2007年03月

2007年03月28日

UNIVIBE (ウニヴァイブ)

「さがみ包丁処 とり一」や「滝乃湯」などが閉店していき寂しくなった御成通りですが、新しい息吹も感じられます。

飲食店なども材料を調達していく『鎌万』などもオープンして、人の入りもいいようです。


そんな御成通りにモダンなカフェが出来ていました。
それも、とり一の跡に。

写真右のように、入り口は小さいのであまり目立ちません。
ステンドグラスのドアの横に小さな黒板があり、メニューが書いてあります。


----------------------------

LUNCH MENU

・手作りキーマカレー  900yen

・ホットサンド
(チキンとアボガド)  900yen

・日替わりパスタ    800yen

----------------------------

ユニヴァイブ 御成通りユニヴァイブ 店













狭い階段を上がって、店に入るとその意外な広さに驚かされました。
『うなぎの寝床』のように、奥まで細長くつながっています。

写真左は一番御成通りに近い窓際の席です。
奥の左側にはカウンター席、写真では見えませんが、右側の奥にも部屋があります。

カウンターには、髪を後ろに束ねたあご髭と口髭のオーナーの姿も見えました。

テーブルには、アメリカのアートマガジンが置いてあります。
奥の部屋には「フーズボール」というサッカーゲームのようなものがあるそうです。
アメリカにいたというオーナーの雰囲気が感じられる店作りです。

写真右はここのメニューです。
BAR TIMEのドリンクメニューも豊富でした。


ユニヴァイブ 店内ユニヴァイブ メニュー













今回オーダーしたのは「キーマカレー」です。

白い木の葉のようなシャープな容器に、黄色いサフランライス。
小さな丸い容器にはキーマカレーが入っています。

皿の端に添えられた2切れのピクルスのために、箸も一膳。

ほどよい辛さと、香辛料の香りがさわやかです。



「夜は照明も音楽もがらっと変ります。今の雰囲気とは全く違いますよ。」


愛想のいい女性スタッフが教えてくれました。


「若い人が多いんでしょう?」

「いろんな方がいらっしゃいます。40代くらいの方も多いですよ。」



ちょっと面白い隠れ家になりそうな店です。


ユニヴァイブ キーマカレーユニヴァイブ 紅茶





++++++++++++++++++++++++++++++++++++

●御成町「UNIVIBE(ユニヴァイブ)」 CAFE&BAR
   鎌倉市御成町7−3 2F
   TEL  0467−67−8458
    定休日  水曜日
   営業時間 LUNCHTIME10:00〜19:00
        BARTIME  18:00〜
   http://www.seeme.jp/univibe/index_pc.html

++++++++++++++++++++++++++++++++++++






chefcomi at 14:05|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 鎌倉 | カフェ

2007年03月21日

MARIA CAFE (マリア カフェ)

鶴岡八幡宮の流鏑馬道を進み、鳥居をくぐって境内を出ると、左に横浜国大付属小に沿う道路に出てきます。
(左の写真は八幡宮に向かって撮ったので付属小は右側になります。)

その道の突き当たりが、右写真になります。
荏柄天神や鎌倉宮に向かうほとんどの観光客は、この分岐を左に進みます。


マリアカフェ 八幡宮からマリアカフェ 分岐













この場所に鮮やかな緑に白抜きのシンプルな看板が立っていました。

---------------------------------------------
MARIA CAFE
サンドイッチ、ビーフシチュー、ケーキ、お飲物
10:00〜19:00 水曜定休 ファミリーマートとなり
---------------------------------------------

バスの通る金沢街道に出ると、看板に書いてあるとおりファミリーマートの隣にテラスのあるカフェがあります。

あいにくの雨でテラスの石畳も濡れて、看板と同じ緑のパラソルも取り込まれていましたが、そのぶん店は空いています。

普段は女性客が一杯で少し入りづらいのですが、今日は大丈夫。

マリアカフェ 看板マリアカフェ ファミマ













中に入ると、思った以上に天井はかなり高くなっていました。
きれいに磨かれた木の床に、白い壁。
胸の高さのカウンターを挟んで左側がキッチン、右側が客席に分かれています。

明るくて清潔なカフェです。



/////////////////////

<ランチ タイム>

サンドイッチセット

クロックムッシュ
ミートローフサンド
ツナサラダサンド
BLTEサンド
海老とアボガドのパニーニ

コーヒーまたは紅茶付き

1100円

ビーフシチュー  1350円

ミートローフ   1500円

11:00〜14:30

/////////////////////


ここには出ていないのですが、オーダーしたのはクラブハウスサンドイッチ。
実は、私のオーダーで材料がなくなってしまったのです。

鶏肉の焼ける匂いがキッチンから漂ってきて、お腹を刺激します。


写真左がそのクラブハウスサンドです。

パンを止めていた楊枝を抜き、三角の半分を頬張ります。
ほんのりと温かいパンとジューシーな鶏肉。


野菜はサンドイッチのほかにサラダとしても付いていました。


降り続く雨を見ながら食べるクラブハウスサンド。
こんな雰囲気も悪くありません。



「女性のお客さんが多いんですか?」

「まわりに学校が多いですからね。お母さん方が帰りに寄られます。」


「女性が多いと、こっちはちょっと入りづらいかもしれません。」

「そうですね。この間も男の方がいらっしゃったんですが、『僕はテラ
スデいいです。』って。寒い日だったんですけど(笑)」


わかります。その気持。


カフェとは言っても、サンドイッチやケーキは手作りの本格派。
手頃な価格なので、常連になるお母さんも多いのでしょう。


マリアカフェ 店頭マリアカフェ クラブハウス






+++++++++++++++++++++++++++++++++++++

●雪ノ下「MARIA CAFE」 CAFE
   鎌倉市雪ノ下3−4−24
   TEL  0467−23−2301
    定休日  水曜日(祝祭日の場合は木曜日)
   営業時間 10:00〜19:00

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++




chefcomi at 15:52|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 鎌倉 | カフェ

2007年03月15日

めしやっちゃん 

小坪は古くからの漁港と、逗子マリーナというリゾートが交じり合う面白い場所です。
写真右はR134寄りの「小坪トンネル」、左は小坪港前の信号です。

この2つを結ぶ道路は逗子マリーナの椰子の並木になっています。

ちょっと前に(といっても昨年になってしまいましたが)、有名な湘南グルメブログの湘南くいだおれーさんが、このあたりにどんぶりものの食堂が出来たという記事を書かれていました。

ゆうき食堂以来の小坪ですが、だいたいこの辺りに行くのはリゾートのシーズンオフということになってしまいます。

めしやっちゃん 小坪トンネルめしやっちゃん 小坪港前













店の前に伸びる道の両サイドには赤と白の明るい建物が建っています。
店の前には「どんぶりセット 680円」と大きく書かれた看板。
小さな字で、多彩なメニューが並べられていました。

静かな時期ですが、昼どきになるとどこからともなく人が集まり、この看板を眺めています。

ワイルドなゆうき食堂に比べると、少しマイルドですが、どんぶりものというところに港町の雰囲気を残しています。

めしやっちゃん 店の前の道めしやっちゃん メニュー看板













めしやっちゃんの店頭です。
左の看板にもあるように、場所柄ペットの多いところなので、この食堂もパラソルの立つテラス席ではペット連れもOKです。

今日のお客さんは、この付近の会社勤めの人なのでしょうか?スーツにネクタイの男性と同僚らしき女性でした。

めしやっちゃん 店めしやっちゃん ペット













漁港の食堂なので魚のメニューは豊富です。
刺身、焼き物、揚げ物、いろいろ揃っています。

でも、今日は「かき揚げ丼」を頼むことに。

小さな食堂ですが、ここは食券制になっていて、店の突き当たりにあるカウンターで食券を求めます。

お茶はこれも「ゆうき食堂」と同様にセルフサービス。

写真のとおり「かき揚げ」はどんぶりからはみ出る大きさです。

中身は玉ねぎのほかに長ネギ、人参とイカ、小海老などの魚介類。
カリッと揚がった芳ばしくて軽いかき揚げを食べていくとようやく海苔のかかったご飯にたどりつきました。

玉ねぎの甘味も口に広がってきます。

味噌汁はこれも港町らしく中身はブリカマでした。

行ったときは解禁前だった「生しらす」も入荷したようです。
http://www.mesiyacchan.com/top.html


ワイルドでマイルドな漁港の食堂。
春の旬が揃いだしました。


めしやっちゃん かき揚げ






+++++++++++++++++++++++++++++++++++++

●逗子「めしやっちゃん」 どんぶりと定食
   逗子市小坪5−9−1
   TEL  0467−25−4302
    定休日  水曜日
   営業時間 11:30〜14:00
        17:00〜22:00
  http://www.mesiyacchan.com/top.html

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++



chefcomi at 10:13|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 逗子・葉山 | 食堂

2007年03月07日

Cafe Life Force (カフェ ライフフォース)

さて、今回は『マクロビオティック』のお店です。
マクロビオティック??

詳しいことはわかりませんが、ともかく健康に良さそうな食材を使っているのは間違いないようです。

場所は由比ガ浜通り。
『湘南スタイル』の2月号にも「今年オープンのレストラン 10」として紹介されていました。

ごらんのとおり、建物の外観は地味で目立ちません。
ただ、昼時は何人かの人が店内を覗き込んでいることがよくあります。

中に入ると、雰囲気が変わります。
吹き抜けの天井に太い梁。
古い民家がそのままこの建物の中に再現されています。

その中でも、シンボリックなのは1段高くなったところにある部屋に掛けられた暖簾です。

紺の地に大きな白い丸がいっぱいに描かれ、丸の下は波の模様になっています。


そして、アンティークなテーブルの上にあるのが今日のメニュー。
インクジェットで印刷されているのですが、最初に日付が打ってあることから日替わりで内容が変わっていることがわかります。

-------------------------------------------------

LUNCH TIME MENU

*小坪産 活き締〆天然平目刺し定食         ¥1500
2種の小皿 玄米 お椀 香物がつきます

*海老と野菜のフライ(天然酵母パン粉揚げ)     ¥1350
鎌倉野菜サラダ 小皿 玄米 お椀 香物がつきます

*子柱の玄米ピラフ                 ¥1350

*玄米おにぎりセット 注)緑字           ¥ 950
梅干 塩鮭

*ほぐしチキン(大山鶏)と鎌倉野菜のカレー注)緑字 ¥1300

*マクロビオテックカレー(ベジタブル)       ¥1400    
鎌倉野菜サラダ  お椀がつきます


*天然酵母全粒パンのHot Sand ・・Take Outできます
セサミブレッド又はプレーンからお選びいただけます

¥950〜1050


※自家製マクロビオテックDessert 注)緑字
略 
¥400〜900



◆お食事の写真撮影・ブログへの記載は必ずご相談ください

-------------------------------------------------


最後に撮影の注意が書いてありました。

「ウェッブに載せなければ結構ですよ。」

とのことなので、メニューの撮影はさせてもらいましたが、残念ながら掲載できません。



ライフフォース 店ライフフォース 店2














写真の代わりに「湘南スタイル」を載せておきます。
画像が悪いのですが、多少の雰囲気はわかると思います。

この日オーダーしたのは「海老と野菜のフライ」
これは完全なマクロビオテックメニューではないということですが、天然酵母パン粉で揚げてあるそうです。

最初にシャキシャキと歯応えのある鎌倉野菜のサラダをいただきます。
大根とほうれん草のさっぱりとした味です。

野菜のフライはトマトと玉ねぎ。
海老フライは3本も入っています。

天然酵母パン粉の衣は、芳ばしくカリッと揚がっていました。
豆腐のタルタルソースはあっさりしていて、普通のタルタルソースより軽い感じです。

そして、木の椀に入っているのは油揚げと葱などのみそ汁。
少し赤い色をした玄米ご飯も芳ばしい香りでした。

食べているだけで、何だか健康になっていくような気がしますね。



奥にはバーカウンターがありました。
営業時間を聞いてみます。

「ラストオーダーは10時半ですが、12時までやっています。」



紺色のショップカードと一緒にある日の「DINNER TIME MENU」をくれたので参考までに少しだけ書き出しました。


〜 DINNER TIME MENU 〜

前菜

・たかきびとアマランサス入り自家製リエットと天然酵母パンと一緒に・もちきびとゴルゴンゾーラのスティック揚げ

など

野菜

・干しそら豆のファラエル 黒ゴマのソースで・・
・鎌倉野菜と雑穀のサラダ

など



・小坪産 スルメイカ刺し
・小坪産 鯖のスパイシー揚げ
・材木座産 地ダコ刺し

など


・和牛モモのたたき
・塩豚と根菜やわらか煮の直火焼き(国産大和豚)

など


塩は大島産「海の精」、油は「菜種油」、醤油は国産有機大豆醤油、粉は有機小麦全粒粉を使用。


う〜ん。
こだわっている。


ライフフォース 湘南スタイル






++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

●由比ガ浜「Cafe Life Force」 
 マクロビオテック&和洋食
   鎌倉市由比ガ浜2−5−19
   TEL  0467−25−5359
    定休日  水曜日、第4火曜日
   営業時間 11:30〜14:00(LO)
        18:00〜22:30(LO)
        (24:00 終了)

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++





chefcomi at 16:29|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 鎌倉 | カフェ
Archives
Recent Comments
Blog Pet
Profile
シェフコミ 事務局
鎌倉に半世紀以上棲息しています。

味音痴のD級グルメですが、協力してくれるお店のオンタイム情報と行き当たりばったりのレストラン情報をメルマガで発信しています。

まぐまぐメルマガ登録は
http://www.mag2.com/m/0000117691.html
BlogPeople
にほんブログ村


ブログランキング・にほんブログ村へ


訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ブログラム
『blogram』に参加しました。 blogram投票ボタン
あじさい