2020年10月10日

下呂温泉 合掌村

蓼科に帰る前に、近くの合掌村を見学しました。道には楽しいものを見つけました。

BbD2+KDCRhyLFF9IbqzvDQfullsizeoutput_5df7

vr%+f2bHRginkrG4Jq4isA2PR21XY%SRuxhnGVlj2vdw

中にあった「しらさぎ座」では、子どもたちがリハーサルをしていました。

IMG_2807jHvEoAWGRGmFA7HzxD7YKg

民俗資料館(国登録有形文化財)

uqowDIo9SmOAhz1MWV2ZLwDD6nQjFuQBi+tFnuEvsZ1g

Usrrk7reQKapdZfFO4IHeAXFLtpWeET6aXY+ZMGe4xigPuWA4zvGSaW+c5mSLcnrlQ

N1ksn7QxRX+Q8e%m%3x91AJ07Ot%p0To69n2lbw%VaVw

7ATASoVaQVyYDIPivDPnTQOWhPF2d0RdqOQyMJtiBgLQ

UqPa6u6kSZmDqWOGrv1o%gkVU0UJxMTcKZY8CnMru1nQ

+I47S4uiRsajBqu0TIS7BAmiKIQYpZT02%pNx2l4voYw

dbv3vtllSUGAZbye9XBDbA2nRKF8ZsTsCbDDIwcmgRIA

uS8gSMa7RTyKM37W3uVlWQVTTTYJVgQGuJEU5DwUr4xw

TZlhz1GpQJysBAQBjCEufgDc+GfKRYTPCn74H7HO1+xQ

SrJ2iyUIQj+ryRC7S+Z7rQqKAgVVaMQQyYL2UFMj+VgwvCv2K8k6RqSTX+cUxFg2Cg

竹原文楽記念館

この竹原文楽の創始者、洞奥一郎さんという人がすごい人だった!
人形は全てご自分で手作りされ、1人で100体もの人形を操られた言います。後継者がいなかったのが 本当に残念です。

ZsjyE92PTIGIwA1QN3HQOgmpwFxvjCROuO%v%eGVYtkw

+OryXy1DQdKCqMGFoPs3nQwlNL%WdBQcuWoihtDK1SEg

IuT8IcLhRh+2mQIIAGeAKQ3rKYXYJ8QgmZxjiz%0Q6ZQ

V7c9l1LGTWWgmDT3IM0OywZOXBjaoLTJ6WfHjkjSe2sg

XUV0kURqSUKN4cwXacl5Cgbr3Sef3FQFeXZR2IQDdPsg

旧大戸家住宅(国指定重要文化財)

1GesAhcjRdyCTm3+vN8Png8WfPO4LlQeKOPvWJRPsFLQ

N7zsSl%iQh6B+NPujPz6ow

wioleE6sRtyXALkWg4vAQQx7ZHC98SRly%PLGSj%FT%QXh5IVNgaSoWEOioc2u3yPw

XZ38QG5IQceZ77Y7IvUF8wLZSIV2+TSq62L8hH48xEoQzjuxhZwPRj+25FwtMvq3EA

AXA3y16CShGkPcq0%OxT6gtbXomh1ESIOR40Vk5x1ASw

BIgxE6tjT1u8LUkzsQHyPQCw+cgXHyRhSH%AjJ3gnBvgfNbLNJQ6Stifhj4Cacb+yw

DgsDtRZLRyibp+ksvr4kAwxF2%xvhORH6OH2bwwlD2Sw

白川郷から移築されたこの大戸家は、あの平沢勝栄さんの生家だったんですって。

fullsizeoutput_5da3fullsizeoutput_5da5

合掌茶屋(旧伊並家)

tnNZAae2RLifMc%TUunSBgrSuumSwBSzeXRlKIP+XLgw

なかなか興味深かったです。
この後は、一路蓼科に戻りました。

chatora24 at 23:54|PermalinkComments(0)

下呂温泉

息子のところに 孫の顔を見に行った帰りに 下呂温泉によりました。

TfNJSPBlTgmdzbbCZRkjvAdY7P7neWTcyWzCp58L1UCQfullsizeoutput_5dfc

お宿は 飛騨川沿いにたたずむ『水明館』

f0TOJFQHQ8WHsKC%%x2RygpnODxpJjSGCGApex91aS1w

CkREqkbBRAGKKQIdfNSPrAMUt6Q+RgSCSF+MufZpvYFg

myyVx7IwSjaDHhMXVHjF0gfullsizeoutput_5dfb

IMG_2797VEcxHPvuSbGQYehp6hgefA

FG6uzkbuRyi76Ca3JkISNQfKQaHkZEQxCfotZoTA7EiA

下呂温泉は 初めて来ましたが、お湯が良いです。さすが 「美人の湯」と言われるだけあります。とろっとした柔らかい 滑らかなお湯でした。

お食事は 食事処で。

先付け(空蒸し 梅肉餡 かり梅)
前菜(黒豆百合根茶巾・銀杏・甘鯛南蛮漬け・焼き葱・合鴨ロース・翡翠茄子)
 
fullsizeoutput_5df8fullsizeoutput_5df9

吸い物(骨切り鱧・松茸・短冊冬瓜)
御造り

ayhQMbJWTTyGhXCct2yWlQfullsizeoutput_5dad

焼き物(毛蟹と松茸炭火焼)

fullsizeoutput_5da8fullsizeoutput_5da9

揚げ物(飛騨葱真丈・南瓜真丈・天豆)
冷やし鉢(煮鮑・粟麩・小芋・菊菜)

fullsizeoutput_5daafullsizeoutput_5dac

強肴(飛騨牛すき煮)・ご飯・留椀(飛騨なめこ)・香の物

fullsizeoutput_5dabfullsizeoutput_5da6

水物(梨・柿・巨峰)

fullsizeoutput_5da7

美味しくいただきました。

朝ご飯

IMG_2798IMG_2799

chatora24 at 23:11|PermalinkComments(0)

2020年09月28日

小布施町歩き2

『おぶせミュージアム 中島千波館』

IMG_2656IMG_2657

IMG_2659IMG_2660IMG_2661

IMG_2662IMG_2663

IMG_2664IMG_2665

IMG_2666

屋台蔵

IMG_2671cUgPkS2yQnSss7BZ8fEZ5Q


『高井鴻山記念館』

K%Q7O6nnTfCL7W%mlNQlkA9WLOSxLnSFqsMxKQRf0yCA

4rmIqAX+RsaB73SJcqmXuQRVJAnNNySdqRrUfjbE62Ug

j6faZRkXSNu5U5fssix%yQZjzZ1i%XRDmlWnIhGw9TlA

お昼は、「桜井甘精堂 蔵部」で栗おこわセットをいただきました。

IMG_2686IMG_2685

モンブランで有名な小布施堂の朱雀は 人がいっぱいで売り切れでした。代わりに焼き栗を買いましたが、これがすごく美味しかったです。

Rktr2N1hQsO7eL%oniQBsQvJOsAU0XQDKyl9+kuUFYoA

最後に町からちょっと離れた『曹洞宗 梅洞山 岩松院』へ。
この時期 りんごにぶどう、たくさんなっています。

cvZSwB0+QQSr92nr4iYK0QHnmLgZhzRhyh0LgSSj3NbgGKmBybkpQymABhsz+%plTQMUxaWo6OQB6ziS4seooE1A

IMG_2705IMG_2706

LSa+OJmkQCyswL%SX0tn8gbWgmmjlhQ4mvzIN68m4U6w

このお寺には、北斎の描いた天井絵があります。写真が撮れなくて残念ですが、その他にも、お庭の池のカエルの合唱を聞いて小林一茶が「痩かへる まけるな一茶 是に有」の句を読んだところであり、福島正則の墓所でもあるお寺です。










chatora24 at 20:15|PermalinkComments(0) 信州 

小布施町歩き

9月27日

丸子の友人宅から一緒に小布施へ。子どもたちが小さい頃は、お世話になった小松崎先生のこくばん山荘から 何度か小布施に立ち寄ったことがありましたが、今回は何十年ぶりかの訪問です。
新しくできた『北斎館』をはじめ、北斎を巡る訪問です。

まずは お目当の北斎館へ。町営森の駐車場に車を停めて歩いていきます。
秋ですね。今は秋の真っ盛り。りんごやぶどうもたわわに実っています。

FPlah5s6S9yFjQC4hHBj%g+%PJXq2FTEW9EPrqNcQ1Jg

町には 結構な人出です。小布施といえば栗ですね。

SOyboNyJQPWkXmR5wqYv9gFaT64DCQQrmt3IWO+I5Cmw

アトムも鬼太郎も出迎えてくれます。

4UYHkuBxRP2FzP1fyBjzag2BrWLL6uRM6oP0WN7cHJoAkGgt+o58TeC5c44y9pVp+Q

QRZJHU%BQjWN0Zt0RVDgtA

北斎館

LY7ZZZJARsGLFbbJEwmZ+gL5kREXt0SHWzdorMcSSaUQ

v2WaZ8H0Q2iffEAQ4fx%wQF1vepvwdQjW4JBpvTRKFzw

MKqseidJQhynJM0qhqJiTgQEpNYiyHSma4%o3ddDpvFQ

ivHHTZY7RTCBifRI2hfLaQIMG_2535

IMG_2542

これは 全部 北斎の名前です。

IMG_2536IMG_2537IMG_2538

IMG_2539IMG_2540IMG_2541

版画

まずは有名な富嶽三十六景

IMG_2581IMG_2582

IMG_2595IMG_2596

IMG_2603IMG_2604

IMG_2557IMG_2558

江戸八景

IMG_2561IMG_2562

IMG_2565IMG_2563

「両国橋夕涼花火」「日本橋肴市繁盛」

IMG_2566IMG_2567

肉筆画

IMG_2628IMG_2629IMG_2635

IMG_2636IMG_2639

「富士越龍」北斎晩年の絶筆

摺物

「宝船」「琵琶を弾く弁天」

IMG_2543IMG_2544

IMG_2553IMG_2554IMG_2555

版本

「新編水滸画伝」

IMG_2615IMG_2616

IMG_2617IMG_2618

祭屋台

北斎筆の天井絵が描かれた二基の祭屋台

IMG_2641IMG_2642

IMG_2643IMG_2644

IMG_2645IMG_2646

IMG_2647IMG_2650

IMG_2652IMG_2653













chatora24 at 18:08|PermalinkComments(0) 信州 

下諏訪散歩2

下諏訪を散歩中、興味深かった『しもすわ今昔館 おいでや』に入って見学。

jsAqMsWlTaWoO7M9qlh84gacnFx6LjRcydw0d8dErIBQkqEjvwthQQifJezFIpT2ow

ここには、縄文時代の人と黒曜石の関わりを学べるという『星が塔ミュージアム 矢の根や』と、刻まれた時の歴史と時計の仕組みを学べる『時計工房 儀象堂』があります。

ちょうど入った時刻が、お外にある「水運儀象台」(900年余りの時を超え完全復元された、水力式大型天文観測時計塔」のデモンストレーションの時刻にぴったりだったので、そちらに行きました。
この建物がすごかった。

BfafRWRuQ92aecA9mVZkKAEaibX0mWQHWQVPo+d%M6Fw

MqKy8u5ZRTmt8HnkQh5dNgTEb483m9Sm+glY7c9zkTSAW8Mj+IhLTyq+kgdI9pSzXA

Qzfqse1tRu6DEY8HeOUYlgLh48IIpTQCKrECVcHMzrEQ9jst2xVSSZ+6jm9eqDlrLA

この水運儀象台は 中にも入れて、水の力で機械が回転するのを見ることができます。説明もしてくださるので、仕組みもよくわかって 楽しめました。

中国 北宋時代の1092年に建設された設計書をもとに復元されたこともすごいですが、動力部3ブロック、水車で動く3ブロックで構成されるしくみがすごいです。
4匹の龍が支えている屋上の「渾儀」では 天体観測もでき、「渾象」は天球儀で、1.37mの球体に星座や黄道が記されています。そして 162もある人形が時を刻んで回るのが とても楽しく、ずーっと見て入られました。

その後、ミュージアムに入って見学しました。

OIKW81ZdRo2gfcRWtDipugj4D95Z3CSDSXsbUndiIXpQ8J0cu6PxTZCrOiAtWNgzWg

GfUaf11+TPCiCHx3h4qpSQehHBPVUbQDiPHikm3iZoHgYx4JPMGsTpajFUx5vhIe2Q

scZRMilMTR6bZ4FgOg93rgdx4+9PWsQ3aq5dq3lZNzmwkV97dxDDTT6NByPw0Mvesw

時計の他にも、日本遺産「星が塔黒曜石原産地遺跡」についての展示がありました。

縄文時代には一番栄え、人口も一番多かった諏訪地域、黒曜石の交易と暮らしの様子がわかりました。

kmyO0%yiQr6bfA67S3B+1w56cprCtcQPKxPpbXV+%F3Q

QQM7+VxHRy26jMs1zg4q2gjzfh4JzQTFWBfifFhKdCKA

fullsizeoutput_5da1fullsizeoutput_5da2

黒曜石の採掘坑を再現しています。

AAGrCiDJSHm1KGCOXRJH4wleYs+kpKSoGFqXpY0DxSkAYd3MbrPESmSD3I9PvuGRSQ

この黒曜石で 狩りのための矢じりやナイフを作っていたのでしょう。当時は貴重な場所だったことがわかりました。

次に入ったのが、『日本電産サンキョーオルゴール記念館 すわのね』です。

fDmtL+IRTyO81MPUzmirZg

ここでは、日本だけでなく世界のオルゴールを実際に聴かせてもらえます。説明もしてもらえるので、とても良かったです。音色をお聞かせできないのが残念。

EXAuOaIESEqE4Q%rg%UXAg5zt32TgpQWSVZt2FwHO1oA


IMG_2438IMG_2439

IMG_2440IMG_2441

IMG_2442IMG_2443


8月に生まれた孫に、子守歌のオルゴールを買いました。明日 持っていきます。やっと会えるので。

最後は ハーモ美術館へ。諏訪湖のほとりにあって、富士山も見えるのですよ。
今日は動き回って お昼を食べ損ねたので、ここのカフェでパウンドケーキとコーヒーをいただきました。

xRko3AE8Rq+qVjfJ%yr3Nw18Ou8a2%SSessHcF9g3i1Q

+JADFzlyShuzXz9ZmIZMMgJHyjQVLhQoG3JKI7RvId%QIWVSverIS8ifrDe2LIjKRw

アンリ・ルソーの絵を見て、この絵本を買って帰りました。

トラといっしょに (児童書)
ダイアン・ホフマイアー
徳間書店
2020-08-07
























chatora24 at 08:01|PermalinkComments(0) 信州