2004年12月

2004年12月23日

七賢人

八幡宮の前の道を金沢街道の方へ曲がります。
岐れ道(わかれみち)の少し手前のマンションの下に、こんな黄色い看板が出ています。

もう1つはメニューを書いた黒板です。
今回はランチメニューの中から選んでみました。


七賢人看板
七賢人黒板













これが、ランチです。
見た目は普通ですが、マスターが厨房で調理しているときから、ネギソースのいい匂いが漂ってきました。

創作中華といってもとくに変わった味ではなく、オーソドックスな美味しさです。

つけ面大王の本家ですから、麺はもちろん旨いのですが、こういう普通のものが何気なく美味しいと言うのがこの店のいいところです。

七賢人ランチ










この人が七賢人のマスター。
ちょっと変わり者とのことですが、味にうるさい「かまくら香茶庵」の大塚社長は「天才」と呼んでいます。

七賢人のURLがありますが、目立つのがきらいなマスターなのであまり目に付くところには出ていません。

カウンターは進んでいないようですが、面白い店なので是非ご覧ください。

七賢人マスター









●「七賢人」創作中華料理
  tel 0467-23-8977
  神奈川県鎌倉市雪ノ下4−1−12 雪ノ下ロイヤルハイツ1F
  定休日 : 月曜(祭日の場合翌日)
  11:00-15:00 17:00-22:00
  http://www.geocities.co.jp/Foodpia/7033/




chefcomi at 16:29|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 鎌倉 | 中華料理

2004年12月16日

湘南倶楽部

小町通を八幡宮の方へ進むと聖ミカエル教会が左手に見えてきます。
人力車が止まって客引きをしたりする賑やかな四辻ですが、その中で赤と白のシンプルな看板が「湘南倶楽部」の目印です。

「うわさのハヤシライス」って書いてありますね。

湘南 看板









小町通りを左折してしばらく歩くと暖かい時は、オープンエアになるカリフォルニア・キュイジーヌの店「湘南倶楽部」があります。

湘南 店頭










「湘南倶楽部」の先にある今小路の踏切です。
ここを渡って、すぐ左手に最近大人気のRomi-Unie Confitureがありますので、お土産にどうぞ! 

湘南 踏み切り









今日はハヤシライスではなくてチキンのコンフィを注文。
大きなプレートには鎌倉野菜のサラダとジューシーなチキンのコンフィが!

打ちっぱなしのコンクリートと所々に配された植物の緑がさわやかです。
これはカウンターからの写真で、スタッフの横にキッチンが少し写っていま
す。

湘南 コンフィ






●「湘南倶楽部」 カリフォルニア料理
 
  鎌倉市小町2−5−6
  TEL 0467−22−1914
  営業時間 11時30分?日没(土日祝?20時)
  定休日 火(第3水曜休、定休日が祝日の場合は営業)
  http://www.jalan.net/kanko/SPT_171850.html


chefcomi at 10:24|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 鎌倉 

2004年12月09日

BANABANA

大町のカフェ「BANABANA」の店頭とオーナー

つつじで有名な安養院の手前にある小さなカフェです。
テラス席がゆったりとして、のんびりした気分になれます。

BANA店頭









「BANABANA」を訪れた人が必ず口にするのは、オーナーのキャラクター。人のよさそうな、のほほんとした話し方は、それだけで幸せになれそうな気にさせてくれます。

BANAオーナー









「あの自転車は?」
「下り専用の自転車です。スキー場などを降りてくるんです。」
と自転車好きのオーナー。
自転車仲間もよく店を訪れてくるとのこと。

BANA自転車









名物のバナナミルクジュース
「あんまり、特長がないんですよ」
たしかにシンプルだが、これもオーナーの人柄が表れていて悪くない。

「バナナが好きなんです。バナナが嫌いって人、少ないですよね。」
バナナケーキ、夏場はバナナアイスクリームが人気。

※本場のエスプレッソマシンで入れるコーヒーも名物です。
BANAジュース







●「Kamakura BANA−BANA」 カフェ
 
  鎌倉市大町1−11−6
  TEL 0467−22−5857
  営業時間 11:00〜18:00
  定休日 毎週火曜日
  http://kamakurabanabana.finito-web.com/


chefcomi at 10:04|PermalinkComments(0)TrackBack(1) 鎌倉 | カフェ

2004年12月03日

ポエットでボージョレヌーボー解禁の夜

※ビストロ ル・ポエットは2006年6月で閉店しました。 


ビストロ ル・ポエット 11月18日
この日はヌーボー解禁に合わせた特別企画
「想い出のブルゴーニュのビストロ料理再現!」が開催されました。

ボジョレの夜

その日のポエット店頭
車の人は大丈夫?

ボジョレシェフ







梶原シェフが「ピエール・アンドレ」のヌーボーを注ぐ。





梶原シェフは1987年、ブルゴーニュのビストロ「レ・グルメ」のジョエル・ペローシェフに師事。

今回はペロー氏の得意料理を再現するという企画。










ボジョレうさぎ

アミューズはウサギ肉。マスタードの味付けで鶏肉に似たあっさりとした味わい。












1er オードブル(フォアグラ)

低温でゆっくりとマリネしたフォアグラに火を入れ、冷やし固めたオードブル
フォアグラの濃厚な味がヌーボーによく合う。

ボジョレテリーヌ













2er オードブル(エスカルゴ)

オードブルの2番目はエスカルゴ
ブルゴーニュの代表的な食材エスカルゴはバターのオーブン焼きが定番
ですが、これは「レ・グルメ」で出されていたソースと合わせシューに入れたもの。
ロックフォールチーズの塩味と生クリームがうまく合わさっている。

ボジョレシュー











Poissons(魚料理)

魚はその日に入荷したものを使う。
今日は目鯛と鰆(さわら)のポワレ。

鰆はこれからが旬。今日のはとても脂がのっておいしい。
目鯛も新鮮でさっぱりとしている。
黄色いのが人参ソース、グリーンのはブロッコリーソース。

ボジョレ魚










Viandes(肉料理)

ブッフ・ブルギョンはポエットの定番料理。
この日は使用するワインに特別こだわった。

ボジョレ肉












Dessert(デザート)

最後のデザートは、フランスでもあまり見られなくなったという「お米のケーキ」なにか懐かしい味です。

ボジョレ

chefcomi at 07:02|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 閉店 | 提携店・協力店の情報
Archives
Recent Comments
「最新トラックバック」は提供を終了しました。
Blog Pet
Profile
シェフコミ 事務局
鎌倉に半世紀以上棲息しています。

味音痴のD級グルメですが、協力してくれるお店のオンタイム情報と行き当たりばったりのレストラン情報をメルマガで発信しています。

まぐまぐメルマガ登録は
http://www.mag2.com/m/0000117691.html
BlogPeople
にほんブログ村


ブログランキング・にほんブログ村へ


訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ブログラム
『blogram』に参加しました。 blogram投票ボタン
あじさい