2017年05月24日

すっぽん

すっぽん料理を食べに銀座『唐井筒』さんにおじゃましました。

すっぽんは家で何度か食べたことがありますが、お店で食べるのは初めて。相手の奥様はすっぽん初体験。旦那たちは 何度も食べているのでしょうよ。

ということで、すっぽん1匹 注文。その前に いろいろいただきました。

IMG_0486IMG_0487

血と卵、刺し身

卵は ちょっと食べられなかった。生き血は、昔は焼酎で割ってあったそうで、飲めなかったらしいが、今はジュースで割ってあるのだそうで、美味しく飲めました。
刺し身の赤い方はすっぽんの前足の湯がいたの。白い方はこの店のご主人が考案したあぶらみですって。両方とも美味しかったですよ。

IMG_0488IMG_0489

かつおのたたきとカレイの唐揚げ

IMG_0490IMG_0491

後ろ足の唐揚げ

IMG_0492

もう お腹いっぱいだったけど、これからすっぽん鍋。

IMG_0493IMG_0494

まずすっぽん。それからお野菜。茄子を入れるのが珍しい。

IMG_0495

何と言っても一番美味しいのがこの雑炊。美味しい!

IMG_0499IMG_0500

ごちそうさまでした。

chatora24 at 07:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2017年05月14日

富山

5月13日


1日 いせコレクションを堪能させてもらって、夜ごはんは 富山の駅前にある『大衆割烹あら川』で3組の夫婦とアレンジしてくださった名秘書さん。今回も本当にお世話になった秘書Mさんには 感謝感謝です。それでもって、富山の海の幸堪能!!!ホタルイカのしゃぶしゃぶも美味しかった〜〜。茄子の煮浸しは2椀も抱えて食べた〜〜。刺し身ものどぐろの塩焼きも・・・・富山 やっぱり大好き〜〜。 飲兵衛さんたちも満足していました。


5月14日


何度も来ている富山、今回も仲良しのM夫人に案内してもらって、城端の町を見て歩きました。連休中の祭りのざわめきも消え、町は静かで のんびりしていました。


城端曳山会館

曳山の山車を常時何基か見せてもらえます。夜の提灯の雰囲も味わえるように 電気がついたり消えたるするのもさすがです。軒下のツバメにも目が行きました。


IMG_0371 IMG_0369 IMG_0373 IMG_0376 IMG_0379 IMG_0382 IMG_0385 IMG_0380 IMG_0381 IMG_0384 IMG_0387 IMG_0389
 
城端別院善徳寺 


 豪商の土蔵群 


街並みの中に 銭湯が。女湯が覗ける銭湯と書いてありまして、早速覗いている人。 実は、元銭湯で 今は雑貨屋さんになっていました。

IMG_0412 IMG_0413 IMG_0414
 
じょうはな織館 

こちらはなんと猫だらけでしたよー。


  2階では織りの体験ができます。

IMG_0428  

ランチは 富山で一つ星を取っているレストランに連れて行ってもらいました。


  あー それなのに それなのに、新幹線の時間が迫って、デザートをいただけずに 帰らなくてはなりませんでした。ちょっと都心から遠かったのです。とっても美味しかったので、是非リベンジしたいと思います。


chatora24 at 16:14|PermalinkComments(0)TrackBack(0)北陸 

2017年04月24日

最終日

4月13日
いよいよ最後の1日となりました。
朝から のんびり ゴルフ、シャワー、ランチ、そして昼寝、スパ・マッサージ、夜ご飯。
あいも変わらず ぐうたら旅行でした。

ゴルフから帰ってきて、シャワーを浴びて、ホテルの海辺のレストランでランチ。



夜ご飯は お隣のバンヤンツリーへ 最後のベトナム料理を食べに行きました。 突き出し そう言えば、ベトナムのレストランって、最初に必ず突き出しが出るのです。だいたいが米のせんべいみたいなのが多いです。

2017-04-14-21-10-44 2017-04-14-21-12-372017-04-14-21-23-39 2017-04-14-21-43-372017-04-14-21-44-41

デザート

2017-04-14-22-21-05

明日の朝は 日本に帰ります。

chatora24 at 09:42|PermalinkComments(0)TrackBack(0)ベトナム 

フエ観光2

ティエンムー寺

「天女の寺」と呼ばれる古いお寺。7重の塔が有名。

2017-04-13-15-22-272017-04-13-15-28-07

2017-04-13-15-29-322017-04-13-15-30-39

2017-04-13-15-31-342017-04-13-15-38-28

このあとは、フエ宮廷美術博物館へ行きました。陶器や皇帝の玉座や乗り物、きれいな刺繍の衣服、フランス製の食器などなど、美しいものばかりでした。

トゥドゥック帝廟

阮朝4代目の皇帝トゥドゥック帝の別荘地兼墓所に行きました。ここも広い。トゥドゥック帝は、小さい頃から病弱で、子どもにも恵まれなかったので、早くから自分の墓所を建て、ここを別荘代わりに使ったということです。

2017-04-13-16-13-042017-04-13-16-16-40

2017-04-13-16-17-102017-04-13-16-17-36

2017-04-13-16-17-442017-04-13-16-28-27

2017-04-13-16-32-582017-04-13-16-33-10

2017-04-13-16-33-352017-04-13-16-36-03

2017-04-13-16-36-402017-04-13-16-38-13

2017-04-13-16-39-102017-04-13-16-41-01

2017-04-13-16-42-192017-04-13-16-43-47

中では 皇帝の玉座に座って 衣装を着て 記念写真が撮れます。外国の男の子が撮っていたので、お願いして1枚撮らせてもらいました。
星座が描かれている天井も。

IMG_0221IMG_0220

池の上の建物では、官女の奏楽も見ることができました。

2017-04-13-16-48-542017-04-13-16-50-47

最後に ガイドのVanさんに 地元の工芸品を売っているところに連れて行ってもらって お土産を買いました。最後に記念撮影をして別れました。ベトナム中部に行く方は れんらくくださいと言っていましたよ。みなさまいかがですか?

BlogPaint

chatora24 at 09:21|PermalinkComments(0)TrackBack(0)ベトナム 

2017年04月13日

フエ観光

4月13日 ホテルから頼んであった車で フエに移動。今日は ちょっと天気が悪く 小雨模様。45分くらいで到着。日本語ガイドの女性が待っていた。ヴァンさんと言うこの女性、なんと先日の天皇の訪越の時も、10年前の皇太子訪越の時も、ガイドを務めたのだという。びっくり 調べたら、本当に 新聞記事の写真に並んで写っていましたわ。右端の黒いアオザイを着た女性です。あらすごい。 王宮は3重の城壁と堀で囲まれています。最初の門を入ると大砲が。右に春夏秋冬の4門、左に五行の5門の計9門。でも使われたことはないそうです。 門の外に大きな国旗がかかっているところがありました。このフラッグタワーは0地点を表しているそうで、ここから四方八方に距離が図られています。
 

ベトナム最後の王朝。中華文明の影響を強く感じますが、フランスの影響も混ざっているようです。
堀の橋を渡って入って行きます。


午門と呼ばれる王宮の正門


太和殿の入り口。


太和殿の屋根・柱・玉座には 皇帝のシンボルである龍🐉が飾られています。




広いのなんの。2つの堀に囲まれ、1つ目と2つ目の間には庶民が住んでいたそうです。そして いくつもの城壁に守られた中心に紫禁城があり、皇帝が住んでいたそうです。

すっかり お腹も空いて、ランチに向かいました。一軒家のレストラン。素敵なお庭に室内、期待が高まります。


綺麗に飾りをつけられたお料理でしたが・・・・周りは観光客ばかりでしたが・・・・みんな どう思って食べているのでしょうか? ひどかった。最後の生パイナップル🍍も ⁇?ぐらい食べられなかった。


chatora24 at 18:40|PermalinkComments(0)TrackBack(0)ベトナム