平日の夕方、家でゴロゴロしていると、この曲が流れて来ることがあります。最近、NHKの「みんなの歌」で取り上げられているのです。
どうやら娘もお気に入りの曲のようで、TVを見ながら歌っています。

私もこの曲を何度か耳にするうちにすっかり気に入ってしまい、iPodに入れてしまいました。仕事の帰りに疲れた頭でこの曲を聞くと、なかなか胸に滲みるものがあります。

最初に受けた印象は、「何だかこれはどこかで聴いたことがあるような気がするな〜」。

どんなアーティストも、独自のメロディーを展開している曲と、既存の名曲の美味しいところを組み合わせて作ったような曲と両方があります。(サザンなんかは後者の比率が結構高い気がしますが、如何でしょう?)

この曲もメロディーだけ聴いていると、往年の名曲、かぐや姫の「なごり雪」に似た部分がありますが(最初の4小節のコード進行は同じ)、歌詞が素敵なので、歌の内容に耳を傾けていると「なごり雪」のイメージは完全に消えます。

WEBでいろいろと調べてみると、この曲は、NHKの全国合唱コンクールの中学生の部の課題曲のために、アンジェラ・アキが書き上げた曲とのこと。彼女の独唱も素晴らしいですが、合唱で聴いたら、さぞかし綺麗かと思います。いやいやこれに勝る合唱曲は本当に無いのではないか? と思うほど。

今年の流行語大賞は「何も言えねえ〜」になることは、ほぼ間違いありませんが、レコード大賞の方はひょっとしたらこれかも。。。
合唱向きの曲なので「清々しさ」が前に出てしまってちょっとインパクトに欠けるきらいはありますが。

今月シングルが発売されるので楽しみです。

http://www.uta-net.com/user/phplib/view_0.php?ID=70553

↓混声三部合唱バージョン
http://jp.youtube.com/watch?v=Y6NPdKw44fg&NR=1