で、中盛りにしてくれたり、食べ終わった後に、つけ麺のつゆを飲んでいたら、スープで割ってくれたりと、なかなか好印象でした。

近所では、浦和区役所近くのつけ麺屋彩流もなかなか美味しいです。

浦和駅近くには東口にも西口にも「大勝軒」があるので、近いうちに行けたらと思ってます。
Profile

チャーリー

Recent Comments
タグふれんず
  • ライブドアブログ