大 店舗先日、蒲田での用事を終えて、街を歩いていたところ、あの臭いを感じました。ラーメン二郎の店の前に漂っているあの香り。二郎のものだと気が付くのに数秒かかりましたが、でも間違いないと思いました。

ちょうど夕食時で空腹でもあったので、食べない手はありません。

ところが、香りはするものの、店がどこだか分かりません。と近くにラーメン屋があったので、ここか? と思いましたが、どうも店がこ綺麗過ぎます。まあ、最近は二郎系列も綺麗な店もあるから、入ってみるかと思ったその時、反対の薄暗い側にあった券売機で、券を買っている人を発見。そちら側を見ると如何にも二郎らしき店がそこにありました。名前は「ラーメン 大」となっていましたが、この券売機は間違いない、と思いそちらに入ったところ、ドンピシャでした。

小は600円、大は+100円。トッピングの種類も同じでした。小を頼んで待つこと5分、ラーメンが出されました。味は少し甘めでしたが、麺の固さ加減も含めて私のストライクゾーン。

私が二郎を初めて食べた頃(25年くらい前です)に、街を歩いていて二郎を発見することなどあり得ませんでしたが、二郎やその系列があちらこちらにある今は、こんなこともあるのですね。大 ラーメン