チャーリーのブログ

ビートルズ、ラグビー、武蔵浦和(埼玉県さいたま市)の話題など、最近の話題、ちょっと懐かしい話などを書いていきたいと思います。

2012年03月

八代へ

八代駅-1

八代駅-2

八代駅-3

八代城跡-1

八代城跡-2

球磨川下流

休み。朝、先日洗濯したYシャツにアイロンを当てる。ここのところかなり溜まってしまった「弁当の空きパック」をビニール袋に入れてマンション前の場所に出す。曜日によって出すものが決まっているので要注意。後は特に用事もなかったので、八代に行ってみた。

通町筋から市電で熊本駅へ。13時前のJRに乗る。JRに乗ったのは実に1カ月半ぶり。2両編成のワンマン列車で30分弱で八代へ。途中、車窓は畑か田圃が多かった。曇りだったのがちょっと残念。八代の駅も中心部からは離れており、熊本県では人口が2番目に多い都市だが、駅舎は思ったよりは小さな駅だった。

改札口の反対側には大きな工場と煙突があり白い煙を吐いていた。先ずは駅の観光案内所で八代の地図をもらい中心部に向かって歩いて行く。20分ほどで八代城跡に着いた。後は地図上に本町アーケードというのがあったので、歩いてみたが熊本市のアーケードに比べるとはるかに小さく人もまばらで場末感が漂っていた。

次に球磨川沿いを歩く。思ったより大河だった。どこかで昼食を取ろうとしたがなかなか入りたい店がなく、結局八代駅に戻って、(列車の出発まで時間が無かったので)駅内のファミリーマートで菓子パンと野菜ジュースを買ってベンチで食う。

帰りに八代駅のホームで気がついたのだ、遥か昔にこの駅を通過したことがある。小学校4年の夏に、叔父と叔母さんに九州に連れてきてもらった時に、急行列車(確か急行えびの号だったと思う)で宮崎から玉名に行った時にここを通過している筈だ。球磨川の川幅が広くて驚いたのは、この時に車窓から見た球磨川がもっと内陸部で細い川だったからだと思う。

少し懐かしい気持ちになった。

写真:上から 八代駅(2枚)、八代駅前、八代城跡(2枚)、球磨川下流

チサンホテル熊本(ネストホテル)

チサンホテル熊本2012年に熊本に単身赴任した時に、住まいが決まるまでに泊まっていたのがこのホテル。

2/1付の異動だったから、最初に泊まったのは1月31日だ。確か17泊した。
これだけ長期間泊まったホテルは他にはない。

入居日がいつになるかは分からなかったので、数日単位で延長していった。一度満室で取れない日があった。
キャンセル待ちにしてもらったが、もし取れなければネットカフェに泊まるつもりだった。

”ホテルが取れずにネットカフェで夜を明かす” というのは、普通は ”厄介なこと” に分類されると思うが、この時は単身生活の気楽さか、それはそれで面白いではないか?! と思ったのだ。

結局キャンセル待ちが繰り上がり、ネットカフェ泊まりは無くなった。

赴任先での仕事は、ある事業を ”立ち上げて軌道に乗せる” ということで、特に最初のうちはかなりハードな毎日だった。毎日仕事が終わると、ホテルへの途上にある弁当屋で晩飯を買って帰り、部屋で食べた。部屋はシングルだったので広くはなかったが、ズボンプレッサーもあり重宝した。また、別フロアーだったが、コインランドリーもよく使った。

Yシャツはホテルのフロントに出してクリーニングをしてもらった。後日アイロンを買うまではクリーニングに出すことが多かった。

2月17日にチェックアウトして、下通、上通をスーツケースをゴロゴロ転がして行った。

今は名前が代わって「ネストホテル」というらしい。
Profile

チャーリー

Recent Comments
タグふれんず
  • ライブドアブログ