2005年11月

2005年11月24日

パパノエル 

以前、伝説の『ナディア』があった場所に出来たのが、この『パパノエル』です。

この写真は由比ガ浜通りを鎌倉から長谷方面へ向かって撮ったものです。
ご覧のとおり、小さな看板が出ているだけなので、うっかりするとつい通り過ぎてしまいそうなお店ですが、いつも女性のお客さんで満員です。

パパノエル 1
















前菜の「フォアグラのテリーヌと豚舌」

牛タンと同じようにやわらかくて、味わいのある豚舌。
濃厚なフォアグラと、シェフの実家で採れたというリンゴの組み合わせも後味がよく、さわやかでした。

パパノエル 2前菜











メイン『やわらかくした豚バラのソテー 黒粒胡椒のソース』

お皿には、大きな豚肉が高く盛られています。
添えられたサトイモ、ブロッコリー、カリフラワー、キャベツ、カブ、エンドウなどの野菜と、とろけそうな三枚肉を甘みを抑えた黒胡椒のソースがうまく結びつけていて、シェフのセンスを感じました。

最後にリンゴのタルトと胡桃の入ったケーキ、それにチーズケーキの3種とコーヒーが出てコースの終了です。


パパノエル 3メイン









パパノエルと、由比ガ浜通りを挟んで向かい側にある庚申塚の大きな木です。

この木が店の窓越しに見えて、いい雰囲気になっています。

そんな景色をぼーっと眺めていると、時折通るバスがその視界を遮り、ちょっと現実に戻されたりしますが・・・。

パパノエル 4庚申塚の木









忘れていました。ここで売っているリンゴジャムです。

シェフの実家長野県真田の高寺果樹園より直送とあります。


「オリジナルってことは、ここで作ってるんですか?」

「いえ、長野に工房を作ってそこで製造してます。」

「じゃ、このほかにも季節によっていろいろ出来るんですね。」

「そうですね。桃とかプラム、プルーン、これからはラ・フランスなんかも予定しています。でも、少人数で作っているので、量は少ないんです。


パパノエル 5








+++++++++++++++++++++++++++++++++++++

●由比ガ浜「ビストロ・パパノエル」  フランス料理
   鎌倉市由比ガ浜3−11−41
   TEL0467−24−9774
   定休 水曜日
   営業時間 12:00〜14:00(LO)
        18:00〜21:00(LO)
   http://homepage2.nifty.com/papa_noel/

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++
  









chefcomi at 10:39|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 鎌倉 | イタリア料理

2005年11月17日

ユスラウメ 

静かな高級住宅地、鎌倉山の中心がこのロータリーです。
中心に、この地域の開発を行った菅原通斎の文字で「鎌倉山」と書かれた碑が建っています。
ユスラウメは、このロータリーからすぐのところにあります。

ユスラウメ ロータリー









江ノ島方面へ下りて行く道の右側、長いフラッグが目印。
「紅茶と焼き菓子 ユスラウメ」というサイド看板も見えています。

「OPEN」の文字のところを上っていきます。

ユスラウメ 入り口









店の入り口の前に小さな庭があります。
白いテーブルと椅子が置かれて、周りには秋の草花がきれいに咲いていました。

この庭は、実は車庫の上になっています。
向こうに見える屋根との間には道路が有り、車が行きかっていますが、ここにはのどかな時間が流れています。

ユスラウメ 庭









「今でしたら、リンゴとくるみのパイは焼きたてです。」
「じゃ、くるみパイと紅茶を。」

紅茶は、スリランカの『ヌワラエリア』を選びました。

テーブルには秋のやわらかい日差しが差し込んでいます。

胡桃パイの濃厚な味わいと、日本茶のような渋みのある『ヌワラエリア』の組み合わせは正解でした。

桜の名所、鎌倉山もこれから紅葉の秋の最盛期になります。

ユスラウメ 胡桃パイ






+++++++++++++++++++++++++++++++++++++

●「ユスラウメ」 焼き菓子&紅茶
   鎌倉市鎌倉山4−12−14 
   TEL 0467−31−2347
   定休 日・月曜 
   営業時時間10:30〜18:00
   http://yusuraume.504.jp/index.html
   http://www.kitakama-yusui.net/shop/yusuraume.html

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++


chefcomi at 10:17|PermalinkComments(4)TrackBack(0) 鎌倉 | カフェ

2005年11月10日

珊瑚礁 本店 

江ノ電七里ガ浜駅です。
デザインされているのは、ウインドサーフィンの帆でしょうか?

小さな駅ですが、電車を降りると駅員さんは笑顔の女性でした。
無人駅も多い江ノ電で、こういう駅に降りると得をしたような気持ちになります。

駅の前は海、後ろは小高い丘になっていて、そこに建つ住居からの眺望は抜群です。

珊瑚礁 七里ガ浜









この日、海はちょっと曇っていました。
突き当たった道路はR134。夏は渋滞する場所ですが、秋も深まった今はスムーズに車が走っています。

海にはサーファー、沖合いにはヨットと漁船が見えました。
(写真では遠くてわかりませんが・・・。)

珊瑚礁 海









さて、今回の「珊瑚礁 本店」に行くにはこのような住宅地の坂をのぼって行くことになります。
この住宅地は30年以上昔の開発ですから、今はすっかり落ち着いた佇まいになって
います。

珊瑚礁 坂









ここは、住んでいる人の意識も高く、住民協定なども作って環境保護につとめているせいか、住宅は手入れも行き届いて緑も多く、周囲を見ながら歩いていくのも面白いですよ。
(こんな大きな家もたくさんありました。)

珊瑚礁 住宅









一番広い通りです。
右手は鎌倉プリンスホテル(そうです。あの失楽園の舞台となった・・・)とゴルフ練習場。

「潮騒通り」という名前もなかなかです。

「珊瑚礁」までは、もう少しのぼっていくことになります。

珊瑚礁 潮騒通り









ようやく店に着きましたね。お疲れ様でした。
(もちろん車で来ることもできます。)

もうこんな季節ですが、開店前は20人あまりの人が並んでいました。


珊瑚礁 店









アロハシャツのスタッフに案内されたのは、厨房が目の前にあるカウンター席でした。

シェフたちの活気が伝わってきます。

チーフと呼ばれている小柄なシェフのフライパンでは、「ドライカレー」や「ガーリックポテト」が宙を待っています。

カウンター越しでは「シーフードサラダ」の盛り付け、奥ではジャガイモの皮をむいているスタッフも。

写真はビーフカレーです。

もともとは乳製品を扱っていたということもあって、バターやミルクなどが隠し味となったコクのあるおいしいカレーでした。


今度は「ドライカレー」と「ガーリックポテト」それからビールにしようと、勝手に決めて席を立ちました。

珊瑚礁 カレー






+++++++++++++++++++++++++++++++++++

●「珊瑚礁 本店」 カレー
  鎌倉市七里ヶ浜東3−1−2
  TEL0467−31−5500
   定休 月(祭日の場合は翌日)
   営業時間> 11:30〜22:00(L.O)
   http://www.sunsun-navi.gr.jp/html/sango.html

+++++++++++++++++++++++++++++++++++


chefcomi at 09:32|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 鎌倉 | カレー

2005年11月02日

シクロ

ベトナム料理の『シクロ』は、映画館の藤沢オデオンの向かいにあります。
写真左側『六花会館』というビルの2階にあるので、階段を上がってください。

繁華街の中心で、駅からも近いので便利です。

シクロ









ビルの奥にあるので、周囲はほの暗く、夜のような写真ですが「ランチタイム」です。

ドアを開けると、カウンターといくつかのテーブル席。
天井近くには、やしの葉の屋根のようなものがアレンジされていて、壁に掛かったテレビではベトナムの映画が映っています。

入り口にはベトナムサンダル、カウンターの上にはすげ笠をかぶった人形などの雑貨が並べてありました。

ベトナムの人の経営だそうですが、このときのスタッフ2人は日本人でした。

店内は窓に貼ったセロファンを通してくる光で、さながら「サイゴンの黄昏」のイメージです。

シクロ 入り口















ランチメニューの最初には「鶏肉のフォー」そのほかには「角煮ごはん」と「焼き飯」でした。


「フォーでお願いします。」

「ドリンクは?」

「じゃ、ライチのジュースで。」


写真が「鶏肉のフォー」レモンが挟まれたどんぶりには、澄んだスープの中にいっぱいの麺、刻んだネギと細く裂かれた鶏肉が入っています。

「ベトナムうどん」とはいうものの、米で出来た麺は日本のうどんよりさっぱりしています。香辛料も利いていい味でした。


シクロ 鶏肉のフォー









フォーと一緒にだされた2種類のソース。「チリソースと甘味噌」です。

半分ほど食べてから、チリソースと甘味噌を加えてみました。
ほんの少し、チリソースを入れるのが私には合っているようです。

麺を食べ終わった後、珍しくスープまで飲んでしまいました。

そのとき、さらに追加料理が・・・・・。

味噌仕立てのタレをつけて食べる「ベトナム春巻」はずっしりとした重量感。
これもヘルシーでうまい!

これで850円。気軽にベトナム気分が味わえるところが、近くにあるのを確認して、なんだかうれしくなりました。


シクロ チリソース






+++++++++++++++++++++++++++++++++++++

●「シクロ」 ベトナム家庭料理
   藤沢市南藤沢南藤沢23−10六花会館ビル2F205−2 
   TEL 0466−27−4960
   定休 月曜 
   平日ランチタイム 11:30〜15:00
     ディナー   17:00〜23:00
   土日       11:30〜23:00

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++


chefcomi at 14:40|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 藤沢 | ベトナム料理
Archives
Recent Comments
「最新トラックバック」は提供を終了しました。
Blog Pet
Profile
シェフコミ 事務局
鎌倉に半世紀以上棲息しています。

味音痴のD級グルメですが、協力してくれるお店のオンタイム情報と行き当たりばったりのレストラン情報をメルマガで発信しています。

まぐまぐメルマガ登録は
http://www.mag2.com/m/0000117691.html
BlogPeople
にほんブログ村


ブログランキング・にほんブログ村へ


訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ブログラム
『blogram』に参加しました。 blogram投票ボタン
あじさい