2005年09月

2005年09月29日

ベルグフェルド 雪ノ下店

鎌倉の住民にはおなじみのパンと洋菓子の『ベルグフェルド』ですが、雪ノ下の本店とカフェ中心の長谷の店があります。

ここ雪ノ下の店は、鎌倉駅からバスに乗って、「岐れ道(わかれみち)」のバス停で降りたすぐのところです。

本店に併設されたカフェの前には
「源頼朝公・島津忠久公御墓入口」昭和57年12月建立」
という木製の碑が建っています。


べルグ 店









バス停が写ってますね。まん前です。
でも、気候のいいときは歩いても20分なので、段葛をなどを散歩しながらでもいいですよね。

手前がパンや洋菓子の販売、奥がカフェになっています。

派手さはありませんが、鎌倉の日常の雰囲気がして落ち着いたところです。


ベルグ 店頭









歩道に手書きの看板が出ています。

**************

Lunch Set

1.ベルグサンド

胚芽パンとツナホットドック
ライ麦パンとポロナソーセージ

2.BLTサンド

ベーコン トマト レタス

+コーヒーor紅茶
+ランチケーキ   ¥1050

**************

最後の(+ランチケーキ)というのがちょっと気になります。


ベルグ メニュー














今回のオーダーはBLTサンド。

自家製のパンにたっぷりのレタスとトマト、カリっとしたベーコンが食欲をそそります。
(ただ、具の多いサンドとミルフィーユはなかなかうまく食べることは難しいのですが・・・・)

これが終わると最後に「ランチケーキ」が出てきます。
今回、店の中央にあるケースから取り出されたのは「シュークリーム」

ちょっと小さめですが、自慢の1品だけに、オーソドックスな品のいい味がしました。


ベルグ BLT






+++++++++++++++++++++++++++++

●「ベルグフェルド」雪ノ下店 喫茶
   鎌倉市鎌倉市雪ノ下3−9−24
   TEL0467−24−2706
   定休 火曜日 第3月曜日
    営業時間 9:00〜18:00
    (ランチ 11:00〜14:30)

+++++++++++++++++++++++++++++





+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

●「ベルグフェルド」雪ノ下店 喫茶
   鎌倉市鎌倉市雪ノ下3−9−24
   TEL0467−24−2706
   定休 火曜日 第3月曜日
    営業時間 9:00〜18:00
    (ランチ 11:00〜14:30)

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

chefcomi at 10:14|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 鎌倉 | カフェ

2005年09月22日

報国寺 竹の庭

静かな鎌倉を代表するお寺で、「ここが1番好き」という鎌倉ファンも多いよ うです。

竹の寺として知られていますが、この本堂の前の庭もなかなかです。
(庭が写ってない?そうですね。それは現地でのお楽しみに!)

報国寺 寺










このような写真がこのお寺を代表するアングルなのでしょうか。
孟宗竹(もうそうちく)の竹林がきれいに整備さてていて、風が吹くと
ザワザワと音がします。
 

報国寺 竹









竹林の小道を進むと、雀のお宿のような建物が見えてきます。
屋根はありますが、壁もない小屋づくりで、表に向かって長椅子が置かれているだけの簡単なものです。

入り口で拝観券と一緒に買った「抹茶券」500円」を小母さんに渡して、 椅子に腰をかけて、しばし静寂を楽しみます。
(もっとも、シーズン中は、入れ替わりお客さんが出入りしますが・・・)

 
報国寺 抹茶









これが、竹の寺で喫する抹茶です。
竹の墨絵に「鎌倉竹の庭 報国禅寺」と書かれた和紙の上に、小さな
和三盆が2つ。
※ちなみにこの和紙は記念に持って帰れます。

報国寺 抹茶2









座った前の景色です。
もっと、左の方には岩タバコが茂った岩があって、小さな滝?が
落ちていました。

おばさんに聞くと、手前が「キバナオドリコソウ」、奥にあるのが「藪茗荷(やぶみょうが)」だと言うことでした。

このような植物は、もともとここにあったそうですが、竹とともに 植木屋さんが、まめに手を入れているそうです。



報国寺 藪茗荷とキバナオドリコソウ







++++++++++++++++++++++++++++

●「報国寺 竹の庭」 喫茶
   鎌倉市浄明寺2−7−4
   TEL0467−22−0762(報国寺)
   平日9:00〜16:00

++++++++++++++++++++++++++++
  


chefcomi at 10:03|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 鎌倉 | 日本茶・抹茶

2005年09月15日

お魚亭

鰯料理と新鮮な魚を使った鮨で評判の「」お魚亭」は七里ガ浜の住宅街にあります。

R134を鎌倉から江ノ島方面に向かって進み、江ノ電七里ガ浜駅の少し前であの 鎌倉プリンスホテルの方向に右折します。

R134と平行して走る江ノ電の線路を横切ることになりますが、ここがその踏切です。

お魚亭江ノ電1









先ほどの踏み切りを反対方向から見た写真です。
写真中央少し右の江ノ島がお分かりでしょうか?

お魚亭江ノ島









坂道を上って、振り返った風景です。ちょっと写真がよくないのですが、下に海が見えて、私の好きな風景の1つです。
 
お魚亭坂道









ここが「お魚亭」の店になります。
この辺りは、静かな住宅街ですが、桜並木を中心にカレーで有名な「珊瑚礁」やかわいいキャラクターの「海犬茶屋」などの飲食店が軒を連ねている「グルメスポット」でもあります。

お魚亭店









鮨のコースはABCの3コース。

 Aコース 2100円
 Bコース 2630円
 Cコース 3890円
 
Bコースのつみれ汁は量が多いと聞いていたので「Bのハーフ」 にしました。

まずは鰯の「大葉揚げ」
アツアツの鰯は、独特の臭みもまったくありません。大葉の香りと鰯のうまみ。なるほど名物と思わせる味でした。

お魚亭大葉揚げ









若い板前さんが握る鮨も新鮮でおししいです。
地元「腰越漁港」の魚を中心に構成されています。

お魚亭鮨









そして、これも名物の「つみれ汁」
ハーフでも通常のお椀で出てくるのでこれでも充分うまさを満喫することが出来ます。
 
あまり宣伝していないのですが、近くに住む大物芸能人などがよく利用しているという話です。 

お魚亭つみれ汁






+++++++++++++++++++++++++++++++

 ●「お魚亭」 鮨
   鎌倉市七里ガ浜東3−1−9
   TEL0467ー31−9890
   定休 毎週木曜日(定休日が祝日の場合は振替不定) 
   平日11:30〜15:00 17:00〜22:00 
   http://www.jalan.net/kanko/SPT_168238.html

+++++++++++++++++++++++++++++++



chefcomi at 13:57|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 鎌倉 | 寿司

2005年09月08日

古典派

釈迦堂切通しの入り口

静かな浄明寺のバス通りから少し離れて、釈迦堂の切通しへ向かうところにこの標 識があります。現在釈迦堂切通しは標識にあるとおり、崩落のため通行禁止になっ ています。

古典派 い標識









喫茶店の古典派の入り口です。

刈り込まれた笹垣のところに「古典派」という小さな看板がかかっています。

自宅からつながる店は、ママさんひとりのアットホームな雰囲気で、訪れる客を迎えてくれます。

古典派 入り口









庭の木立には紐でつるした看板もぶら下がっています。
営業中のときだけに出しているのかと思ったのですが、そうでもないようでした。

「なんとなくぶら下がっている」というのが、ここの雰囲気を伝えているようで気に入って写真に撮ってみました。

古典派 木の看板









古典派のママさんです。
えくぼの素敵な気さくな人柄で、気軽に話し相手になってくれます。

体をこわしてからは無理をしない営業のようで、月曜日から水曜までが休み。
夕方も日没前に終わることがあるので、出来れば電話してからが無難でしょう。

「古典派」の由来は、カウンターの上にあるスピーカーが物語っているようにクラシックの音楽をかけるところから来ているとのことですが、今日は半分休業ということでお休みでした。

古典派 ママさん









ケーキセット \ 650

手作りのチーズケーキとアイスティー。夏場はお客さんも少ないのでチーズケーキ1種類だとのこと。

「ほかに、ヨーグルトケーキなんかも作ることはあるんだけど、たくさん作りすぎちゃっても困るでしょ。」

とママさん。

店内には今年13歳になる愛犬の「マルシェ」が寝そべっている。

「子犬のころは、元気でね。『マルシェ』っていうのは『市場』ということなんだけど、『前へ進む』って意味もあるんですよ。でも、最近は散歩で釈迦堂まで行く途中で、引き返しちゃうこともあるんです。」

古典派 コーヒーとケーキ









釈迦堂切通しです。

「釈迦堂ですか?ここから6〜7分のとこにあるので、是非行ってみてください。」
風が吹いてて涼しいですよ。」

ということで、釈迦堂へ。
一応通行止めですが、直前までは行くことが出来ます。
(この日は、向こうまで行ってしまいました。ごめんなさい。)

確かに、風が渡って涼しかったですよ。

古典派 釈迦堂












+++++++++++++++++++++++++++++

●「古典派」 喫茶
   鎌倉市浄明寺1−4−22
   TEL0467−24−0332
   定休 毎週月、火、水曜日 
   平日11:00頃〜日没
 
+++++++++++++++++++++++++++++
  


chefcomi at 16:28|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 鎌倉 | カフェ

2005年09月01日

なか川

鎌倉で一番賑やかな小町通りです。
居酒屋さんなどは、一歩入った裏通りにあることが多いのですが、「なか川」は小町通りの中心にあります。

なか川小町通り1









店頭のショーケースにランチメニューが並んでいます。

 会席膳    2100円(汁もの デザート付き)
  刺身、天ぷら、焼魚 一品お選びください
 幕の内弁当  2625円(汁もの デザート付き)
 三段弁当   3675円(汁もの デザート付き)
 天丼     1680円(玉子焼き、香の物、汁もの付き)

サンプルはそれほど他店と変わることはありません。

なか川看板1









入り口横に小さな窓があって、ここに飾られているのが「玉子焼き」
テイクアウトでが出来るので、鎌倉みやげで買っていく人も多いようです。

1本 1500円 半分で 750円 です。

なか川玉子焼き









今回は会席膳2100円。
刺身、天麩羅、焼き魚から1品選択します。

天麩羅は揚げ立てのアツアツでした。
店頭にもあった、大きな玉子焼きが付いていました。これもだしが効いてうまかったです。

左のガラスに入っているのは、茶碗蒸しですが、これは『サービス』ということなので、もし、付いてこなくてもクレームは言わないでくださいね。

なか川会席膳







+++++++++++++++++++++++++++++

●「なか川」 居酒屋
   鎌倉市小町2−8−9 秋山ビル1F
   TEL 0467−25−3423
   定休 水曜 
   ランチ  12:00〜14:00
   ディナー 17:00〜22:00
   (日曜、祝日の夜は〜21:00)
   定休日 月曜
  
+++++++++++++++++++++++++++++

chefcomi at 09:42|PermalinkComments(2)TrackBack(1) 鎌倉 | 居酒屋
Archives
Recent Comments
「最新トラックバック」は提供を終了しました。
Blog Pet
Profile
シェフコミ 事務局
鎌倉に半世紀以上棲息しています。

味音痴のD級グルメですが、協力してくれるお店のオンタイム情報と行き当たりばったりのレストラン情報をメルマガで発信しています。

まぐまぐメルマガ登録は
http://www.mag2.com/m/0000117691.html
BlogPeople
にほんブログ村


ブログランキング・にほんブログ村へ


訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ブログラム
『blogram』に参加しました。 blogram投票ボタン
あじさい