地 球 情 報 局

珍事件・仰天NEWS・世界各国のNEWS・政治・衝撃映像など世界各地にアンテナを張り巡らせ、マスコミが報道しない情報や映像なども紹介。

UFOはプラズマ兵器!?光速のマイクロ波が生み出す「プラズマバブル」は壁をすり抜ける

壁をすり抜ける「火の玉」の謎がついに解明! UFOは「プラズマバブル」だった!?

2016.06.28

謎の「空中発光物体」の正体が明らかになった! 今までにも、さまざまな理論が合理的な説明を試みてきたが、今回の発見により「UFO」解明に向けて大きく前進したとみられている。

UFOの形状は、さまざまあるが、「火の玉」型の目撃は特に多いことで有名だ。日本においても、類似の現象が「人魂」として昔より知られているが、長年の謎に終止符が打たれそうだと、6月24日付の英紙「Mirror」が報じている。

2016-06-30_001524

■光速のマイクロ波が生み出す「プラズマバブル」

これまで科学者の間で研究されてきた火の玉には、いくつかの特徴(嵐の最中に発生、空間移動、壁のすり抜け、不快な臭い)があり、余りにも非常識な存在に多くの科学者が頭を抱えてきた。人類が未だ到達していない未知の超科学技術によるものや、UFOの可能性を主張する人々も現れたほどだ。

これまでにも多くの科学者が、「火の玉」を科学的に説明しようと試みてきたが、中国人科学者H・C・ウー氏は、「火の玉にまつわる多くの特徴の解明に成功した」と自信たっぷりだ。火の玉の正体は一体何だったのか?

2016-06-30_001618

ウー氏によると、稲妻によって、光速に近いスピードで加速された電子が、高密度のマイクロ波を放出し、その放射エネルギーが「球体のプラズマバブル」となって現れるという。

火の玉は、嵐の真只中や、雷をともなう天候時に集中的に目撃されていることから、今回のウー博士の主張も一貫しているといえるだろう。

■プラズマの壁のすり抜けは実験でも確認

さらに、火の玉の持つもっとも奇妙な特徴である「壁のすり抜け」に関しても、ウー博士は、あり得ることだと主張する。その証拠に、ウー博士らが作成した人工ファイヤーボールは、3ミリメートルのセラミック板を通過したそうである。板の厚さが、マイクロ波の波長より十分に薄ければ、再現可能な実験であるという。

2016-06-30_003207

火の玉発生に伴う不快臭についても、ウー博士の説明はシンプルだ。イオン化された空気は、オゾンと二酸化窒素を発生させるため、独特の酸性臭を発するとのことだ。

■UFOはやっぱりプラズマ兵器?

博士は他にも、形状、音、スパーク、人体への危険性など、火の玉にまつわる多くの特徴を解明し、その正体がプラズマであることを暴いてしまった。

やはり、UFOは、ただの自然現象だったのか…?

ちょっと待って欲しい。UFOの動力源は、そもそもプラズマでは無かっただろうか? それに、UFOプラズマ兵器説は、様々な憶測が飛び交っているが、いまだ否定されていない。

2016-06-30_003308

UFOの定番、アダムスキー型UFOでは、3点交差法により機体底部にプラズマを発生させていると言われているが、いまだこの説は否定されていない。つまり、一部の火の玉の正体がプラズマだとしても、UFOの存在を完全に否定することはできないということだ。

UFO映像の中には単なるプラズマと、本物のUFOが混在しているとトカナでは考えているが、あなたはどう思われるだろうか?

参考: 「Mirror」、「Nature」、ほか

参照元 : TOCANA


UFO mystery solved? Weird 'ball lightning' phenomenon could explain origin of ghostly lights in the sky

17:09, 24 JUN 2016 UPDATED 18:55, 24 JUN 2016

BY THEODORE WILSON

New "ball lightning" theory sheds light on strange properties of glowing spheres that are often mistaken for UFOs, claims scientist

2016-06-30_005424

Seen strange lights in the sky or in your living room?

The rare atmospheric phenomenon known as "ball lightning" is often used to explain away UFO sightings.

Ball lightning appears as mysterious floating, luminous spheres - often during lightning storms.

Now a Chinese scientist has come up with a new theory that could solve the riddle of how ball lightning actually forms, and why it has some STRANGE ghostly properties, like the ability to float through walls.

Other theories exist, but the paper's authors say their theory "successfully explains many properties of ball lightning".

Rather than being related to alien UFOs, they claim that ball lightning is formed when lightning strikes generate a "plasma bubble".

READ MORE
Shiny 'UFO' spotted observing giant lightning storm before disappearing inside cloud The researcher, H.C. Wu, writes that, as a lightning bolt reaches the ground, it accelerates electrons close to the speed of light, causing them to release intense microwave radiation.

This radiation charges the air, causing a "spherical plasma bubble" to form, trapping the radiation.

READ MORE
Incredible video of lightning storm recorded at 7,000 frames per second shows nature in slow motion There at least 5,000 recorded probable sightings of ball lightning. Witnesses report seeing the strange luminous balls suddenly appearing, often during storms.

The balls of light sometimes radiate sparks and can move erratically. They are also often reported to emit a strange, unpleasant odour.

2016-06-30_005545

The balls can be pea-sized or even metres in diameter and can dissipate gradually, or even explode loudly, sometimes causing damage.

More weirdly, some accounts describe the balls passing through wood, glass and metal as if they weren't even there.

READ MORE
Light fluctuations on nearby dwarf planet 'evidence of alien colonies' claim conspiracy theorists Wu states that the new theory could explain ball lightning's ability to pass through metal, and that "ball lightning can be formed even inside aircraft".

When lightning strikes a plane, the electrons are moving so fast that they are able to pass through the skin of the aircraft and generate a plasma bubble inside.

2016-06-30_005637

The theory accounts for many of ball lightning's weird properties, including its sound, motion and destructive properties.

Wu can even explain why ball lighting has its characteristic smell. This is due to radiation that produces certain ionized chemicals with acrid smells.

Wu admits that the theory needs to be validated by experiments, but also warns that ball lightning is "an alarm signal of the existence of ultrastrong microwaves and abundantly hazardous electrons near the ground or aircraft." So beware!

参照元 : mirror

ロシアが世界を仰天させるプランを打ち出す!「今後20年以内にテレポーテーション技術を確立する」

ロシア「2035年までに“200兆円”つぎ込んでテレポーテーションを実現する」→国営メディアが急遽全否定する異常事態に発展!

2016.06.26

177631

環境汚染や資源の枯渇が危惧される現代において、国家が未来に向かって持続的発展を遂げるためには「科学・技術立国」以外の選択肢はありえない。世界中の国々が、科学技術の振興を競争力向上の決定的要素と位置づけており、その成否によって将来の明暗がわかれることは間違いないだろう。

そのような中、ロシアが世界を仰天させるプランを打ち出した。なんと、「今後20年以内にテレポーテーション技術を確立する」というのだ。早速詳細についてお伝えしよう。

■テレポーテーション技術は夢物語ではない

今月22日、英紙「The Telegraph」が報じたところによると、“テレポーテーション計画”はロシアの国立科学研究機関が打ち出した科学・技術立国プラン「国家技術イニシアティブ」に含まれているという。
 
2016-06-29_205844

空間を物理的に動くことなく、一点から一点へと瞬時に移動するテレポーテーション技術など、SF作品だけの夢物語だと考えている読者がいるかもしれない。しかし、これまでトカナが何度も報じているように、世界中の研究機関が“本気で”テレポーテーションの実験を行っている。

2014年5月には、デルフト工科大学(オランダ)の研究チームが「量子もつれ」を利用して“100%の精度で”瞬時に情報を転送することに成功した。さらに米中の共同チームは、この「量子テレポーテーション」の技術を応用して微生物を瞬間移動させることを試みている。まだまだ物質を転送することの課題は山積みだが、テレポーテーションは決して夢物語などではなく、実現すべき目標として日夜研究が行われているのだ。

そして、クレムリン肝いりの「国家技術イニシアティブ」では、2035年までにテレポーテーション技術を確立するため、総額200兆円もの予算がつぎ込まれる予定だ。計画の責任者であるアレクサンダー・ガレツキー博士は、ビジネス紙「Kommersant」(22日付)のインタビューに次のように答えている。
 
359409

「現代の私たちを取り巻くテクノロジーのほとんどは、20年前のSF映画からの引用のようなものですよ。テレポーテーションだって、今後20年で達成される」

近年、ロシアの科学技術は国家による戦略的支援のもと目覚ましい向上を遂げており、今後数十年のうちに量子コンピュータや神経インターフェイス(人体とコンピュータを直接繋ぐ技術)の分野において、同国がトッププレイヤーの地位に上り詰めることも十分に考えられるとのことだ。

■ロシア国営メディアが即座に否定!

もしも人類がテレポーテーション技術を手にしたら、日常生活が一変するのみならず、安全保障の分野にも相当なインパクトがもたらされることになるだろう。そして、まるでそれを物語るような事態が進行中だ。今回の「国家技術イニシアティブ」が西側メディアによって報道されると、その直後に、ロシア側がテレポーテーション計画を否定しはじめたのだ。

101386

ロシアメディア「スプートニク」(旧:「ロシアの声」)は、英紙「Telegraph」の記事が配信されると、計画筋の話として「それは量子情報通信の話であって、量子テレポーテーションのことを指しているわけではない」と報じている。

まさに、テレポーテーション技術の開発競争に拍車がかかることを防ごうとしているような印象を受けないだろうか? 実質的なロシア国営メディアが、これほど早いタイミングで否定記事を配信すること自体、裏で何らかの意図が働いている可能性が高い。

数十年前、世界各国が他国より1日でも早く原子爆弾完成を完成させようと水面下でしのぎを削っていた構図が、再現されることになるのか? テレポーテーション技術をめぐる各国の“駆け引き”からも目が離せない。

(編集部)

参考:「The Telegraph」、「The Daily Mail」、「Sputnik」、ほか

参照元 : TOCANA




リアル・メン・イン・ブラック(MIB)の存在がますます真実味を帯びてきた!米アイオワ州の道路に黒衣集団が頻出

不気味な「黒づくめの集団(MIB)」が米国の道路に頻出! 警察「本気で調査する」

2016.06.27

MIB

メン・イン・ブラック(MIB)といえば、映画「メン・イン・ブラック」を思い浮かべる読者も多いのではないだろうか。黒いスーツに身を包んだエージェント“K”と“J”の印象的な姿は人気を博し、現在3作目まで上映されている。

しかし、メン・イン・ブラック(黒衣の男)は映画の中だけの存在ではなかったのだ! 6月22日付の「Daily Mail」は、”リアル”・メン・イン・ブラックの目撃情報が米国で急増していると伝えている。TwitterやFacebook上で多くの情報が飛び交い、今現在も新しい目撃情報が報告されている。ことの重大さを鑑みて、地元警察も本気で調査に乗り出しそうだ。

■道路に飛び出す黒い物体、白衣の集団も?

黒衣の男が最初に目撃されたのは、アイオワ州東部マスカティン郡の道路上である。目撃者の一人、ストロング氏はFacebook上で当時の様子を報告している。氏は6月12日深夜2時ごろ、イリノイ川に平行する道路オギルビー・アヴェニューを車で走行していたところ、黒づくめの“何か”を目撃したそうである。氏によると、単体ではなく複数人であったという。

さらに翌日、別の場所でも、同様の集団を目撃しているというのだから、「たまたま黒い服を着た人が道路上を歩いていた」という以上の何かがあることは間違いないだろう。

黒づくめ集団は、道路の真ん中に立っていて、車に近づいてきたそうだ。車が通り過ぎたあとも、その場に立ち続けていたという。別の目撃情報では、道路に飛び込んできたり、道路脇でただ立っているだけだったりと、行動パターンは様々だ。

ストロング氏は、黒づくめ集団と遭遇する数日前から噂を耳にしていたというが、なぜなら同様の目撃情報が3、4週間以内に続々と報告されていたからだ。その中でもトラヴィス・ライルズ氏が遭遇した黒ならぬ「白衣の男」は更に奇妙だ。

358D685A00000578-3654400-image-a-51_1466605211677

ライルズ氏は、6月15日午後10時30分頃、妻と義理の母を乗せて同じくマスカティン郡内の高速道路を利用し家路を急いでいた。

「白塗りのメイクか、薄くて白いマスクをした全身白装束の誰かが立っていました。道路脇に寝転がり、親指をつき立てていました」

ライルズ氏は、「最初はマネキンかと思った」が、後で気になって戻ってみると、そこには何も無かったそうである。黒衣の集団との関連性は分からないが、静かな都市は突如現れた奇妙な集団に動揺を隠せないでいる。

■保安局の意外な対応

しかし、未だ目立った被害もないため、プランク(いたずら)と断定する住民も多くいる。ただし、郡保安局はそうは思っていないようだ。保安局はFacebook上で情報提供を呼びかけており、今回の騒動を「真剣に受け止めて」いるという。

一見したところお騒がせなだけの黒衣集団をなぜ保安局は真剣に受け止めるのだろうか? 彼らはまだ何の犯罪も起こしていないのだから、本気になる必要もないように思うが…

■リアル・メン・イン・ブラックは存在するか?

メン・イン・ブラックは映画作品として有名であるが、その元となっているのは現実世界に存在するとされる黒衣の男である。
 
2016-06-29_193910

最初にMIBと出会ったとされるのはUFO研究家のアルバート・ベンダーである。1953年ベンダーは、UFO情報を調査していたところ3人の黒づくめの男らに調査を妨害されたと著書で暴露している。

また、数年前のカナダにも、UFOを目撃したホテル従業員を探しに黒づくめの男ら2人が現れている。男らの姿がホテルの監視カメラにおさめられていたことから、MIBの存在がますます真実味を帯びてきていたといわれている。

2016-06-29_194020

今回の黒衣の集団もこれまでの男らと関係があるのだろうか? 気になるのは、郡保安局の態度だ。人気テレビシリーズ「X-ファイル」などでよく見られるように、国家組織と地方警察は犬猿の仲である。

郡保安局が「真剣に」受け止めているのも、ある国家組織の活動を好ましく思っていないことが背後にあるのではないだろうか? 今後の有力情報に期待したい。住民たちの記憶が消されて真相が闇に葬られないことを願うばかりだ。

参考: 「Daily Mail」、ほか

参照元 : TOCANA


The Man Who First Saw "The Men in Black" Dies

Thursday, April 14, 2016

The man who brought the ufo silencers, the men in dark clothing, into modern consciousness, Albert K. Bender, 94, died on March 29, 2016, in California.

2016-06-29_203115

"Men in Black" (MIBs) are what appear to be male humans dressed in black suits who claim to be government or paramilitary (or even alien) agents and who harass or threaten UFO witnesses to keep them quiet about what they have seen.

2016-06-29_203241

From portrayals in The X-Files, appearances in movies, references in popular culture and points of debate in UFO conspiracy theories, the MIBs have become part of our 21st Century culture. In April 1952, Albert K. Bender, a factory worker from Bridgeport, Connecticut, announced the formation of International Flying Saucer Bureau (IFSB), whose purpose was to "gather flying saucer information" and to "get all Flying Saucer minded people acquainted with each other...." At the time he established the IFSB, Bender was a 31-year-old bachelor who lived with his stepfather. He was obsessed not only with UFOs but with occultism, horror movies, and science fiction. Bender transformed his part of the house into what he called a "chamber of horrors." Jerome Clark, The Emergence of a Phenomenon: UFOs from the Beginning through 1959 ~ The UFO Encyclopedia - Volume 2 (Chicago: Omnigraphics, 1992: 73) Ufology historian Jerry Clark told of how Bender took "out-of-body trips into deep space," but also worked hard on the IFSB's publication, Space Review. Bender built up the 1952-1953 membership to 1500 people from around the world. "One of the most active was a West Virginia man named Gray Barker."

2016-06-29_203328

In early September 1953, Bender, who is acknowledged as one of the first pioneers of UFO research, was visited at his home in Bridgeport, Connecticut, by three men dressed in black who warned him in threatening terms to cease his investigations or else.

2016-06-29_203412

The "silencers," as he called them, scared Bender to the point where he did not publish a report he said was going to answer all the mysteries of the UFO question. Instead, Bender left a warning: "We advise those engaged in saucer work to please be very cautious." Bender's organization - the IFSB - closed down.

2016-06-29_203457

2016-06-29_203507

2016-06-29_203517

After pressing Bender for more details about the "whys" behind the shutdown, Barker wrote his first book, They Knew Too Much About Flying Saucers, which was published by University Books in 1956. The book was the first to describe the Men in Black (MIBs). Barker recounted Bender's own alleged encounters with the MIBs, who were said to travel in groups of three, wear black suits, and drive large black automobiles. In 1962, Barker and Bender collaborated on a second book on the topic, called Flying Saucers and the Three Men. Published under Barker's own imprint, Saucerian Books, this book proposed that the MIBs were, themselves, extraterrestrials.

These "ufo silencer" experiences of this one individual, Albert K. Bender, promoted in later years by Gray Barker (May 2, 1925–December 6, 1984), created an enduring legacy beginning over 60 years ago - the MIBs.

2016-06-29_203619

Besides Bender and Barker, Men in Black researchers and writers have included the late John A. Keel, Jerome Clark, the late Jim Keith, and Nick Redfern. Nick Redfern, who passed on the news of Bender's passing to me, has written many books on MIBs, including his 2006 book, On the Trail of the Saucer Spies: UFOs and Government Surveillance (which contains information on Bender).

2016-06-29_203706

Now Albert K. Bender has passed away.

2016-06-29_203757

2016-06-29_203807

2016-06-29_203817

Bender was born on June 16, 1921, and served in the United States Air Force during World War II. In Bridgeport, Connecticut, he was a supervisor at the Acme shear factory.

After Bender's 1962 book was published, and before Bender moved to Los Angeles, in 1965, while in Bridgeport, Bender started the Max Steiner Music Society, which was later renamed the Max Steiner Memorial Society, dedicated to the famed music composer of theater and film hits.

Steiner (May 10, 1888 – December 28, 1971) composed over 300 film scores, and was nominated for 24 Academy Awards, winning three: The Informer (1935), Now, Voyager (1942), and Since You Went Away (1944). Steiner's popular works include King Kong (1933), Little Women (1933), Jezebel (1938), Casablanca (1942), The Searchers (1956), A Summer Place (1959), and Gone with the Wind (1939), the film score for which Steiner is best known.

Thanks to Albert Bender's Max Steiner Memorial Society, collections of Steiner's music have been preserved, discussed, and disseminated. Bender's Society was responsible for obtaining a Hollywood Walk of Fame Star for Max Steiner, as well as Steiner's name being written in the Golden Book of the State of Israel. Bender's Steiner collection was donated to the Brigham Young University manuscript collection.

This little known part of Albert K. Bender's life, beginning in 1965, is noted in Max Steiner: Composing, Casablanca, and the Golden Age of Film Music by Peter Wegele (2014):

2016-06-29_203944

2016-06-29_203954

Albert K. Bender and Max Steiner.

2016-06-29_204044

Albert K. Bender at the announcement of the Max Steiner commemorative stamp, 1999.

At the time of his death, Bender was residing in Los Angeles, and his funeral was held in Manhattan Beach, California, on April 9, 2016. His known sibling survivors are Fred Bender, Shirley Audugar, and Joseph Kevlin.

2016-06-29_204131

Albert K. Bender and his wife.

The only known recording of Albert K. Bender can be found here. He also wrote a volume of recollections, Five Slices of Life: A Collection of Short Stories.

(Confirmation: Besides the Wikipedia page that was apparently written by a source close to Bender, the death is verified by the page on his funeral arrangements.)

参照元 : Twilight Language



最新記事


麻雀オブワルキューレ オンラインゲーム








楽天トラベル


人気ブログランキングへ

【注目記事】
★裏天皇とは一体誰なのか?「前田ゴロウ(ユダヤ名:オクラディッシュ・ハーマン)、小野寺 直、伏見博明」明治以降の皇室を牛耳ってきた傍流勢力

★3.11東日本大震災は人工地震だった!元アメリカ国家安全保証局が内部告発 「米国とイスラエルの裏権力が核兵器を使った」

★【神道の闇】天皇一族は悪魔崇拝者 神道=日本版キリスト教・ユダヤ教

★日本や世界各地にある「鳥居」の謎 宇宙人との関連性

★【日航機123便墜落テロ事件】事後処理の為の特殊部隊の編成、情報撹乱、毒ガス攻撃、火炎放射器で焼き殺す!まさに地獄以下の有様

★日航機123便墜落テロ事件の不可解な点!米軍は事故後20分で墜落地点を特定!助かるべき多くの生存者が殺された

★自民党・安倍政権は民主党を上回るスピードで売国(公約違反)を進めている

★関東連合OBで元暴力団の石元太一被告と海老蔵事件の伊藤リオンがセキュリティの黒人とガチ喧嘩してる映像が流出

★シリアの化学兵器攻撃は911やボストンテロ同様、アメリカの自作自演 【決定的証拠 まとめ】

★1%の人間が企む世界支配の計画を暴く『これは架空の物語ではありません』

★チャンネル桜事務局の壁に十字架 そして新興宗教『キリストの幕屋』『統一教会』との関係とは?

★911同時多発テロ 世界貿易センタービルの嘘を暴く

★【閲覧注意】VIEWER WARNING テロリストがアサド政権に協力した2人の男を処刑!生きたまま首を切断(R15指定)

★【閲覧注意】<シリア>SAFヘリコプターによる空爆の余波 首が吹き飛んだ死体

★【閲覧注意】<シリア>カメラの目の前で兵士の頭が吹っ飛ぶ瞬間映像(グロ注意)R18指定

★【閲覧注意】シリアにて戦車の砲撃を受けた反体制派メンバーが粉々にふっ飛ぶ瞬間映像

★【閲覧注意】タリバンのメンバーが、断頭した男性の生首でサッカー(R18指定)

楽天市場
Amazon




記事検索
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ