10日間有給休暇〜前半戦3〜

来てから今日まで、運の良い事にずっと晴れていて、今夜は快晴の夜空。
星空に誘われて一人で夜道を散歩し出した。

川の濁音、フクロウの鳴き声、満天の星空。。。

写真では絶対に写せない、この状況を両親が来たときに感じて貰えたらなぁと想いつつ、
冷たい空気を感じながら夜のWEST CORSTを満喫していた。


歩き出してしばらくして、そろそろ戻ろうかと思いUターンしようと振り返ると完全の真っ暗闇。
「こりゃー本当に真っ暗だ」と一人で笑い、陽気に家路に戻る。

「気がついたら結構歩いたなぁ」、と改めて夜空に夢中になっていたこの景色への感謝を再確認する。


そろそろ着くと思えどまだ着かない。
「へぇ、かなり夢中になって歩いてたんだな。」

自分のこのWEST CORST好きに感心しつつ家路を急いだ。











「あれ、こんな川の橋なんて一切通ってないよね?」








「あれ?」







「もしかして、、、、、」






「やべぇ、また迷っちゃった?」
作者の根津はご存知の通りかなりの方向音痴。
しかし、ここは遭難のプロ。焦らず冷静に歩いていた道を戻る事に。




さぁ、お家に帰ろう。
本当に夜空が綺麗で、全ての星の命を感じて見えた。いや、別に見えてねぇや。




「結構歩いたなぁ。」




「はは。まだ歩くんだ。。」





「あれ?こっち行ったらまずいヤツじゃねぇ?」


この先歩き続けても完全に違うという事だけは分かる。
徐々に焦りを隠せなくなる根津。自然と足早になっていく。

ただ軽い気持ちでプラプラ歩きに行ったので、持ち物はたまたまポッケに入っていたカメラのみ。



「これやばいやつじゃん?あれ?」

車の通りなんて皆無だし、街灯なんてもちろん無い。
漆黒の闇から抜け出せない根津。

たーちゃんの家に行っていない方には分からないと思うが、
メイン通り(と言っても夜の車は住民3〜4人以外絶対通らない)から細い小道の入り口(ちょっとした植物のアーチ)をしばらく下ってから家があるのである。

よって、メイン通りに出てしまった自分には、家の光が見えないのである。

超焦ってくる自分。
家で大人しくしてればどれだけ良かったのにと後悔する自分。

「やばい。」
「横が全部真っ黒で、入り口なんて一切探せる訳ねぇじゃん。」
心の中で自分自身を葛藤しつつ、何とか探して無事今帰って来れました。
外は寒いし、何か怖えし、本当に最悪だった。。



体感時間約60分。正確には知らないけど。

最後に。

カメラのフラッシュで入り口を探すも、何にも手がかりが探せずだった写真達です。
成仏させて上げて下さい。


993
992

































10日間有給休暇〜前半戦2〜

たーちゃん家に到着。


久々のたーちゃん。
王者の貫禄。

969

この日は会社から新しいユニフォームが届いて大はしゃぎ。
何だか知らないけど良い素材なんだって。忘れちゃったけど。





そして彼がたーちゃんの今のフラットメイトの、サム。インド出身。
この顔で悪い人は絶対いない。

news.livedoor.com/article/detail/5462942/
974

結果、最強に良いヤツ。とにかく良い。満点です。
すげぇお世話になりました。
早くも来年の10月、インド旅行を決定致しました。


10日間有給休暇〜前半戦1〜



全国3000万人のファンの皆様こんばんわ。
根津です。
さぁまずは最近根津がグッと来た、この記事からご覧下さい。

dailynews.yahoo.co.jp/fc/entertainment/divorce/?1352259994

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20121109-00000086-spnannex-ent









土曜日

この日は良知さん宮崎さんがAUSからNZへと2週間のクライミング旅行。
その旅行がてら、チャーチ一同一行はスマイリーズへ参りました。

034

952
919




一同3月16日ぶりに会えるという事で大はしゃぎ。
だが唯一人、普段と違う態度の人間がいた。
そう、K氏である。


920
いつもニコニコ笑顔のK氏。
しかし今日はいつもと少し違うようだ。
神妙な趣きのK氏の心中を伺うと、静かな声でゆっくりと語りだした。

彼にとって良知さんとは、友人であると同時に、尊敬しているクライマーであり、
しかも同い年。
良知は彼にとって憧れのヒーロであり、ライバルなのだ。
私は彼が今日この一瞬に全てを賭けているのだと感じ取れた。

‘Kちゃん最近ずっと「俺2週間ともスマイリーズ泊まりに行くわぁ」ばっかり言ってたよ’  ~A子談より~




早速の再開。
K氏、気持ちが選考し過ぎ、会って即脱いでしまった。
完全な空回りの為反省が伺えるK氏。
そんなK氏を優しく包み込む良知さん。

927




































しかし今日のK氏は止まらない。
何を勘違いしたのか、乳首を隠せば問題無いという結論に達したK氏。
案の定周りはドン引き。

そうじゃないと思いますよ。
928


































裸体になったにも拘らずウケを頂けなく、ふて腐れている様子のK氏。
脱いだ服を着替え、口数も増えていく。
周囲に怒りを当り散らす。
右上のもう一人のK氏は目を見開いている。
察するに怒っているのだろう。
949

































しかし今日のK氏はいつもと違う。
作者の「絶対大丈夫。」の一言で目の色が変わった。
いったい何が大丈夫なのか作者自身不明だが、幸い汲み取ってくれたらしい。

やはりこの男、役者が違う。
946

































しかし悩むK氏。
さっきのドンずべりに二の足を踏む。
恐怖心が彼を支配する。
負けるなK氏。
948

































以前拒否された苦い記憶も思い出す。
032






踏ん切りのつかないK氏に、しょうがないから飴を渡してみた。
「Kちゃん、俺はさっきの裸乳首面白かったと思うよ。」
今日のK氏は感度120%。
「やっぱりそうだったでしょ」とばかりに自身と余裕を手に入れたK氏。

あの時よりかなり成長している。
今の君に怖いものなんて何も無い!
945




















はい。これで準備満タン。
940
















939
































ほら出来た。
大成功











おまけ。









 ナオコのそばで一安心
926




















 こら!宿題もしないで、、、、お父さんに言い付けますよ!
955

































そっか、そういえばシンジ最後だったんだ。。。
お疲れさん。
924












 アナゴさん、もうギリギリですよ。
965


0007












今回のベストショット。

939
やっぱりこれ。今回も満点です。
コレクションがまた一つ増えました。ありがとう。


以上、
どうもお疲れ様でした。











livedoor プロフィール
カテゴリ別アーカイブ
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ