2007年01月

2007年01月25日

レストラン 四季菜

若宮大路の歩道に出ている看板です。
1000円〜1880円と鎌倉の中心街では比較的手頃な価格ですね。

<歩道看板のメニュー>

----------------------------------------------
Aイクラ丼又は釜揚げしらす丼 ¥1000

Bハスとナスのはさみ揚げとコロッケ
               ¥1380
C本日のお魚ランチ
               ¥1580
D牛ロースのステーキランチ
               ¥1880

各ランチには玉子とうふ、小鉢、みそ汁、ご飯、デザートが付きます!

----------------------------------------------

欧風田舎料理「ジルジル&ジロール」に昨年10月29日にオープンした「レストラン 四季菜」のメニューです。

四季菜 看板













店の入り口です。
古民家風の造りで引戸になっていますが、この戸が重い!!

店頭には下に有ったメニューのほかに「本日のおすすめ」が出ています。

------------------------------------

本日のおすすめ!

☆本まぐろづけ丼
(香の物 みそ汁付き)  ¥880

やわらかい!      
☆ヒレカツ定食      ¥880
(香の物 みそ汁付き)

------------------------------------


四季菜 入口













店内は厨房の前のカウンターと小上がり、そして若宮大路が見下ろせる窓側の席の3つに分かれています。

籐の椅子に座ると、窓の外には段葛が見えます。
右の写真は、「雪ノ下カトリック教会」
店はちょうどこの教会の正面になります。


四季菜 若宮大路四季菜 雪ノ下教会













白いコック服にコック帽のシェフがカウンターの中にいました。
イメージは洋風なのですが、出てくる料理は家庭的です。

これは『ハスとナスのはさみ揚げとコロッケ』

白い皿には揚げたてのナスとハス、そして小ぶりなコロッケ。
ポテトサラダまでは洋食の内容ですが、まん中にあるがんもどきとサツマイモの甘煮は和食風、ほうれん草のおひたしには鰹節がかかっています。

添えられているのは箸と竹のスプーン。

スプーンは玉子どうふ用です。


揚げられたナスと挽肉をその皿の塩につけて食べます。
挽肉から出る肉汁と揚げられたナスは塩味にもよく合って、アツアツのハスの甘さも旬の味でした。

藤沢の魚屋さんの経営とのことで、魚料理も期待できそうです。


四季菜 ランチ






+++++++++++++++++++++++++++++++++

●小町「レストラン 四季菜」 手作り料理
   鎌倉市小町2−12−35 大路ビル2F
   TEL  0467−23−3638
   定休日  
   営業時  11:00〜21:00
       (LO)20:30
            
   ※上記はショップカードの情報ですが、店頭
    では11:30〜となっています。   
  
+++++++++++++++++++++++++++++++++



chefcomi at 11:29|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 鎌倉 | 無国籍

2007年01月18日

Mrs Pot HARADA(ミセスポット ハラダ)

鎌倉市役所通りから大仏へ抜ける道に、白い塀に囲まれたメルヘンチックな黄色い建物があります。

入り口にポットの絵が描かれた看板があって、そこには「Tea Coffee&Pie Mrs Pot HARADA」と言う文字が書かれていました。

そして、階段にも本日のランチメニューがありました。

 ミセスポットのハヤシライス 950円

あまりに可愛らしい家なので、ちょっとおじさんには入りづらかったのですが、昼食時間だったので恐る恐るドアを開けました。


ミセスポット 店ミセスポット 入り口













店の名がミセスポットなのに、迎えてくれたのは中年の紳士でした。
あとで、聞くとお店をやっているのが奥さんで、イラストレーターのご主人が時々手伝ってくれているとのこと。

店内には5つほどのテーブルと17の椅子。窓にはレースのカーテンが飾られています。

以前はこの家のリビングだったという落ち着いた空間です。


ミセスポット 店内













お腹が空いていたので、ハヤシライスを一気に平らげると暖炉の上に、小さな画架があります。

------------------------------

薄焼きリンゴのパイ
アイスクリーム添え 450yen

洋ナシのタルト   450yen

------------------------------

そういえば、看板にTea Coffee&Pieとあったので声をかけました。


「はい。リンゴのパイなら。洋ナシのタルトはまだ焼きあがっていませんので。」


上品で控えめな奥さんが答えてくれました。



写真左がランチのハヤシライス、右がアップルパイです。

真っ白い皿にパイがきつね色に焼かれ、真ん中に薄くスライスされたりんごが重なって並べられています。

甘みを抑えたりんごの酸味が爽やかです。


「生のリンゴを焼いています。紅玉なんですよ。」


リンゴの酸味とアイスクリームの甘さがちょうどよく、焼かれたばかりのパイ生地のバターの風味が漂ってきます。



5年前に店を出す以前からお菓子は作っているということで、店名のミセスポットは
ディズニーの「美女と野獣」のキャラクターからつけられています。



ミセスポット ハヤシライスミセスポット アップルパイ













壁にはイラストレーターのご主人が書いた絵が飾ってありました。

新巻鮭の絵、そして何故か目指しのように縄に吊るされた数頭の鯨の絵。

展覧会用に描かれたもので、繊細なタッチです。


ミセスポット イラスト






++++++++++++++++++++++++++++++++++++

●長谷「Mrs Pot HARADA」 ホームメードパイ&タルト
   鎌倉市長谷5−7−22
   TEL  0467−23−5505
    定休日  火・水曜日
   営業時間 11:30〜17:00
http://www.asahi-net.or.jp/~sd3m-ire/MrsPotHarada/
            
++++++++++++++++++++++++++++++++++++





chefcomi at 16:22|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 鎌倉 | カフェ

2007年01月11日

ピスカリア 

最近の元町は面白い!
水府蕎麦の恵土(えど)に続き、シチリア料理のピスカリアに行ってきました。

ごらんの通り元町バス停から数十秒のところにあります。

外側や入り口に木が使われいて温かい感じがします。


ピスカリア 元町バス停

左写真は元町のバス停(電信柱の奥辺りが店になります)

下の写真がピスカリアの店です

ピスカリア 店













写真は店頭のメニューと店内のテーブル

店に入ると外観に続き、中もウッディです。
厨房の端にある太い柱と天井の太い梁。

大黒柱にせよ、一辺が50cm以上ある柱は、こじんまりと葉山の通りに佇むレストランには太すぎるように思われます。

そして天井には、数十センチごとに並べられた梁。

白い壁の下には、昔ながらの竹木舞(たけこまい)という竹を編んだものが埋め込まれています。
笑顔のかわいいスタッフの女性の話では、シェフも一緒にもこの建物を作ったとのことで、右写真の奥にある棚はシェフの作品。

それだけで、シェフの性格やこだわりがなんとなく伝わってきます。


ピスカリア 看板ピスカリア 店内













ランチです↓

--------------------------------------------

Pranzo del giorno

〜今日のお昼ごはん〜

海の幸・野の幸いっぱい 小皿の前菜6種

         +

旬の素材のパスタ料理

・茄子とトマトソース・リコッタチーズのスパゲティ
・赤海老とフレッシュトマトのバベッティーニ
・ポルチーニとパルミジャーノチーズのリゾット

など7〜8種類から ¥1890〜

         +

食後のお飲物

--------------------------------------------

このほかに店内の黒板にもありますが、今回は「赤海老とフレッシュトマトのバベッティーニ」を注文しました。

写真左は、ピスカリア名物の「海の幸・野の幸いっぱい 小皿の前菜6種」

佐島のタコ、イワシのマリネ、カポナータ、カリフラワーを揚げたものなど5品。
写真にはありませんが、後から肉団子をトマト煮にしたものが加わって計6皿です。
(丁寧に説明してくれたのですが、名前はほとんど忘れてしまいました。)

そして自家製のフォカッチャが付きます。

まるでシチリアの市場のようにいろんな味が楽しめます。
(もちろん、シチリアには行ってません!)

写真右が、赤海老とフレッシュトマトのバベッティーニ。

「赤エビは殻まで食べられますよ。」
小柄なスタッフは、また、笑顔で一言付け加えてくれました。

解禁されたばかりの赤エビを頭から食べます。
さっぱりとしたトマトのソースはあっさりとした味ですが、しっかりと味付けがされてうまいっ!!

食後のカプチーノもデミタスでなく、大きなカップで出てきました。


昨年3月のオープンということですが、早くも葉山では有名店。
一杯で、入れないときもあるようです。


※ピスカリアという店名はシチリア島の『ペスケリア市場』のシチリアなまりだそうです。


ピスカリア 前菜ピスカリア 赤海老のバベッティーニ






+++++++++++++++++++++++++++++++++

●葉山「ピスカリア」 シチリア料理
   三浦郡葉山町堀内918−20
   TEL  046−802−8388
   定休日  月曜日 大・3火曜日
   営業時間 12:00〜14:00(LO)        
        18:00〜21:00(LO)

+++++++++++++++++++++++++++++++++







chefcomi at 11:49|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 逗子・葉山 | イタリア料理
Archives
Recent Comments
「最新トラックバック」は提供を終了しました。
Blog Pet
Profile
シェフコミ 事務局
鎌倉に半世紀以上棲息しています。

味音痴のD級グルメですが、協力してくれるお店のオンタイム情報と行き当たりばったりのレストラン情報をメルマガで発信しています。

まぐまぐメルマガ登録は
http://www.mag2.com/m/0000117691.html
BlogPeople
にほんブログ村


ブログランキング・にほんブログ村へ


訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ブログラム
『blogram』に参加しました。 blogram投票ボタン
あじさい