昨日、ラグビーの大学選手権2回戦、早稲田 対 慶応がありました。先月の早慶戦では54−0で完封負けだったので、今日は是非前回よりは点差を詰めて、かつトライを取って欲しいと思って見ていました。まあ正直言ってここのところの早稲田は大学レベルでは敵なしで、あまりに強過ぎるため、勝つのはかなり難しかったのですが、結果はやはり26−8で早稲田の勝利。しかし負けはしたものの慶応は善戦したと思います。点差は縮まったし、山田選手のトライ、早稲田のトライを阻止した山懸選手のタックルにも感動しました。松永監督が力を入れていたディフェンスも健闘しました。和田主将の時以降の対早稲田戦の中では、最も見応えのあったゲームだったと思います。

 4年生の皆様、本当にお疲れさまでした。今日の試合のことを忘れず、胸を張って卒業して行ってください。