チャーリーのブログ

ビートルズ、ラグビー、武蔵浦和(埼玉県さいたま市)の話題など、最近の話題、ちょっと懐かしい話などを書いていきたいと思います。

ラグビー大学選手権

ラグビー大学選手権 慶應 VS 流通経済大学

20161211慶應vs流経
11/23の早慶戦に続いて、大学選手権3回戦、ラグビー大学選手権 慶應 VS 流通経済大学」を応援に秩父宮へ。

慶應は前半の早い段階で2トライを決め12-0としたが、その後追いつかれ12-12でハーフタイム。
後半も一時12点リードするが、その後追いつかれ追い抜かれ7点のビハインド状態が続く。

このままノーサイドか! と思ったその時、慶応がトライを決め古田選手のゴールキックに全てが掛かって来たが、見事ゴールキック成功で31-31の状態に追い付いた。この直後にホーンが鳴りノーサイド。

同点の場合、トライ数の多い方、トライ後のゴール数の多い方の順で、次戦進出チームが決まるが、どちらも同数のため抽選となった。抽選のシーンは神宮側のスクリーンに映し出された。

両主将により、本抽選を引く順番を決めるための予備抽選が行われ、その結果に従い再度両主将が本抽選の封筒を引く。慶應の鈴木主将は机の上に置かれた2つの封筒のうち、2回とも右側を引いた。

抽選の結果、慶應が準々決勝に進むことになった。抽選で勝っても、相手の事を考えて派手なアクションを取らなかったのは立派だった。

抽選と言えば、遥か昔の話だが慶應 vs 明治の大学選手権決勝(雨の中の試合だった)も引き分けで抽選だったことがあった。慶應中野主将と明治南主将がくじ(封筒)を引いた。

抽選は慶應が勝ちで、その後トヨタとの日本選手権を制して日本一になった。このシーズンも対抗戦グループ4位だった。今年もそんな風に躍進してくれたら、と思いつつ帰途についた。

勝てはしなかったけれども、早慶戦に比べてラインアウトの精度が上がっていたのは良かった。タックルは悪くは無かったが、流経のBKの外国人選手を止め切れなかったのが反省点か。

以下、日本スポーツから引用。
---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

慶大抽選勝ち8強!鈴木主将「ここで引くしかない」

日刊スポーツ 12/11(日) 19:11配信

慶大抽選勝ち8強!鈴木主将「ここで引くしかない」

抽せんで準々決勝進出のくじを引き当てた慶大NO8鈴木主将(左から2人目)は仲間と抱き合って喜ぶ(撮影・足立雅史)

<ラグビー・全国大学選手権:慶大31−31流経大>◇3回戦◇11日◇東京・秩父宮ラグビー場

【写真】早慶戦に清宮親子ら1・8万人!早大が接戦制す

 関東対抗戦4位の慶大が、関東リーグ戦2位流経大と31−31と引き分け、抽選により準々決勝進出を決めた。前半を12−12で折り返すと、後半開始直後に2トライを決めて一時は12点のリードを奪った。

 だが、その後は相手BKの左右への大きな展開に苦しみ、後半29分にトライを決められ、逆に7点を追いかける展開となった。それでも、後半40分にラインアウトからFWでトライを決めると、直後のゴールをSO古田京が決め、同点に追いついたところでノーサイド。

 試合直後に行われた抽選で準々決勝出場権を獲得した鈴木達哉主将は「形としては引き分けだが、次に進めることはうれしい。(抽選は)ドキドキしたが、今までキャプテンらしい仕事を出来ていなかったので、ここで引くしかないと思った」と話した。

 慶大は17日の準々決勝で関西リーグ優勝の天理大と対戦する。



ラグビー大学選手権 1回戦〜2回戦

少し日がたってしまったが、先週12月20日(日)、ラグビー大学選手権1回戦が行われた。

全試合のJスカイスポーツを録画したものを、1週間かかってやっと見終えたところ。

ほぼ予想通りの結果にはなったけれど、あわよくば番狂わせというゲームもあった。

慶應vs福岡大は、意外と慶應が苦戦。慶應が横綱相撲で大差で勝つだろうという、安易な予想は大きく外れた。選手たち自身も言っていたが、事前に福岡大の情報がほとんど無く、ゲームの流れをイメージしづらかったかも知れない。アウェーの見知らぬ土地での1回戦でモチベーションアップも難しかったか。。。
福大、大善戦と評されたが、もともとかなり実力のあるチームだったのではないかと思う。41−15で慶應が勝利。

帝京vs関東学院は、最後の最後、後半ロスタイムで帝京が追いつき17−17でノーサイド。最後のトライの判定については議論はあるだろうが、対抗戦の慶應戦と同じで終盤の驚異的な追い上げがもの凄い。

東海vs筑波 がゲームとしては最も面白かった。最後の最後で筑波が同点に追いついたと思ったら、その直後に東海が再びトライを決め、ノーサイド。筑波は帝京にも勝利しているが、これが決してフロックでは無かったことが証明された形だ。

同志社vs関西学院。劇的な要素はなかったがこれも面白かった。昔からのファンにしてみれば、同志社の1回戦敗退はちくと寂しい

さて2回戦、今年は勝敗の予想が難しい。

慶應vs法政。法政戦はあまり良い思い出がない。2001年正月、絶対慶應が勝つと思って観戦にも行かず、テレビ放映も生では見ずに外出してしまい、夜、家に帰ってきて録画を見て、愕然とした。今回慶應は、金子はリザーブ、仲宗根、竹本が欠場(これは痛い)。
1回戦の法政を見たが、FWは強い。BKもWTBの走りが凄い。文字という素晴らしいリーダーがいる。接戦は必至。

帝京は2試合連続で、最後に粘りを発揮したので、次の早稲田戦もこれまでの勢いでそのまま行ってしまうという予想が多いようだが、逆に帝京はこの2試合で精魂を使い果たしてしまい、試合巧者の早稲田に対し、強烈な粘りも流石に3回は続かない、という可能性もあるように思う。早稲田は主力のうち数名は怪我で出場できないという慶應と同じような状況で、今回ばかりは若干同情している。

明治vs関西学院。東海vs天理だが、1回戦では関東地区vs関西地区の対戦が、早稲田vs立命館しかなかったので、東西の力の差がよく分からない。早稲田vs立命館は、もっと大差が付くと思ったが(これでも十分大差だが)、後半だけ見ると40分まで早稲田は無得点(その後終了間際に2トライを加えた)でかなり苦しんだ。前半で勝負が付いたので後半は怪我人が出ない程度に流したのでは? と言われても仕方がないような出来。

明治vs関西学院は関東5位と関西1位の対戦。明治は対抗戦は散々だったが、早明戦で見せた力を出せれば勝機はありと見る。(まあ、ここでも関東vs関西の力関係が不明なので多少の希望も含む) だたもう一つ言えるのは、早稲田も慶應も同じなのだが、ここまでで苦戦を経験したチームは、それが2回戦以降プラスに働くとも思う。ここで明治が残ると、正月は面白い。

ともかく明日の2回戦、このゲームは○○が絶対勝つというカードが無い(東海vs天理は、東海が有利か)。8つのチームのファンがともに「明日は何とか勝たせてください」と祈っている、という構図はこれまであまり無かったように思う。

生憎、明日は仕事で観戦できず。明日の今頃はどんな結果を目にしているのだろう?



ラグビー関連記事(今世紀)
http://blog.livedoor.jp/charlie1962/archives/51282198.html

ラグビー関連記事(前世紀)
http://blog.livedoor.jp/charlie1962/archives/51282200.html

大学ラグビー激闘史 1982年度〜1986年度 DVD−BOX

大学ラグビー激闘史 1982年度〜1986年度 DVD−BOX


大学ラグビー激闘史 1987年度〜1991年度 DVD−BOX

大学ラグビー激闘史 1987年度〜1991年度 DVD−BOX


ラグビー三国史2003 慶応ラグビー十年史〜魂と理論〜

ラグビー三国史2003 慶応ラグビー十年史〜魂と理論〜


ラグビー大学選手権2回戦 慶應 対 東海(2007年12月23日)

ノーサイド一昨日、ラグビー大学選手権2回線が行われ、秩父宮に観戦に行きました。

朝起きると外は小雨。数日前までの予報では、「終日雨」でしたが、前日の段階では「12時までは雨、その後曇り」に変わっていましたが、何しろキックオフ12時なので微妙なところだなと思いつつ自宅を出発。BK攻撃を生かしたい慶應としては、できれば雨中の戦いは避けたかったのですが、幸いキックオフの時点では雨は上がり、前半途中から日も指し始めました。

東海というのはどんなチームなのか全く知らず見てみるまで分からないという状態。関東の不祥事の影響ありとはいえリーグ戦の1位校であり、下馬評では個々の選手の力は東海が上との声も多いようで、楽勝だけは無いと思いながら見ていたら、11番出雲がトライ。

山田はマークが厳しかったようでトライやビッグゲインはありませんでしたが、彼がボールを持つと観衆が沸くのがよく分かります。他の選手だとタックルを受けたら1発で倒されるような場面でも彼はバランスを崩しながらのワンモアプレイがあって、ボールを殺してしまうことがありません。

まあ、BKの話が先になりましたが、この日の殊勲はFWでした。FWから取ったトライの数本(FWのトライの方が多く。BKに回さずにとったこだわりのトライもあり)、随所に見られた低いタックル。ラインアウトも安定。家に帰って録画を見てよく分かりました。

試合は28-14で慶應の勝利。野澤の代以来の6年ぶりの正月2日の準決勝の相手は明治。全く申し分のないSituationになってきました。明治の正月2日も9年ぶりだそうです。

思い出してみると9年前の明治の相手も慶應でした。家でTVで見てましたが、後半終了間際に友人が新年会に誘いに来て、これは勝ったなと思ってスイッチを切り、後で車の中のラジオで敗報を聞きました。ロスタイム最後の最後にサイトウユウヤにど真ん中を突破されてのトライ。ヤラレタア〜〜〜。。。。。

この年は国立に行けるだけで十分だったので、勝てる試合を落とした感じではありませんでしたが、それでも悔しかった記憶あり。ただ翌年の大学日本一への布石になったような試合でした。

今年は早稲田を倒すのは難しいでしょうが、まずは低いタックルで何とか明治を倒して春夏連続引き分けの決着を付け、早稲田にリベンジを挑み来年へ繋げて欲しいと願います。

スクリーン







大学ラグビー激闘史 1982年度〜1986年度 DVD−BOX

大学ラグビー激闘史 1982年度〜1986年度 DVD−BOX


大学ラグビー激闘史 1987年度〜1991年度 DVD−BOX

大学ラグビー激闘史 1987年度〜1991年度 DVD−BOX


ラグビー三国史2003 早稲田ラグビー十年史〜荒ぶる〜

ラグビー三国史2003 早稲田ラグビー十年史〜荒ぶる〜


ラグビー三国史2003 慶応ラグビー十年史〜魂と理論〜

ラグビー三国史2003 慶応ラグビー十年史〜魂と理論〜


ラグビー三国史2003 明治ラグビー十年史〜前へ〜

ラグビー三国史2003 明治ラグビー十年史〜前へ〜

Profile

チャーリー

Recent Comments
タグふれんず
  • ライブドアブログ