肝斑のこと

イオン導入に行きました。
美肌な女医さんの診察を受けましてワンステップ上がりました。

だいぶ肝斑が薄くなっているので「レーザーしましょうか」ということになりました。

やった!

治療前「肝斑が濃いのでレーザーを使えないです」と言うことでイオン導入と塗り薬で薄く小さくすることになりました。

自分ではかなり小さく薄くなっていると思っていましたが、それは欲目なのかもと思っていまして。
でも医師からしっかり言われたので本当に嬉しかったです。

ずぼらな私が1日2回のクリーム塗布に可能な限りすっぴん&肌に触れないことで
なんとかレーザー治療可能までになりました。嬉しい。。。


今後は月1回のレーザーとイオン導入になります。毎日朝夕2回のクリーム塗布は続きますがこれでますます小さく薄くして行ければと思います。塗る時楽しいのです。「綺麗になれ~」と念じながら優しく塗るようにしています。

肝斑の下の老人性のシミ(この言葉使いたくないんですけどね)も肝斑が薄くなれば下から目立つようになるからその時はまた他の治療しましょうってことでした。


金額的には月1回の治療で今までの月の費用と一緒か1.5倍くらいかな?
これは家計からではなく自分のお給料からしっかり出しています。
だから誰も文句言わせないわ。

化粧品をカウンターで買うのと変わらないのじゃないかな?
ライン買いだったらもっとかかるかな?

散々化粧品使って来て全然肌綺麗にならなかったわけだから
二度と私はそこには戻るつもりはありません。
私の肌は化粧品で綺麗になんてなれなかった。

私は「はい、医療」CM風に~を選びます。

元々美容整形も偏見ないです。
私自身は切ったり縫ったりは痛そうで怖いのでしませんけど、やっている人を差別することもないです。コンプレックスを抱えて悩んで生きるよりすっぱり解決できるならばやった方がずっと良い。

化粧品を使うのが偉いとか使わないのが凄いとか、そんな話じゃなくて
自分に合った正しい選択をした方が良いってことだけです。


昨年の今頃大きな決断をしたのです。
そしてクリニックに予約を入れたのだけど、丁度姑の介護も大変になって入院してホスピス探して頼み込んでようやく入所出来たら容態も悪くて亡くなってしまった。葬儀や亡くなった後始末も大変で

とても自分の美容なんて考えられない状態になって。

そこからいろんなことがあって、更年期障害も強くなってうつ傾向と診断されて辛い日々

それでも「こんなことくらいで負けてたまるか」と勝ち負けじゃないけどね、中断していたことを実行

お陰でほうれい線や目じりの皴なんかも改善されて5歳は若くなったと言われました。自分じゃわからないけど。けど言われてみれば目の下のふくらみも無くなっていた(ここのたるみは老けて見えますよね)

そして次は気になっていた肝斑退治
時間がかかりますけど頑張ろうねと励ましてくれる美肌の女医さんに出会えて今に至ります。

なんだろう、今まで人に頼ることを良しとして生きて来なかったけど
今はがっつり頼っています。
自分だけじゃ限界だったし

私の参考にしているブロガーさんがいろんなことを実践してくれていて、それを見ると元気になります。
現実はあそこまで出来ないなーなんだけど、自分なりに納得できることはやっていくつもりです。

誰にも文句は言わせない。うん、綺麗の方が絶対良いもん。

あっ、私は美容整形はしていません。なので不自然なふくらみや凹みや大きさなどはありません。
その証拠に美肌の女医さんもわからないようです。ちょっとそこが気持ちよいです。




にほんブログ村

にほんブログ村