2014年03月20日

ODA事業でリベート1億円支出…外国公務員に

2c7906eb.jpgODA事業でリベート1億円支出…外国公務員に

政府開発援助(ODA※)事業を巡り、鉄道コンサルタント会社「日本交通技術(JTC)」(東京)が2008〜12年、ベトナムなど3か国で計約60億円の事業を受注した見返りに、約1億円のリベートを不正に支出していたことが関係者の話で分かった。

JTCは読売新聞の取材にリベート支出を認めた。提供先には相手国の公務員らが挙がっており、外国公務員への贈賄を禁じた不正競争防止法違反の疑いが強い。

 一連のリベート支出は、東京国税局の税務調査で判明した。JTCは調査に提供先を明かさなかったため「使途秘匿金」と認定され、通常の法人税に加え、支出額の40%にあたる約4000万円の制裁課税を受けた。

(2014年3月20日03時08分 読売新聞)

cheelend at 04:32|PermalinkComments(0)TrackBack(0)Diary 

2014年01月10日

安倍首相、中東・アフリカ歴訪へ出発

bfd84352.jpg安倍首相、中東・アフリカ歴訪へ出発

安倍首相は9日午前、中東・アフリカ歴訪の最初の訪問国・オマーンに向け、政府専用機で羽田空港を出発した。

 首相が訪問するのは、同国とアフリカのコートジボワール、モザンビーク、エチオピアの計4か国。首相は羽田空港で記者団に、「アフリカは日本外交にとってフロンティアと言える。中東は日本にとって戦略的に極めて重要で、安全保障上も重要だ。今年も地球儀を俯瞰ふかんする戦略的外交を展開していきたい」と語った。15日に帰国する。

 首相は、オマーンでは、石油の安定供給や海上交通路(シーレーン)の安全確保策を確認する。アフリカでは、経済成長が著しい各国との一層の関係強化を目指す。日本の首相がサハラ砂漠以南のアフリカを訪問するのは、森喜朗、小泉純一郎両氏に次いで3人目。

(2014年1月9日11時51分 読売新聞)

cheelend at 06:25|PermalinkComments(0)TrackBack(0)Diary 

2014年01月04日

二度と戻らぬ火星移住、候補に日本人10人も

e0ef440a.jpg二度と戻らぬ火星移住、候補に日本人10人も

【ワシントン=中島達雄】2025年からの火星移住を目指すオランダの民間非営利団体「マーズワン財団」は12月30日、約20万人の移住希望者の中から1058人の候補者を選んだと発表した。

この中には、男女5人ずつ計10人の日本人が含まれているという。

 今後、医学的な検査や訓練などを経て最終的に24人に絞り込む。25年には最初の4人が火星に住み始め、その後、2年ごとに4人ずつ増やしていく計画だ。移住者は二度と地球に戻らない。地上での訓練や火星に居住している様子をテレビ放映し、資金を集めていく考えだ。

 同財団は2013年4〜8月に移住希望者を募集。技術力や安全性を疑問視する声もあったが、世界中から20万2586人が応募した。希望者が提出した1分間のビデオメッセージや書類などを審査し、107か国・地域から1058人を選んだ。

(2014年1月1日10時39分 読売新聞)

cheelend at 02:05|PermalinkComments(0)TrackBack(0)Diary 

2013年12月21日

中韓の動向にらみ…3か国に大使館増設

2584313e.jpg中韓の動向にらみ…3か国に大使館増設

政府は20日、太平洋のマーシャル諸島共和国、旧ソ連のアルメニア、アフリカ南部のナミビアの3か国に、大使館を増設する方針を固めた。

いずれも専任の大使を置き、大使館員は各10人程度。2014年度予算案に盛り込み、15年1月の業務開始を目指す。日本の大使館数は計138となる。

 中国は、マーシャルを含む太平洋の島嶼とうしょ国などで、外交関係樹立や国家承認の取り付けを巡り台湾と勢力争いを繰り広げている。アフリカでも資源の開発利権を狙って進出を強めており、日本は後れを取っている。

 アルメニアを巡っては、「米国内のアルメニア系住民が韓国系住民の働きかけに応じ、『従軍慰安婦』像の設置に関わっているケースがある」(外務省幹部)とされ、大使館設置を通じて相互理解を深める必要があると判断した。

(2013年12月20日16時06分 読売新聞)

cheelend at 04:14|PermalinkComments(0)TrackBack(0)Diary 

2013年12月20日

リニア通って寮が去る? 「非常口」建設に大田区民反発

2b815caf.jpgリニア通って寮が去る? 「非常口」建設に大田区民反発

2013年12月18日、朝日新聞

【上沢博之】来年度着工予定のリニア中央新幹線の建設をめぐり、JR東海が地下トンネルからの非常口を確保するため、東京都大田区にある警視庁の家族寮の用地を取得する方針であることがわかった。その場合、寮の入居者は集団移転するとみられ、地元自治会は「若者が一気にいなくなってしまう」と反発し、変更を求めている。

トピックス「リニア中央新幹線」
 2027年に東京・品川―名古屋間の開業を目指すリニアは、区間の86%で地下トンネルを通るため、災害時に地下で停車した場合などに備えて約5キロ間隔で非常口47カ所を設置する。JR東海は用地取得を円滑に進めるために企業や公共用地を購入していく方針で、非常口の建設に際して「集団移転を伴うのはここだけ」と説明している。

 集団移転を迫られる見通しなのは、東京都大田区東雪谷1丁目にある警視庁の家族寮「東雪谷住宅」。東急池上線・洗足池駅近くの閑静な住宅街にある。築約12年の鉄筋6階・地下1階の建物(延べ約5348平方メートル)は、都の所有地約3300平方メートルに立つ。




cheelend at 03:01|PermalinkComments(0)TrackBack(0)Diary 

2013年12月17日

チリのミチェル・バチェレ大統領、二期目の課題

01379294.jpgチリのミチェル・バチェレ大統領、二期目の課題


(Cheel:2013年12月15日の決選投票で、60%もの得票を得て、大差での勝利でチリのミチェル・バチェレ大統領が二期目の当選を決めました。彼女については、昨年、「ミチェル・バチェレ前チリ大統領への質疑応答」と今年「チリの大統領選挙:二人の女性候補の小説以上の因縁」と記事にしたこともあり、とても印象深い方です。

さて、彼女の二期目は、難しい政治課題に取り組みます。まず企業家出身の現ピニェイラ政権では、主要輸出品目の銅の輸出にも恵まれ、高い経済成長を記録しました。失業率は低く、インフラも抑制されたレベルにあります。

しかし、中銀によると、彼女の就任後に予想されるGDPは、5.6%から4%に下がるとしています。銅の国際市況も軟調が続き、貿易黒字も25億ドルから6億ドルに縮小する見込みです。

そんな中、彼女の最優先課題は、教育、とりわけ高等教育の機会均等です。貧困層に対して、高等教育を無償で提供する。そしてそのために法人税を現行の20%から25%に引き上げることが検討されています。

実際に教育の質が担保されて、良質な労働力が提供されるのであれば、それはそれで、一つの選択肢ではあると思います。ただ、現政権で良好なビジネス環境を享受してきた海外企業にしてみると、いわゆる「おねだり」がどこまで続くのか、不安な面はあると思われます。実際に国会においても、彼女は十分な支援を得られるだけの議員数を獲得しているので、政策が通りやすい、いわゆる「強い」大統領です。その一方で、そうした支持を維持するために、賛否両論の案件にも取り組むと思われます。

それはたとえば、「ゲイの結婚」であったり、「堕胎認可」であったりします。カトリックが多く、「結婚観」において保守的なチリでは、「離婚」ですら認められるようになったのは、2000年台半ばの話です。そんな中で、こうした権利に踏み込むというのは、一歩間違うと一気に政治基盤を脅かすものとなります。

それでも、一期目に堅実かつ誠実な政治運営で、高い支持率を得たミチェル・バチェレ大統領なので、うまく課題をさばいていくものと期待をこめて見ています。)

Great expectations for Chile's new president

Winning Chile's presidential election was pretty easy for Michelle Bachelet.

She led the contest from the start and never faced much of a challenge from her bickering centre-right opponents.

The hard part will start in March when she takes office.

Ms Bachelet will inherit a country with an economy that grew by 5.6% last year. Unemployment is low and inflation is under control.

But things are likely to get worse. The growth rate is expected to ease to 4.2% this year and the central bank warns it might drop below 4% in 2014.

The price of copper, Chile's main export commodity, is seen extending its recent decline and the bank expects the country's trade surplus to shrink to $600m (£368m) in 2014 from $2.5bn in 2013.

None of this is good news for an incoming president who is promising sweeping and expensive social reforms.

Education first

Ms Bachelet has placed education at the top of her priorities.

At the moment, Chile's schools and universities rely heavily on household funding to supplement the meagre contributions they get from the state.

She wants to change that, turning the entire apparatus into a state-funded system within six years.

By the end of her four-year term she has promised that the state will pay the tuition fees of the poorest 70% of Chile's higher education students.

"Her proposals reset the clock for the education system, and she'll probably have the support in parliament she needs to get them passed," says Kirsten Sehnbruch, professor of public policy at the University of Chile.

"But the big problem with this strategy, aside from it being a significant investment, is that is doesn't address the issue of quality."

Costly promises

Even Ms Bachelet's closest aides acknowledge her education reforms will be costly, eating up an extra 1.5% to 2% of gross domestic product each year.

She says that money will come from taxes, particularly on big business.

Ms Bachelet plans to raise Chile's basic corporate tax rate from 20% to 25% over four years and to abolish a mechanism that allows companies to defer indefinitely the payment of tax on their re-invested profits.

"I expect the tax reform to be approved within the first year because it only requires a simple majority in parliament," says Claudio Fuentes, a political scientist at the Diego Portales University in Santiago.

"That will pave the way for education reform between 2015 and 2018. Some of the changes she wants to make in education require a fourth-sevenths majority in parliament while others require a three-fifths majority. So, on certain issues she's going to have to negotiate with the right."

New constitution

The other big pledge of Ms Bachelet's campaign is constitutional change.
She says Chile needs a new constitution to replace the one drawn up under Gen Augusto Pinochet in 1980, as well as a new electoral system.

The current one ensures that the two big coalitions get almost all the seats in Congress, split fairly evenly between them. Small parties and independent candidates do not get much of a look-in.

"There's a consensus on the fact that the electoral system needs to go," Ms Sehnbruch says.

"The question is: what do you replace it with? Constitutional reform is more complex and will need more negotiation."

Deep inequality

Many Chileans want Ms Bachelet to address the country's deep economic inequalities.

Of the 34 countries of the Organisation for Economic Cooperation and Development (OECD), Chile has the biggest gap between rich and poor.
She will also come under pressure from some quarters on ethical issues such as abortion and gay marriage.

At present, Chile has some of the strictest abortion laws in the world. The practice is illegal in all circumstances, even in cases of rape or when the mother's life is in danger.

Ms Bachelet, a paediatrician by training, wants to change that and has also come out in favour of gay marriage, although the majority of Chileans oppose it.

"I imagine that therapeutic abortion will be legalised but gay marriage at this stage is unlikely to be passed," Ms Sehnbruch says.

Ms Bachelet will have to work hard to keep her broad centre-left coalition united.
The last time she was in power, she governed at the head of a four-party bloc, the Concertacion, but his time around she has seven parties in her rebranded New Majority coalition.

"There are sure to be some problems," Mr Fuentes warns. "Managing seven parties is always going to be trickier than managing two or three."

That said, Ms Bachelet will at least enjoy a healthy parliamentary majority, something she lacked during her first term from 2006 to 2010.

Her coalition will have 68 seats in the 120-seat lower house and 21 of the 38 seats in the Senate.

This should allow her to push through basic legislation quickly and easily.

High hopes

On foreign policy, Ms Bachelet will seek to improve ties with Chile's northern neighbours Peru and Bolivia, both of which have taken Chile to the International Court of Justice (ICJ) in The Hague over border disputes.

The ICJ is due to rule on Peru's claim in January, before Ms Bachelet takes office. The Bolivian verdict is not expected for some years.

But perhaps the biggest challenge facing Ms Bachelet is the weight of expectation.

After four years of centre-right rule, marked by huge street protests organised by students, workers and environmentalists, Chileans are clamouring for change.

"Expectations are very high, and not just among ordinary people but among the centre-left political elite," Ms Sehnbruch explains.

"The opportunity to make significant changes has now come and yet the presidential term is only four years long.

"To reconcile those two things - the massive agenda of what people want with the reality of what you can do in four years - is going to be very challenging."


cheelend at 06:21|PermalinkComments(0)TrackBack(0)Diary 

2013年11月21日

チリの大統領選挙:二人の女性候補の小説以上の因縁

477e373b.jpgチリの大統領選挙:二人の女性候補の小説以上の因縁

(Cheel:ちょうど昨年の今頃、ミチェル・バチェレさんの講演会で彼女にスペイン語で質問をしました。当時は、UN Womenの事務局長だった彼女は、現在、チリの大統領選挙を戦っています。既に第一回投票でトップに立っており、次回の決選投票は、二位の女性候補エベリン・マッテイ(Evelyn Matthei)との一騎打ちとなります。

中道左派のミチェルと中道右派のエベリンには、深い因縁があります。これはまさに小説でも設定を描けないほどの因縁です。彼女たちはともに父親が空軍パイロットであり、幼馴染でした。家も目と鼻の先で、家族ぐるみで仲良くしていました。

しかし、チリのアジェンダ大統領暗殺につながるクーデターが、二つの家族の運命を大きく変えました。ミチェルのお父さんは、アジェンダ政権で働いており、クーデター後、逮捕され、拷問にあいます。一方のエベリンのお父さんは、当時英国の大使館勤務であったため、難を逃れたばかりでなく順調に出世していきます。

1973年にエベリンのお父さんは「空軍学校」のダイレクターに任命されます。一方、ミチェルのお父さんは、思想犯として逮捕され、拷問を受けたのち、1974年に命を落とします。拷問を受けていたのは主に、「空軍学校」の地下室でした。

その後、30年以上の時を越えて、ミチェルとエベリンは、大統領選挙で向かい合います。決選投票は、12月15日。)



Chile's election: A tale of two daughters
By Gideon Long

BBC News, Santiago

Chile holds a presidential election on Sunday and both frontrunners are women - the socialist Michelle Bachelet and her right-wing rival Evelyn Matthei.

In a region where politics is still very much a man's game, that, in itself, is remarkable enough, but when one considers the relationship between the two women, it becomes more extraordinary still.

Ms Bachelet and Ms Matthei went to the same primary school and played together as kids.

Their fathers were close friends and served together in the Chilean air force until the military coup of 1973 tore them apart, with tragic consequences.

At times, the history of the two women and their fathers is like something out of a Latin American soap opera or a magical realist novel.

The region's great writers, Gabriel Garcia Marquez, say, or Isabel Allende, would struggle to invent such a plot.

Co-author of Daughters of Generals

The story of Ms Bachelet and Ms Matthei starts in 1958 on a military base in the Atacama Desert in northern Chile. Their fathers, both air force officers, were posted there with their young families.

They lived on the same street - one at number 4 and the other across the road at number 13. Michelle Bachelet was seven years old and Evelyn Matthei five.

"To this day, Ms Bachelet's mother remembers how the two girls would play in the streets and go out on their bikes," says Rocio Montes, co-author of Daughters of Generals, a recently published book about the two women.

"They were living in a kind of ghetto. It was very remote. The air force families had their own food store, their own cinema, their own school. It was a very close community."

The girls' fathers, Alberto Bachelet and Fernando Matthei, became good friends.

They shared a love of literature and music, and despite their political differences - Mr Bachelet was from the left, Mr Matthei from the right - they respected each other's views.
When the two families moved to the capital, Santiago, in the 1960s, they stayed in touch.

But on 11 September 1973, everything changed.

The armed forces staged a violent coup, toppling the socialist government. The air force bombed the presidential palace.
Mr Bachelet worked for the government at the time and was immediately arrested.

"I was detained in solitary confinement for 26 days," he later wrote to his son. "I was subjected to torture for 30 hours. They broke me inside.

"I've never known how to hate anyone. I've always thought that a human being is the most marvellous thing on earth, and should be respected as such. But I came across colleagues from the armed forces who I'd known for 20 years - students of mine - who treated me like a criminal or a dog."

Meanwhile, Mr Matthei was in London, working as a military attache.

He supported the coup, and shortly afterwards was recalled to Chile to take up a job as director of the Academy of Aerial Warfare in Santiago.
In December 1973, Mr Bachelet was arrested for a second time and taken to the academy. He was charged with treason and imprisoned in the basement, where he was tortured.

On 12 March, 1974, after a night of relentless interrogation, he died of a heart attack.

Moral issue

Just how much Mr Matthei knew of his friend's plight is unclear.

Although he was appointed as head of the academy in late 1973, he did not visit it until February 1974, and then only briefly.

He spent most of his time working elsewhere and was not in Chile on the day his friend died.

"He was nominally in charge of the academy but he didn't have authority over all of it," Ms Montes says. "He says he only once went to the basement."

"For Fernando Matthei, the death of Alberto Bachelet is a moral problem. He probably couldn't have done anything but, even so, he still has to live with the fact that he didn't try harder to save his friend, who was being tortured just a few metres below his office."
"It's a moral issue that pursues him to this day."

Some people in Chile say it is a criminal issue too, and have tried, without success, to bring Mr Matthei to trial for Mr Bachelet's death.

But even Ms Bachelet and her mother have said they do not regard Mr Matthei as guilty.

Contrasting fortunes

In the years after the coup, the two families suffered contrasting fortunes.

In 1975, Michelle Bachelet and her mother were detained in Villa Grimaldi, one of the military regime's most notorious torture centres, and then fled into exile in Australia and East Germany.

Meanwhile, Mr Matthei rose through the ranks of the military to become the head of Gen Augusto Pinochet's air force and a member of the military junta.

By the 1990s, both Michelle Bachelet and Evelyn Matthei had entered politics and in 2006 Ms Bachelet became Chile's first female president.

Now, Michelle Bachelet is seeking to become the first Chilean president in more than half a century to serve a second term in office.

Symbol of friendship

These days, Ms Matthei lives in a house that used to belong to her father and which Mr Bachelet used to visit in the 1960s.

In the back yard, there are two olive trees - gifts from Mr Bachelet to Mr Matthei and symbols of a friendship that has formed an intriguing backdrop to the current election campaign.

"How is it that two girls who played together as kids are here, 50 years later, standing as presidential candidates on either side of the political fence?" asks Ms Montes.

"Is it to do with history or simply coincidence?

"Our conclusion is that it isn't just coincidence. It's a consequence of what happened to Chile in 1973," she told the BBC.

"The country was split in two, families were divided, friendships were broken.

"Chile is not yet fully reconciled with its past, and that's reflected in the lives of these two women who are standing for election and, in their different ways, were marked by the lives of their fathers."


cheelend at 01:56|PermalinkComments(0)TrackBack(0)Diary 

2013年10月26日

フレディ・マーキュリーの生家を訪問

47b6200c.jpgフレディ・マーキュリーの生家を訪問

我が敬愛する永遠のエンターテイナー、フレディ―・マーキュリー(本名:Farrokh Bulsara)は、1945年9月5日に、当時英領だったザンジバル島の中心部ストーンタウンに生まれました。現在、タンザニアは一国二制度のため、mainlandと呼ばれるアフリカ大陸の本国とザンジバルの両方から構成されています。

彼の生家は、海まで坂を下れば1分ほどの場所に位置し、「Mercury House」と呼ばれ、観光名所の一つとなっていました。ザンジバル島は、ポルトガルやオマーン、インドの影響を受け、それが中心部の建築様式に名残をとどめています。

市場やバスターミナルは活気がありますが、中心部の小道ですら、路上でサッカーに興じる子供たちがいなくなると、時間の感覚を失わせるような静寂が訪れます。ユネスコの世界文化遺産に登録されている街並みは、一見の価値があります。

ところで僕が泊まったのは、ザンジバル島東海岸にあるインド人と英国人の夫妻が経営するヴィラでした。タンザニアで宿泊しているホテルに隣接する旅行代理店で予約したら、一泊90ドルで、三食とアフタヌーンティー付。食事中の飲み物(コーヒー、紅茶、ミネラルウォーター、フレッシュジュース、ソフトドリンク)は、飲み放題。フェリーの発着所までの送迎無料という好条件でした。

宿は、細部までオーナーの洗練された嗜好が反映されていて、居心地がよかったです。海の正面のやや高台となった場所に立地しており、デッキチェアから海を眺めることができます。ビーチを歩いて15分ほどのところには、撮れたての魚介類を扱うフィッシュマーケットがあり、そこで調達した「たこ」を夕食の食材にしてもらい、宿泊客皆と分かち合いました。

ゆっくりと自分の来し方行く末を考えるのに、とてもよい時間を過ごせた旅でした。ぜひ、また行きたいと思わせる島でした。(写真は、「Mercury House」と呼ばれ、ザンジバル島の観光名所となっているフレディの生家)

cheelend at 23:13|PermalinkComments(0)TrackBack(0)Diary 

2013年09月22日

ケニア首都ショッピングモールで、銃撃戦(アル・シャバーブの犯行か)

690409d2.jpgケニア首都ショッピングモールで、銃撃戦(アル・シャバーブの犯行か)

(Cheel:2013年9月21日正午、ケニア首都ショッピングモールWestgateで、武装した男たちが手りゅう弾を投げ、銃を乱射し、既に11人の死亡が確認されています。ケニア赤十字によれば、死者は30人に上るとの情報も上がっています。

以前から、ソマリアの武装グループ「アル・シャバーブ」が、Westgate襲撃の犯行を予告していたことから、同グループによる犯行だとする見方が有力です。(ただし、まだ犯行声明はなされていない)アル・シャバーブは、2011年にケニア軍が南ソマリアに入り、同グループへの攻撃を強めた時期から、ケニア国内での活動を活発化させています。

僕が今、仕事をしているタンザニアは、ケニアの南に位置しています。そのため今年に入っても、タンザニア国内で、5月にアルーシャで、またザンジバルでは先週の9月16日に、アル・シャバーブによる小規模なテロが発生しています。タンザニア自体は、内戦を経験していない安全な国なのですが、ケニアやコンゴ東部など周辺諸国からの影響は免れえません。)

Nairobi Westgate shoot-out kills 11 in Kenya

BBC, September 21, 2013

Eleven people have died in a gun battle inside a Nairobi shopping centre, says a senior Kenyan security official.

Mutea Iringo blamed "armed criminals" and said police were in control of a "very serious situation". Officers are going shop to shop to secure the area. The Kenyan Red Cross says 30 died.

Eyewitnesses saw armed men in black entering the Westgate shopping centre on Saturday afternoon.

The Somali militant group al-Shabab had threatened to strike the centre.

Al-Shabab has carried out a string of attacks in Kenya since 2011, when Kenyan troops moved into southern Somalia to fight the militants there.

No group has said it carried out the attack. Some eyewitnesses told AFP news agency they had heard the gunmen speaking Arabic or Somali.

Other witnesses said Muslims were told to leave and that non-Muslims would be targeted.

"They came and said: 'If you are Muslim, stand up. We've come to rescue you," said Elijah Lamau.

He said the Muslims left with their hands up, and then the gunmen shot two people.
Trapped

The attackers entered the Westgate centre at about 12:00 local time (09:00 GMT), throwing grenades and firing automatic weapons.

Dozens of shoppers fled, many were trapped inside. Some reports spoke of hostages but this is unconfirmed.

Arjen Westra, who was drinking coffee at the time of the attack, told the BBC he thought the cafe he was in was being targeted by the gunmen.

"I could hear the gunfire moving towards the main entrance of the shopping mall, so some people ran out of our cafe in a kind of panic, and quite a number just fell down as flat as possible on the ground."

Mr Iringo, permanent secretary in the Internal Security Ministry, said special forces were now "evacuating civilians and searching for the criminals".

Nairobi police chief Benson Kibue initially said the gunmen had been trying to rob a shop, but later called it "a terrorist attack".
Targeted

The BBC's Anne Soy, who is at the scene, said there were reports one of the gunmen has been shot dead.

Some of the attackers were reportedly dressed in hijabs, and it is unclear whether they were men or women, our correspondent says.
Security guards used shopping trolleys to wheel out several wounded children and at least one man.

"The gunmen tried to fire at my head but missed. There are definitely many casualties," Sudjar Singh, who works at the shopping centre, told AFP.

"I saw three of the attackers dressed in black and with covered faces and they were carrying heavy rifles," said another witness.

One Nairobi resident, Anupa, who lives near the scene, told the BBC: "I heard the exchange of fire when it happened, and I heard what I thought was a grenade, but I didn't go outside. The whole area is cordoned off."

The Westgate centre is often frequented by wealthy Kenyans and expatriates. Police have urged residents to stay away from the area.


cheelend at 03:40|PermalinkComments(0)TrackBack(0)Diary 

2013年09月19日

リニア中央新幹線 詳細ルートと4つの中間駅を発表

77686890.jpgリニア中央新幹線 詳細ルートと4つの中間駅を発表

フジテレビ系(FNN) 9月18日(水)11時59分配信
2027年の開業を予定している、リニア中央新幹線の東京 - 名古屋間について、JR東海は18日午前、詳細なルートを発表した。
また、4つの中間駅の位置なども明らかにした。
18日に発表されたリニア中央新幹線のルートは、東京・品川と愛知・名古屋を結ぶ、全長286kmで、うち246kmが地下トンネルとなっている。
中間駅は4つで、神奈川・相模原市のJR橋本駅付近に地下駅が、山梨・甲府市、長野・飯田市、岐阜・中津川市の地上に駅が建設される。
また、名古屋駅と品川駅には、現在の新幹線駅の地下30メートルから40メートルに新しい駅が建設される。
JR東海は、このルートをもとに、環境への影響を調査した準備書を18日、それぞれの自治体に提出していて、今後、各地で説明会を開く。
リニア中央新幹線は、2014年度の着工、2027年の開業を目指していて、東京 - 名古屋間を40分で結ぶことになる。
長野・飯田市の中間駅は、JR飯田駅から、3kmほど離れた場所に設置されることになるが、市民からは期待を寄せる声が聞かれた。
地元の人は、「素晴らしいじゃないですか。乗ってみたい。人がいっぱい来てくれたらいいと思う」、「特徴ある町づくりをしないと、降りてくれる人は少ないと思う。名古屋まで、直行で行けるのが、一番いい。それと、自然となるべく壊さないように」などと話した。.
最終更新:9月18日(水)12時39分


cheelend at 03:19|PermalinkComments(0)TrackBack(0)Diary 

2013年09月15日

相続税の課税対象者、首都圏でほぼ倍増 15年税制改正

6bbacbc1.jpg相続税の課税対象者、首都圏でほぼ倍増 15年税制改正

2015年7月2日記事、日本経済新聞

首都圏で相続税の課税対象者が2015年の税制改正でほぼ倍増になる見通しだ。同年1月から相続税の基礎控除額が引き下げられるためだ。不動産に相続税がかかるケースは高級住宅地が目立ったが、法改正後は首都圏郊外も多くの地域が対象となる。相続税への関心が幅広い層で高まっている。

 国税庁は1日、相続税などの算定基準となる13年分の路線価(1月1日現在)をホームページで公開した。ターミナル駅前や人気住宅地では個別に上昇した地点もあるが、都県別の路線価の平均変動率はいずれも下落が続いた。

 しかし、自宅近くの路線価が下落していても、15年以降は相続税負担額が増えたり、従来は相続税が課されなかったのに相続税が新たに発生したりする地域が続出する。相続税の基礎控除額が4割ほど引き下げられるためだ。

 「30〜50年に一度の大改革。戸建て住宅や土地の所有者は厳しい対応を迫られる」と話すのは税理士法人レガシィ(東京・千代田)の天野隆・代表社員税理士だ。

 15年の税制改正以降に、東京都内で相続税を納める必要がある被相続人(死亡者)の数は現在の約9400人(10年の実績)から約1万9700人に増えると予測する。これは都内の年間の死亡者数(約10万人)の約2割に相当する。天野氏は「相続税が多くの人にとって身近な問題になる」と指摘する。

 同法人の試算を基に、1都3県の地域別(最寄り駅別)で見ると、税制改正前は相続税がかかっていなかったが改正後に課税対象になるケースが増えそうな地域は、東京都内は町田、国分寺、大泉学園、東久留米、竹ノ塚、新小岩など。埼玉県は川口、大宮、所沢など。神奈川県は溝の口、青葉台、洋光台、戸塚など。千葉県は新浦安、市川、柏、我孫子など。

 改正前から相続税がかかり、改正後に増税になるケースが増えそうな人気住宅地では「数百万円から1千万円近くの増税になる可能性がある」(同法人)。また、麻布や広尾などの都心の高級住宅地では「数千万円程度の相続金融資産では相続税を払えなくなる厳しい地域となる」(同法人)。

 「相続税など考えてこなかった人が課税されるのだから、顧客は大騒ぎだ」と話すのは税理士法人エクラコンサルティング(東京・渋谷)の三井皓市代表社員税理士。「高度経済成長期に親が都内に家を建てた人から問い合わせが多く、数百万円規模で相続税が発生する可能性が高い」という。



cheelend at 13:44|PermalinkComments(0)TrackBack(0)Diary 

2013年09月14日

都心直結線構想

89012235.jpg都心直結線構想

2013年9月14日 スポニチアネックス

 2020年東京五輪の開催に向けて、政府が地域を限って規制緩和を進める「国家戦略特区」に東京を指定し、施設や交通網などの整備に民間資金を活用する社会資本整備(PFI)方式を幅広く採用することを検討することになった。PFI方式の活用を想定して計画していた「新東京駅」構想の追い風になり「企業が参加しやすくなった」と歓迎している。

 規制緩和を進め、財政負担の軽減を目指すPFIは、13日夕に官邸で開かれた経済財政諮問会議で民間議員が提案。これを受けて政府は、できるだけ早く東京の特区構想をまとめ、実施に移していく方針だ。提案では民間議員は首都圏の規制緩和を3〜4年で進めるよう求めた。

 特区では民間資金を使って、五輪関連の宿泊施設や道路改修などを効率的に進める計画。国家戦略特区は安倍政権の成長戦略の目玉。規制緩和で投資を呼び込み、経済を活性化させる狙いがある。政府は自治体などからアイデアを募り、実施する内容の選定作業に入っている。

 PFIをめぐって政府は、今後10年間での事業規模を過去10年間の3倍に拡大させる目標を掲げており、国交省が現在進めている「都心直結線」もPFI手法の活用を想定している。

 同線は東京駅の丸の内側で、イルミネーションイベント「東京ミレナリオ」(06年まで開催)で知られる丸の内仲通りの地下40メートルに「新東京駅」を新設。既存の成田スカイアクセス線、京急線を活用しながら、押上駅(京成線・都営浅草線)と泉岳寺駅(浅草線・京急線)を約11キロの新線で結ぶ。

 開通すると、新東京―成田空港間が36分、新東京―羽田空港間は18分に短縮。国際空港からの距離問題があった東京の都市機能がアップする。

 来年度予算に調査費用3億円を要求している国交省の担当者は「もともとリニア中央新幹線の開業予定である2027年を目標としており、東京五輪に間に合わせるのは難しいが、PFI方式などの認知が広まることはいいことだと思いますし、都心直結線をつくるときに民間に説明もしやすい」と歓迎した。1964年の東京五輪でも東海道新幹線や首都高が整備され、首都の交通が一変した。

 再び五輪は、首都圏のインフラの大きな転換点になりそうだ。

cheelend at 22:24|PermalinkComments(0)TrackBack(0)Diary 

2013年08月31日

アンゴラ・ドスサントス大統領の後継者選びは続く

b2df8e9f.jpgアンゴラ・ドスサントス大統領の後継者選びは続く

(Cheel:既に大統領在位34年のアンゴラのドス・サントス大統領。現職大統領としては、アンゴラ同様産油国の赤道ギネアのTeodoro Obiang Nguema Mbasogoに次ぐ長い在位期間です。

8月28日にドスサントス大統領は71歳の誕生日を迎えましたが、まだまだ健康です。所属政党のMPLAが、2012年の選挙で72%の支持を得て圧勝し、政党内での権力基盤も手堅く、少なくとも2017年の次回選挙までは、大統領職を続けるものとみられます。堅調な石油管理と経済運営で、既に一人当たりGDPは、USD5,485。これは、中国を上回る上位中進国レベルです。そうした外資誘致に根差した継続的な経済成長も、党およびドスサントス大統領への支持を手堅いものにしています。

一方、今後の後継者選びは、なかなか確定しません。おそらく最終的に決定する瞬間まで、ドスサントス大統領およびMPLAの間での模索が続き、候補者とされる人たちのマラソンのようなテストも続いていくのでしょう。

前アンゴラ石油公社(SONANGOL)社長のマヌエル・ドミンゴ・ビセンテが、2012年に副大統領として迎えられたときは、次期大統領候補の筆頭として目されていました。しかし、ドスサントス大統領長男のジョゼ・フェノメーノ(35歳)を50億ドルの国富ファンド責任者に充てたことで、ドスサントス大統領の本心がわからなくなってきました。

アンゴラで一緒に仕事をした友人たちは、それぞれ大統領候補と目される人たちとつながっており、後継者選びは大いなる関心事となっています。もっとも、受け身で、その結果を待つだけでなく、自らビジネスを複数立ち上げて、たくましく生きてもいます。)



Angola’s Dos Santos to Extend Rule as Proteges Founder

By Colin McClelland - Aug 28, 2013


Angolan President Jose Eduardo dos Santos may extend his 34 years in power because the people who he’d like to replace him lack support from the ruling party.

Last year Dos Santos chose Manuel Domingos Vicente, 57, the former head of the national oil company, Sonangol, as his vice president and this year put his son, 35-year-old Jose Filomeno de Sousa dos Santos, in charge of a $5 billion sovereign wealth fund.

While both would continue the economic policies that have made Angola sub-Saharan Africa’s third-biggest economy neither have won favor with senior members of the Popular Movement for the Liberation of Angola, said analysts including Justin Pearce of the School of Oriental and Asian Studies in London and Leif Biureborgh, a Luanda-based analyst who advises companies including Ericsson AB.

“He’s not going to resign because he hasn’t found a credible successor that’s acceptable to the party,” Elias Isaac, Angola Director of the Open Society Initiative for Sub-Saharan Africa, said in an Aug. 21 interview in Luanda, the capital. “He’ll drag on.”

Dos Santos, who came to power in 1979, will turn 71 today, and the MPLA celebrates his birthday with rallies, parades and public announcements. He presided over Africa’s second-biggest oil producer through most of a 27-year civil war that ended in 2002.

The first step for succession is the election of a new party leader, Dos Santos told Portugal’s SIC television in June in the first formal interview he’s granted for several years.

Civil War

The president’s birthday isn’t an appropriate time to discuss succession, said Carolina Fortes, spokeswoman for the Luanda provincial party office.

In Africa only Teodoro Obiang Nguema Mbasogo, the leader of Equatorial Guinea, has been in power longer.

Founded in 1962 the MPLA fought a guerrilla war against Portuguese colonizers and then led the country from independence in 1975. The same year a civil war against the National Union for The Total Independence of Angola, or Unita, began.

Vicente ran Sonangol from 1999 until 2012, a period when the oil company nearly doubled the country’s production to 1.78 million barrels a day, second on the continent to only Nigeria, through ventures with companies including Total SA (FP) and Chevron Corp. (CVX)

He was appointed by Dos Santos as a special minister in charge of the economy before he was selected as the Angolan leader’s running mate in last year’s election, which the MPLA won with 72 percent of the vote.

‘Like Children’

“Vicente was parachuted in and the MPLA, a large party in which there’s always been debate, was saying don’t treat them like children,” Biureborgh said in an Aug. 20 interview in Luanda. “If there’s no wide-felt legitimacy it’s not sustainable.”

The vice-president is “technically competent,” earning the support of foreign oil companies, Biureborgh said. BP Plc (BP/) and Exxon Mobil Corp. (XOM) also operate in the country.

“Vicente as the next president of Angola would signal a continuation of the economic model that Angola has pursued so far, which is characterized by a relatively stable operating environment in the all important petroleum sector,” Markus Weimer, an analyst at Control Risks in London, said by e-mail. “For oil companies this makes Vicente an attractive prospect for the presidency.”

Continuity, Stability

Angola’s economy has expanded every year since 1994, with growth peaking at 22.6 percent in 2007, according to the World Bank. The $114 billion economy will probably expand 6.5 percent this year and between 7 percent and 8 percent next year, according to the central bank.

Dos Santos has appointed a second-in-command before, including former prime ministers Marcolino Moco and Lopo de Nascimento, and former vice president Fernando da Piedade Dias dos Santos, known as Nando, who were later cast aside and often blamed for problems, Pearce said.

“This strategy allows Dos Santos to present himself as a figure of continuity and stability and to limit the ambitions of any would-be successors,” Pearce said. “The old guy could be there until he’s dead or infirm.”

That Vicente didn’t have a leading role in the independence movement and the civil war lowers his standing in the eyes of the party, Biureborgh said.

Banks, Phones

“The issue for Dos Santos is to find someone to trust who will protect him” and his family after he steps down, Isaac said. His daughter, Isabel dos Santos, owns stakes in Banco BIC SA, the country’s biggest bank by branches, and Unitel SA, the largest mobile phone operator, as well as restaurants and nightclubs.

Angola ranks 157th out of 176 countries on Transparency International’s 2012 Corruption Perceptions Index. In 2011 the International Monetary Fund said the country transferred $32 billion to offshore accounts between 2007 and 2010. The money was in “excess” of debt servicing needs, the IMF said.

The president’s eldest son, Jose Filomeno, a former director of Luanda-based Banco Kwanza Invest, is tainted by the perception of nepotism because the president appointed him to head the sovereign wealth fund, which was started this year, Isaac said.

“A monarchistic effort would be very difficult,” Biureborgh said. “It risks splitting the MPLA which would be bad for the elite.”

‘Long-Term Game’

Other power brokers in the party, such as General Manuel Helder Vieira Dias Junior, known as Kopelipa, a state security official, are weak politically because they have numerous business deals, Biureborgh said. Vicente, who owned part of a company that sold a portion of its stake in an oil exploration concession with Cobalt International Energy Inc. (CIE) to Sonangol, faces the same scrutiny, Isaac said.

Powerful people within the party include former vice president Nando, Julius Mateus Paulo, the MPLA’s general secretary and General Jose Maria, head of the military intelligence agency.

Bornito Baltazar Diogo de Sousa, territorial administration minister, and Manuel Jose Nunes Junior, a member of parliament, as well as Nando are potential successors as are Antonio Paulo Kassoma, Pitra Neto and Joao Lourenco, London-based Africa Confidential reported in July, citing an unidentified party member.

The longer Dos Santos remains in power, the more pressure will increase for reform and better state delivery of jobs, education and health care, Alex Vines, head of the African program at Chatham House in London, said by e-mail. While the country is classified as “upper middle income” by the World Bank with gross domestic product per capita of $5,485, most people live on less than $2 a day, according to the United Nations.

The party could push him to step down ahead of the 2017 elections because he’s seen as a liability, Pearce said.

“Some see themselves as brokers, others have ambition,” Vines said. “This remains a long-term game and Dos Santos keeps everybody guessing about his intentions.”

To contact the reporter on this story: Colin McClelland in Luanda at cmcclelland1@bloomberg.net

To contact the editor responsible for this story: Antony Sguazzin at asguazzin@bloomberg.net


More News:
Africa


cheelend at 00:40|PermalinkComments(0)TrackBack(0)Diary 

2013年08月02日

国際宇宙ステーションで着用テストされた下着の技術を応用したMXPの残念な試着結果

9caf0fcb.jpg国際宇宙ステーションで着用テストされた下着の技術を応用したMXPの残念な試着結果

「国際宇宙ステーションで着用テストされた下着の技術を応用した」というふれこみのMXPというTシャツを購入してみました。湿度が高く、アフリカよりも過酷な日本の夏に、汗に対する消臭効果を期待したためです。

しかし、結論からいうと、少なくとも僕には、まったく効き目がありませんでした。むしろ、汗がTシャツの中に残る感じで、肌触りがよくなかったです。臭いも全然とれていません。むしろ、普通のTシャツの方が、肌触りも汗の吸収も脱臭効果も高かったです。

「宇宙」というスケール感に対して、夏場の中年男の汗対策という生々しい必要性の対比が面白くて、つい購入をしてしまいました。今、思えば、商品が届くまでの間が、もっとも幸せな時間でした。

商品は、白とグレーがあって、両方をそれぞれアマゾンで、異なる業者から入手しました。白い方は、それでもユニクロの「Airism」に似て、それなりの商品の完成度も感じられました。

ひどかったのは、グレーのものでした。素材感は、いわゆる「ババシャツ」のように無地の不気味なパターンが織り込まれたもので、しかもぴらぴらと薄く、いかにも安っぽいものでした。実際、一度洗濯したら、でれでれと張りがなくなって、二度と使えない状態になってしまいました。

あまり、商品の悪口を書くのは、趣味ではないのですが、これはあまりにもひどすぎました。発注した時点で在庫がなく、人気商品であることが、期待をより高めました。でもこれは宣伝があまりにも上手だったのだと思います。僕と同じような残念な思いをする人が出ないようにとの願いをこめて、こうした記事を書きました。

cheelend at 21:19|PermalinkComments(0)TrackBack(0)Diary 

2013年08月01日

「奇跡の村」長野県川上村

c28d8e1b.jpg「奇跡の村」長野県川上村

(Cheel:今からさかのぼること8年半。そのときに、僕が学生時代に夏のアルバイトをしていた長野県川上村のレタス農家のことについて記事を書きました。「ラテンCheel史:出会った人たち2(長野県川上村のおじいさん)」僕が川上村に行ったのは、今から26年ほど前の僕の大学時代の夏のことです。

僕のブログ記事に描いたように、そこで知り合ったおじいさんは、今でも僕の胸の中に生き続けています。また、そのときに出会った、嫁を自ら村の外で見つけてきたお兄さんは既に還暦に近いはずです。そうした人たちの努力で、川上村が収入をのばし、嫁さんを見つけてきて、衰退に歯止めをかけ、今や「奇跡の村」と呼ばれるほどになっています。

カネがすべてではありません。しかし、それだけのカネを稼ぐ知恵と努力、そして自分たちの村を築く覚悟と、嫁さんを見つけて連れてくる行動力と甲斐性。そうしたものを四半世紀前に、目の前で見せつけられ、僕は強く印象付けられました。それが時間を越えて、「女性自身」の記事となって、あらためて、前向きに人生に取り組んできた男たちの力を感じました。)


平均年収2500万円“奇跡の村”で高収入男性が嫁募集

女性自身 2013年8月1日(木)9時0分配信

「レタス生産量日本一の村」として知られる長野県南佐久郡川上村。高原野菜の栽培に適した自然環境と、東京まで車で3時間という地の利を生かして都市部への農作物の供給基地としての地位を確立した。同時に、ブランドとなった川上村のレタスや白菜を作る農家の収入も上がり、人口4千759人の小さな村だが、世帯あたりの平均年収は2千500万円を超える。

 また、村の嫁たちの7割が東京など都会から嫁いできていて、若者たちの定着率も高い。こうして若い人が増え続けていることと、高収入もあって今、川上村は「奇跡の村」と呼ばれている。いったいなぜ、川上村にどんどん若い人が集まるのだろうか。それには以下のような理由がある。

・環境に不慣れな奥さんを助ける「若妻会」。
・濃密な近所付き合いで助け合う。
・生活にメリハリがある。夏場は仕事に集中し冬は遊ぶ。
・教員環境の充実。教員の数が多い。24時間開館の図書館。
・観光客がいない(観光に頼らなくていい)静かな環境。
・医療の充実、24時間訪問介護体制で在宅死が4割。
・外国人労働者も受け入れる開放的な村民。

「年収だけじゃなく、川上村にはいろんな魅力があることがわかったでしょう。県の天然記念物の川上犬もいます。村には、まだまだ独身の20代〜40代男性がいます。お嫁さんはいつでも募集中です」

そう熱く話すのは、7期目を迎えた藤原忠彦村長(74)。藤原村長が熱くなるのには理由がある。ほとんど夏場は畑仕事に追われるため、川上村の男性が女性と知り合うチャンスも冬限定で、つまりは一般男性の半分!?

「冬場の出稼ぎならぬ“出遊び”で、スキー場で知り合ったりというケースもあるにはあります。村では、今年から村営の新婚住宅も建設しますので、若い夫婦にはますます暮らしやすくなります」(藤原村長)

 さらに注目されるのが、『2世帯敷地内別居』。同じ敷地内に、若夫婦の家を別に建てる生活様式が最近、川上村では急増中とか。これも、広い敷地と高収入があってこそ実現すること。ある農家のお母さんがこっそり教えてくれた。

「大自然の中でのんびり育っているせいか、川上の男性はやさしくて働き者ダヨ」

 2千500万円がきっかけでもOK。川上村役場に問い合わせると、村の独身男性との出会いの場を紹介してくれる。


cheelend at 23:53|PermalinkComments(0)TrackBack(0)Diary 

2013年07月31日

西アフリカ「物流覇権」 ガーナが挑む

6b9d3059.jpg西アフリカ「物流覇権」 ガーナが挑む

日本経済新聞カイロ支局 押野真也

2013年7月31日、日本経済新聞

西アフリカのガーナが地域の物流の中心となる「ハブ化」構想を進めている。ギニア湾に面する同国が、経済発展が続く西アフリカ諸国の玄関口として物流拠点の役割を担おうというものだ。近年、ガーナでは石油開発が進み、海外からの直接投資も増加傾向にある。ただ、隣国のコートジボワールも同様の構想を進めており、西アフリカ地域のハブ化を巡る競争は激しさを増しそうだ。

 ガーナの首都アクラから東方約25キロメートルに同国最大の港湾・テマ港がある。約390万平方メートルの港湾内には欧州や中国などからの積み荷があふれる。同港のコンテナ取扱量は64万3000TEU(2011年実績、20フィートコンテナ換算)で、3年間で約55%増加した。港湾を管理する行政当局者は「ガーナでは経済成長に伴ってコンテナの取扱量は今後も拡大基調が続く」と話す。

 ガーナは07年にギニア湾で油田が見つかり、油田開発が本格化。石油や天然ガス分野を中心に海外からの直接投資が増える傾向にある。同国の実質国内総生産(GDP)の伸び率は11年に14.4%、12年は7.1%。国際通貨基金(IMF)は13年以降に6%以上の成長が続くと予測している。

 フランス語を公用語とする国々が多い西アフリカで、ガーナは英語を公用語とする国の一つ。国際的なビジネス展開には有利とされているほか、民主的な選挙も実施されており「アフリカの民主主義の優等生」と評価する声も多く、成長期待も高い。

一方、物流拠点としての課題があるのも事実だ。主な課題は2点ある。1つは港湾の規模。隣国のコートジボワールのコンテナ取扱量はガーナの約3倍の規模を誇る。ガーナでは内陸部分と沿岸部分を拡張して将来の規模拡大を目指しているが、コートジボワールとの激しい競争にさらされている。

 もう1点は通関体制がコンテナ取扱量の増加に追いついていないことだ。港湾内では検査待ちのため、コンテナを積んだトラックが長い列を作っている。行政当局によれば、通関にかかる時間は「短い時で数時間、長ければ2日かかることもある」と話す。

 港湾内には長期間放置されたとみられるコンテナも見かけられ、積み荷の鋼材がさびている光景も目にする。ハブ化には港湾の拡張による取扱量の拡大だけでなく、通関体制の強化や積み荷の保管体制など、ハード面とソフト面の整備が急務になっている。





cheelend at 09:22|PermalinkComments(0)TrackBack(0)Diary 

2013年07月21日

名古屋を外国人に案内

d486ce71.jpg名古屋を外国人に案内

僕が今、仕事をしているタンザニアのカウンターパートの女性が、現在、名古屋で研修を受けています。そのため、陣中見舞いに、東京から日帰りで彼女を訪問してきました。

僕にとって、名古屋はほとんどなじみのない土地です。今から20年近く前に、仕事で豊橋に行ったことがあるけれど、名古屋をきちんと観光したことは、ありません。もっとも今回は観光するほどの時間はとれないので、有名どころの店の場所だけ、事前の情報収集で押さえておきました。

当日は、かなり早めに名古屋駅に到着して、駅周辺の位置関係を実際に歩いて、確認します。世界一背の高い駅ビルとしてギネスに乗っている「JRセントラルタワーズ」は、夏休みに入ったばかりの家族で混んでいそうだったので、早々に候補から外しました。ただし、その中に入っている「名古屋マリオットアソシアホテル」は、ゆっくり話せそうなカフェが入っていたので、候補に残します。

そして、駅のセントラルタワーズとは反対側の駅出口を出てすぐのところにある地下街エスカを視察します。ここは、いわゆる地元のレストランがそろっています。「手羽先の風来坊」「ひつまぶし名古屋備長」「みそかつ矢場とん」「伝統のきしめん専門店きしめん亭」そしてあの「コメダ珈琲店」まで入っています。これはいい。是非、彼女をここに連れてきて、メニューを目で見ながら、好きなものを選んでもらうとしましょう。

ちなみに、その女性は54歳。かなり体格はよく、階段の上り下りで息を切らしています。そのため、この日本の暑さの中、外を歩き回るよりも地下街や駅構内を歩く方がよかろうと判断しました。また、既に僕自身がタンザニアの食事を食べてみて、日本人の口に味覚がよくあうことを確認していました。特に、鳥の手羽先など、日本と同じような味付けのものを食べていたので、こちらの食事を気にいるだろうとの目算もありました。

実際に食事をしたのは、「風来坊」でした。頼んだのは、「手羽先」「どて煮」「エビフライ」「刺身」「ごはん」「味噌汁」「サラダ」「スイカ」がセットになったものです。さすがに「ひつまぶし」は入ってないけれど、有名どころの品目が、入っていて、なかなかです。

想定通り、彼女は、かなり満足していました。サラダのゴマドレッシングに、まず夢中になっていました。そしておどろいたことに「メカブの酢の物」もおいしそうに食べています。聞けば、ダルエスサラームにも、似たメニューがあるとのこと。「刺身」と「赤味噌」の味噌汁はパスして、「手羽先」と「エビフライ」そして「どて煮」は、夢中になって食べていました。

また、そつなく水をついでくれるウェイトレスのお姉さんにも感激していました。わんこそばのようなペースでコップが空になるやいなや、さっと水をついでくれて、10杯くらいおかわりをしても、嫌な顔ひとつしないで応えてくれるのに驚いていました。また、アフリカ人の彼女が好奇の目にさらされることもなく、自然にふるまう人が多かったことも、彼女の居心地のよさを後押ししていました。

「コメダ珈琲店」で、食後のデザートとお茶をと思っていたのですが、行列待ちであったことと、かなり満腹であったことから、地上に出て、駅前の喫茶店に入りました。バナナシェークをご所望だったので、それをご馳走しました。

話は弾みましたが、一緒に過ごした5時間のうち、4時間半は仕事の話をしていました。まあ、仕事自体が楽しいというのは、ある意味、最高なインセンティブなわけで、課題や今後のスケジュールも含め、いろいろと今、一緒に行っている仕事について話をしました。

なお、名古屋は物価の安さが印象的でした。タクシーは初乗り500円。手羽先やどて煮などのセットが、1,500円。これは東京であれば、2,500円はしそうな充実度と量でした。名古屋の土産物も、500円から1,500円の価格帯がもっとも充実しています。

何にせよ、タンザニアの中年公務員の女性に、日本の一面を楽しんでもらえて、僕としても嬉しく思います。おそらくそう何度もこれるわけではないと思うので、是非一生モノの記憶を刻んでいってほしいと願います。

cheelend at 03:27|PermalinkComments(0)TrackBack(0)Diary 

2013年07月17日

ケニア・モンバサでODA関係邦人殺害

99adb8fc.jpgケニア・モンバサでODA関係邦人殺害

産経新聞、2013年7月16日

 ケニア南東部のモンバサで日本人男性が銃撃されて死亡した事件で、東洋建設(東京)は16日、男性は同社の協力会社イーストマリン(シンガポール)社員小川悟さん(51)=大阪府出身=と現地スタッフが確認したと発表した。また現地の警察当局から得た情報として、小川さんは乗っていた車の窓ガラスを数人の男に棒のようなもので割られ、背後から右肩辺りを撃たれたと明らかにした。

 東洋建設によると、小川さんはモンバサ港で作業船舶の管理などを担当。現地時間の15日午前11時半(日本時間15日午後5時半)ごろ、ケニア人の男性運転手と港から車で約20分離れた銀行に行き、現場で使う資金として現金約270万ケニアシリング(約270万円)を下ろした。

 港に戻る途中、台車が道をふさいでいたため車を止めると、車の両側から3人組の男に襲われたという。男らは車内にあったバッグを奪ったが、銀行から下ろした現金は別のバッグに入ったまま現場に残されていた。運転手は逃げて無事だった。

(写真は、殺害現場で故小川氏の乗車していた車を止めるために使われたリヤカー)

cheelend at 01:22|PermalinkComments(0)TrackBack(0)Diary 

2013年07月06日

タンザニア・マイラブ

01f96a4c.jpgタンザニア・マイラブ

タンザニアに来て、早1か月半が経ちました。内容の濃い日々でした。もうすぐいったん帰国することになりますが、この国のことをずいぶん好きになりました。気候がいい。人がいい。治安がいい。食事がいい。物価が安い。おそらくタイヤマレーシアなど、東南アジアの居心地のよさに通じるものが、ここにはあります。

100を超える多民族国家であるのに、内戦をせず共存し合っているところもすごいと思います。遠浅の海岸は、今後の観光の発展を予感させます。フォーブスに掲載されるようなタンザニア人は、印僑であるインド人の子孫なのですが、彼らが経済をけん引しています。

官僚やビジネスマンは、とにかくよく働きます。また、街にも活気があふれています。現在、4,500万人の人口は、やがて僕が老齢に至るころには、世界の人口トップ10に入るほど増加し、世界の大国になることが予想されます。

タンザニアの人は、基本的に穏やかで優しい人が多いです。そして、日本人の「情」に通じる部分のセンスも似ています。だから、日本人相手にするような気配りをして、それを解説すると、その共通した考え方に対して大いに驚かれ、喜ばれます。

理屈の部分でも、考えの組み立て方が合理的で、重要な論点をカバーしている限り、受け入れられます。ですから、とても仕事がしやすい国です。もっとも組織としてとなると、話は別です。他のどの国でもそうであるように、組織の各ユニットひとつひとつに対して、自ら働きかけていかないと動きません。それでも動かすための労力は、比較的少ないと思います。

近年、僕が仕事をした中で、仕事のやりやすさを比較すると、もはや東南アジアや中南米なみに高いものがあります。タンザニアは、僕にとって「ひとめぼれ」に近いほど魅力的です。一方、同じアフリカでも、困難度がはるかに高いアンゴラは、けんかしてボコボコに殴り合った挙げ句、お互いに認め合って「なかなかやるじゃねえか」というようなタフな愛でした。

いずれにせよ、これだけ魅力のある国だと、僕が仕事で関われたのが縁であるのなら、その縁に感謝して、できるだけのことをしたいと思います。


cheelend at 03:02|PermalinkComments(0)TrackBack(0)Diary 

2013年07月02日

美しすぎるマダガスカル大統領夫人

5d29224b.jpg美しすぎるマダガスカル大統領夫人

2013年7月2日から3日にかけて、タンザニアのダルエスサラームで、アフリカン・ファーストレディー・サミットが開催されます。アフリカ諸国のファーストレディーの他、ラウラ・ブッシュ元大統領夫人やトニー・ブレア元首相夫人も出席します。

なお、主催はGeorge W.Bush Institute(通称ブッシュセンター)ということで、ジョージ・ブッシュ元首相も黒一点、出席し、在任中同様、独特のギャグセンスで場を盛り上げることになります。

なお、アフリカ諸国の大統領は、在任期間が長く、キャラが立ちすぎるくらいたっていてお馴染みなのですが、なかなかそのファーストレディーを目にする機会は、ありません。今回、各国のファーストレディー紹介の記事を見て、その夫である大統領と比較すると、よく似ている場合が多かったです。

ルワンダのジャネット・カガミ夫人は、ポール・カガミ大統領同様、アクティブに活動しています。アンゴラのアナ・パウラ・ドス・サントス大統領夫人や、モザンビークのマリア・ダ・ルス大統領夫人、ウガンダのジャネット・カターハ・ムセベニ大統領夫人、シエラ・レオネのシア・ニアマ・コロマ大統領夫人は、評判通り、見るからに賢妻というイメージを漂わせます。

一方、強烈な印象を残したのは、カメルーンジンバブエでした。(なお、この二人のファーストレディーに関するコメントは、差し控えさせていただきます。ただ、それぞれの写真への上記リンクをご覧いただければ、幸いです。)

ところで、アフリカのファーストレディーでもっとも若いのは、マダガスカルのミアリー・ラジョエリナ(Mialy Rajoelina)大統領夫人です。マダガスカルは、アフリカの中でも異色の国で、歴史的に長くマレーとの交易があったことから、アフリカなのに東南アジアに通じる顔だちをしている人が多いのです。彼女からも、そんなニュアンスが伝わるのではないでしょうか。それにしても、彼女は、顔写真だけ見たら、アイドル歌手みたいです。「美しすぎる」とタイトルをつけたのは、ちょっと狙った部分もありますが、それでもあながち誇張でもないのではないでしょうか。(ブログの表紙の写真が、ミアリー大統領夫人)

いずれにせよ、長く連れ添う妻あっての男なのだということを今回のファーストレディーサミットにあたっての資料を読んで、あらためてしみじみと考えさせられました。私としても夫婦でいたわりあいながら、切磋琢磨していきたいと思います。


cheelend at 00:49|PermalinkComments(0)TrackBack(0)Diary 
profile
Cheel
ラテンアメリカ研究者。民間セクター開発専門家。趣味は歌・絵画・小説・旅行・スポーツ全般。5言語(英語、スペイン語、ポルトガル語、フランス語、日本語)を駆使して仕事を行う。現在アンゴラ、ルアンダ市在住。
Recent Comments
Monthly archive
記事検索
livedoor プロフィール