元気のたね

元気に健康になれる畑を耕してま〜す。 元気のたねの品種… 運動指導、健康セミナー、 健康体操DVD作成、企画など 浅田千鶴のブログ                          

健康

ブルー・・・その後

今月から新しい仕事を始めました。

以前、病院のスポーツ医学センターでリハビリトレーニングを指導する仕事を行なっていました。
その頃、スポーツ整形外科医の上司が、こんなことをお話しされました。

「あなたは いつまでこの仕事をするのですか?
僕は死ぬまで、この仕事を続けていたいと思うのですが、手術は60歳で辞めようと思っているんです。体力も弱り、手が鈍りますからね。
あなたの仕事も、もろに体力仕事ですよね。体全部を使う仕事じゃないですか・・・・・」

その先生の定年退職ともに、スポーツ医学センターは閉館となりました。
私は そこに勤めていた週2日、時間が空くことになりました。
閉館間近の仕事の帰り、本屋さんで購入した本が・・・
「カフェ開業」の本!

健康に生きるためには、運動も大切だけど、食べることは もっと大切!
健康のために運動をする人は国民の20%。しかし食事をしない人はいない。
運動を教えられなくなっても、運動ができなきなっても、自分は死ぬまで食べる!
健康的な食事を提供しながら、今までの経験も生かしていけたらいいな〜

てな事で、食の仕事をしたい!という希望、夢がありました。
実家は昭和の時代、大阪千日前の角座の楽屋口前で三急屋という食堂を営んでおりました。
幼い頃は 店のカウンターで毎日夕飯を食べていました。
カウンターには角座に出演する芸人さんも並んで食事をしていました。
あれから40年を経た現在、落語を習い、寄席三味線を弾いているのが不思議な因果です。
「なんでこんなにうまいんやろ?」と三味線を弾く宮川左近ショーの暁照雄師匠も常連さんでした。
あ〜三味線を教えていただきたかった!!! 笑


「カフェ開業」の本を買ったものの、空くはずだった時間は スポーツ医学センターの患者さんたちの希望により、健康体操教室が2校増加することになり、カフェ開業の本を買ったのも、これを書くまで忘れていたぐらいでした。

それでも、娘のために毎日食事を作り、友達を招いて食事を作ったりすることは大好きでした。
月日は流れ、娘は巣立って行きました。
7月の初めに「ブルー」という題でブログを書きましたが、娘が巣立ち寂しくて、ブルー・・・
このブログを読んでくださった方が
「そんな状態を”空の巣症候群”と言うのよ」と教えてくださいました。

そんな折、娘から宅急便が届きました。
エプロン!
「ママならできる!」と娘の推薦で、娘の会社の大阪支社で社員さんの昼食を作るという仕事を始めました。
それが style for Earth で、素晴らしいんです!! おかげさまで元気です!
この続きは またの日に!











自分ストレッチ

今月の体操教室のテーマは 
『毎日行うストレッチのルーティンを作りましょう』

ストレッチは毎日行っていただきたいのです。
そして一生、継続していただきたいのです。

アメリカスポーツ医学会ガイドラインより〜
(世界的にも日本国内でも健康づくり運動に関するほとんどの学会や協会が示している運動処方の基準は、アメリカスポーツ医学会(ACSM)のガイドラインを踏襲しています。膨大な研究結果を4年ごとに最新情報として発信されています。
私は30年前にアメリカスポーツ医学会の資格認定を取得しました。その後、ガイドラインに沿った運動指導を行っています)

*関節可動域は、柔軟運動を行った直後に改善される。
(皆さんも経験されていると思いますが、ストレッチを行った直後は可動域が広がりますが、時間をおくと元に戻りますよね。)

*頻度:少なくとも週に2〜3回の頻度でのストレッチの実施を約3〜4週間継続することによって持続的な関節可動域の改善を示す。毎日行うのが最も効果的である
(だから、毎日行いましょう!)

*時間・強度:張り、またはわずかな不快を感じるところで10〜30秒間、高齢者の場合は、30〜60秒間を保持することで関節可動域は拡大する。
(わずかな不快=この表現は 英語から日本語に翻訳する難しさだと思います。「痛気持ちいい」としたいところです)

以上 アメリカスポーツ医学会の柔軟運動に関するガイドラインでした。

さて、ここからです。
ストレッチと一言で言っても、たくさんのポーズがありますよね。
今月は 自分に適した(肩こりなど不快症状の改善、姿勢改善など自分が希望すること)ストレッチのルーティンを作りましょう。
まずは 3つのポーズを選択して、この3つは必ず毎日行いましょう。

3つの選択のポイントは・・・
⒈ 目的の筋肉と関連する筋肉をターゲットにする
2.3つのつながり(筋肉の連結、動作の繋がり)が良い
3.生活の中でストレッチが可能なスチュエーションに合わせたポーズ
  (テレビを見ながら(座位で)・ウォーキングの後に(立位で)・寝る前に(寝た状態で)など)


例:テレビを見ながら。腰痛予防
40683895_1894692550650021_4082591157601697792_n















例:寝る前に。腰痛予防
40666660_1894692673983342_5959745105815404544_n














例:ウォーキングの後に。(上段は前後にスイングするアクティブストレッチ)
40646994_1894692567316686_5733501931062558720_n














例:肩こり予防
40790479_1894692633983346_1514277435594506240_n














例:姿勢改善(左上下は丸める&反るのアクティブストレッチ)
40628787_1894692667316676_5244469885223829504_n














クラスでは もっとたくさんの例を挙げますので、今月中に自分ストレッチを見つけて継続してくださいね。

不条理

中学高校時代の夏、
体育館、合宿所にも冷房はなく、水分補給の自由は許されなかった。
喉が渇いて、しんどくても
「水が欲しいです。」とは言えなかった。
お手洗いに行かせてください、と言って、手洗いの水を飲んだ。
何度も行けないから、イッキ!イッキ!
おなかチャポンチャポン、
その後、ジャンプが重たいこと。
それは 今から40年もさかのぼること。
気温は 30度を少し超えると、暑いな〜と言っていた時代。
現代は水分補給の自由は 当たり前になった。(はず)

今、気温40度にも上がろうという過酷な環境。
今の子供たちは
「暑いから中止しましょう。
練習環境、どうにかなりませんか?」
などと言えるのだろうか。

あれから40年、スポーツ医科学は進んでいる。
身を守るためのガイドラインやコンディショニングの情報は たくさん存在する。
それが しっかり行われているのだろうか。
いつの時代も不条理がつきまとう。

地震雷火事親父

どこかのお祭り…
鬼(の面をかぶった若者)が ほうきのようなものを持ち、
村人、町人のお尻を思いきり叩いて無病息災を祈願するという景色がテレビに映っていた。
小さな子供は 鬼を見ただけで、恐怖に泣き叫んでいる。
そして、ケツぼうき…
そこで今の教育を考えた。
叩くなど体罰は いけない…とされている。
最近聞いた話では 名指しで個人を叱ることもいけないとか。

わたしが受けた教育と現代の教育は かなり変化がある。
親にも先生にも、ゲンコツたくさんもらった。
怖かった。
でも優しかった。
今の子供たちの怖いものは なになんだろう。

昔から伝わるお祭り、自然崇拝、精霊崇拝、感謝や祈り…
伝えられてはいるものの、人も自然も大きく変化している。

しびれる

大雨が明けた。
清元三味線師匠の稽古。
神田祭という曲。
浄瑠璃の伴奏をする。
テンポキープが課題。
浄瑠璃に合わせて緩急…
「0コンマ何秒早い!」
1時間以上の稽古、
正座の足…
攣った!
でも我慢!
そのうち痺れて、足が どんなことになっているか、わからない状態。
そして、そのうち足より肩が震える。
バン! バ!バ!バン!バン!バン!バン!
くち三味線では ウンツテチンチンチンリン♬
バン!は 師匠が机を叩いてリズムをガイドしてくださる、
その手が痛そうで、申し訳なく震え上がる。

この時ばかりは 他の何事も忘れ、三味線に集中。
いち音いち音の、果てしなき追求が楽しくて苦しくて、
楽しくて。
ありがた〜ぁ〜き。

蝉が鳴き始めました。
あー夏が来た!
➡︎暑くなるな〜
➡︎でも蝉の寿命は ひと夏
➡︎こんなに一生懸命生きているんだ
➡︎私も頑張ろ!
と、毎年、蝉が鳴き始めると連想します。

そして、夏の健康管理は 水分補給、体温調節に 気をつけて。
水分補給は ノンカロリーの飲み物を!
清涼飲料水は 知らず知らず過度に砂糖を取りすぎます。
〜と、いつも言っているので、
私のお友達は 自動販売機のボタンを押す際、
私のことを思い出してくれる人が多いようです。
嬉しいな〜!

ブルー

マレッジブルー…というのは 花嫁さんがなるものですけど、
花嫁の母も そんな気になるんですよ。
マタニティブルーってのもあって、女の一生ってブルーに染まることが多いんですね。
娘が 結婚をしましてね。
なぜだかブルーな気分。
母には ランドセルブルーもありましたよ。
小学校入学して朝、大きなランドセルをしょった娘が1人歩く後ろ姿…
角を曲がり見えなくなると涙が溢れました。

そんなことも思い出しながら、先週末思いきって大雨から逃げるように娘に会いに東へ東へ…。
娘と婿殿と写した画像に、
娘が…
「ママ、暗(くら)っ!」
で、さっそく明るめファンデーションを買いに行きまして、
(ちがう? 気分!気分!)
「アイシャドウは ブルー系にしましょうか?」
と、店員さんのご提案でしたが、
「パっ!!と明るくしたいので!」
と、グリーンにしてもらいました。

週が明け、本日晴天の空を飛んで帰ってきました。
先週末は 大雨の影響で大きな被害に遭われた方々もあり、胸が痛みます。
身体が健康で無事であり、人生に様々な色があることを受け入れ、普通の暮らしに感謝しなければ。

image

てるてる坊主

天候により、昨日今日と福島教室、神戸教室と連続の休講となりました。
ひとり静かに過ごすこととなりました。
冬の終わりから夏のはじめ、人生の中で良きも悪しもズッシリ重大な出来事が起こりました。
そのためなのか?
梅雨に入った頃から心身に堪えましてね。
実は 梅雨空のようにジトジト、メソメソしていた今日この頃でした。

そして昨日今日の臨時休講。
教室の生徒さんたちの過去のカルテをゆっくりと整理しました。
20歳後半から92歳までの生徒さん、
10年以上のお付き合いの方が多数。
結婚して母になった人、
おばあちゃんになった人、
既往歴を見ると、大きな病気を経験した人、
ご家族を亡くした人、
あの世へ旅立たれた人…
みんな、それぞれの人生があり、
みんな、強く生きているんだな〜

「あんた、先生なんですよ」
そうでした。

でもね、けっして私は強くはなくて、
「元気のたね」は 生徒のみなさんに頂いているんですよ。
みなさんのように、強く賢く素敵に生きていきたいです。
いちばん若い生徒さんから こんな嬉しい画像が届きました。
♬あした 天気に しておくれっ!
image

ホームページを新しく開設しました

お久しぶりのブログです。

まずは最近の活動報告を…
‖料犇擬
健康体操教室は 3月4月に私事で臨時休講をさせていただきましたが、5月より通常通り開講させていただいています。
教室の皆様には 御迷惑、御心配をおかけし、大変申し訳ございませんでした。
4月より大阪福島教室は 八聖亭スタジオ営業終了に従い、福島ホールジュンに引越しをいたしました。
大阪福島教室(毎週木曜10時30分〜11時30分)は満席になっております。
その他の教室はご見学、体験教室を受け付けております。
宝塚教室:宝塚南口会館 毎週火曜、第1、3土曜 10時〜11時30分
神戸教室:魚崎西町会館 毎週金曜 9時15分〜10時30分、10時30分〜11時45分
大阪宗右衛門町教室:食道園5階会議室 毎週木曜 14時〜15時
ご見学、体験教室ご希望の方は ホームページのContactからお問い合わせください。

▲曄璽爛據璽
ホームページを新たに開設しました。
http://cheers39.com

新しいお仕事:高齢者マンションにお住まいの方のパーソナルトレーニング、大阪北浜にてビジネスマンのパーソナルトレーニング、兵庫県ものづくり企業若手経営者組合の健康セミナー
*パーソナルトレーニングは在宅訪問、スポーツ施設同行、レンタルスペースなどで実施しています。
只今、若干名でしたらご予約可能です。
企業、団体様健康セミナーは 随時ご相談させていただいています。

ぐ肪飴團瀬ぅ┘奪閥擬
伊丹市在住の方の3ヶ月間のダイエット教室です。運動指導を担当しています。
詳しくは 伊丹市ホームページからお問い合わせください。

以上 近況報告でした。









ご無沙汰をしております

体操教室にて・・・
「先生! ブログを書いてください!!」
とのお叱りを受けました。

申し訳ございません。

昨年6月から始めた大学施設管理の仕事・・・
ただいま年度末の契約事で大詰めでございます。
今、10時を過ぎましたが、現場の仕事を終え、台所で夕飯の準備を20時から仕掛けながら、メールの返信やら電話での打ち合わせ・・・
辛うじて鍋を焦がさず、晩ごはんに有りつく前に・・・
あ〜〜〜ブログ!!

「せめてTwitterを張り付けて!!」
とのことで、
これでお許しを願います。
よろしければご覧ください。 私の生息記録です。

仕事・健康関連Twitter  https://twitter.com/CheersChii
芸事関連Twitter  https://twitter.com/fU24lHpvP8Vdl4b
食関連Twitter  https://twitter.com/sennitimae39

さあ〜ごはん!ごはん!!
こんな時間に食べたら、太るな〜〜〜(汗)
Twitter
フィットネストレーナー
Profile

Chii

Recent Comments
  • ライブドアブログ