2018年12月05日

イタリア 最後のローマ

10/29

ローマに戻ってきましたが、ひどい雨と風、日本でいう爆弾低気圧というような天気で、ものすごい雨風と思えばピタッと止むの繰り返しでした。ローマは昨日から暴風雨で学校も休みだとか。私たちがたどり着いた時には倒木で死者がでたとか、あっちこっちの道路が封鎖されていて 大渋滞でした。そして ヴェネチアではあの大洪水だったみたいです。
そして最後のトラブルが、予約したホテルが思っていたのと違ってたこと。
「コロナリ・パレス」ミラノのホテルのようなブティックホテル(昔の建物を利用したおしゃれなホテル)だと思っていたのです。確かにおしゃれなホテルだったのですが、同時に古い建物で エレベーターがなかったのです。場所も分かりにくくて 前まで車が入らなかったので、トランクを提げて右往左往。ちょうど雨が止んでいる時だったので ラッキーでした。やっとの思いで着いたら、エレベーターがなかった!泣きついて ホテルの人に運んでもらいました。とほほ。

相変わらず 雨は降ったり止んだりでしたが、夜ご飯を食べに行きました。ホテルの近くのレストランで。

フライドポテト(チーズ&胡椒)/シーフードピッツア

fullsizeoutput_4b5bfullsizeoutput_4b5c

トリッパのローマ風煮込み/?

fullsizeoutput_4b5dfullsizeoutput_4b5e

デザート パンナコッタ

fullsizeoutput_4b5f

10/30

朝起きたら なんと すごい青空!
ホテルで朝食を食べて 出かけます。

fullsizeoutput_4b60fullsizeoutput_4b61

fullsizeoutput_4b62fullsizeoutput_4b63

ハロウィンでお花もこんな感じ。

fullsizeoutput_4b65

ホテルのすぐ近く、ナヴォーナ広場あたりまで 歩いて行きました。

fullsizeoutput_4b66fullsizeoutput_4b67

fullsizeoutput_4b68fullsizeoutput_4b69

fullsizeoutput_4b6b

fullsizeoutput_4b6cfullsizeoutput_4b6d

サンタニェーゼ・イン・アゴーネ教会

聖アグネスを祀る教会。13歳の時にキリスト教の信仰と純潔を守り 殉職しました。そのアグネスが処刑された場所に建てられた教会です。

fullsizeoutput_4b6a

fullsizeoutput_4b6efullsizeoutput_4b6f

fullsizeoutput_4b70fullsizeoutput_4b71

fullsizeoutput_4b72fullsizeoutput_4b73

IMG_4351IMG_4352

IMG_4354fullsizeoutput_4b74

fullsizeoutput_4b7cfullsizeoutput_4b7d

fullsizeoutput_4b7efullsizeoutput_4b7f

fullsizeoutput_4b80fullsizeoutput_4b84

fullsizeoutput_4b81fullsizeoutput_4b82

fullsizeoutput_4b85fullsizeoutput_4b86

fullsizeoutput_4b87fullsizeoutput_4b88

fullsizeoutput_4b8bIMG_4380

これが たくさん見た教会の見納めでした。

fullsizeoutput_4b8e

ホテルからタクシーで空港へ。またアリタリア航空で成田へ向かいます。
帰りはイタリアから食品を積み込むので、行きにも増して イタリア料理が美味しかったです。

fullsizeoutput_4b8ffullsizeoutput_4b90

fullsizeoutput_4b91IMG_4386

fullsizeoutput_4b92fullsizeoutput_4b93

IMG_4389fullsizeoutput_4b94

アリヴェデルチ イタリア!

chatora24 at 23:24|PermalinkComments(0) イタリア 

2018年12月04日

オルヴィエート

ドゥオーモを出て、ランチをするところを探しながら 街を歩きました。

マウリツィオの塔

時計付きの塔としては、イタリアで最も古いものの一つだそうです。

IMG_4283fullsizeoutput_4b0d

向こうに見えるのは モーロの塔

fullsizeoutput_4b3afullsizeoutput_4b39

ポポロ宮殿

fullsizeoutput_4b38fullsizeoutput_4b3b

階段を登ってみましたが何もありませんでした。

サント・アンドレア教会
となりに見えるのが コムナーレ宮です。現在は市庁舎になっています。

fullsizeoutput_4b3cfullsizeoutput_4b41

fullsizeoutput_4b40fullsizeoutput_4b3f

近くのデリに美味しそうなものが並んでいたので、そこに入って食べました。日本でいうと お惣菜やパンやピザを売ってるお店みたいなもの。持ち帰りもできるし そこで食べても良いお店。
サラダにライスコロッケにキッシュ。やあ、思ってた以上に美味しかった1

fullsizeoutput_4b46fullsizeoutput_4b48

fullsizeoutput_4b49fullsizeoutput_4b4a

いよいよ オルヴィエートに別れを告げる時刻が近づいてきました。ローマに帰らなくてはなりません。
最後に「緑のハート」と呼ばれるウンブリアの田園風景を目に焼き付けましょう。

fullsizeoutput_4b4c

fullsizeoutput_4b4dfullsizeoutput_4b4e

fullsizeoutput_4b4ffullsizeoutput_4b50

fullsizeoutput_4b5a

fullsizeoutput_4b55fullsizeoutput_4b57

fullsizeoutput_4b52fullsizeoutput_4b56

fullsizeoutput_4b53fullsizeoutput_4b54

fullsizeoutput_4b58fullsizeoutput_4b59




chatora24 at 11:48|PermalinkComments(0) イタリア 

オルヴィエート

オルヴィエートのシンボル、ドゥオーモは素晴らしかったです。この写真ではその素晴らしさが伝わらず残念です。「ロマネスク・ゴシック建築の宝石」と称されるドゥオーモは 1290年に着手され、3世紀の年月をかけて、建築家30人以上、彫刻家150人以上、画家60人以上、モザイク師90人以上によって完成しました。

fullsizeoutput_4b11

中央のブロンズ扉は、20世紀を代表するイタリア人彫刻家 エミリオ・グレコの作です。

fullsizeoutput_4b0ffullsizeoutput_4b10

fullsizeoutput_4b12fullsizeoutput_4b14

サン・ブリツィオ礼拝堂

ルネッサンス時代のフレスコ画(フラ・アンジェリコ、ルカ・シニョレッリ、ベノッツオ・ゴッツォリ)が素晴らしい。

fullsizeoutput_4b15fullsizeoutput_4b16

fullsizeoutput_4b17fullsizeoutput_4b18

右のピエタは イッポリト・スカルツァ作

fullsizeoutput_4b19fullsizeoutput_4b1a

fullsizeoutput_4b1cfullsizeoutput_4b1d

fullsizeoutput_4b1efullsizeoutput_4b1f

fullsizeoutput_4b20fullsizeoutput_4b21

右は「死者たちの復活」

fullsizeoutput_4b22fullsizeoutput_4b24

特に有名な2つの絵。ルカ・シニョレッリの最高傑作。
左が「最後の審判ー地獄」・右が「最後の審判ー天国」です。逸話として、ミケランジェロは シニョレッリを賞賛していて、システィーナ礼拝堂の「最後の審判」を描くときも オルヴィエートに出向き、この絵を参考にしたとか。また、シニョレッリは この報酬として賃金や住居の他にオルヴィエートの白ワイン(年間1000ℓ)を受け取ったとか、地獄絵の娼婦の顔を別れた愛人の顔にしたとか??

fullsizeoutput_4b25fullsizeoutput_4b26

fullsizeoutput_4b27

子どもを抱く聖母(ジェンティーレ・ファブリアーノ作)

fullsizeoutput_4b28

コルポラーレ礼拝堂

fullsizeoutput_4b2afullsizeoutput_4b2d

この壮麗なパイプオルガンは イタリアで一番大きいと言われていて、5500本ものパイプからできています。

fullsizeoutput_4b2ffullsizeoutput_4b2e

古いフレスコ画が残っていました。

fullsizeoutput_4b30fullsizeoutput_4b31

fullsizeoutput_4b32fullsizeoutput_4b33

fullsizeoutput_4b34fullsizeoutput_4b35

大きな街とはいえないオルヴィエートで、この素晴らしいドゥオーモに感激しながら 後にしました。

chatora24 at 08:20|PermalinkComments(0) イタリア 

2018年12月03日

オルヴィエート

10/29 ペルージャ出発

fullsizeoutput_4aedfullsizeoutput_4aef

fullsizeoutput_4af1fullsizeoutput_4af3

fullsizeoutput_4af5fullsizeoutput_4af7

fullsizeoutput_4af9fullsizeoutput_4afb

途中でトイレ休憩をしたのが、「サン・パトリツィオの井戸」という遺跡。直径13m 深さ62mという大きな縦穴で、長い螺旋階段を降りて 水を汲みにいくそうです。

fullsizeoutput_4afd

fullsizeoutput_4afffullsizeoutput_4b00

fullsizeoutput_4b02

ケーブルカー(フニコラーレ)の駅

Pck9JdnDR8qkN7lpHHeNHQIMG_4232

市民公園

IMG_4234fullsizeoutput_4b03

fullsizeoutput_4b05fullsizeoutput_4b06

fullsizeoutput_4b08

fullsizeoutput_4b04fullsizeoutput_4b07

オルヴィエート

ウンブリア州テル二県。丘の上の要塞都市。街は凝灰岩の上にそびえ立ち、その崖の中央には大きな美しい大聖堂があります。

駐車場から小学校の横を抜けてドゥオーモに向かいます。

fullsizeoutput_4b09fullsizeoutput_4b0a

fullsizeoutput_4b0b



chatora24 at 23:02|PermalinkComments(0)

ペルージャ

10/28

6時ごろにペルージャに戻ってきました。ホテルで お風呂に入り、着替えて レストランに向かいました。初日に見つけておいたのに 一つ道を曲がり損ねて またぐるっと回ってしまいました。

IMG_4006

この日は ユーロ・チョコレート祭りの最終日だったので、レストランはいっぱいでした。

fullsizeoutput_4ae7fullsizeoutput_4ae9

fullsizeoutput_4aeafullsizeoutput_4aeb

fullsizeoutput_4ae8

隣のテーブルの若いカップルの男の子が ひとなつっこい人で、いろいろ話しかけてきて 楽しかったです。ペルージャも今日でさよならです。
明日の朝は ペルージャからオルヴィエートに向かいます。





chatora24 at 22:04|PermalinkComments(0) イタリア