元気のたね

元気に健康になれる畑を耕してま〜す。 元気のたねの品種… 運動指導、健康セミナー、 健康体操DVD作成、企画など 浅田千鶴のブログ                          

ブルー・・・その後

今月から新しい仕事を始めました。

以前、病院のスポーツ医学センターでリハビリトレーニングを指導する仕事を行なっていました。
その頃、スポーツ整形外科医の上司が、こんなことをお話しされました。

「あなたは いつまでこの仕事をするのですか?
僕は死ぬまで、この仕事を続けていたいと思うのですが、手術は60歳で辞めようと思っているんです。体力も弱り、手が鈍りますからね。
あなたの仕事も、もろに体力仕事ですよね。体全部を使う仕事じゃないですか・・・・・」

その先生の定年退職ともに、スポーツ医学センターは閉館となりました。
私は そこに勤めていた週2日、時間が空くことになりました。
閉館間近の仕事の帰り、本屋さんで購入した本が・・・
「カフェ開業」の本!

健康に生きるためには、運動も大切だけど、食べることは もっと大切!
健康のために運動をする人は国民の20%。しかし食事をしない人はいない。
運動を教えられなくなっても、運動ができなきなっても、自分は死ぬまで食べる!
健康的な食事を提供しながら、今までの経験も生かしていけたらいいな〜

てな事で、食の仕事をしたい!という希望、夢がありました。
実家は昭和の時代、大阪千日前の角座の楽屋口前で三急屋という食堂を営んでおりました。
幼い頃は 店のカウンターで毎日夕飯を食べていました。
カウンターには角座に出演する芸人さんも並んで食事をしていました。
あれから40年を経た現在、落語を習い、寄席三味線を弾いているのが不思議な因果です。
「なんでこんなにうまいんやろ?」と三味線を弾く宮川左近ショーの暁照雄師匠も常連さんでした。
あ〜三味線を教えていただきたかった!!! 笑


「カフェ開業」の本を買ったものの、空くはずだった時間は スポーツ医学センターの患者さんたちの希望により、健康体操教室が2校増加することになり、カフェ開業の本を買ったのも、これを書くまで忘れていたぐらいでした。

それでも、娘のために毎日食事を作り、友達を招いて食事を作ったりすることは大好きでした。
月日は流れ、娘は巣立って行きました。
7月の初めに「ブルー」という題でブログを書きましたが、娘が巣立ち寂しくて、ブルー・・・
このブログを読んでくださった方が
「そんな状態を”空の巣症候群”と言うのよ」と教えてくださいました。

そんな折、娘から宅急便が届きました。
エプロン!
「ママならできる!」と娘の推薦で、娘の会社の大阪支社で社員さんの昼食を作るという仕事を始めました。
それが style for Earth で、素晴らしいんです!! おかげさまで元気です!
この続きは またの日に!











自分ストレッチ

今月の体操教室のテーマは 
『毎日行うストレッチのルーティンを作りましょう』

ストレッチは毎日行っていただきたいのです。
そして一生、継続していただきたいのです。

アメリカスポーツ医学会ガイドラインより〜
(世界的にも日本国内でも健康づくり運動に関するほとんどの学会や協会が示している運動処方の基準は、アメリカスポーツ医学会(ACSM)のガイドラインを踏襲しています。膨大な研究結果を4年ごとに最新情報として発信されています。
私は30年前にアメリカスポーツ医学会の資格認定を取得しました。その後、ガイドラインに沿った運動指導を行っています)

*関節可動域は、柔軟運動を行った直後に改善される。
(皆さんも経験されていると思いますが、ストレッチを行った直後は可動域が広がりますが、時間をおくと元に戻りますよね。)

*頻度:少なくとも週に2〜3回の頻度でのストレッチの実施を約3〜4週間継続することによって持続的な関節可動域の改善を示す。毎日行うのが最も効果的である
(だから、毎日行いましょう!)

*時間・強度:張り、またはわずかな不快を感じるところで10〜30秒間、高齢者の場合は、30〜60秒間を保持することで関節可動域は拡大する。
(わずかな不快=この表現は 英語から日本語に翻訳する難しさだと思います。「痛気持ちいい」としたいところです)

以上 アメリカスポーツ医学会の柔軟運動に関するガイドラインでした。

さて、ここからです。
ストレッチと一言で言っても、たくさんのポーズがありますよね。
今月は 自分に適した(肩こりなど不快症状の改善、姿勢改善など自分が希望すること)ストレッチのルーティンを作りましょう。
まずは 3つのポーズを選択して、この3つは必ず毎日行いましょう。

3つの選択のポイントは・・・
⒈ 目的の筋肉と関連する筋肉をターゲットにする
2.3つのつながり(筋肉の連結、動作の繋がり)が良い
3.生活の中でストレッチが可能なスチュエーションに合わせたポーズ
  (テレビを見ながら(座位で)・ウォーキングの後に(立位で)・寝る前に(寝た状態で)など)


例:テレビを見ながら。腰痛予防
40683895_1894692550650021_4082591157601697792_n















例:寝る前に。腰痛予防
40666660_1894692673983342_5959745105815404544_n














例:ウォーキングの後に。(上段は前後にスイングするアクティブストレッチ)
40646994_1894692567316686_5733501931062558720_n














例:肩こり予防
40790479_1894692633983346_1514277435594506240_n














例:姿勢改善(左上下は丸める&反るのアクティブストレッチ)
40628787_1894692667316676_5244469885223829504_n














クラスでは もっとたくさんの例を挙げますので、今月中に自分ストレッチを見つけて継続してくださいね。
Twitter
フィットネストレーナー
Profile

Chii

Recent Comments
  • ライブドアブログ