Off the Deep End
Nevermind
 アル・ヤンコビック、80年代に、ヒットチャートを聴いていた人ならこの人のこと多分覚えていると思いますが、今度はジェームス・プラントの最近のヒット曲「You're Beautiful」のパロディ「You're pitiful」を制作、“美しい”の代わりに“君は哀れだ”と歌っているそうです。 私が最初にアル・ヤンコビックを聴いたのは、今夜もイート・イット(元ネタはマイケル・ジャクソンの今夜はビート・イット)。この人音楽だけでなくPVもパロっていて、そこら辺の物を何でも食いまくる姿は、かなり笑えました。グラミー賞(パロディー部門?)も取っています。 その後は遅刻へ道連れ(Another One Rides The Bus)(元ネタはクイーンの地獄へ道連れ(Another One Bites The Dust)とか、Like A Surgeon(マドンナのLike A Virgin)などなど傑作が沢山あったのですが、80年代で完全に終わってしまった人だと思っていたところ、まだまだ頑張っているようで少し嬉しくなりました。 いろいろ調べてみましたが、ニルヴァーナのSmells Like Teen SpritをパロったSmells Like Nirvanaのジャケットが最高です。(冒頭の写真の下がホンモノ)
Even Worse
マイケル・ジャクソンのパロディーです。