2012年12月17日

本物のダージリンティーを守れ

509b8245.jpg
本物のダージリンティーを守れ

(Cheel:インドのダージリンティーは、欧州の卸売業者が、隣国ネパールの茶葉とブレンドして原価を下げて販売しているケースが多々、見られます。しかし、ブランドの名に値する価値を保とうと努力する様子を知りました。

有機農業に切り替えたり、`White tips`teaと呼ばれる白いつぼみの部分を使った高級茶の開発。2月から7月の収穫期のマーケティングなど。古くは東インド会社の時代(1839年)から生産・流通体制が管理されてきただけに、表面的なブランド名にとどまらない品質管理がなされています。

こうしたブランドを途上国で開発するのに、「誰が」「どのように」「どの品目で」行うのか。独裁政権下での地主や財閥グループが、ワインやコーヒーの開発を進めた例は、中南米でもアジアでも枚挙にいとまがありません。しかし、民主主義のもとで、しかも条件が整わない国で、どのようにして「ブランド」ができうるものなのか。考えさせられます。)

Good Name Is Restored in Terrain Known for Tea

By JIM YARDLEY(New York Times)

Published: December 16, 2012

DARJEELING, India — Among connoisseurs, few teas surpass a good Darjeeling. The smooth and mellow taste commands a premium price, and the name itself evokes a bygone era when the British first introduced Chinese tea plants here in the Indian foothills of the Himalayas.

To Anil K. Jha, the superintendent of the Sungma Tea Estate, all this would be extremely good for business, except that much of the tea sold globally as Darjeeling is not actually grown here. Foreign wholesalers often put the name on a blend of the real stuff and lesser teas. And in some cases, growers elsewhere simply slap a Darjeeling label on their tea.

So Mr. Jha and other Darjeeling growers have followed the example of Scottish whisky distillers and French wineries, winning legal protection for the Darjeeling label under laws that limit the use of certain geographic names to products that come from those places.

In a decision this year, the European Union agreed to phase out the use of “Darjeeling” on blended teas. Now, just as a bottle of Cognac must come from the region around the French town of Cognac, a cup of Darjeeling tea will have to be made only from tea grown around Darjeeling.

“That flavor, that uniqueness that comes from here — it is nowhere else,” Mr. Jha said as he stood among manicured tea bushes on a hillside about 5,000 feet above sea level, near the border with Nepal. “People have tried to replicate it, but have failed,” he said.

The uniqueness of Darjeeling as a place certainly seems beyond dispute. On clear days, the white peaks of Kanchenjunga, the world’s third-highest mountain after Everest and K2, floats over the hilltop city like an ethereal fortress. Beyond the clamor of the city, many of the steep surrounding foothills are carpeted with tea estates, some planted more than 160 years ago when a British surgeon found that tea bushes thrived in the region’s alpine setting.

The mountainous terrain also limits production. India produces almost two billion pounds of tea annually, more than any other country, but Darjeeling accounts for only about 1 percent of that output. The Darjeeling district has 87 certified tea gardens, as they are locally known, producing about 20 million pounds of tea every year, and the potential for expansion is almost nil.

That is why local tea growers grew annoyed that as much as 88 million pounds of tea were being sold as Darjeeling on the global market each year.

“Darjeeling tea has always been more expensive,” said Ranen Datta, a longtime adviser to local tea growers, noting that the wholesale price is about five times that of ordinary teas. “And we found that sellers all over the world were selling tea under the name Darjeeling.”

And not only tea: A French company that makes lingerie has fought legal battles with the Tea Board of India to keep using the name.

“This brand name, Darjeeling, was being misused,” Mr. Jha said. “The basic interest of Darjeeling was being killed.”

Local tea growers had already fought to save their product from the vagaries of cold war politics. During the era of British rule, Darjeeling tea was shipped mainly to Europe, which remained the primary market after Indian independence in 1947, when Darjeeling’s tea gardens shifted from British to Indian ownership.

But as India drew politically closer to the Soviet Union, a deal to sell tea to Moscow ushered in a dark period for Darjeeling. The Soviets ordered in bulk and mixed Darjeeling with pedestrian teas from Soviet satellite countries so it could be marketed more widely.

“Russians were not particular about the quality of Darjeeling,” Mr. Datta said. “They took it if it was clear and black.”

Growers saturated their tea gardens with chemicals and pesticides to maximize output, and annual production rose to about 29 million pounds. But when the Soviet Union dissolved in 1991, so did the export deal, leaving Darjeeling with a crop it had trouble selling in Europe, where many customers, especially in Germany, were aghast at the chemical use.

“There were no buyers,” Mr. Jha recalled. “It took a long time to revive the image of Darjeeling.”

The key was to focus once again on quality. Tea growers began discarding chemicals and shifting toward organic farming practices. Total production fell, but prices rose steadily, as growers marketed Darjeeling teas according to the seasons, with the greatest demand during the two harvesting times, known as the first and second flushes, which run between February and July. Growers also developed luxury tea products, particularly “white tips” tea, which is drawn from the white buds of tea leaves.

But as Darjeeling’s reputation was restored, growers discovered that their teas were being repackaged overseas. Europe had become the biggest buyer again, but some wholesalers there were blending Darjeeling with other teas to bulk up their volume, while continuing to label the resulting mixture as Darjeeling tea.

To fight back, the Tea Board designated Darjeeling as a “geographical indication” for tea that is recognized by the World Trade Organization. Over time, Indian tea officials negotiated agreements with various countries to ensure that the status of the Darjeeling name was respected. The European Union resisted for several years, but a deal was finally struck in 2012 to phase out blended Darjeeling in Europe within five years.

“In the case of Darjeeling tea, it was accepted that there was specificity that is unique — and geographically based,” said João Cravinho, the European Union’s ambassador to India. “Tea produced anywhere else will have different characteristics.”

Mr. Cravinho noted that Europe was pushing its own geographic indication cases in India as part of negotiations for a free trade agreement. For example, while India recognizes Cognac as a geographic indication, it does not do the same for Champagne, so sparkling wines from other places can be sold legally in India as “champagne,” a practice that the European Union wants ended.

Up on the slopes of the Sungma Tea Estate, Mr. Jha said he believes that the trade protections will not only increase profits for the local industry but also, ultimately, save Darjeeling tea. The estate is certified as organic by India, Japan and the United States, and it is pursuing a globally recognized environmental certification.

Reaching down to pluck a leaf from a tea bush planted more than a century earlier, Mr. Jha gestured toward the surrounding foothills.

“Here, we are not doing anything,” he said. “It is all God-gifted.”


cheelend at 22:45|PermalinkComments(0)TrackBack(0) Diary 

2012年12月12日

アンゴラ会

3a65a196.jpgアンゴラ会

今日(2012年12月11日)、都内某所でアンゴラ会が開催されました。これは、K前大使夫妻を囲んで、アンゴラ駐在経験やアンゴラで仕事で深くかかわった人たちが、久しぶりに集まったものです。合計で30人以上、集まったようです。

「ようです」という伝聞推定の語尾になっているのは、出席した僕の妻から、状況をメールで伝え聞いたためです。僕は、ネパールのカトマンズのホテルに缶詰めになって、隣の部屋の異様にやかましい中国人の騒音に耐えながら、報告書を書いています。いやあ、行きたかったな、アンゴラ会。

参加された方々の名前を聞いて、なおさら懐かしくアンゴラ時代を思い出しました。生活環境が、かなりタフだからこそ、そこで一緒に過ごした人たちの間には、職場や地位を超えた「同士」のような思いがはぐくまれます。

また、K大使夫妻に至っては、僕と妻がアンゴラで知り合ったことから、結婚祝賀会を開いていただいたりしました。お二人とも、見かけも考え方も、えらく若く、気さくに接していただいて、ありがたい限りです。

「それぞれのポジションで、その時期にしかできない経験というのがあるのだから、それを十分に楽しむべきですよ」そうおっしゃっていただいて、実際にそのように思います。仕事で出世を目指すのもいいのですが、そうするとすべては「出世」のためのステップにすぎなくなり、たったある一点「出世しきった状態」でしか、満足を得られません。しかも、その一点がどこなのかわからない以上、下手をしたら、際限なく満足を得られない人生になりかねません。

それよりは、今、目の前の状況で自分ができることを精いっぱいする中で、味わえる自由さや人との出会いを楽しむ方が建設的です。逆に、偉くなってしまったら制約を受けて、できなくなってしまうこともできてきます。

次回は、ぜひ参加させていただきたいと思います、アンゴラ会。

cheelend at 00:26|PermalinkComments(0)TrackBack(0) Diary 

2012年12月02日

ブッダ航空のご利益

143cb283.jpgブッダ航空のご利益

ネパールのブッダ航空に搭乗しました。国内線は、ネパールの航空会社しか運航していません。海外の航空会社は運航できないこととなっています。ネパールの航空会社の中で、もっとも信頼度が高いのがブッダ航空だと説明されました。

ブッダ航空。ネタのようなその名前に、登場する前からわくわくしていました。内装やキャビン・アテンダントがどのようになっているのか、興味津々でした。実際には、ごく普通の旅客機でした。

霧のため、出発がよく遅れると聞いていたのですが、実際に2時間くらい遅れました。しかし、スタッフの手際の良さには驚きました。地方都市からカトマンズに戻る便を待っていたら、まずカトマンズからの飛行機が客を乗せて、空港に到着しました。その客と荷物を下ろし、給油し、新たにカトマンズに向けて、客と荷物を載せて出発するまでの時間が、およそ10分。

なお、乗客25人で満席で、席は自由席。15分のフライトなので、中で提供されたのは、飴玉一つ。フライトアテンダントは、普通にきれいなネパール女性でした。カトマンズの空港に到着すると、人と荷物を一緒に下ろし、同じバスで空港の外側まで運びます。そして荷物の引き渡し。飛行機が到着してから、10分後には、空港の外の車に乗っていました。

2011年9月に、日本人も搭乗していた便が墜落してしまったブッダ航空。しかし、僕の移動については、無事に運んでくれました。ありがとう、ブッダ航空。

cheelend at 12:45|PermalinkComments(0)TrackBack(0) Diary 

2012年11月17日

銀座のケーキ屋めぐり

f5ba316c.jpg銀座のケーキ屋めぐり

日本にいる間の家族との時間を盛り上げるプチイベントを盛り上げてくれる小道具と言えば、ケーキ。そして、日本最大のケーキの激戦区といえば、銀座。そんなわけでこの一ヶ月ほど、週末に銀座のケーキ屋を徘徊して、いろいろなケーキを試してみました。

GIOTTO
銀座三越デパ地下のケーキ屋。華やかさが魅力。巨大なモンブランや、オペラの金粉をちりばめたつやつや光沢のあるチョコレートは、えらくテンションが高まります。色のきれいなフルーツ系と味の濃厚なクリーム系のケーキがバランスよく並んでいるのと、ホールでなく単独で完成した形になっているので、お客さんに出すのに重宝します。

欧風菓子クドウ
高速道路近くの銀座一丁目にひっそりとたたずむ店。「日本のケーキ」と呼びたくなる丁寧な仕事ぶりと、控えめな外見のケーキです。他の欧州系のケーキよりも3−4割くらい安いものの味わいの深さは、引けをとりません。

アンリ・シャンパルティエ
中央通りをはさんで、欧風菓子クドウとは逆の側にあるお店。まず、建物とたっぷりした内側の空間が素晴らしい。ケーキも、アイディアあふれる華やかなものが多いです。ホワイトチョコでつくったカップやブドウの房を表現したものなど、ケーキ自体を話題にして盛り上がれました。シュークリームは、中にカスタードプリンが入っていて驚きました。

キル・フェ・ボン グランメゾン銀座
銀座の常連人気店の一つ。確かにおいしいのですが、基本的にホールでつくられたものをピースで売っています。そのため、組み合わせてお客さんに出した時に、単独で完成されているものと比較すると、やや華やかさに欠けます。味はいいので、自宅で家族で食べるときに用います。

和光グルメ・ケーキショップ
落ち着いた色合いのケーキが多いので、大人同士で食べるのにいいかもしれません。我が家は乳児の娘がいるのですが、彼女には華やかな彩りのものが魅力的に映るようで、ここのケーキには、それほど強く反応しませんでした。味は、おいしかったです。

しかし、ケーキの威力というのは、すごいなといつも思います。家族であっても、またお約束の週末のケーキであっても、食後に食卓に並べると、皆テンションが高まります。1,500円から3,500円で、これだけ確実に楽しい時間を与えてくれるものというのは、貴重だと思います。

家にお客さんが来るときにも、相手の状況にあわせて、こうした「ケーキ・コレクション」から選んで出すようにしています。仕事と勉強と家族の間で、頑張りすぎている若い夫婦に対しては、普段、自分達で購入しないような華やかなものを選んだり、子供が多い時には、フルーツや生クリーム中心でチョコレート系を少なくするといった感じです。

新築のわが家で、こうしたケーキや妻の手料理でお客さんが喜んで帰ってくださると、それはそれで、僕としても、非常に嬉しい。それを口実に、まだまだ奥が深い銀座のケーキ屋めぐりを今後も続けていきます。

cheelend at 03:55|PermalinkComments(0)TrackBack(0) Diary 

2012年11月14日

ミチェル・バチェレ前チリ大統領への質疑応答

235f66b5.jpgミチェル・バチェレ前チリ大統領への質疑応答

2012年11月13日、神保町の一橋講堂で、来日中のミチェル・バチェレ前チリ大統領(2006-2010)の話を聞きました。これは、内閣府男女共同局主催の「UN Womenミチェル・バチェレ事務局長に聞く会」に参加したものです。定員500名の会場は、8割がた埋まっていました。外交関係者でない一般席に関しては、9割がたの入りでした。

ミチェル・バチェレ女史は、ラテンアメリカ初の国防大臣、チリ初の女性大統領という経歴を有し、2010年に設立された国際機関UN Womenの初代事務局長となられました。

僕自身は、ラテンアメリカ研究者としての関心から参加しました。ただ参加者のほとんどは、「女性の権利擁護・促進」に関わっていらっしゃる方が多かったように見えました。実際、男女比率に関していえば、男は全体の1割もいなかったように見えました。

講演に関していえば、彼女の明るく気さくな人柄が、話からも伝わってきました。どのような活動を現在、UN Womenとして展開しているか、彼女自身の知見や経験を交えて、1時間ほど話されました。日本の事例や改善案についても事前に準備をしてくださっていて、誠実な知性を感じました。

質疑応答に際し、僕は真っ先に手を挙げました。チリの前大統領に、直接質問をできる機会というのは、積極的に利用させていただくに越したことはありません。最初は日本語で、様子を見て英語で、そして受け入れられそうだったので、後半部分はスペイン語で質問しました。

質問の内容は、「文化・宗教と女性の社会参加の問題」に関するものです。彼女は「男女平等は、われわれみんなの肩にかかっている」と言いました。それは確かにそうなのですが、文化や宗教というものが女性の権利を制限することが多いのも事実です。

たとえば、先進国クラブであるOECD加盟国の一員であるチリですら、離婚が合法化されたのは、2004年のことです。そこまで離婚が認められていなかったのは、宗教的・文化的な背景が大きく影響しています。彼女は、そうした変化を見て実際に牽引してきた一人なので、どのようにしてそうした変化を起こせたのかを聞きたかったのです。

彼女は、以下のように答えました。「文化は、変わるものよ。そして、そのためにできるだけ多くの同盟を築くことが大事なの。市民社会、NGO、政府。そして何より男性の支持を集めなければ、それはうまくいかないわ。今でも、世界各地で文化的な障壁に突き当たることは多いけれど、常にいろいろなリーダーと話すようにしているの。そして、彼らの間でコンセンサスを形成するように最大限の努力をするわ。

宗教分野でのリーダーとも話をして、実際に女性の社会参加を禁じる文面が成文化されているか、確認するの。今までのところ、そうした事実はなかったわ。そのことをまず確認して、女性の社会参加がなされていないのは、習慣によるものだということを認識共有するの。そして、話を進めていくの。」

政治的な活動というのは、とかく信念を貫くとか主張を通すという部分ばかりがクローズアップされがちです。しかし彼女のように、「まず話を聞く」その中で「事実関係の整理をする」そして「コンセンサス形成の枠組みを探る」そして「同盟を築いていく」という地道なステップが必要なのだと改めて感じさせられました。

なお、Goldman Sachsが「日本が、女性の経済参加を認める方向に変わるのであれば、日本のGDPは、現在の15%増しになるだろう」という予測をしていたことは知りませんでした。確かに、人口が減少し、高齢化が進み、働き手が少なくなる中で、労働移民受け入れや女性の労働力・経営力の活用、高齢者のキャリア再考などを総合的に見直さなければ、日本の国内経済は先行きが暗いと思います。

それは、「人材」という最大の経営資源が活用されていないことから、「資本」や「技術」といった他の経営資源も、世界中から集まらなくなるからです。


cheelend at 05:03|PermalinkComments(0)TrackBack(0) Diary 

2012年11月13日

米の産油量、8年後までに世界一…IEA見通し

72b576fa.jpg米の産油量、8年後までに世界一…IEA見通し

【ロンドン=中沢謙介】国際エネルギー機関(IEA)は12日、最新の世界エネルギー見通しを発表した。

米国の原油生産量が2020年までにサウジアラビアを抜いて世界最大となり、20年代半ばまで、その座を維持すると予測している。

 IEAは、原油生産量などの拡大とエネルギー効率の改善により、米国は35年までに必要とするエネルギーのほとんどを自給できるようになるとみている。天然ガス生産でも、米国は15年までにロシアを上回り、世界最大になると予測した。米国での生産が増加することで、世界のエネルギー情勢が新たな局面を迎えると指摘している。

 IEAは、米国では技術革新に伴って、地中深くの「シェール層」に含まれる原油やガスの生産量が急速に増えると指摘している。原油生産量は11年の日量810万バレルが、20年には1110万バレルに拡大し、サウジアラビア(20年に1060万バレル)を抜くと予測している。その後、サウジアラビアが生産量を拡大し、再びトップに返り咲くとしている。生産量には、シェールガスの採掘に伴って産出される天然ガス液も含まれる。

(2012年11月13日01時40分 読売新聞)

cheelend at 05:42|PermalinkComments(0)TrackBack(0) Diary 

おフランスのマシュマロ・ギモーブ(プランタン銀座地下2階)

1eb30d00.jpgおフランスのマシュマロ・ギモーブ(プランタン銀座地下2階)

先日の日曜日、上野動物園の帰りにプランタン銀座に、立ち寄りました。地下2階の食品売り場で、ギモーブなるものを見つけました。「フランスのマシュマロ」というキャッチフレーズです。

キューブ型のマシュマロに鮮やかな色がついています。そしてサイダー・ストロベリー・マンゴー・ブルーベリーなどの味がついています。1個80円。マシュマロとして考えると高いもののちょっとしたおやつやプチ・ギフトとして面白いのではないかと思い、買ってみました。

なかなかおいしかったです。マシュマロの腹にもたれそうな甘さをフルーツの酸味で調和させています。しかも奥までしっかり味と色がしみています。複数組み合わせて鮮やかな彩りを楽しむのも、またよし。

難点は、熱に弱いことです。暖房などの熱で形こそ崩れないものの表面がべたつくよになります。それがパッケージにくっつくと、もはや贈り物としての価値はなくなってしまいます。

それでも、総合点としては合格です。妻や娘も喜んでいました。女性を喜ばせむとて生まれけむ。男の僕としても、こうした小ネタを探す努力は、惜しみません。ちなみに店は、「ガトー・ド・ボワヤージュ」です。

cheelend at 05:33|PermalinkComments(0)TrackBack(0) Diary 

2012年11月11日

上野動物園を楽しむ

2604512a.jpg上野動物園を楽しむ

上野動物園に家族で行ってきました。おそらく40年ぶりです。自分が子供の時に行った記憶をかすかに思い出しながら、動物を眺めていました。上野駅公園口で降りて、国立西洋美術館の前を真っ直ぐ進むと。上野動物園東園の表門に突き当たります。

1歳7か月の娘が、タイミング悪く寝てしまっていたので、その手前にあるスタバでお茶をして、秋の紅葉を愛でながら、入園前のゆったりとしたひと時を過ごしました。スタバは、デザート類の味が今一つだったのですが、今日見た新作のラズベリークリームパイは、なかなかおいしかったです。ジンジャーブレッドラテで身体を温めて、娘が目を覚ましたので、久々の動物園めぐり開始です。

まずいきなり入口右手にパンダです。人気者のパンダもそれほど並ばずに近くで見ることができました。食用に20本くらい活けてある笹を左手で殴るようになぎ倒してパンダがむしゃむしゃかぶりつく姿は、「ワイルドだろー」

その他、立ちションをする虎、バーバリーシープの喧嘩の仲裁をするシマウマなど、動物界のリアルな姿を見られて面白かったです。また、想像のなかで現実と食い違っていた動物もいました。たとえば、サイは、かなり大型で、かつ、そのフォルムが、完成された剣闘士のように美しく、改めて見直しました。

ゴリラも、その筋肉質なありさまと威厳に、圧倒されました。オスゴリラがメスゴリラとチビゴリラに近づいていくと、もはや人間世界では絶滅しつつある亭主関白ぶりで、メスとチビはそそくさと立ち去っていきました。腕の太さが胴回りの3分の2もあるので、腕を振り回した時の迫力は圧巻です。

ライオンやクマは昼寝中だったので、まったく子供の関心を引き付けていませんでした。やはり動いていないと、魅力は大いに損なわれます。

また、企画もので、もっともよかったのは、「子ども動物園」と呼ばれる西園の一角でした。ヤギが放し飼いされていて、自由に子供たちがヤギに触ることができます。置いてあるブラシで毛をなでたり、時間によっては、餌をあげることもできます。我らが娘も、ヤギの追っかけを楽しんでいました。餌である牧草を上げるときにヤギが寄ってくるのですが、奈良公園の鹿に比べると、よほど穏やかでした。その他、ウサギや豚、牛、あひるなどの家畜類が見られます。

園内は山あり谷ありで、急いで回っても、2時間半かかりました。家路についた時は、へとへとでした。運動不足の身体には、いいエクササイズになりました。ゴリラやサイの肉体に我が身を反省させられた模様。

また、上野動物園が、ずいぶん見せ方を工夫していることに感心しました。掃除もよくされていました。当初、自分が行った40年前の記憶と上野の場末の飲み屋の雰囲気が混然一体となって、ネガティブなイメージを持っていたのですが、すっかり見直しました。

ところで、上野動物園のスタッフの方に思いをはせてみました。上野動物園の正式名称は、東京都恩賜上野動物園。いわば、都の職員ということだと思います。そうしたら職制は、動物ごとにたとえば、パンダ課長やペンギン主任となっているのでしょうか。ペンギン主任は、そのままペンギン課長となって、同じ動物をずっと世話していくのでしょうか。

それとも、希望を出して、アイアイ主任に横滑りしたりするのでしょうか。また、上野動物園の後、地方の動物園に出向したりもするのでしょうか。そのときに地方動物園にもいる動物の担当の方が「つぶしが利く」と考えたりもするのでしょうか。動物社会を見ていたら、それを取り巻く人間社会のことが、ちょっと気になった次第です。

cheelend at 22:21|PermalinkComments(0)TrackBack(0) Diary 

デリーで驚いた

b08fa2a0.jpgデリーで驚いた

インドのデリーに今年の10月に仕事で行ってきました。初めてのインド経験だったのですが、実態が自分の想像していたものとまったく異なっていました。僕のインド観というのは、過去の読書体験に根ざしていました。

僕のインド観を形成していたのは、三島由紀夫の「豊穣の海(第3巻・暁の寺)」や沢木耕太郎「深夜特急」、藤原新也「メメント・モリ」など、今から25年前の大学時代に読んだ本が中心でした。その後、ラテンアメリカ研究に進んだ僕は、インドの状況について新聞報道や友人の駐在体験を聞くこと以上に知ることもなく過ごしていました。

そうした中で僕が抱いていたのは、「あまりの貧富の格差に人生観が変わる」「人があふれていて、あちこちから物乞いの手がのびてくる」「空気も町も汚い」「人が攻撃的で短期的な利益だけを最優先して交渉してくる」「英語がわかりにくい」「インドの洗礼として、必ずおなかをこわす」でした。

しかし、そのすべてが今回のデリーでの滞在では、あてはまりませんでした。もっとも仕事で、しかも短期間の調査で行ったために、それほどディープな部分を知ることはなかった、ということは言えるかもしれません。

それでも僕が見たデリーの町は、上記のイメージとはまったく異なるものでした。人は確かに多いけれど、決してあふれてはいませんでした。ヒンズーで聖なる扱いを受ける牛も、主要道路で道をふさいではいませんでした。子供の乞食を一部で見ましたが、それは他の途上国の街の方が、ずっと多かったです。

英語は、欧米への留学経験を持つ人の英語はわかりやすかったですし、役所の職員の英語も出身地の地域性によるわかりやすさの違いはあったけれど、ほぼ完全に相手の言っていることを理解できていました。

人に関しても、僕の慣れているラテンアメリカ同様、「情」の部分がコミュニケーションに大きく影響しました。「情」の部分で動かされれば、経済的便益以上に仕事をしてくれました。また、ターバンを巻いたシーク教徒は背も高いし、怖そうなのですが、今回のドライバーは、か細い声のもじもじシーク教徒でした。一緒に仕事をしたのは、親切で人懐っこい人でした。

食事に関しては、香辛料や衛生面の問題から、おなかを壊すということもありませんでした。なお、ヒンズー教徒にとって牛肉を食すことはありえないということで、マクドナルドでは牛肉のハンバーガーを出していませんでした。ビッグマックの代わりに扱っていたのは、「マハラジャ・マック」でした。入っているのは、チキンの練り物です。

総じて、当初のイメージとは逆に、僕はインドに大いに関心を抱くこととなりました。


cheelend at 09:12|PermalinkComments(0)TrackBack(0) Diary 

2012年11月09日

韓国で家出少女の売春増加

20121177142762580_20


韓国で家出少女の売春増加

(Cheel:今週は、米国の大統領選挙と、中国で5年に一度の共産党大会、そしてそれに続く10年に一度の新指導部発足と、国際政治の分岐点となっています。それにもかかわらず、韓国の家出少女の売春増加という記事を選んだのは、僕が1歳7か月の娘の父親であることと無関係ではありません。

現在、15歳から29歳の韓国の女性のうち20%、または120万人の女性が売春で生計を立てているといいます。特に未成年の売春が社会問題化しているようです。記事の解説としては、強制された勉強による競争から逃げ道を探している子達が多いのだといいます。親や学校を離れ、自分と同じように疎外されている子達と群れることで孤独を癒す。そしてそのための生計手段として売春を行うのだとされています。

韓国では、経済成長を下支えする人材の能力の高さがあります。そしてそれは子供の頃からの塾通いや外国語の習得などで支えられています。記事によれば、毎日、午前1時まで勉強している例も少なくないと言います。一方で、そうした直線的な競争で勝ち抜ける子の数は限られています。

面白いのは、日本で社会問題化していることが同じような形で、韓国でも表れていることです。まず、人を育てるというのは、一人一人に手間をかけて育てないとならないのだろうなと思います。特に子供の場合は、感情や知能をバランスよく育ててあげた方が、人生で必ず訪れる逆境への対応力もつくように思います。

また、その中で勉強の自分にとっての意味を明確にしていくことが、遠回りなようでも、長続きする勉強への動機づけにつながるのではないでしょうか。勉強の面白さを「競争」だけに見出すのでは、多くの子がやがて関心を失っていきます。

「ゆとり教育」への反省の反動で、結果を出す「量をこなす」勉強が、日本でも歓迎されています。グローバルな競争社会では、教育段階から競争せねば、経済での優位性を失うというのが、その根拠となっています。それを完全に否定するわけではないのですが、果たしてそれが唯一の解なのか、すべての人にとっての解なのか、常に謙虚に考えておくべきだと思います。)

SKorea`s secret: Runaway teen prostitution

Parental pressure to achieve good grades has led to a soaring number of children on the streets who are selling sex.

Jennifer Chang Last Modified: 07 Nov 2012 08:44

Seoul, South Korea - South Korea is paying a high price for its rigorous education system - a major reason for its economic success - with teenagers increasingly turning to prostitution after fleeing home to escape academic pressure.

An estimated 200,000 youths - at least 60 per cent female teenagers - roam the country's streets. About half have worked as underage prostitutes, according to the latest government figures.

Many say they initially ran away to be with friends instead of studying, and later ended up selling their bodies to earn money to survive.

"In high school, I would say that massive academic pressure is the main driver pushing kids onto the streets," says a professor at a prominent South Korean university, who requested anonymity because of the issue's sensitivity in the country.
This reporter spent several weeks talking to runaway girls. All were between age 12 and 18, and their names have been changed to protect their identities.

Most lived in a "runaway family", the term they use to describe a group of teenagers who meet in Internet chat rooms and develop relationships based on selling sex.

Such "families" often sleep together in hotel rooms where they've sold sex beforehand. Or they're made up of one or more underage prostitutes who seek shelter in rooms owned by individuals who, in return, expect them to do anything from chores to selling sex.

The prostitution problem in South Korea continues to stump authorities. An estimated 1.2 million women are believed involved in the business - or about 20 per cent of all South Korean women aged 15-29.

From schoolgirl to working girl

Yu-ja, 18, says she first ran away at age 12 from her parent's home so she wouldn't have to study, and could instead, "play, chat and smoke with her school friends all night at playgrounds". She left for a few days, sleeping on subway trains.

The professor says "intense pressure" on students begins as early as age 12.

"High school students are being forced to study every day after school until late at night, often until 1am, by their parents so they can get into a good college, a requisite for obtaining high-paying jobs," he says.

South Korean students have ranked in the top 10 among Organisation for Economic Co-operation and Development countries annually since 2000, he notes.

Yu-ja was 14 the second time she fled home, again to get away from schoolwork and "to have fun". This time she began selling sexual services for about $275 through Buddy Buddy, a popular online chatting service among underage runaways that was later shut down after authorities caught on. A man in his early 20s picked her up at the Internet cafe where she had solicited him, and took her to his studio apartment in the capital Seoul,a city of more than 10 million people.

The United Voice for Eradication of Prostitution is a non-governmental organization that counsels teenage prostitutes, educates them on the pitfalls of selling sex, and administers rehabilitation programmes.

At least a dozen prostitution websites operate online, says counsellor Shim A-ra. "There has been an explosion of such sites in the last few years."

The websites are also difficult to police. After authorities shut them down, many operators simply change names and reemerge.

For all the emphasis South Korean schools put on good grades, they fail to warn youngsters about the dangers of running away from home.

"No one ever told me it was wrong to prostitute myself, including my schoolteachers. I wish someone had told me," Yu-ja says. "Girls should be taught that from an early age in class here in South Korea, but they aren't."

The money she earned from her first customer enabled Yu-ja to pay for three weeks of lodging at a jjimjilbang, or public bathhouse furnished with saunas, as well as food. She then, through online chatting, hooked up with a "family" of runaway teen prostitutes.

For a year, she survived by sleeping in hotel rooms where they'd met and slept with clients, paying for her food with sex earnings.

Unloved at home

Moon Young-me, a programme officer for the United Voice for Eradication of Prostitution, says the demands made on Korean adolescents such as Yu-ja to study hard are not the only factor that causes teens to leave home. She also cited physical, verbal or sexual abuse by those they live with.

Yu-ja says the last time she ran away she was 17 and had been kidnapped by her father to his residence from her mother's home. There, he beat her regularly for refusing to take part in track and field activities in high school, so she could get into college despite poor grades.

Yu-ja now lives with Hyun-ju, a 12-year-old runaway prostitute who was sexually abused when she was in third grade by an uncle who lived at her home. Yu-ja came to the interview with Mi-kyung, a 15-year-old runaway from the southern port city of Busan whom she also resides with.

Mi-kyung says the reason she first fled home was that, like Yu-ja, she wanted to avoid schoolwork and be with friends. Showing up with hair and lips coloured bright red, Mi-kyung insisted she had never sold sex despite living on the streets for years. Her claim, says the centre's head counselor Cheon Bo-gyeong, may be false since underage runaways are extremely reluctant to talk about sex work.

Prostitution by underage girls on South Korea's streets is rising despite counseling services and centres trying to stem the practice. Almost all these facilities are run by state or local agencies.

Officials refused to answer questions, saying the country's reputation would be harmed in the eyes of the international community if the sensitive topic was broached.

The largest agency responsible for helping runaway teenagers is South Korea's Ministry of Gender Equality and Family. A high-level official requesting anonymity says while the ministry "acknowledges the problem, government agencies … conducting research to resolve the situation have not yet found a solution".

Dangerous profession

Cheon says runaway teens normally perform sexual services at a motel after using Internet chat rooms or smartphone applications to hook up with male customers. Sometimes they are raped if they refuse to indulge in unorthodox sexual practices, she says.

"One customer even slipped his wallet into a teenage prostitute's bag after having sex with her at a motel. He refused to pay her for her services after accusing her of stealing his wallet and beating her for the theft," Cheon recalls.

Shim says the most common way teenage girls become prostitutes is for boys or men in their 20s to trick them into selling themselves.

She cited the case of an 18-year-old runaway prostitute she had counselled. Three weeks after becoming romantically involved with a young man and moving in with him, he and seven friends gang-raped her.

"Their intention was to sell her to other men, but she contacted an older woman friend from an Internet cafe when she was with the eight rapists, who helped her escape to a shelter for underage runaway prostitutes," says Shim.

It is common for many teens to contract syphilis and other sexually transmitted diseases. "The girls more frequently go without condoms, since most of their male customers refuse to wear them," Shim says.


Once young women get involved in the business, it's difficult for them to leave, Cheon says. "About half of the girls we counsel turn away from prostitution, but the other half go back to selling sex."

Even for those who manage to escape the sex trade, their past lives often come back to haunt. Former employers at entertainment venues often track down their former prostitutes and threaten to tell their families unless they pay a fee. Many subsequently are ostracized from their husbands and families after they discover the women are former prostitutes.

"In some cases, fortunately, NGO lawyers working on their behalf manage to save them from becoming blackmail victims of entertainment establishments by taking legal action," says Shim.

As the interview wraps up, Yu-ja confesses she is "now tired of being a prostitute". Since she is old enough to earn a legitimate living, she says she plans to support herself by "cleaning Internet cafes".

Source:

Al Jazeera


cheelend at 02:43|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2012年10月28日

タイ国際空港に驚いた

6465b0e0.jpgタイ国際空港に驚いた

今回、ネパールに行く際に、タイ国際空港で乗り継ぎました。タイ国際空港(正確には、バンコク・スワンナプーム国際空港)の素晴らしさに驚きました。その広さと、空港内の充実度、面白さなど、自分が利用していた空港の中でも群を抜いていました。

調べてみたら、旅客ターミナルビルの総面積563,000屬蓮∪こΠ譴箸里海箸任后設備の綺麗さや周辺まで含めた一体感のある開発スケールは、見事でした。成田国際空港の約5倍あります。ドイツ人建築家のヘルムート・ヤーン氏設計の建物は、到着時・出発時に「空の便の玄関口」として、旅客にわくわく感をもたらします。

チェックインカウンター360か所、出入国管理ブースは出国120か所、入国72か所でスピーディーに対応します。アジアのハブを目指す国家プロジェクトとして進められたというのもうなずけます。

近代的な部分だけでなく、中に入っている店も面白かったです。多様なレストランに交じって、1本90円くらいで焼き鳥のようなものを売っている駄菓子屋のような店も入っていて、懐の深さを感じさせます。

僕がタイに初めて行ったのは、今から、25年前のことです。当時はこのスワンナプーム国際空港ではなく、ドンムアン空港でした。深夜に着いた便から降りると、入国管理は、まったりしたペースで仕事をいていて、まさに「マイペンライ(気にしない、など複数の意味)」だなと揶揄していました。空港を出ると、舗装されていない道に土煙をあげて、暴走族かと見まがう大量のバイクやタクシー、トクトクなどの白タクが待ち構えていました。

それから25年。中南米と関わることが多かった僕は、タイを含めた東南アジアの成長を知識としては知っていても、こうやって実感する機会がありませんでした。空港などのハードの部分でまず驚いて、機能的にすべてがてきぱきと進むソフトの部分で感心して、実際にさまざまなサービスを利用した後では、我が国を振り返って、悲しい気持ちになるばかりでした。

早朝の便で、成田国際空港に到着するとますます、その思いは強くなりました。空港だけでなく、周辺も含めた美しさという点で大きく見劣りします。英語の本は、本屋に若干あるだけで、とても同時代の知的関心を英語で、世界の人々と共有するレベルにはありません。空港内および周辺のホテル、レストランや店で英語が通じる度合いも、成田よりもタイの方が高かったです。

米国の航空会社各社のハブ空港であるヒューストンやシカゴ、マイアミなどでは、これほどのショックを受けませんでした。実際、これらの空港周辺のトランジットホテルなどは、シェラトンなどの名前を関していても、実際にはそれほど大したことはなく掃除やサービスの面でいらいらすることの方が多かったです。

しかし、今回、タイの国際空港で、潜在的に僕が抱いていたかもしれない「上から目線」を徹底的に叩きのめされました。そして、今から10年後や20年後の日本のために、何が自分にできるのだろうか、と考えさせられました。


cheelend at 18:59|PermalinkComments(2)TrackBack(0) Diary 

2012年10月03日

スマホに挑戦

8af3cfb6.jpgスマホに挑戦

遅まきながら、スマホを購入しました。年に半分は外国にいるので、日本でスマホに加入してもコストパフォーマンスがよくない、ということを言い訳にして、しばらく僕はスマホに手を出さないでいました。

しかし、途上国の若い人たちは、既にスマホを使い始めています。スマホを使うかどうかというのは、先進国対途上国という対立軸で分かれるのではなく、若い人対(広義の)年寄りという対立軸で決められるのではないか、と思うようになりました。

こちらから途上国に技術協力で訪問しても、途上国の受け入れ先がスマホのアプリを利用して提案してきたときに、こちらがまったくそれを使うことを検討する素地すらないというのは、問題です。そこで仕事にも影響するということで、スマホ購入を決断しました。

また、プロバイダーもソフトバンクからAUに切り替えました。これは、最近読んだ「稲森和夫 独占に挑む(日経ビジネス人文庫)」に大いに感化されたためでもあります。また、家族がAUを使っているということも、その理由の一つです。

選んだ機種は、京セラのURBANO Progressoです。京セラを選んだのは、前述の本の影響が大きいです。KDDIの筆頭株主である京セラの製造するものをKDDIのサービスブランド名であるAUで扱うのであれば、それは自信作を出すのではないか、と思えたのが一点。また、デザインがすっきりしていたのが、一点。画面全体が振動し、駅のホームなどでも相手の声を聞き取りやすい、という点が一点。初心者でも分かりやすいまとめ方をしていたのがもう一点の理由です。

実際、使ってみると、わからないことだらけです。それでも適当にいじくりつつ、240頁近い取扱説明書を電車の中で読みつつ、疑問点を昼休みにAUショップで確認するということを続けていたら、一週間でそれなりに扱えるようになりました。

メールを同期化して、仕事のメールやPCのメールをどこでも読めて返信できるようになったのは、よかったです。また、ビデオや音声録音、カメラは1歳半の娘が反応して大喜びしています。後は、アプリを厳選して、仕事につかえそうなものを採りいれてカスタマイズしていけば、どんどん使い勝手がよくなると思います。

とりあえず、スマホ道において、早々にキャッチアップできそうでほっとしています。正直なところ、使い勝手はPCの方がいいし、読書の時間はスマホとは別に取りたいので、スマホ中毒のような状態にはなっていません。


cheelend at 20:31|PermalinkComments(0)TrackBack(0) Diary 

2012年10月02日

ネパールへ

5e5e0ca5.jpgネパールへ

仕事で半年ほど、ネパールと関わることになりました。今まで、スペイン語やポルトガル語を活かして、アフリカやラテンアメリカの仕事をすることが多かったのですが、ほぼ7年ぶりに英語での仕事となります。

半年の間に4回ほど、訪問するので、僕の人生にとっても思い出深い国になるのだと思います。既に経済指標や近現代史、各種の経済政策、政治体制などは資料を読み込みました。ネパール語までは、ちょっと手がまわらなかったのですが、とりあえず挨拶の「ナマステ」は、ヒンディー語と同じようです。

南アジアは、7年前にバングラデシュに調査に行って以来の訪問地となります。今回はまた、ネパールのカトマンズだけでなく、インド北部のニューデリーにも寄ってきます。出発まで時間がなかったので、インドのビザ取得は旅行代理店任せでなく、自分で手続きをしました。空港でもビザが取得できるようだったのですが、時間がかかりそうだったので、事前に取得しておくことにしました。

皇居近くのインド大使館でなく、丸ノ内線茗荷谷駅近くのビザ・アプリケーションセンターで手続きを行います。申請と受け取りは、時間が異なります。ビザ申請は午前と午後に行えますが、受け取りは、申請後二日後以降の5時から5時半の間となります。

申請しに行ったときは、開館時間の朝9時に行ったにも関わらず、既に10人ほど並んでいて、その後も続々と人が集まってきました。ビザ受け取りのときは、更に混雑していました。5時に場所に着いた時には、中の70人ほど座れる椅子が満杯でした。幸い、30分待ちでパスポートとビザを受領できましたが、人によっては、1時間以上も待っていたようです。

ビザの受け取りを待っている人たちを見渡すと、まず30歳〜40歳くらいの女性の姿が目立ちました。その次に、60歳以上の男性諸氏。その次に、ビジネスマン。若い男たちは、少数派でした。

ところで、Lonely Planetのガイドブックを読んでみると、ネパールは景色に魅かれて、一度訪問するが、人に魅かれて二度目の訪問をしたくなると書いてありました。
また、インドについて書いてあるガイドブックを読んでみると、気合いをいれさせられるようなことが羅列してありました。

いずれにせよ、大いに学んできたいと思います。最初の出発は、10月7日の日曜日です。


cheelend at 19:39|PermalinkComments(0)TrackBack(0) Diary 

2012年09月29日

アンゴラ、途上国卒業候補リストへ

093e6a99.jpgアンゴラ、途上国卒業候補リストへ

もはや、旧支配国であったポルトガルに「貸し」を与える立場になったアンゴラ。着実に中進国への道を歩んでいます。9月21日に開催されたUNCTAD(国連貿易開発会議)会合で、UNCTAD側から、途上国リストから卒業し、2015年に承認の最終決定を下す、中進国リスト入りの候補国となることを発表されました。

アンゴラは、既に一人当たり国民総生産においては、中進国の基準を満たしています。あとは、残された2つの条件のうち、一つを2015年の最終評価までに満たすことが求められています。





cheelend at 09:33|PermalinkComments(0)TrackBack(0) Diary 

2012年09月28日

電動自転車

121164ad.jpg電動自転車

先日、購入した電動自転車が、とても役に立っています。徒歩では行けない距離はもちろん、通常の自転車でもためらうような距離や坂道でも、楽に回れます。また、帰国してから自動車を運転してみて気づいたのですが、自動車も都内中心部で駐車することを考えると、近所を細かく移動するのには、必ずしも最適な手段ではありません。

購入する前は、正直言って、電動自転車をあなどっていました。電力を必要としているのに「エコ」というのは、どういうことだ?普通の自転車の方が、よほどエコではないのか。と考えたり、自転車でも、原付バイク(原チャリ)でもない、この中途半端さは、いかがなものか。と思ったりして、その威力を低く見ていました。

しかし、坂道の多い地域を走るときには、本当に役立ちます。絶句するような急坂でも、立ちこぎすることなく、サドルに腰かけたまま、すいすい登って行けます。また、気になるバッテリーも、エコモードで47km, 通常モードで39kmなので週末に乗る位であれば、週に一回の充電で十分です。

テレビで、電動自転車は、発車時にペダルに力を入れて急発進することによる事故が多いというニュースを見て心配していたのですが、それも杞憂でした。既に改良されて、急発進は制御されるようになっているし、ブレーキをかけた状態からそれを離すようにしつつ、ペダルを踏む、つまりバイクと同じようにこげば、万全です。

あとは、ギヤチェンジや電力アシストモードを変えるときに、ペダルをこぐのを止めるということに気をつければ、特段、難しいことはないと思います。出発時に電源を入れておかないと漕ぎ始めるときにやけにペダルが重いので、すぐに気が付きます。そのため、電源の入れ忘れという問題も起きにくいと思います。

リチウムバッテリーも含めると26.7kgと車体が重いので、自転車の駐車場での出し入れやスタンドを起こすときに、特に女性は少し、大変な思いをするかもしれません。しかし、子供を乗せて買い物に行くのには、ずいぶん負担が軽減されると思いました。ちなみに僕が購入したのは、Yamaha PasナチュラLDXでした。


cheelend at 22:04|PermalinkComments(0)TrackBack(0) Diary 

2012年09月23日

生活を変えるトースター

1007ad68.jpg生活を変えるトースター

生まれて初めて、トースターを購入しました。縦に食パン2枚を入れて焼くクラシックなトースターです。トースターそれ自体は、2,000円にすぎません。今まで購入しなかったのは、価格の問題でなく、それを必要とする生活でなかったからです。

夜型の生活で、朝は眠れるだけ寝る生活では、朝食そのものを必要とせず、したがって、トースターも無用の長物でした。そうした生活を中学生の時から、ほぼ30年以上、続けていました。

しかし、家族ができて、生活パターンが劇的に変わりました。一念発起して、気合いを入れて変えたというのではなく、自然に変わっていきました。乳児は早起きなので、自然とこちらもそれにあった生活となります。

また、引っ越す前の家では、隣がコンビニだったので、朝食もそこで購入していました。しかし今度は、コンビニまで5分ほど歩きます。また新居を購入したので、無駄な出費も控えていこうということで、自宅で朝食をとることにしました。

こうして、トースターが生活を変えたのではなく、生活を変えたので、トースターが必要となったわけです。入れたてのコーヒーとトースター、トマト、ヨーグルト、卵、ソーセージという至って平凡なメニューですが、不思議と飽きることがありません。

また、仕事で海外に出ることが多い僕としては、こうやって一日のはじまりを家族で淡々と過ごす時間を共有できることは、それ自体がとても貴重です。ものすごいイベントを企画するのもいいのですが、こうやって日々の営みを共有するところにも家族の絆を深めるための鍵が隠されているように思います。

cheelend at 08:17|PermalinkComments(0)TrackBack(0) Diary 

2012年09月22日

ODA額、14年ぶり減少 景気低迷と欧州危機が影響

e614ccea.jpgODA額、14年ぶり減少 景気低迷と欧州危機が影響

朝日新聞、2012年9月22日

国連は20日、2011年の先進国の途上国援助(ODA)が14年ぶりに減少したと発表した。子どもの死亡率削減といった2015年を期限とする国連ミレニアム開発目標(MDGs)の完全な実現が危うくなるとしている。

 20日発表した報告書によると、経済協力開発機構(OECD)に加盟する先進国の2011年のODA額は1335億ドル(10兆4千億円)で、1997年以来初の減少。08年のリーマンショック後の景気低迷と欧州債務(借金)危機が影響した。

 国連は、先進国に国民総所得(GNI)の0.7%をODAにあてるよう求めているが、実際は0.31%にとどまり、1668億ドル足りないと強調。自由貿易による恩恵を途上国に広げることを目指す、世界貿易機関(WTO)の多角的貿易交渉(ドーハ・ラウンド)の失敗にも言及し、加盟国により一層の努力を求めた。(前川浩之)


cheelend at 13:23|PermalinkComments(0)TrackBack(0) Diary 

2012年09月17日

引っ越し

167f6062.jpg引っ越し

8月に帰国した後、引っ越しと、一連の作業に追われて、まったくブログを更新できませんでした。住民票の異動や免許証の住所書き換えのような行政手続きや、引っ越しのための荷造りに加え、引っ越し先の状態を整えるのに、時間を割きました。

エアコン4台の設置、床の小さな傷の修復、フローリングと壁のコーティングなどで、それぞれ1日を費やしました。また、収納スペースを有効に活用するために、収納するものを「ユニット化」するための雑貨類を大量に購入しました。

収納するものは、バスケットでも、ケースでも、ボックスでもいいのですが、衣服や書類を小ユニットと中ユニットの組み合わせで収納すると、見た目の整頓された感じと、持ち運びしやすい実用性とに優れるので、そのように収納を管理しています。

一度、「とりあえず」整理に困ったものを無計算にぶち込む「ブラックボックス」を作ってしまうと、そうしたブラックボックスは、どんどん増殖してしまいます。それがロッカーであれ、部屋であれ、収容できる限り、整理せずに詰めることをしていると、まったく使わないデッド・スペースを作ることにもつながります。

たいてい、そうしたブラックボックスに詰め込むものは、なくても困らないものです。実際、普段の日常生活は、そうしたブラックボックスを探索することなく、過ごせます。

引っ越しに伴い、そうした「ブラックボックス化」しつつあったスペースにあったものを整理しなおしたので、毎週のように収納グッズを買い足して整理していました。準備を含め、約一か月たって、ようやく人を呼べる状態に環境を整えることができました。

今回はまた、乳児である1歳半の娘と一緒の引っ越しだったので、なおさら大変でした。パッキングしているものを追っかけて、次から次へと娘がパッキングした箱を空けていってしまうので、娘が寝ている時間にどれだけ作業できるかが、勝負でした。計80箱へのパッキングは、毎日、妻と打ち合わせを行って、進めました。箱に記す記号の書き方を統一したり、必要な資材の確認や課題を出して、進捗管理をしました。

たとえば、箱に記す記号は「赤マジック」で、「箱の側面」に、「1)新居での配置先―2)その配置先に届ける箱の通し番号―3)中に入っている品目名―4)家族の誰のものか示す名前」の順番で記しました。たとえば、「洋3−−娘衣類ー花」と言った場合、「洋室3への15番目の箱で、中には娘の衣類が入っていて、花奈(娘の名)用」といった意味合いです。

とりあえず、引っ越しがひと段落して、ほっとしています。ご褒美のように住宅エコポイントがいただけたので、電動自転車2台と、42型画面の薄型テレビに交換しました。

cheelend at 17:14|PermalinkComments(0)TrackBack(0) Diary 

2012年08月18日

赤城山への旅行

55493b8d.jpg赤城山への旅行

家族で赤城山へ旅行してきました。子どものときは、毎年、夏休みになると、ここで1週間ほど、過ごしていました。また、大学生の時は、同じクラブの連中と合宿を行っていました。桐生の競輪の選手が練習する山道にチャレンジすべく実家から100匐瓩て擦里蠅鮗転車で来ていました。

その赤城へ、今回は家族で、車で行ってきました。環7から新大宮バイパス、熊谷バイパス、大田バイパスと抜けていきました。1歳5か月の娘も、普段の電車やバスとは異なる目線での窓からの眺めに大喜びしていました。

現地では温泉でゆっくりしたり、わたらせ渓谷鉄道のトロッコ号に乗ったりして過ごしました。また、僕の思い出が詰まっている赤城ロマンド周辺へ家族を案内しました。

前回、ここに来たのは、当時星陵高校だった松井選手が甲子園で全打席敬遠されて敗退したとき(1992年)だったので、20年近く遠ざかっていたことになります。そのあともう一回くらい、友達とテニスと呼べないぐうたらテニスをしがてら来たはずですが、いずれにせよ、かなり長い間、赤城には戻ってきていませんでした。

その間、2006年に市町村合併(笠懸地区、大間々地区、東村が合併して、みどり市が誕生)があったり、趣のあった東武鉄道赤城駅の旧駅舎が2002年に営業を終了して新駅舎になったりと、変化がありました。また、国定忠治関係の土産物は、極端に少なくなっていました。

それでも、赤城山の自然は、子供の頃の記憶そのままに、そこに残っていました。雑木林の木漏れ日の中のつづら折れの道を運転しつつ、川沿いを家族で散策したり、わたらせ渓谷鉄道からの眺めを楽しんだり、間藤駅の茶屋で、地元のおばさんが作ったおいしい大学芋を食べながら、列車を待っている時間は、家族と離れていることが多い僕にとって貴重なものでした。

cheelend at 18:06|PermalinkComments(0)TrackBack(0) Diary 

2012年07月31日

在ブラジル日本大使館の西島公使の事故死に関する続報

a35f35bb.jpg在ブラジル日本大使館の西島公使の事故死に関する続報

在ブラジル日本大使館の西島公使の事故死に関する現地報道を取りまとめた概要、以下の通り。

2012年7月28日(土)午後4時40分頃(注:報道によっては午後6時頃)、西島公使夫妻と大使館職員の福地由花さんが乗っていたホンダのフィットが、エドマール・カルロス・トーレス(48歳)とセルマ・ド・ファッティマ・ペレイラ・ドゥ・ファリア(47歳)の運転するシェボレー・カデットと正面衝突しました。事故が発生したのは、プラナルティナ市です。

その結果、相手のエドマールとセルマ夫妻及び運転していた西島公使は、即死しました。福地職員は、病院に運ばれた後、息を引き取りました。西島公使夫人は、現在、ブラジリアの病院で手当てを受けています。大使館の発表によれば、容態は安定しており、死に至る心配は、今のところ、ないとのことです。

西島公使は、ラテンアメリカ経済専門家として、長年実績を残していらっしゃいました。神戸大学で副学長を務められた後、在ブラジル日本大使館に公使として赴任されたのは、今年(2012年)の4月からだと言います。

細野現JICA研究所所長が、筑波大学や神戸大学でラテンアメリカ研究者として教鞭をとられた後、エルサルバドル大使として赴任され、ラテンアメリカ研究者の外交第一線への道を開かれました。

今回の西島公使の赴任も、その延長線上にあったものと思われます。「現代ラテンアメリカ経済論」「ブラジルにおける経済自由化の実証研究」「BRICs経済図説」「グローバリゼーションの国際経済学」などの著書があります。

私も、ラテンアメリカ研究者の端くれとして、西島先生の死を悼むとともに、ご冥福をお祈りいたします。

cheelend at 12:36|PermalinkComments(0)TrackBack(0) Diary 
profile
Cheel
ラテンアメリカ研究者。民間セクター開発専門家。趣味は歌・絵画・小説・旅行・スポーツ全般。5言語(英語、スペイン語、ポルトガル語、フランス語、日本語)を駆使して仕事を行う。現在アンゴラ、ルアンダ市在住。
Recent Comments
Monthly archive
記事検索
プロフィール

Cheel