母はせっせとメシを炊く。

今日も明日もあさっても…


ふぅ…
夏休みも後半になると、中学校はいろんな講習関係+部活と、早朝から夕方まで、
結局夏休み前と同じ生活リズムになる。

母親が働いている小学生は
夏休みも毎日学童クラブへ通う。

ただひとつ違うのは

、、、夏休みは給食がない、、、( ̄◇ ̄;)

よって、母は毎日メシを炊く。

中学生にはドカ弁を、
小学生にはキャラ弁を(たまーに、ね)
ついでに自分にもありあわせ弁を。

朝6:30に炊きあがるように炊飯器をセットオン!
「炊けたよ!」を知らせるアマリリスのメロディが、目覚ましを止めて二度寝している私を起こしてくれる。

ヤベっ!とか言いながら、
まだボーっとしているアタマのまま、
まずはお弁当を作り始める。

お弁当さえできてしまえば、
朝の仕事は8割方終わったも同然!
余裕の笑みを浮かべ「ZIPでポン」にも
参加できるってワケですよ(笑)

しかし先日、
炊飯予約のセットオンを忘れてしまった。
せっかくお米研いだのに…
もちろん、炊けた合図の目覚まし的メロディは鳴らず、お弁当用のご飯も炊けておらず

いやぁ、焦ったわ。

以来、必ず予約確認をしてから就寝する私。

あーあ、早く夏休み終わらないかなぁ。

と思っている母親は全国に大勢いるはず。

母たちよ、あと少しですよ!
頑張りましょう!
お弁当作りも夏休みの自由研究も!


image