2013年09月19日

リニア中央新幹線 詳細ルートと4つの中間駅を発表

77686890.jpgリニア中央新幹線 詳細ルートと4つの中間駅を発表

フジテレビ系(FNN) 9月18日(水)11時59分配信
2027年の開業を予定している、リニア中央新幹線の東京 - 名古屋間について、JR東海は18日午前、詳細なルートを発表した。
また、4つの中間駅の位置なども明らかにした。
18日に発表されたリニア中央新幹線のルートは、東京・品川と愛知・名古屋を結ぶ、全長286kmで、うち246kmが地下トンネルとなっている。
中間駅は4つで、神奈川・相模原市のJR橋本駅付近に地下駅が、山梨・甲府市、長野・飯田市、岐阜・中津川市の地上に駅が建設される。
また、名古屋駅と品川駅には、現在の新幹線駅の地下30メートルから40メートルに新しい駅が建設される。
JR東海は、このルートをもとに、環境への影響を調査した準備書を18日、それぞれの自治体に提出していて、今後、各地で説明会を開く。
リニア中央新幹線は、2014年度の着工、2027年の開業を目指していて、東京 - 名古屋間を40分で結ぶことになる。
長野・飯田市の中間駅は、JR飯田駅から、3kmほど離れた場所に設置されることになるが、市民からは期待を寄せる声が聞かれた。
地元の人は、「素晴らしいじゃないですか。乗ってみたい。人がいっぱい来てくれたらいいと思う」、「特徴ある町づくりをしないと、降りてくれる人は少ないと思う。名古屋まで、直行で行けるのが、一番いい。それと、自然となるべく壊さないように」などと話した。.
最終更新:9月18日(水)12時39分


cheelend at 03:19│Comments(0)TrackBack(0)Diary 

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
profile
Cheel
ラテンアメリカ研究者。民間セクター開発専門家。趣味は歌・絵画・小説・旅行・スポーツ全般。5言語(英語、スペイン語、ポルトガル語、フランス語、日本語)を駆使して仕事を行う。現在アンゴラ、ルアンダ市在住。
Recent Comments
Monthly archive
記事検索
livedoor プロフィール