最近「大人のロック」という雑誌があって、本屋で見かけると立ち読みしたり、買ったりしています。昔ロックが好きだった30〜50代の人達をターゲットにしていて、この前買った号にはビートルズ、クイーン、エアロスミスなどが載っています。今はやりの音楽も良いですが、このように「昔のバンド」だけに的を絞った雑誌というのは「全国のロック好きオジさん」達のハートをがっちりと掴んでいるのではないでしょうか
 さて、この本の中に今年9月のポール・マッカートニーのアメリカツアーの記事がありました。演奏曲目を見るとヒット曲のオンパレードな訳ですが、当然ながらビートルズの曲も結構あって、Magical Mystery Tour、I'll get You、Drive My Car、Till There Was You、Got To Get You Into My Life、The Long And Winding Road、I Will、For No One、Fixing A Hole、I'll Folllow The Sun、Black Bird、She Came In Through The Bathroom Window、Good Day Sunshine、Penny Lane、I've Got A Feeling、Back In The U.S.S.R.、Hey Jude、Yesterday、Get Back、Helter Skelter、Please Please Me、Let It Be、Sgt. Pepper's Lonely Hearts Club Band〜The Endと全35曲のうち3分の2がビートルズナンバーでした。ポールのコンサートに何度も足を運んでいる人やブートやオフィシャルのライブ盤を何度も聴いている人にとっては「またこの曲か」というものも多数ありますが、例えば”昔からビートルズは大好きだったが、ポールのコンサートには初めて来た”という人が「Yesterday」や「Hey Jude」を聴けなかったとしたらそれはある意味詐欺な訳で、結局こういう曲目になってしまう(全然否定しているのではありません)のではないかと思います。

 この中で一番聴いてみたいのは「I Will」です。それにしても何でここにきて「I'll Get You」なんでしょうか?