2022年06月30日

野鳥の子育て

つい1週間ほど前のこと。
野鳥さんたちは、子育ての真っ最中。

近くに巣があるようで、エサの虫を捕獲して、子供たちの所へと
せっせと運ぶコムクドリ。
コムクドリ
ちょうどオニグルミの木に、とまっていました。
近くに相方さんもいたようで、2羽で鳴いているのですが
コムクドリの警戒しているときの声って、とても耳障りで
ジェ〜〜〜ッと、うるさいのです。
そりゃねニンゲンは敵ですから、わからなくはないけれど
ちょっと・・・・ね。

オニグルミの花が咲くと同時に、最後のサクラ、シウリザクラも
咲き始めていました。
シウリ
白くて長い筒状に咲くサクラです。

自然にできたと思われる木の穴から、シジュウカラが出入りしているのを
発見。
シジュウカラ
どうやらここに、巣を作っているようで
何度も何度も、行ったり来たり。
彼らがいない隙に、こっそり覗いて見ると
中にはヒナが3羽はいました。
IMG_1273
あまり長い間見るのも、失礼なのですぐに退散。
ちょっと位置が低いし、外敵に襲われないだろうかと心配ですが
無事に巣立って欲しいです。

カチカチと、打楽器のような鳴き声はコヨシキリ。
IMG_1276
今年も来てくれました。

小鳥たちは羽音がしないけれど、その中で軽い羽音が聞こえたので
振り返って見ると、そこにはアカゲラがいました。
アカゲラ
どうやらアカゲラもヒナがいるらしく、自前で作ったであろう
木の穴に近づいて行く途中でした。

アカゲラの子育ては見たことがないので、足を止めて息を潜めて
こっそり見ていると、やっぱり!
アカゲラ1
ちびっ子にエサを与えていました。
こんなに身近な所で、鳥たちの子育ての様子が見られるなんて
感無量であります。






chat_et_soleil at 22:48|PermalinkComments(0)その他日記 

2022年06月27日

ピリカ親子

旭山動物園にて、40年ぶり?に生まれたホッキョクグマの仔。
ちょうど着いたときに、タイミングよくミルクの時間でした。
ピリカ親子ミルクタイム1
堂々としたもので、ピリカの初めての子育てとは思えないくらいです。
ピリカ親子ミルクタイム2
時々体制を変えながら、授乳していました。

旭山動物園では、正面入り口から入って、割と近い位置に
ホッキョクグマ舎があり、スペースも広く
売店ともつながるようにしてあることから、かなり重視した
飼育動物であることがわかります。
その証拠に、ホッキョクグマの繁殖統括を担っているのが
旭山なので、あぁなるほどね〜と。

お腹いっぱいになったら、お遊びの時間。
ピリカ親子5
岩の上を揃って駆け出してみたり、時にはゴロゴロしてみたり。
ピリカ親子
コロコロと、転がるようにして遊ぶコグマちゃんに
皆の視線が集まります。

単独行動もするようで、親から離れて遊ぶことも。
ピリカの仔1
黄色いブイが気になって仕方がなく、あの手この手で
手に入れようとしたら、水の中に落ちてしまい
向こう側へ行ってしまいました。残念
ピリカ親子6
順調に成長しているようなので、このまま大きくなりますように。
何せ貴重なホッキョクグマですし、繁殖プロジェクトの一環として
成功した証ですから。




chat_et_soleil at 22:44|PermalinkComments(2)動物園日記 | 旭山動物園

2022年06月24日

ベガとぬいぐるみ

「ぬいぐるみ」というものに、全く興味のないわたしですが
唯一持っているのが、ちびっこカルガモのぬいぐるみです。
10代の頃に気に入って買って以来、ず〜っと保有し続けています。
眺めることもなく、触ることもなく、ただ飾っているだけですが
それで遊ぶ奴が現れた
IMG_1248
猫のベガですよね〜。
下に落として転がすのが好きみたいで、床に転がっているのを
ちょくちょく見ます。

ただ、この日は枕替わり。
顔半分乗せて、居眠りしていました。
ベガとぬいぐるみ
元気なくせにビビリなので、数日前の大雨と雷が
相当に怖かったらしく、夜中にケージの中で大暴れ。
ベッドはひっくり返ってるし、水はこぼすしで、かなりグチャグチャ。
そしてぬいぐるみと一緒に寝て、寝不足解消という訳です。





chat_et_soleil at 22:47|PermalinkComments(2)猫関係 

2022年06月22日

旭山のオランウータン

旭山動物園で、一番好きなのがオランウータン。
この日も、午前中がジャック、午後が森花の出番となりました。
大人のオスは大柄なので、「うんてい」の動きが迫力満点です。
旭山ジャック
体の毛が風になびいて、オバケのよう。
旭山ジャック2
渡り切ったところに、おやつがあるのを知っているので
次々と口の中に入れていきます。
ライバルなんていないのだから、そんなに急いで食べなくても
いいのにね。
ジャック
食べ終わったら、意気揚々と帰っていくジャック。
おそらく弟路郎の方が、大柄ではないかと思うので
これがもし弟路郎だったら、どんなように見えるのかな・・と
考えてしまいました。

ところで、ジャックはピーマンが嫌いなのだそう。
IMG_0997
他の食べ物と一緒に、ピーマンも置いていたけれど
これにはいつまで経っても手を付けず、ガイドによれば
最終的に、他のコ(娘か息子)に取られたら面白くないので
渋々持って行くそうです。
人間ではピーマン嫌いな人は多いけど、オランウータンでも
同じなのでしょうか。
わたしは好きなんだけどな〜・・・子供の頃から、嫌いって思たことないし。

室内当番の森人兄ちゃん。
森人兄ちゃん
顔のコブ(フランジ)は、まだ出ていませんが
大きくなりました

午後になって、外にいたのは森花。
旭山森花
パッチリお目目は以前と変わらず、愛らしい顔をしています。
子供ならではの身軽さで、スイスイと飛ぶように綱渡りをしていました。
旭山森花1
早くに母親を亡くしてしまい、どうなることかと思っていましたが
大丈夫かな?






chat_et_soleil at 22:55|PermalinkComments(0)動物園日記 | 旭山動物園

2022年06月20日

旭山動物園のライオンとトラ

旭山動物園の猫科たち。
代替わりして、若いライオン夫婦になっていました。
2年ぶりに再会したオリトは、すっかりタテガミも伸びて
男らしくなっていました。
オリトa (1)
オリトは、わたしが今まで見てきたライオンとちょっと違っていて
タテガミがアキラのような、ゆるふわパーマが一般的だと
思っていたけれど、彼の場合は明るい色で染めて
なおかつストレートパーマをかけたような、タテガミです。
オリトa (2)
ライオンの個性も色々なのですね〜。

相方のイオ。
イオ
もうすっかり馴染んだ様子で、旭山のメスライオンとなりました。

オリトの寝ているスキを狙って、ちょっかいをかけるイオ。
イオ&オリト
もしかして、このペアもメスの方が強いかな?

お隣のアムールトラファミリー。
午前中の早い時間に出ていたのは、オスでした。
トラ
・・・それはいいんだけど、何せ個体の紹介がないので
誰が誰なのか、全くわからず
順番だけでか考えると、キリルでいいのかなぁ〜?
でも若い感じだから「力」のような気がする・・・。

お昼ごろに出ていたのは、オスでも明らかに別な個体。
旭山のオストラ
やっぱりこっちが、親父さんのように見えます。
貫禄がある感じで・・・。

午後はメスチームでした。
旭山トラメス親子
ザリアと娘の「明」。
隣のライオンに対して、モーションをかけたり
親子でじゃれあったり。
旭山トラメス
複数いると、動きが面白いので時間を忘れてしまい
ヒョウを見忘れるという、大失態をしてしまいました
うわぁ〜、やっちまった





chat_et_soleil at 22:49|PermalinkComments(0)旭山動物園 

2022年06月17日

旭山動物園訪問記

今年の6月は、異常に気温が低い北海道。
旭川も例外ではなく、肌寒さを感じる気温でした。
賑わいは以前の様子に戻っていて、全国各地から様々な人たちが
訪れていたように思います。
関西弁に北九州弁・・・さすがに海外の人はいないけれど
有名観光名所なのだな〜と感じました。
IMG_0906
出掛ける前に、天気予報とにらめっこして
暑さよりも寒さ対策をした方が良いと考え、やや厚手の靴下を履き
念のためストールとカイロを持参。
暑さにはそれなりに強いけれど、寒さには極めて弱いので
対応できるようにしました。

今や北海道の動物園で、ここで唯一見ることのできるオオカミ。
旭山オオカミ1
円山動物園からは、いなくなってしまったし
これからも導入しないことが決まっています。
犬っぽくて実は苦手なのですが、少し見方が変わってきました。
旭山オオカミ
時々園内に響く案内放送に反応して、遠吠えを披露。
いったい何が起こったのか?と、走って見に行きましたが
ただの習性の1つだったようです。

やっぱり猫が好き。
旭山マヌルネコ
マヌルネコのグルーシャ。
寝ているところしか見たことがなかったけれど、この日はよく動いていて
お目目パッチリ。

カバの旭子と凪子の親子。
旭子と凪子
外の放飼場で親子水入らず、のんびりと過ごしていました。

キリンの結とあさひ親子。
結とあさひ
息子のあさひは、母親によく似ています。
色白なところとか、顔つきとか。

どこに何の動物がいるのか、わからなくなってしまい
慌ててパンフレットを貰ってきました。
久しぶりに行くと、すっかり忘れてしまうものですね。








chat_et_soleil at 23:04|PermalinkComments(2)動物園日記 | 旭山動物園

2022年06月15日

鉄分補給と車窓から

1週間、ご無沙汰しておりました。
もやもやしてスッキリしない気分が続き、精神的に落ちていて
ウップン晴らしに出かけていました。
感染者も落ち着いているし、国民大移動のシーズンでもないし
出掛けるなら今でしょう。
道民割を使って、ついでにJR北海道の6日間フリーパス乗り放題
1万2千円の切符を買い、旭山動物園に行ってきました。

目的は動物園なのですが、もう一つの大きな目的は
JRの新型車両に乗ってみたかったから。
これが新型の「おおぞら」。
IMG_0746
全体的にスッキリした印象で、やはりタンチョウのマークが入っています。
以前の車両よりも、走行中の音が静かで揺れも少なく感じました。

旭川に列車で行く場合、札幌に出る必要があるので
その途中に、建設中のBIGな建物を窓から見えました。
IMG_0748
これ、来年オープン予定の、日本ハムの新球場です。
特に日ハムに興味はないけれど、思わず撮ってしまいました。
こんな近くを通過していたのですね〜、知らなかった!

札幌駅にて、函館行きの「北斗」撮影。
IMG_0887
見た目は「おおぞら」と全く一緒ですが、手前の電子プレートが
HOKUTOになっていて、北斗七星のデザインでした。

旭川行の特急ライラック。
IMG_0901
これは以前と変わらず。
札幌と旭川は電車になっているので、音が静かですし
変な揺れもないので乗っていて安心。
米どころを通過するので、車窓からは水田がいっぱい。
IMG_0902
田植えが終わったばかりの様子です。

行きの車両には札幌のシンボル、時計台。
IMG_0899

帰りの列車には、空知のひまわり。
IMG_1244
これ、何でひまわりなのか、意味はわかりません・・・。

隣に停止中だったのが、網走行きの「大雪」。
IMG_1241
「大雪」は、昭和の頃に走っていましたが
また復活となりました。

札幌駅で見た、車両の分割。
IMG_0889
向かって左が回送。右が苫小牧行き。
この真ん中のドッキング部分から、分割です。
IMG_0890
作業すること10分ほどで、2つに別れました。








chat_et_soleil at 22:50|PermalinkComments(2)鉄道写真 

2022年06月08日

横になって毛繕い

ベガは、熱心に毛繕いするタイプではありませんが
綺麗好きなのは間違いなく、一通り体のお手入れはします。
IMG_0241
横着したいようで、横になりながら黒ビカリする肉球をお手入れ。
やたらと目立つ赤い舌で、腕を舐めていました。
IMG_0237
どうしても顔が黒いので、反対色の赤が目立つんですよね・・・。
時々しまうのを忘れてしまうらしく、舌先をちょっとだけ出していると
マヌケな顔になるのが、これまたカワイイ

カメラを向けたので、ビックリ顔。
ベガ毛繕い中
コンパスで書いたような丸い目と、青く光る色。
これがまた魅力的なのです。




chat_et_soleil at 22:42|PermalinkComments(2)猫関係 

2022年06月06日

和商の日

毎月、第2第4の金土は「和商の日」。
地元の台所と言われ続けている、和商市場の特売日のことです。
ちなみに6月は、10日11日と24日25日です。

地元の・・・とはいうけれど、地元住民よりも観光客向けが中心で
自分の好きな寿司ネタなどを自由にご飯の上に盛り付ける
「勝手丼」が大人気。
そんなこともあり、何年も行ったことはなかったけれど
なんとな〜くヒマだから、行ってみようかな?と思い立って行くと
これが面白かったのです。

おきまりのカニ類。
DSC_0112_20220606191147
見た目は立派なんですよ、とっても。
しかし中身が問題で、スカスカだとガッカリするし
庶民には遠い値段になってしまいました。

海産物どっさり。
DSC_0114_20220606191241
ここで、興味をそそられるものがありました。
ちょっと変わっためんたいこ、青唐辛子めんたい。
めんたいこ
普通は一味唐辛子に漬け込んだものだけど、青唐辛子というのが
珍しかったので買ってみました。
めんたいですから当然辛いけれど、それより青唐辛子の独特な
爽やかさが口に広がって、想像以上に美味しい
これ、久々の大ヒットです。

お高い鮭たち。
DSC_0113_20220606191154
お店の人にお願いすると、キレイにさばいてくれます。
今回は見送りましたが・・・丸ごと1匹は高い!

市場の中には複数の食堂があって、和商の日になると
お安く食べられるものが、いくつかあります。
せっかくなので、特別価格のラーメンをいただきました。
DSC_0115_20220606191248
ピリ辛もやしラーメンみそ味。
野菜をはじめ、もやしにも値上げの波が押し寄せている今ですが
ドッサリ入ってる
豆もやしと緑豆もやしの2種類が、これでもか!というくらいで
なんだか申し訳ないくらいでした。

持ち帰り専用の生寿司5カンセット。
IMG_0174
これもまた、とっても美味しかったんです。
お寿司屋さんよりも、安くて新鮮なネタでビックリ。

市民の台所、バカにできません。
ハマってしまったので、また行くな〜これは。





chat_et_soleil at 22:53|PermalinkComments(0)ご当地 

2022年06月04日

アムールトラ通信

換毛MAXのチョコさん。
チョコ
新しい毛と古い毛が混ざって、段差ができていました。
高齢ということもあり、少々辛そうに見えますが
至って元気であります。

活発に遊んだ後、寛ぎ中のココア。
ココア
手を伸ばしてニンゲン観察中。
注目されている自分に、トラ的目線からはどう見えているのだろう?

ピンクのボールに夢中だったナージャ。
ナージャ
一瞬、キバに挟まって取れないのでは?と、思ってしまいましたが
ちゃんと外れたようで一安心。
不貞腐れることなく、よく遊んでいました。

アップのナージャ。
ナージャアップ
トラ柄の色のコントラストが強いので、スマトラトラか
と目に映りますが、ちゃんとしたアムールトラです。

最近になり、ダメ男説が流れつつある、あさま。
あさま
キミの父親は、伝説になるほどの偉大なトラだったよ。
その息子がダメ男とはねぇ〜。