2006年10月

2006年10月26日

タントテンポ 

左側の写真は、葉山トンネル。右側はボンジュール葉山。
いずれも、このあたりではおなじみの風景です。

今回は、このボンジュール葉山の向かいにある『アリメンターリ』の横にあるイートイン『クッチーナ』の話です。

おわかりの方も多いと思いますが、私にはこの用語がさっぱりわかりませんでした。
(もちろん、今でも)


でも、

「湘南の食文化って本当にすごいですね。こういう店を普通の人が使いこなしてしまうんですから。」

という、西鎌倉『トラットリア フォセッタ』の栃原シェフの話を聞いてともかく行ってみたのが『タントテンポ』というお店です。


タントテンポ 葉山トンネルタントテンポ ボンジュール葉山













左が全景で、右が一階にある店舗です。

あらためて、見ると建物自体は大きいのに気づきます。

店は向かって左側がイタリアなどからの食料品を扱う『アリメンターリ』、右がイーとインも出来る『クッチーナ』で、ここでは惣菜なども売っています。

生ハムやチーズなど、扱う品はプロの舌も満足させるレベルということなので、ここでは下手な解説はやめておきます。

知りたい方は、お店のホームページをご参照ください。

参考(タントテンポ)
http://members2.jcom.home.ne.jp/tantotempo/

タントテンポ 全景タントテンポ 店頭













そして、イートインできる「クッチーナ」で今回注文したのが、写真の「パスタジャポネーゼ(そば)」

これが黒板にあった「今日のパスタ」の1つです。

メニューに「パスタ」とあったので、パスタを日本風の味付けにしたものを想像してしまったのですが、逆でした。

一見、冷やしそばです。
上に乗っている黒いのはひじきでした。

最初の口当たりも、やはり冷やしそば。
でも、何か違います。

そばつゆのベースはトマトソースです。

ちょっと、違和感もあったのですが、食べていくうちに何だか妙にマッチしているような気になってきました。

食べ終える頃、ドアが開いてスタッフの女性が話しかけてきます。


「お蕎麦だっだんですが、大丈夫でした。」

「ええ、でも蕎麦って感じでもなかったし、パスタでもなかった。新しい味ですね。なかなか美味しかったですよ。」


「よかった。ひじきともよく合っているでしょう。」

「ええ、そうですね。この蕎麦はここで打っているんですか?」


「いえ、でも山形から美味しい蕎麦を取り寄せています。スープはトマトベースですが、醤油ではなく、『ナンプラー』を使っているんです。」

「あのタイで使われてる。」

「秋田の『しょっつる』と同じ『魚醤』ですね。」


パスタでもなければ、蕎麦でもない「葉山の新しい味」でした。


タントテンポ ジャポネーゼ







+++++++++++++++++++++++++++++++++

●葉山「TANTO TEMPO(タントテンポ)」食材&イートイン
                  
   三浦郡葉山町堀内744‐7 ラ・ポール葉山1F
   TEL&FAX 046‐801-3620 
   定休日   水曜日
   営業時間  9:00 〜 19:00
   http://members2.jcom.home.ne.jp/tantotempo/            
      
+++++++++++++++++++++++++++++++++

chefcomi at 10:10|Permalink逗子・葉山 | 無国籍

2006年10月19日

蕎麦 恵土 

左側の写真は、葉山元町の通りです。
横浜の元町と違って、洒落たところもない普通の通りです。

道は狭く、曲がりくねっていて、車の通行には不便ですが、そのおかげで葉山ののんびりした雰囲気が維持出来ているのではないかと思っています。

前置きはさておき、『蕎麦 恵土』ですが、両方の写真とも電柱の下あたりに、小さな案内板が見えるでしょうか?

『蕎麦 恵土』と→だけのシンプルな表示です。


蕎麦 恵土 元町蕎麦 恵土 案内













先ほどの小さな案内看板をたどって行くと、やがて道は行き止まりになり、古い民家に突き当たります。

長い暖簾のかっかった引き戸を開けたところが玄関、ここには「どうぞおあがり下さい・・・奥に居りますのでお声を掛けてください。」の表示がありました。

声を掛けると、若い女性の声で返事があり中へと入ります。

右は、廊下の写真。正面奥が玄関になります。
ガラス戸はサッシになるなど新しくはなっていますが、廊下の天井は年代を重ねた色合いで、ところどころに『しみ』などもあり、建物の歴史を感じます。


蕎麦 恵土 店蕎麦 恵土 廊下













広めの廊下の真ん中に、何故かオーディオがポツンと置かれています。
客室は2間の畳部屋ですが、オーディオの奥に箱膳と碁盤があって、座椅子が用意されていたので、そこに席を取りました。

◆お昼の蕎麦遊膳コース 2500円、3500円(要予約)◆

要予約なので駄目かなと思いましたが、聞いてみると『いいですよ』との答えだったので、2500円のコースを注文しました。

写真はコース最初の品です。

・焼き味噌(山椒の風味)
・赤イカ(下にそばがついている)
・栗を渋皮ごと揚げたもの
・小ムツ西京焼き(佐島産)
・しめじ

竹べらに塗られた焼き味噌が香ばしく、山椒の風味がしました。
季節の栗はアツアツのままで、ホクホクと渋皮ごと食べられます。
佐島産の小ムツも旨い!

蕎麦 恵土 オーディオ蕎麦 恵土 焼き味噌













左が『そばがき』、右が『だし巻き玉子』です。

どちらも大根おろしで食べます。

温かくて、やわらかい『そばがき』はそばの香りがほのかに匂ってきます。

あっさりと甘さをおさえた『だし巻き玉子』も上品な味わいです。


蕎麦 恵土 そばがき蕎麦 恵土 だしまき玉子













やがて、次々と来店客が続きました。
夫婦2人の店は一杯です。

「お時間大丈夫でしょうか?」

と奥さんが心配して尋ねてくれました。

そんなわけで、少し間を置いて出てきたのが左側の天ぷらです。

待っただけの甲斐はあって、今朝揚がったばかりの佐島の水カマス、シシトウ、サツマイモと茗荷の天ぷらは、カラッと揚げたてでうまい!!

そして、右が『手挽き蕎麦』
茨城水府のそば粉を取り寄せ、主人が石臼で挽いたものだとのこと。

本来、このコースに付いている蕎麦は、機械挽きなのですが、待たせたということで配慮してくれました。


「機械と手挽きは蕎麦が違うんでしょうか?」

「蕎麦は同じですが、機械は均等なコナになります。手挽きだと石臼を挽く加減で微妙に違ってきますので、味わいも違ってくると思います。」

ここの主人は、立川『無庵』で修行をして、今年ここ葉山に出店。
本家と同じように、隠れ家的な名店になりそうな予感がしました。

<立川 無庵>
http://www.muan.jp/

蕎麦 恵土 天ぷら蕎麦 恵土 手挽き蕎麦






+++++++++++++++++++++++++++++++++

●葉山「蕎麦 恵土」 蕎麦
   三浦郡葉山町堀内870−7
   TEL  046−876−3625
   定休日  木曜、第1金曜日
   営業時間(昼)  11:30〜14:00(LO)
            
       (夜)  17:30〜20:30(LO)
   ※売切れ次第終了
   
+++++++++++++++++++++++++++++++++









chefcomi at 15:40|Permalink逗子・葉山 | 蕎麦・うどん

2006年10月12日

左可井 

金沢街道は谷合を走っています。
車の通行は多いのですが、それを除けば静かなところです。

今回の「左可井」は、そんな金沢街道にある観光名所「杉本寺」のすぐ近くにありました。

道に沿って流れていた「滑川」は犬懸橋あたりで少し蛇行しています。
その流れをたどって行ってすぐのところに看板が出ています。

左写真が「杉本寺(観音)」、右が蛇行をはじめた「滑川」です。
この道をさらに進むと「衣張山」のハイキングコースに出ることになります。


左可井 杉本寺左可井 衣張山へ













浄明寺付近には、自宅開放型の店も多いのですが、ここもその1つです。
車庫の横にある門を入って階段を登ると暖簾のかかった入り口があるのですが、やはり少し入りづらいところがあります。

そんなこちらの気持ちを察してなのでしょうか、「どうぞ、お気軽にお入りくださいませ 左可井」と書かれた板が置かれていました。 

左可井 店左可井 玄関













店は、洋間と日本間に分かれ、厨房に近い洋間には、大きなテーブルが1つ、畳の部屋には和室用のローテーブルが4つ置かれています。

灯篭などの置かれた小さな庭の向こうには、遠くの木々の緑が見えるので、ゆったりとした気分になってきます。

写真はここの名物「穴子丼セット」です。
穴子のほかに、小鉢は茄子の煮物、名物の玉子焼きと、もずくの赤だしの椀が付いていました。

あっさりめのタレと、ほっくりした穴子の味。
丼に入れられた三つ葉の香りとともにいただきます。

これも人気の、素朴な玉子焼きの味もなかなかでした。

このほかに「押し寿司」も有名です。


ただし、テレビなどのメディアでもよく取り上げられる店なので、休日は混んでしまう可能性があります。


左可井 穴子丼セット






+++++++++++++++++++++++++++++++++

●片瀬「左可井」穴子丼 玉子焼
   鎌倉市浄明寺2−1−31
   TEL  0467−24−7759
   定休日  火曜、第1・3水曜(祝日の場合は翌日休)
   営業時間(昼)  11:30〜15:00
            
       (夜)  17:30〜20:00(要予約)
   
+++++++++++++++++++++++++++++++++






chefcomi at 10:16|Permalink鎌倉 | 和食

2006年10月05日

tiki’s table  

これが七里ガ浜の『tiki’s table』の店頭写真です。

「下手な写真だな。手前の手すりなんかを写しこんで!」

たしかにそうですが、実は、この手すりは、江ノ電七里ガ浜駅階段の手すりなんです。

本当に駅のそばなんですね。


無彩色の壁面に、前面のガラス。
『tiki’s table』と書かれた看板。
メタリックな店頭の緑と赤の対比。

やっぱり、七里ガ浜の店だけあって、何か自己主張しているように感じます。

チキズテーブル 店江ノ電









1階にもテーブルはありますが、入り口左の階段を上がって2階に行きました。
古い日本家屋の部屋なのですが、障子の横には金色の襖(ふすま)、照明のカバーには南国の花々や貝殻なども入れてありました。

元は畳だった床にはPタイルが敷かれ、上はテーブル席になっています。

上がってきたイケメンのスタッフに聞くと、以前はここで鎌倉彫の教室をやっていた
そうです。

チキズテーブル 店内









海沿いではないので、ここからは七里の海を一望出来るわけではありませんが、民家の合間からところどころに海が見えます。

左が二階から見える「行合橋」の信号あたり。
右は近くで見た同じ「行合橋」の景色です。

雨だったので、トーンが暗いのですが昼間です。

チキズテーブル 行合橋を望むチキズテーブル 行合橋













メニューは、目の前の相模湾で獲れる魚がメインです。


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
Lunch of The Day
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

tiki’s カレー Red or Yellow  900円
地サザエのスパゲッティ              1400円
地シコイワシのペペロンチーノ           1100円
地メジナのアクアパッツァ             1400円
北海道厚岸産サンマの塩焼き定食          1200円


今回は、『地シコイワシのペペロンチーノ』を注文しました。           
前菜のサラダに次いで出てきたのが、メインのパスタです。

ほぐしたイワシの入ったパスタはうず高く盛られて、その上にカラッと揚げられたイワシの骨が置かれています。

横には大きなにんにく、ぺペロンチーノですから、唐辛子も入っています。

地イワシというだけあって、臭みはまったくありません。
パスタに入った身の旨みと、香ばしい骨の香りと食感に、まさにイワシのパスタを食べているという実感がわいてきます。

こんな天気にもかかわらず、昼を過ぎると家族連れやカップルなど、次々と2階に上がってきました。
この異空間の中で、話も弾んでいるようです。

最後、カシスのアイスにコーヒーが出てランチの終了。
1100円でした。

チキズテーブル パスタ






+++++++++++++++++++++++++++++++++

●片瀬「tiki’s table」イタリアン
   鎌倉市七里ガ浜1−2−23
   TEL  0467−32−7112
   定休日  月曜
   営業時間(ランチ)  11:30〜14:30(LO)
            
       (ディナー) 17:00〜21:00(LO)
   http://www11.plala.or.jp/tikistable/

+++++++++++++++++++++++++++++++++

chefcomi at 10:21|Permalink鎌倉 | イタリア料理
Archives
Recent Comments
Blog Pet
Profile
シェフコミ 事務局
鎌倉に半世紀以上棲息しています。

味音痴のD級グルメですが、協力してくれるお店のオンタイム情報と行き当たりばったりのレストラン情報をメルマガで発信しています。

まぐまぐメルマガ登録は
http://www.mag2.com/m/0000117691.html
BlogPeople
にほんブログ村


ブログランキング・にほんブログ村へ


訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ブログラム
『blogram』に参加しました。 blogram投票ボタン
あじさい