2022年11月27日

軽井沢 美術館巡り

10月31日(月)〜11月2日(水)

まずは 新しくできた『軽井沢 安東美術館

F4266596-D54D-4719-839C-C9BE00983CA3

レオナール・フジタの作品だけを集めた個人美術館。この秋に 開館したばかりで、そのため一つの部屋の写真撮影が 許されていた。

2ACBEC95-580A-4564-B375-A643FD4B662868609AE7-9C98-4587-BB4D-C3C7F68A673E

93BFEA1B-F582-46F9-B5E5-08000BC4D544357D05D1-B682-414A-A4DF-B3AB26FCF521

785F184A-CA78-4532-9F28-5D611BF1726FE0AC1424-280A-411C-92B6-C48AA713DFED

5BA829DC-607B-4695-9E5D-7BF19D1F9FCEC333570D-B26A-4F99-958A-54CBCFF09D59


軽井沢型絵染美術館

507A7D49-8390-4255-B04C-4D7B09E15545

染色家 小林今日子さんの作品を展示している美術館。
型絵染と一口に言っても、琉球紅型のようなのや辻が花の絞り染めなどなど、着物あり、紙あり、素晴らしかったです。また、小林さんが世界中をタビされて集められた民芸品も飾られていて、それも 興味深かったです。


脇田美術館

C80CCB93-FF29-4833-B16E-620B6A4BEC20925EEE79-9051-49BD-9069-ECD2EFDF04A8

洋画家 脇田 和氏の 油絵・水彩画・デッサン・版画など 200点以上の作品を展示してある。
私は、有名な絵本「おだんごぱん」を描かれた画家さんとしか 知らなかったが、文化功労賞も受賞されている方でした。

小さな美術館 軽井沢草花館

34B0B9BB-DBAC-40AC-9415-D7C9B8D9E90C

石川功一さんが描かれた 軽井沢の草花の絵を展示している。とても素敵で、心が癒やされました。

この4つの美術館は、私の宿泊した『東急ハーベスト 旧軽井沢』から 歩いていける距離にあります。このあたりの紅葉が素晴らしく、もみじの美しさにうっとりでした。

7ADDB1A4-23B4-4C4C-A3E8-E58993FB4AAAAA9FF18F-8E3B-4F20-B4DA-9B0BB15214B2BC269373-CA87-46B3-A639-4778CB4140DE

4B7981E1-A020-461F-B424-79202A7E2583F78E657D-85B6-4459-8E8D-CD75E4A0D477

14F51C72-BFDC-457F-8B70-A9BDD2D4C6C436C7E534-627B-43F9-8C73-856980D67717

091A0BF8-5CE7-41EF-B6FF-BAD78C0E3ED8B8EB9F36-4A70-418E-AD88-2FE22A2692EB

6EFD7F56-2DC6-4D47-9A98-30F551AE3B81A944830E-2886-4D2A-921D-FB2D79820448

B36B9E71-CB5B-4405-966E-076FDD466C938B17CD4D-4653-4CA9-B966-C75F10DC935B



chatora24 at 22:08|PermalinkComments(0) 軽井沢 

2022年11月15日

フェルメールを見に仙台へ

10月24日(月)

仙台でレンタカーを借りて 作並温泉に向かいました。広瀬川の上流にある温泉地です。

5428E277-A2A3-42F6-8049-DBF7BDCACC3A4D327649-DFB9-4F51-BB98-4C32843EB2C0

定義如来 極楽山 西方寺

3B432592-2D6B-422B-9E4A-E3516CE4281F047C64B4-7775-4D5A-8668-16DE871D0D83572266C3-0728-4DC6-88B9-9E29D982A770

9D0D0857-7029-46A6-8D0C-AB7292370CB1402FFA8A-CDD7-4C97-848D-D73978D633B1F4FB8394-1BA2-4484-B308-C8847FBD3670

28E68C1E-D399-4F55-9C70-0759ED8412C25838B51C-6BB1-4D22-990D-727DE000BE4F

62610FF1-9C42-4558-8F48-8B57B4C3CFBEEF27F48F-5DCA-4072-B478-B0E6AB2573D79537CAEE-F378-45EC-B4FF-CDE72A3B4867

EE8EB14F-5AF5-4B46-B001-8C7895559A1E7633DF0C-EEA4-4BCA-81EC-5CF209EAE075

469DAD93-7890-43D5-9174-7A3B37EC1817AB21DFB5-828D-4E1D-AF2C-D9FBB9407E7F

BACF9949-3292-4F70-9DE8-A3A5903043E49B519C43-78CB-467C-A624-98BB62BABD4C

05B0E186-086D-424A-AF1B-EE3D7EBE6018E8F3C416-E518-4DB7-97E7-A8890BAEA43B

B7746684-F124-4FE7-BA47-66C69DA0E81721BC41D6-B884-4CD3-920D-AA77D64B47EBBD0FC458-758E-4CBC-93A5-387D805CEF6F

374785C7-0B48-41F0-AE3B-DF97BA9C299B2B778D0F-36A8-4064-99D6-A096521E63D626A75D1C-C11F-4889-8334-CC98F05D1875

5559C408-1D5C-4FCB-956B-328E111F252B7959EC79-271B-403B-A6A2-59C99E3E43C278399F59-0736-42D2-B396-49A6332DF360

F7FAB0E0-84DA-4A8B-999B-944ABE40342CF9401CF2-9997-470F-80D1-2B9F41F1539E0F9281E5-F69E-4DC8-969A-D063FE6A6E80

0EE198BE-CEA5-4FDA-A50A-27283DE5E552276D3F39-9C38-4668-8B06-7860905DC607

EE8EB14F-5AF5-4B46-B001-8C7895559A1E7633DF0C-EEA4-4BCA-81EC-5CF209EAE075

門前町にある有名な豆腐屋さん。三角の大きな厚揚げが 評判だと聞いて、買って帰りました。さすが!美味しかったです。その場で 食べている人もたくさんいました。

08A41D15-5D92-4E49-9951-AC569482DCCD

次の日は、作並温泉に 別れを告げて、一番の目的だったフェルメールを見に 宮城県美術館へ。

3058552B-E95C-4BBA-9728-4422BFD4E068442432F4-022E-49B0-9DC6-F7CD7C8B9E92988F78B6-7F51-4EE6-BDFD-84EEC4065FB9

『ドレスデン国立古典絵画館所蔵 フェルメールと17世紀オランダ絵画展』
あの 話題になった「窓辺で手紙を読む女」の修復後の絵画、その修復の詳しい紹介などをゆっくり見ることができました。
また、ここには 佐藤忠良さんの記念館があり、その作品、彫刻だけではなく 素描や忠良さん集められた絵画、絵本原画などが展示されていて、とても 見ごたえがありました。

帰りの新幹線からは 富士のお山も拝めました。

578C0B83-0BB9-4404-BCA2-046008B1A79DD1A1335C-0CC4-4E0B-A725-23BC709E9FAC

1B14AC9F-D619-4168-BA25-138CC4172414

chatora24 at 22:16|PermalinkComments(0)

2022年09月24日

長野県立美術館と善光寺

9月24日(土)

長野県立美術館で ジブリ展が開かれているので、予約して行ってきました。この美術館には 東山魁夷館があり、以前から来たいと思っていたのでした。とても素晴らしい建物で、周りも城山公園があり、動物園もあって、市民の憩いの場 という感じでした。

4BA87BFD-E770-4316-A2DB-2D6E9C64337B375540C7-7DCF-4133-93B5-31172942E2D9

ジブリ展では、写真が3箇所でしか撮れなくて、楽しみにしていた ネコバスの写真も撮れなくて残念でした。

F9CB9BEC-06D7-4807-AA07-3D2B7FAE118832CF3583-1813-47C2-A92B-80ACE422F301

C3B9AE23-5E71-4900-99B7-095DC8B931D2

東山魁夷館は とても良かったです。素晴らしい絵の数々を堪能しました。

お隣は 善光寺さんで、御開帳のときに 一度来たのですが、駐車場に入れなくて 見ることができませんでした。

02ECE4B9-B065-4B5B-9369-CDB3E19B5388C0C43025-3130-43A1-8604-0521BF57F0EB

B18CF152-809F-4FD4-BF81-08BA037C61BB4A28CBD5-8C2D-4D33-9030-83C528A4AB95

FDA20A28-0BCD-4A94-B7C9-82D83C9A61B41CF90C72-7C60-47F8-ADA3-945A68FF894C

3E253396-6AE0-4378-9A1A-06C7DECC7390CC4CF1E5-3601-4581-B8AC-19DA1609CF4E

EDB12B5D-BCF5-4028-8579-5D4FC8A6251C617485CE-F28E-4B24-A08E-19ADA5477674A1D7F6F0-68E9-42A7-B61D-0FC90BF4B3C1

BC5B35B1-9AE0-4597-B026-0F9503D3673548CF791B-62B5-459D-8F8A-735E15A2F4D1

最後に、仲見世通りの竹風堂の栗おこわをいただきました。美味しかったです。



chatora24 at 22:22|PermalinkComments(0)

2022年09月19日

大滝トレッキング

蓼科の山荘から車で15分のところにある大滝。駐車場からたった15分歩くだけで、神秘の森と滝が見られました。孫もがんばって たくさん歩きました。

A848876D-0721-4413-A7A8-293D4F79C671

歩き始めは 普通の道、だんだん山道になります。

0D4FF55E-5AC8-4053-98AB-3AF4C3FC469A37FADD3B-3630-4301-9C4D-1E715CB20D4C

頭の上には栗の木がいっぱい。ついつい拾いたくなります。

93E04170-DF47-4430-BC27-A4716D891429F9A996B3-0E60-41D2-AC82-88138BA22F37

途中には沼があって、鹿が水を飲みに来るそうです。

6DACD02A-21EF-4D10-A290-984AC189E3B02BD49683-8372-4963-BEDD-2089E4EAB5E2

草花や苔もいっぱいあります。もちろん きのこもね。

1E450AA1-28AE-4918-95A8-79D4C5F119B58CD4E491-57AF-444E-8BDA-DF6B98D6D7E3131B645C-9104-46C4-A6DA-387B7291DF59

D562DAB9-AC61-4D3C-8BBB-12F0A9A159F31FFBED26-F24D-4AD8-A1BF-5D45B07142AC07244451-6CC9-4EF3-996A-3E46BC0144C6

1E450AA1-28AE-4918-95A8-79D4C5F119B5345851A5-D3D4-4512-8C55-49F0C77E96AB9F08591D-9D61-43CB-89DA-04BA09BF9491

07347A60-014E-4349-AD3D-154E3DF30D7D24C261B1-FB8E-4E79-98EF-31C628C07C07C3078595-4D68-4F79-B26A-4F13ED62EFE8

枯れ木と苔のアートです。

98A2A2E3-FFA9-47A2-B6BB-35DEFD66444B40C0EF23-8204-4C06-BC02-57DEAE98DE1D064ADE2A-BDD6-4315-B01A-29F93151A7C4

これはもう 龍にしか見えません。
いよいよ滝が近づきます。

2BD49683-8372-4963-BEDD-2089E4EAB5E2A0163C8C-BB59-4233-8E3C-6FC01EF29B3444CBC646-9606-4378-85E2-EBEB42CD795C

C210A5AD-B9C8-486E-B1CB-94E06BB5804A43D394F8-88CB-4CBD-A80E-C4846E34D0F1C951A42F-5EC1-49F8-B22D-7D226B21299D

ここでは 動画が載せられないので 残念ですが、こぶりながら とてもダイナミックな滝です。とても気持ちのよい小トレッキングでした。

chatora24 at 21:43|PermalinkComments(0)

2022年08月28日

八島湿原

8月22日(月)

今日は 八島ヶ原湿原に出かけました。
3000ヘクタールの大草原が広がる霧ヶ峰高原の北西部に位置する八島湿原一帯の中にある八島ヶ原湿原は、日本を代表する高層湿原で、1939年に 国の天然記念物の指定を受けています。
総面積は43.2ヘクタール、泥炭層は8.05mあります。人間にたとえれば 100歳を超えていて、年間約360種類もの植物が開花します。

AEFF6A78-FE43-453B-BB0E-03AA1209CA42_1_201_a6A625096-561E-4F0E-80AE-182D5A2A4B06

BBB676BE-64F8-4137-A7BB-CD3643EFB80450901D7D-174F-4AB0-BAC5-B044EB8A5861

入り口を入って驚いたことに、ノアザミに群がるミドリヒョウモンが何十(何百) もいました。

868EFC25-583C-4138-880F-14F3E23A82BF5C6EB1E4-D4E5-44DB-8247-5B1F33A89EE4

78CE3974-B1BE-4D24-BF98-0368D86A45893BD6EA54-5050-4501-BCC7-63F6ED361F67

そこから 湿原の周囲をぐるっと歩いて90分。花々を写真に取りながら ちょうどよいハイキングでした。花には 名前がつけられていて 嬉しかったです。

A50ED5A4-D278-47AB-95A0-75196C4D6303DF69A890-81E3-4680-866E-078A17F8E8C02529CACA-EA2E-4D0A-8E47-8B2FBA0F7FB5

4A11D101-9BAE-4EDE-A845-723365FF11403CCD4D2E-DDE2-424A-8B45-848D1267A788C7367BBE-915F-4BD3-8F8E-CD1F7EC4AF07

D59FD2BF-19A5-4B7D-A940-356820DEA492C6146C46-7ABA-435F-9827-C34F49FDB6F0464A9055-C93B-4906-A59C-B70FEC179670

4369D3AA-87BD-4808-AAC9-46BC7B55C2278AC2E881-BA55-4629-89CD-6D483BC207F4

76D72944-8EC3-4136-90EA-043D98055E6ADE4D98AF-E83D-4720-B5DC-99763A7D9A81

昆虫も ミドリヒョウモンだけではなく、クジャクチョウやキベリタテハ、アサギマダラ、キアゲハの幼虫など。

3EDA55E7-B255-44E2-8928-AA2F893D6CE364556CE8-8AD2-44CD-89E4-ABC97B5B2966_1_201_a

28985286-69E9-406C-9448-FFA5D003EB42_1_201_aF7F5F821-E2C9-430A-98BB-DBBBDBB698AE

風景もとっても素敵です。

C71C6B9B-B275-4B54-9F47-5B19F0D0506FCF35C4A8-35AC-4FC8-8197-07D311A0B44D

F3EDB3CA-4883-4DD7-BA12-79C3734501B65657A002-FF0B-4AA2-895C-47A41CB35198

39EFF1E8-CD3A-4DD2-B677-F4302B3CF4EE6388736E-858C-4634-A21F-ABF86B0B36F4

途中にあったカフェでいっぷく。

また、実際には 見られませんでしたが シュレーゲルアオガエルというかっこいい名前のカエルの生息地で、このカエルの鳴き声は 環境省の自然の音100選に選ばれているそうです。



D863B414-184E-4F8F-9434-136D4B8AE436

chatora24 at 16:14|PermalinkComments(0) 蓼科 

2022年08月23日

岡谷へ

8月19日(金)

岡谷へは 蓼科から 車で1時間ほど、まずは イルフ童画館へ。ここは、岡谷市出身の武井武雄さんの作品を展示する美術館です。

FA8097A3-7126-4708-A36D-2308174EA33DEA771FF9-0482-48F8-B7B6-C7BD79F6A3B1F0D93A83-5DA0-493B-B9BA-428FFD4BE106

410E3116-404B-458B-8374-7EB515DD77A0320F216B-D6AC-4FB8-8316-1378F47FA1D2

6F092C26-A712-4ED4-A044-84A0196098D5417D0337-778C-49AA-AF75-6372762E23AE

「イルフ」というのは、「古い」の逆さ言葉で、「新しい」の意味。武井武雄さんの絵画だけではないいろんなアート作品を見ることができます。
今回は、滝平二郎展をやっていて、それが見たくて行きました。

C3704A66-32EE-4B4D-9291-DA7AC4ADAAE79269C44F-1C09-44E9-920A-D803258648C0

若い頃から 斎藤隆介と滝平二郎のコンビの作品が 大好きでした。教師時代には 「ベロ出しチョンマ」の研究授業もやりましたし、文庫にも たくさん本がありますので、是非 読んでください。

そのあと、小さな絵本美術館へ。ここは ばばばあちゃんことさとうわきこさんの美術館です。八ヶ岳と岡谷、2つあります。岡谷の方では、西村繁男さんの「たたたん たたたん」の原画展を見てきました。

7EF6CBFD-70EE-41C9-848A-AD88BB30909F7229DFB6-3479-4FDB-B065-C6C249B0D551

373B7C00-A03A-4A8E-85BB-D4927668B5B0767B5F69-E772-43CE-9CCF-B279B49AA45C

90729322-6175-4F87-84B2-F19F9EB194ED6B321AC6-74AD-456F-A164-57D258EFC5D8

70AB801F-BAF6-43D2-A351-906581F86353E5C798FD-DCE7-41A1-926B-EA016DA54ECFC3BD1A2E-B52F-4D2D-BA88-8A7DB2802A2F

7F516E10-0E52-4E14-8E46-2D6C042DD8FBDF0932FD-25BB-49DA-8C69-3266E57644A7

帰りに ダックボートのバスを見ました。知っていますか? アメリカでは よく見たのですが、日本でも あちこちで できているようですね。地面を走る自動車が、そのまま 水に飛び込むのです。きっと 諏訪湖に飛び込むんだろうな。



chatora24 at 07:12|PermalinkComments(0)

2022年07月29日

日光旅行5

7月18日

日光田母沢御用邸記念公園 重要文化財

この御用邸は、日光出身の銀行家 小林年保の別邸に 紀州徳川家江戸中屋敷の一部を移築し、その他の建物を新築して、明治32年(1899)に 大正天皇(当時 皇太子)の静養地となりました。
昭和22年に廃止されるまで、大正天皇、三代にわたる天皇・皇太子が利用されました。
建物は、江戸時代後期・明治・大正と三時代の集合建築群。

76BF57A8-161D-4F38-8B61-8ECCCA0C2A93564D643B-71D7-40B2-9C19-53993A0C502F

5E7F06F4-0EC8-4916-83B0-791D41AC69B3ED671465-CF1E-4BB1-A684-E6776C191F7B

9F493310-6068-4137-9734-4A89CA0F494D2F6026C5-05F0-4378-A3A6-0A2B47809B29

4E48B3BD-B6BA-4883-B55E-F3679DE3FEC50D10C0F3-1E89-405B-B7A2-24E1AD0E3154

537AC480-CF1A-4381-806D-BF5D0E645253B617EAD2-F034-4382-984F-6678EFDE40A15478C7BA-27B8-4735-855A-160BDEDA43A158B71D78-9509-4123-AE62-1E08E2BEAF1F

2BBBB5BC-6879-4422-8D94-0A05B1DD8A39AE61F4B9-E75F-4900-90A8-60C3C8272BE0

C217F5B3-26C2-4435-A924-81E5C96E2B5274FDA384-A812-498D-8783-A4A37A410E3723D1344A-D3B8-4C72-8073-2FDA2C6DC2921091C851-9393-483F-9A7F-C3869C45CE4D

65F46172-26E8-4CCC-9CA7-1539D693D2632338DAE9-8F89-4849-B934-CA915BFF6200

E5764B34-BC52-490F-BD0C-1975BDE62C50583FC099-6704-49E5-9136-4E131FE3681C

E8C19CF1-E59C-4068-8420-5EBAE2597E194B2045E3-4FC8-4482-B9D5-19DC288E9303B04A92E5-396C-4DC9-8BEB-5A0698C2D256

BCEC1401-89C4-4055-9DC4-10672464DB1F462BFBAF-DEF0-4D60-B813-569749B0F7B6

有名な枝垂れ桜

D7B324A1-7676-4F62-8110-71F97BA53221598DDF91-8BB9-4564-8610-BE9AD24FEE8E56C3FFE8-A930-4DCB-A1E4-3D54794733BE

お庭も綺麗です。

151433AE-0EEA-45B2-9ACC-7F7B1E853A49E8683DD7-EC49-4F6A-AB12-6B0E0C8E8E1B

御用邸は 那須しか知らなかったので、ここで 色々見ることができてよかったです。

ホテルに帰って 夜ご飯。

942D3F8F-B1E9-4BBA-8C97-F8D8F2227731B7AE06F9-E423-4CE6-97F1-A77561A32CC1_1_201_a

CD34B9AF-836D-41B7-A2F5-C2528B943B4CEB2E46CC-3F00-4254-9908-8989EBD83110

0C550DAD-6586-45C3-8F88-EC1BAC82397B52477180-5081-4C74-A014-79F7E33D0CCF

88E017BA-9F26-4C57-A8BB-A702445FE707_1_201_a75BC5B86-710B-4788-B89E-B4DDAB2918A2_1_201_a






chatora24 at 12:03|PermalinkComments(0) 栃木県 

日光旅行4 奥日光 part 2

7月18日

竜頭の滝

92AC753D-26D8-48F9-8AB1-39CFC4230C4D_1_201_a

男体山の噴火によってできた溶岩を210mにわたって流れ落ち、幅10mの階段状の岩場を勢いよく流れる渓流瀑です。滝壺近くは 大きな岩によって 二つに別れ、その様子が 竜の頭に似ているので この名前になったようです。

ここから 小田代原を湯滝に向かってハイキング。

27545A6E-6929-4AB2-B25B-9FC2CFF4CB5C92C39BB4-6EB0-4181-ACEE-ED79314E0D7A42A8A8D9-7869-49FF-8D45-6A45017264DC

D89FC7DE-1576-4B9F-B782-0FE5464CAECF4CC2C887-29B6-493F-B24A-F45AB0F24E69A65537B9-FBAD-404E-BBE3-C1CE9FB066E9

88665470-8DF0-4D5D-A1C1-14DDA674EFA0E20C0B80-AC18-486F-8AE1-D682C7D398EA

17059B06-EF9E-47F5-ADFD-817A99F916D26EDF3EE8-50CC-4C29-9012-372032AC7D785DB3E2CD-C874-4485-94EF-B46523AA6DAF

小滝

E401FC71-F467-4FDB-9903-ACA1822165517C29C92D-573D-4F05-812E-5D36E6D4015F

DA2F13C1-9E39-457A-A00C-747EAF4508E132CC8CEE-DFB8-4C11-85A3-844B7556CC17

自然のオブジェが素敵。

湯ノ湖に到着。

BFCEF380-008F-4E78-8311-BDDF4B325D6A227CF8C9-28A7-408F-B867-3911114DEE27

A163620D-ABF8-411F-87D1-B4CB3CA46F99

湯滝

高さ70m 長さ110m。
高さは低いが、幅があり、その迫力に圧倒されます。

C8E4065C-3496-4D93-88B3-1D7F0A213832CDD4E21F-DB74-4520-A5A5-A17807848A7E

湯滝の目の前にあるレストハウスで ランチ。焼きおにぎりと中華ちまきとキノコ汁。

D9193CCE-BBE8-4D40-A65E-31E5625B99A6_1_201_a

chatora24 at 11:06|PermalinkComments(0) 栃木県 

2022年07月25日

日光旅行3 奥日光

7月18日(月)海の日

ホテルの朝食のあとは 車で 華厳の滝へ。

0E248C5B-AE34-4885-99E9-09B0EF208063A4F258B4-2029-4DC8-81EB-0140A1839CD0

D3A04C79-58BE-42B3-9E99-255B531B70F9

中禅寺湖の水が 高さ97mの岸壁を一気に落下する 壮大な滝。
エレベーターで下に降りて 観瀑台にから間近で見る滝は 素晴らしく、感動しました。轟音と水しぶきで 異次元に来たようです。滝の周りには たくさんのイワツバメが 飛び交っていました。

中禅寺湖

AE08258B-81A4-41AB-BFF7-6A9CE0417C6C0356F4F4-F2D2-438B-8E2A-3E4B459EE645

5B65CFB5-A0F1-4640-9F71-FEC871E873BC4E51B1C4-5E22-4C37-A2EF-C7D7EFD5BF79

E7B1DD7F-D34D-46D2-B703-E40DC389F909D2B65B84-300B-4E99-B7EF-C023C641626C

6506EE44-4F1D-4968-A41A-B82FF3930DA1

中禅寺湖は 男体山の噴火による溶岩で渓谷がせき止められてできた湖です。緑豊かな湖畔と向こうにそびえる男体山が とても美しく、うっとりしました。
また 名前の通り、中禅寺というお寺もありました。

きれいなカラスアゲハとトンボにも出会いました。

109B3FB2-88E0-45D0-80C4-5A1B5F5A6CA3_1_201_aB74D80E9-49B3-492B-B39D-DAAB2105FA1C

中禅寺湖から歩いて、英国大使館別荘記念公園へ。

明治29年に 英国の外交官 アーネスト・サトウの個人別荘として建てられ、その後 英国大使館別荘として使われ、それを復元したものです。

32B446FD-688D-4022-85BC-384163121BA839B0C5C5-B459-407D-82A8-450A0B0696E4

5F3455EA-45AB-4CD3-A694-D8332784F6FB62D44BCA-7C29-4BFB-B197-122E30139E1A

8CAE280E-52E1-4EF2-8B9E-8B8BF82980C2ADD010D6-CA03-4CB4-8C4C-A15A33F5BB9F4F2C3171-4C7E-41EC-BC67-1CA761E541D8

EE1C9864-486A-4D2D-9089-08627008CF274F27B8B5-762A-4B88-A65F-9D938542581A07809E95-395C-4E69-8D95-5DABF5956631

FA07E043-FBA9-4598-9BB3-0ADB0FEC4DFE158E8DCA-AF45-488C-A2F1-6E7F2A2E3937

この中にあるカフェで、スコーンと紅茶をいただきました。

30E6C602-FD84-4733-ADA7-1BDB5561AB0D25F9E8D1-AD9C-42D6-9969-8BA617DE2B6D


イタリア大使館別荘記念公園

建築家 アントニン・レーモンドの設計により建設され、大使とその家族が使用したといわれています。杉の皮で仕上げられた内外装はとてもモダンでした。

E5B09E70-CDB7-4259-98AD-05767D46A3F892B007D9-EB97-4248-8185-18C1A7D7620D

F48C53D3-F033-4355-B1BA-9FA1704990043D6FCCD7-F3F2-4DF8-B28A-3099487C0ACF

8DEBFF1C-F940-4A44-BBB7-993F60C0459BAF8ADB2B-4DD3-47D9-A416-32121ABA00066C97D47D-4FF4-4BA4-830F-0C5DCDE1A77D

95A1ACBB-AA9B-41BE-9324-B702496A72AD162DC9E0-F5D4-4C8E-8C6C-C8787D8EB11B

4C1A8A4C-DC88-4577-A2CC-DB47E4EB003307C40914-1E4D-4A90-96CF-ECB5EE706781

4E5A7884-574F-4D19-969C-B92BAC7F9D6B0FC71585-D1FE-4619-B5AF-4F210CC76CA7



chatora24 at 17:43|PermalinkComments(0) 栃木県 

日光旅行2

7月17日

日光山 輪王寺

天台宗三本山のひとつ。勝道上人が創建した四本竜寺が発祥。東照宮から歩いて5分くらいのところにあります。写真には撮れませんでしたが、三仏堂の三体の仏様、江戸時代初期の作の木彫坐像仏で、台座から光背の頂まで約8mもあり、とても立派な仏様でした。

8BEFF2BB-D294-4218-AFF4-562635CAC24E

三仏堂の前にある宝物殿を見て、お外のお庭、逍遥園を歩きました。
近江八景を模して造られた池泉回遊式庭園です。百合が身頃できれいでした。苔も見事。

B120720F-39D3-4131-9A6E-9EAA6F14DB6CB77F72EF-04F5-4118-8E77-A9D209D000066A96BF82-FACD-4878-95EF-05CAA50B48EC

A514F720-E9B7-4BB0-A890-1A6DA35F2FFCF787E312-4E01-4DAD-AA73-E45595221C83

B06E5699-2FF5-4DCB-B1FA-B13529C445D5E9DFE923-90DC-4ED0-9D4C-616D533A1652

お昼は 近くの「カフェ ふじもと」で。

EDAFD760-8FA3-41A3-923E-74AB8EE567330F7DFD11-D470-465D-86D3-99C3A02190B7

私たちは サラダとサンドイッチとスープをシェア。お友だち夫婦は 日光湯波のオムレツと伊達鶏のコンフィと彩り野菜のスパイスカレー。

D2171AD4-2E37-4888-8239-837DBBFF971B07E66185-1C6C-437F-9E5C-9BAC76F6779B

196680D3-466A-403A-A27F-64E80F012436

F7B0AF28-274A-4C8A-8248-7238E13E5088A65F4FBF-6BE2-47DD-AA63-40AD966AD67A

とても素敵なお店でした。

食後は またまた 元気を出して 神社巡りだー!

二荒山神社

DBC2E318-8C84-43BB-B493-50BDE3EE35A5E2701942-561E-476E-9D05-40493E449D4F4DF84294-26A3-41C5-B0A8-7E9CC0CB8C1F

0F5B6093-E0E6-4876-8B96-5AD267E87C11F8D483B6-646A-4F37-9A90-2043A9A2588ABCB44E33-118E-4659-B28C-63888F0E55DC

FC175CDF-4F5E-481B-9F33-6FB2CD885BB0C37C366A-E2F8-4564-91E0-F13EFF991C2DFD3D1645-7591-46BD-974D-DF95ED1D4CE7

4247C9DF-9EF6-4791-9434-420EFF7BD13955C31924-2209-4FD1-AE5C-8DFBB5F7A84D

2A8C62CF-5C95-4F3B-954F-92DB3F250F2C8DDCA54B-2008-49B9-893F-6D9A7F4FF5AE

61EE9982-A6E0-4BEC-90FE-02BBA49BA30046ACB06C-D709-41AA-9928-772FF57EF5FA6142FD41-A1A4-431D-B97B-DD0663020F48

D7914D85-A1E5-4E59-B79F-F643D97FCD8E2621891F-4AFF-4566-8C4F-147E80B7F37C

24D8E92D-DF66-414F-BB2B-45B8AD1A16634CA11953-94CC-49EB-8B84-06D1B1B7624A

3F9CF855-23F7-49FF-9AB5-B67CA3A3B9B09483B045-9779-41BD-8AD7-8E592428FEDD

E29A7070-CCD4-4AF1-A132-95FEF092A05489AA9018-CCA5-4705-A9A8-5DEC2D37EE419DC83A5F-EBE0-40B5-B1A2-E0A36C41BD77

28AE18E0-E571-40EA-8B05-8C9904F2849BD482DD38-247E-4B15-8628-6724DCB49C0F

D7D61C30-8D7A-48AA-A360-F3C741F867B105C90943-CEBB-4F06-98FE-5DF545EB605F


輪王寺・大猷院

3代将軍 徳川家光の廟所。黒と金を貴重とした意匠や装飾が多く、重厚な雰囲気。

1E645FD1-0907-465C-944B-D4E58960F706F7242895-CA8A-4C24-87DF-3B3BEF1BBB81

仁王門

切妻造り、銅葺きの八脚門。

46EF18C1-E0B5-4BB6-9393-44C75E09742A09BCC998-A282-4DEB-A0A9-327E3FA9FEEE

身長3.2mの阿吽の仁王像。

397FE33A-0B84-46BF-BE1B-AD6AB99055CED9129920-2337-4848-A127-205EB9E85A3EF0ED68BC-2510-4A49-9888-65E7940D194E

裏門は蓮の花。

B7A47F3F-E69C-41DF-8D24-BEE38CD506D55A3C3516-E006-4452-AE0F-A11B6C1CA168831DB1B6-9F01-46AA-8B71-4B3FD423BAA6

御水舎

39C62CD3-2D59-4D5A-90DA-A6D5231F6AECF395B3BD-036F-4435-9CAC-0A40257A65DB33D191AF-9F5F-41E7-A57E-BAFDD930FAC3

天井に 狩野安信が描いた雲龍図があって、水面に写るらしいんだけど、かなり劣化していた。

二天門

八脚楼門入母屋造りの門。

B9BA0EFA-C94E-4969-B314-EB63778C383AA4CE32CE-572C-4F35-B8B8-5340EEB06EE6

96090F11-8BB2-494C-9ADD-7351B7E5FDF1

表は 持国天・広目天。裏は 風神・雷神

F2F915C7-27A8-4BEA-82AF-FB08B72E72D936D972BA-9A78-4859-8E5F-986E3DC3FD09A80AD769-51BD-42DE-B250-45123D66C59BC6902C1A-A837-4D0C-9907-829F7EE206D7

「幡」の礎石

4AC4D02F-7393-44EA-BBB7-8C6A1A9D0BFFB0EC9CCD-4187-4714-8F9E-E7273CA71CA9

展望所

CB6D2F89-2BD5-4B64-86AD-C329D9EDC24CED54E9BD-5F71-4D4F-B321-C7818FF6CFD2

大名から献上された石灯籠ですが、家格が低い 10万石以下の大名のは 二天門より先に入れなかったものだそうです。

夜叉門 重要文化財

牡丹唐草の彫刻

E66A7AA9-C7B2-453B-9344-10B4C007D64F107EB416-E470-4BD2-AE42-B8C20969F302

445FC5CE-6E3C-4541-B79F-E8EE4C12D080_1_201_a573B4C26-0CDC-4284-8300-FF8B0F1501BB

17422208-8A49-4469-ADD4-B64F772CB2EA_1_201_a39825A85-5A7E-492D-A57F-67915571189E_1_201_a

青・白・赤・緑 の 四体の夜叉

58D955EE-7BFE-45B9-A425-14C328B31FC31F151417-4B48-43FA-BB0D-F39AEB5B851F0FCDC7F0-977B-4A5B-B828-0A1FF50E769B_1_201_a2C78D0EA-D3E0-41D8-9664-9D0D474D9BC1_1_201_a

この中の青い夜叉の膝には象がついていて、これが「ひざこぞう」の始まりとか。ほんと?

D519AD1E-DD04-4361-AD8A-070A7B2597C85F241E29-226A-402C-B28C-A9024435E55E

唐門

C072AB98-5847-4612-9D07-44B03CBF4ECD_1_201_a6E534E81-F8CA-4354-B8B1-F2715ED6E8A4_1_201_a

柱に金箔。白龍・丹頂鶴。百間百態の群鳩

05F6D571-0613-439F-A499-D71D421A5E09_1_201_a3CB1D0D9-7B42-4097-BE38-66C2BBBC21A5_1_201_a

拝殿

92A05438-1CE8-4133-A8CD-A694DE2DBD5D_1_201_a7CF160BD-6FF1-4E17-A1DE-9374519ECC9F_1_201_a

皇嘉門

7F8377C2-F1FD-46A1-912A-87DA81869CBC62B9135A-13E2-414A-A46B-51A167581D1D

ECEC44B7-348F-44DE-905F-9C634337C1BC

507AC2F3-F018-455B-B4E7-664F45C6EE78EF3AD04A-9AF1-4F40-858A-E901465D8D94

ホテルに向かう途中で、日光名物 ふわふわ氷を 食べに行きました。

77E75F2A-6DDA-42E5-8BA4-C435E84D60330AE7FA1A-9EC1-46F2-BD68-7F4566B40F460C7C145A-0CC8-4B28-9211-7F4B4FC1486B



chatora24 at 16:38|PermalinkComments(0) 栃木県